行方市白浜:白浜台古墳群

過日,白浜台古墳群(茨城県行方市白浜)を見学した。 白浜台古墳群は,全長30mの前方後円墳(1号墳)及び直径20mの円墳(2号墳)の2基で構成される古墳群とされている。 白浜台古墳群は,レイクエコーの北東に隣接する「茨城県立白浜少年自然の家」の敷地東側端付近にある。 茨城県立白浜少年自然の家は許可なく立ち入ることのできない施設なの…
コメント:0

続きを読むread more

行方市宇崎:宇崎台古墳群

過日,宇崎台古墳群(茨城県行方市宇崎)を見学した。 宇崎台古墳群は,レイクエコーという施設の駐車場の南東側に位置するキャンプ場敷地内にある。佐々木憲一・田中裕編『続 常陸の古墳群』(六一書房)の中には収録されていないので,同書の著者の見解では,「古墳でも古墳群でもない」ということになるのだろう。 宇崎台古墳群は,かつては,5基の円墳…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:新田神社

過日,新田神社(茨城県つくば市)を参拝した。祭神は,新田義貞。 新田神社は,常磐自動車道つくばJTの北東に鎮座している。常磐自動車道をはさんだ南東側には「イオンモールつくば」がある。 新田義貞の子孫・由良氏が牛久城内に祀っていた神社だったが,由良氏が断絶となった後,現在の鎮座地に遷座したようだ。新牧田の八坂神社本殿を新田神社の本殿と…
コメント:0

続きを読むread more

牛久市東猯穴町:八幡神社

過日,八幡神社(茨城県牛久市東猯穴町)を参拝した。 以前は普通の農村のような場所だったのだが,JRひたち野うしく駅周辺が大規模に開発された結果,周辺の景観が一変してしまった。 いずれ八幡神社の周りが全部宅地化してしまう時が来るのかもしれないのだが,境内地の樹叢は残してもらいたいものだと思う。植物の植生を含め,素晴らしい場所だ。暑い日…
コメント:0

続きを読むread more

コシアキトンボ

昨日,土浦城跡を散策中,堀の縁に生えているアレチギシギシ(Rumex conglomeratus)の茎の頂点にコシアキトンボ(Pseudothemis zonata)がとまっているのを観た。自分の縄張りを主張しているのだろう。 コシアキトンボは,水辺で見かけることが多く,堀のような人工環境で見かけることも結構多い。 アレチギシギシは…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市中央:土浦城跡で観た鳥

本日,ちょっと用事があって土浦市まで出かけた。 用事を済ませた後,土浦城跡を少しだけ散策した。土浦城跡の前は何度も通過したことがあるのだが,城跡内を散策するのは初めてかもしれない。 二の丸付近にはドバトがいっぱいいた。 低い築山のような場所ではムクドリを見かけた。
コメント:0

続きを読むread more

下妻市高道祖:常願寺境内にある千草古墳群出土石棺など

過日,真言宗豊山派・慈國山阿彌陀院常願寺(茨城県下妻市高道祖)を再訪した。参拝した上で,庫裏の背後(北側)にある千草古墳群出土の石棺を見学した。 保存されている石棺は3基であり,コンクリートブロックの低い擁壁で囲まれた区画内に並べられており,その正面には地蔵菩薩が建立されている。その前で合掌した上で拝見した。 現地には説明板等がない…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市関本下:萬年寺

過日,曹洞宗・慶國山萬年寺(茨城県筑西市関本下)を参拝した。 堂宇は,とても立派なものだった。 梵鐘は,比較的最近に鋳造されたもののようで,梵鐘の表面に萬年寺の縁起が鋳込まれていた。その縁起の記載によると,萬年寺は,天正13年(1585年)に創建の寺院とのこと。 萬年寺の境内には,観音像等のほか,ちょっと変わった造形の佛を刻んだ板…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市関本下:稲荷神社と古墳

過日,稲荷神社(茨城県筑西市関本下)を参拝した。 社殿の額には「正一位稲荷大明神」と記されている。社殿の傍に神輿殿がある。鳥居の脇には庚申塔や供養塔などが集められている。 稲荷神社の基壇部は,比較的大きな円墳状の高塚となっている。この高塚は,桜塚古墳または稲荷塚古墳と呼ばれる古墳の残存部とされている。現存する部分は,直径約30m・高…
コメント:0

続きを読むread more

鹿嶋市浜津賀:鹿島神宮一之鳥居と戸隠神社

過日,鹿島神社一之鳥居(茨城県鹿嶋市浜津賀)を見学した。 かつて,鹿島神宮には,東西南北にそれぞれ一之鳥居があったのだという。 北の一之鳥居は,神戸地区にある。現在の鳥居は,平成29年に建立された鳥居が令和元年9月の台風により倒壊したため,令和2年5月に再建されたものとのこと。道路にまたがるようにして造営されており,鳥居の間を人とク…
コメント:0

続きを読むread more

アカサシガメ

先日,散策中,その時歩いていたアスファルト舗装の歩道のすぐ先のところに赤色の昆虫が舞い降りた。 カメムシの仲間だった。よく観ると,アカサシガメ(Cydnocoris russatus)のようだ。 早速,愛用のコンパクトデジカメを取り出して撮影。
コメント:0

続きを読むread more

大竹海岸

先日,移動中に大竹海岸(茨城県鉾田市大竹)に寄り,しばし散策した。 寄せる波が砕けて霧のようになっているところでは曇っているように見えるけれども,比較的良い天気の日だった。 多数のサーファーの姿が見えた。上手に波に乗って楽しんでいる人,良い波が来るのを待って波間に浮かんでいる人など,さまざま。私のコンパクトデジカメの性能には限界があ…
コメント:0

続きを読むread more

コマツヨイグサ

先日,移動中に大竹海岸(茨城県鉾田市大竹)に寄り,しばし散策した。駐車場と砂浜の間あたりにコマツヨイグサ(Oenothera laciniata)が生えており,開花していた。 砂丘地では這うようにして伸びる植物なのだが,市街地の中で見かける個体の中には立つものもあるようだ。生育環境における条件の相違に応じて形態を変化させる植物なのかも…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市本米崎:上宮寺

過日,浄土真宗本願寺派・楢原山上宮寺(茨城県那珂市本米崎)を参拝した。 上宮寺は,関白・藤原忠通の曽孫とされている明法(弁円)が承久3年(1221年)に開山した寺院。上宮寺には,顕如から賜ったと伝えられている紙本著色聖徳太子絵傳があり,国指定の文化財となっている。 境内には立派な親鸞聖人像がある。 親鸞を襲撃するために待ち伏せして…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市北酒出:ひょうたん塚古墳?

過日,駒形神社を参拝した際,境内地の北(セブンイレブン那珂酒出店の北西約50m)に位置する畑の中に円墳のようなものが見えた。ひょうたん塚古墳(茨城県那珂市北酒出)の残存部分に該当するのではないかと思った。ただし,確実ではない。その現況は,直径20m前後の楕円形墳のような状態となっている。相当に掘削されているのではなかろうか。畑の中にあり…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市南酒出:駒形神社

過日,駒形神社(茨城県那珂市南酒出)を参拝した。祭神は,保食神。 創建等に関しては不明。源義家が後三年の役の際に戦勝祈願をした神社との伝承があるようだ。戦勝祈願伝承は,源義家に限らず,朝廷が従軍兵を募り,出兵する際に地方有力者との間で何らかの盟約をし,祭祀を行ったという歴史を伝えるものなのではないかと考えるようになってきた。当時,源氏…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市南酒出:南酒出城跡

過日,蒼龍寺を参拝した後,同寺の住職にお願いして,同寺駐車場にクルマを停めたままの状態にし,南酒出城跡(茨城県那珂市南酒出)を見学した。 南酒出城跡の説明板は,蒼龍寺入口付近にある。そこから南東の方に伸びる砂利道を進み,森の中に入ると,すぐに南酒出城跡となる。 Ⅰ郭には比較的良い状態で土塁が残されているのだが,東端付近に不思議な地形…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市南酒出:蒼龍寺

過日,曹洞宗・大湖山蒼龍寺(茨城県那珂市南酒出)を参拝した。 下記のサイト等によれば,蒼龍寺の所在地は,元弘元年(1330年)に臨済宗・松花山高泰院として建立された寺院があり,佐竹氏から保護を受けたが,後に徳川光圀の命により廃寺となり,千波から曹洞宗・大湖山蒼龍寺が移転してきて現在に至っているとのこと。 境内には推定樹齢500年のカ…
コメント:0

続きを読むread more