高崎市:達磨寺と古墳(その1)

過日,黄檗宗・少林山鳳台院達磨寺(群馬県高崎市鼻高町)を参拝した。本尊は, 十一面観音・北辰鎮宅霊符尊神。 達磨寺は,水戸(茨城県)と縁があり,前橋城主・酒井雅楽頭忠挙が中国僧・東皐心越禅師の弟子の天湫和尚を水戸から請じて,元禄10年(1697年)に曹洞宗の寺院として開山された寺院とのことで,無関係そうでも何かの縁というものがあるもの…
コメント:0

続きを読むread more

日光市:輪王寺(その2)

過日,輪王寺(栃木県日光市山内)の三仏堂などを参拝した後,大猷院を拝見した。 大猷院は,徳川家第3代将軍・徳川家光の廟所。単なる墓所ではなく,極めて優れた美術品である建築物等によって荘厳されていると同時に,全体として,強固な山城のような構造をもった施設だ。実質的な規模・内容からすると,東照宮よりも優っている。 また,葬祭施設として考…
コメント:0

続きを読むread more

日光市:輪王寺(その1)

過日,日光二荒山神社中宮祠を参拝した後,いろは坂を下って日光市内に入り,天台宗・日光山輪王寺(栃木県日光市山内)を参拝した。本尊は, 阿弥陀如来・千手観音・馬頭観音。 明治時代の神仏分離によってばらばらにされてしまったけれども,日光山は,本来は,全体として1つだった。 日光山にある寺社は,過去にも何度か訪問し,参拝したことがある。た…
コメント:0

続きを読むread more

日光市:日光二荒山神社中宮祠

過日,華厳の滝を見学した後,下野國一之宮とされる日光二荒山神社中宮祠(栃木県日光市中宮祠)を参拝した。祭神は,二荒山大神 (大巳貴命 田心姫命 味耜高彦根命)。 二荒山神社中宮祠は,中禅寺湖の湖畔にあり,二荒山神社の奥宮が鎮座する男体山への登山口ともなっている。境内には宿坊のような施設もある。 社殿等の建物は,とても立派なものだった…
コメント:0

続きを読むread more

日光市:華厳の滝

齢を重ねたせいか,ヘアピンカーブの走行を敬遠するようになってきた。日光いろは坂もその1つだ。そのため,だいぶ以前に散策した後,長期間にわたり,中禅寺湖方面の散策をしなかった。 しかし,これから先,更に老化が進むことを想定すると,「これが最後の機会になるかもしれない」と思い,過日,よく晴れた日に日光市に向かった。運転中,つい,頭の中で「…
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:富貴蘭「藤娘」が開花

事情により,相変わらず蘭の世話をあまりできない状態が続いているが,それでも元気に生き続けている株が多数あり,きっと我が家の栽培環境に適合しているのだろうと思う。 少し涼しくなってから水をやや多目にやり,マグアンプを数個置いておいたら,「藤娘」が開花した。「藤娘」は,フウラン(Vanda falcata (Syn. Neofinetia…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市根町:愛宕神社

過日,愛宕神社(茨城県龍ヶ崎市根町)を参拝した。 愛宕神社は,龍ヶ崎市役所の北西約300mのところにある。 伊達政宗の嫡子・伊達忠宗創建の神社とのこと。かつて,伊達藩が現在の阿見町~龍ヶ崎市付近を飛び地として拝領していたことによる。伊達家は愛宕神社を崇敬していたので,龍ヶ崎周辺にある愛宕神社の中には,元は伊達家と関係するものだった神…
コメント:0

続きを読むread more

龍ヶ崎市馴馬町:来迎院

過日,天台宗・箱根山宝塔寺来迎院(茨城県龍ヶ崎市馴馬町)を参拝した。 来迎院は,龍ケ崎市歴史民俗資料館の西約400mのところにあり,龍ケ崎市歴史民俗資料館と来迎院との間には馴馬城跡がある。馴馬城の範囲に関しては必ずしも明確ではない部分もあるが,地形から見て,来迎院は,馴馬城の西端付近に位置しているように見える。 来迎院の境内には弘治…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町追原:蔵福寺

過日,真言宗豊山派・竹生山蔵福寺(茨城県稲敷郡阿見町追原)を参拝した。 蔵福寺は,元は天台宗の寺院であり,伊達政宗ゆかりの寺院とのこと。かつて,伊達藩が現在の阿見町~龍ヶ崎市付近を飛び地として拝領していたことによる。江戸時代の稲敷の歴史を知る上で非常に重要な位置づけをもつ寺院の1つではないかと思われる。 蔵福寺の境内には古い板碑等が…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:塙城跡

過日,塙城跡(茨城県稲敷郡阿見町塙)を見学した。 塙城跡は,君原公民館のすぐ北側にある。ただし,現在小規模な集落のある区域は(民家敷地内なので)立入禁止となっており,南側から順路表示に従って進むと,いったん東側の切通しのようなところに降り,そこから少し登って城跡内に入るようになっている。 阿見町史編さん委員会編『阿見町史』(昭和58…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町塙:大塚古墳石室天井石など

過日,阿見町君原公民館(茨城県稲敷郡阿見町塙)を訪問した。 何も言わなくても大丈夫だろうと思いはしたけれども,念のために公民館の事務室に寄り,近隣の遺跡を見学したいので駐車所にクルマをとめておきたい旨を告げた。何も問題なく快諾を得た。 君原公民館の敷地は,旧君原尋常高等小学校の敷地だった場所で,その敷地を転用して現在の公民館の敷地と…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町飯倉:鹿島神社

過日,鹿嶋神社(茨城県稲敷郡阿見町飯倉)を参拝した。 鹿島神社は,星の里公園の南西約300mのところにある。 鹿島神社の参道には杉の巨木が並んでいる。元は境内地にも多数の樹木が繁っていたように見えるのだが,私が訪問したときには,参道脇部分の樹木が綺麗に伐採されていた。 境内には多数の石祠がある。もともと境内にあったものか,近隣にあ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:星の里公園とその周辺

過日,星の里公園(茨城県稲敷郡阿見町星の里)とその周辺を散策した。現在では星の里という地名になっている地域は,その大部分が現況では工場団地となっている。この区域は,工場団地として整地される前は山林や畑地を主とする場所だったのではないかと推定され,また,古代の遺跡の包蔵地も多数あったと疑われる。しかし,全体像を示す明確な記録資料が見当たら…
コメント:2

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:びだら塚古墳

下記のあんけんさんのサイトで,びだら塚古墳の墳丘上にあった樹木が伐採されたことを知った。 伐採の結果,墳丘の形状がよくわかるようになったとのことなので,過日,見学に出かけた。 予科練平和記念館がある公園駐車場にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復。 現地に到着してみると,きれいさっぱりという状態になっており,確かに,墳丘の形状が明…
コメント:0

続きを読むread more

茅野市:神長官守矢史料館とその周辺(その2)

過日,神長官守矢家屋敷とその敷地内にある神長官守矢史料館(長野県茅野市宮川)を訪問し,その周辺を見学した。 帰宅すべき時刻が迫っていたので,時間が許す範囲内で神長官守矢史料館とその周辺を見学した。 御左口神社の基壇部やその周辺の土地は,斜面を階段状に整形してあり,そのような斜面上に古墳が点在している。御左口神社の基壇部は石垣となって…
コメント:0

続きを読むread more

茅野市:神長官守矢史料館とその周辺(その1)

過日,神長官守矢家屋敷とその敷地内にある神長官守矢史料館(長野県茅野市宮川)を訪問し,その周辺を見学した。 守矢家は,明治時代まで諏訪大社上社の神長官を務めていたが,明治政府の政策によって神官の世襲が禁止され,以後,神長官家ではなくなったとのこと。現在の当主は78代にあたる方なので,日本国内でも最も古い家系に属するのではないかと思われ…
コメント:0

続きを読むread more

茅野市:諏訪大社上社前宮(その2)

過日,信濃國一之宮諏訪大社の上社前宮(長野県茅野市宮川)を参拝した。 諏訪大社には上社の本宮と前宮,下社の秋宮と春宮がある。ちゃんと参拝したのは今回が初めて。全て参拝したいと思っている。 前宮の社殿奥は,祭神である八坂刀賣命の墓所とされている。かつては高塚があったのだろうと思う。現在,その場所には巨木が立っている。 前宮の周辺…
コメント:0

続きを読むread more

茅野市:諏訪大社上社前宮(その1)

過日,信濃國一之宮諏訪大社の上社前宮(長野県茅野市宮川)を参拝した。 祭神は,八坂刀賣命。 「刀賣」は「とめ」と読むが,元は「刃賣」であり,「刀自(刃自・刃目)」と同様,「姫(ひめ)」を意味するものだったと考えられる。 諏訪大社には上社の本宮と前宮,下社の秋宮と春宮がある。ちゃんと参拝したのは今回が初めて。全て参拝したいと思ってい…
コメント:0

続きを読むread more

塩尻市:平出遺跡(その3)

過日,平出歴史公園,平出の泉とその周辺を見学した後,伊夜彦神社を参拝し,そして,平出遺跡(長野県塩尻市宗賀)を見学した。 史跡公園内の「古墳時代の村」という区画には,古墳時代の遺跡と建物ほか,桃園が復元されている。 建物は,首長クラスの者のものだそうだ。復元建物では,竈とその煙突部も復元されていた。千葉県立房総の村や福島県文化財セン…
コメント:0

続きを読むread more

塩尻市:平出遺跡(その2)

過日,平出歴史公園,平出の泉とその周辺を見学した後,伊夜彦神社を参拝し,そして,平出遺跡(長野県塩尻市宗賀)を見学した。 史跡公園内の「平安時代の村」という区画には,平安時代の遺跡が復元されている。 この場所には複数の家屋が復元されているけれども,これは,一家族が居住した区画を復元したものだそうだ。現代においても地方の豪農の中にはか…
コメント:0

続きを読むread more