那珂市:愛宕神社と古墳

過日,愛宕神社(茨城県那珂市額田北郷)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。愛宕神社は,鹿嶋八幡神社の北西約200mのところにある。 愛宕神社の社殿等は,東日本大震災により非常に大きな被害を受けたとのことなのだが,立派に改修工事が完了し,一般の参拝が可能な状態となっている。 愛宕神社の基壇部となっている古墳は,愛宕山古墳と…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:鹿嶋八幡神社(額田神社)

過日,鹿嶋八幡神社(茨城県那珂市額田北郷)を参拝した。鹿嶋八幡神社の参道は,毘盧遮那寺境内の東側付近から始まる長いもので,その北側奥に社殿がある。鹿島神社(祭神・武甕雷男神)と八幡神社(祭神・誉田別命)の両社を祀っているため,鹿嶋八幡神社との名があるようで,本殿も2つ並んでいる。 鹿嶋八幡神社は,佐竹藩と水戸徳川家から保護された神社で…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:毘盧遮那寺

過日,真言宗豊山派・両部山寶光院毘盧遮那寺(茨城県那珂市額田北郷)を参拝した。 京都嵯峨大覚寺の末寺とのことで,古刹と言える寺院なのだが,堂宇等が古くなってしまったため,比較的最近に再建されたようだ。いずれも立派な建物だった。 毘盧遮那寺入口付近 山門 本堂 観音堂 弘…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:三島神社と古墳

過日,三島神社(茨城県那珂市本米崎)を参拝した。三島神社の祭神は,大山祇神。社殿はとても立派なもので,多数の境内社がある。 三島神社は,古くから交通の要衝とされてきた場所にある。その場所は,地形的には,細長い台地の突端部であり,港湾施設から道を登ると神社の脇鳥居があるような構造になっている。 ただし,かつて三島神社が創建された場所は…
コメント:0

続きを読むread more

野田市:瀬戸古墳群

長久寺と八坂神社(千葉県野田市瀬戸)の周辺には,かつて多数の古墳が存在したらしいのだが,現在では,八坂神社のすぐ近く(南方)に瀬戸古墳群と呼ばれる古墳群に含まれる古墳が幾つか残されているだけとなっている。資料によると,3基の古墳が現存することになっている。しかし,ざっと見たところ,3基中の1基の現況は墓地となっており,古墳としては湮滅し…
コメント:0

続きを読むread more

野田市:長久寺と八坂神社

過日,真言宗豊山派・宝塔山長久寺(千葉県野田市瀬戸)を参拝した。長久寺には将門が寄進したとされる毘沙門天がある。平将門と関連する遺跡や寺社は非常に多い。しかも,現代まで続いている。そのことの意味をどう考えるかは,各人各様なのだと思う。しかし,単に偶然や惰性のようなものでそうなったとは認め難い。現代の世相を重ね合わせて考えてみても,そのよ…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:矢作向地古墳

過日,矢作向地古墳(茨城県坂東市矢作)を見学した。矢作向地古墳は,矢作木戸古墳群のある台地の北西にある別の舌状台地の突端部西端付近にある。2つの台地の間を矢作川に沿って南北に走る道の坂を登り,台地斜面の森から畑になる少し前のところから西に入る小路があり,ちょっと進むと「埋蔵文化財・矢作古墳群」と書かれた標識が立てられている。 そこを更…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:矢作香取神社・三峯神社と古墳

過日,坂東市矢作の台地南西突端部の山の上にある矢作香取神社及び三峯神社(茨城県坂東市矢作)を参拝した。南側から神社の山に登る道がある。南側には階段がある。その階段を登ることにした。南東側には舗装された道路があるけれども,普段は自動車で登ることが禁止されているようだ。東側にも階段があるけれども,その階段下の場所には通行禁止のような表示があ…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:矢作稲荷塚古墳

過日,矢作稲荷塚古墳(茨城県坂東市矢作)を見学した。道路等によって一部掘削されているため現況は元の形状とは異なるけれども,直径13~14m・高さ約2.3mの円墳と推定されている。 『岩井市史』202頁によれば,14~15世紀のものと推定される石塔の破片が採取されており,本来は,その石塔が墳頂にたてられていたものと考えられ,「石廊」との…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:延命院と平将門胴塚

過日,真言宗智山派・延命院(茨城県坂東市神田山)を参拝した。 延命院は,神田山如意輪寺延命院または篠越山延命院観音寺とも呼ばれている。境内には不動妙院堂,毘沙門堂,観音堂などがあるほか,多数の石仏や石塔等がある。不動堂等の建物は,とても立派なものだった。 不動堂は,平将門胴塚とされている塚を御神体とする神社の拝殿(礼拝堂)のような構…
コメント:0

続きを読むread more

鴻巣市:箕田8号墳

本日は,埼玉県内の古墳を見学したり,寺社を参拝したりしていた。鴻巣市にある古墳の中でまだ見ていないものが幾つかあったので,鴻巣市にも寄ってみた。箕田古墳群(埼玉県鴻巣市箕田)に含まれる箕田8号墳の所在地に到着して,驚いた。古墳の東側と南側の空地だったところで住宅建設が始まっている。何か月もしない間に住宅に阻まれて公路からは見えない古墳に…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:二斗山塚古墳

過日,二斗山塚古墳(茨城県坂東市神田山字境)を見学した。二斗山塚古墳は,直径約15~17m・高さ約2~3mの円墳とされている。 二斗山塚古墳は,星神社古墳の南西約130mのところにある。星神社を参拝した上で,その周辺地域を散策した。 二斗山塚古墳の所在地は,岬状の段丘の先端部付近となっており,現在では1基の古墳しかなく,段丘の主要部…
コメント:0

続きを読むread more

常総市:三竹山一言主神社

過日,三竹山一言主神社(茨城県常総市大塚戸町)を参拝した。祭神は,一言主大神。事代主命と同一神とされている。 大同4年(西暦809年)に創建された神社らしい。境内には多数の境内社や石仏等がある。 下記の一言主神社のサイト内の説明によれば,奈良県葛城一言主神社が剣舞発祥の地との説があることから,岩手県北上市周辺に伝わる伝統芸能・鬼剣舞が…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:一乗院と古墳

過日,真言宗智山派・法満山一乗院(茨城県那珂市飯田)を参拝し,その境内にある古墳を拝見した。 一乗院は,佐竹氏によって保護された寺院で,青銅製の巨大な不動明王像があることでも有名。境内には多数・多種類の堂宇があり,それだけでもにぎやかな印象を受けるのだが,私が訪問した時は,たまたま正月を迎える直前で,そのための準備を進めているところだ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県那珂郡東海村:別当山古墳

過日,別当山古墳(茨城県那珂郡東海村石神外宿)を見学した。別当山古墳は,直径約52mの円墳とされているが,帆立貝式前方後円墳とする見解もある。別当山古墳は,願船寺の南西約100mのところにある。その場所は段丘の縁となっており,かつては,別当山の墳丘から段丘下の久慈川を航行する船舶や,更に,沖合を航行する船舶等の様子を仔細に監視できたと思…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県那珂郡東海村:願船寺

過日,真宗大谷派・華輪山真風院願船寺(茨城県那珂郡東海村石神外宿)を参拝した。願船寺は,石神城跡のある台地の北側にある台地縁にあり,願船寺の境内下に泥涅泉という井があるから,古くから拠点港湾のような役割を果たした場所だったのではないかと想像される。古代においては,台地と台地との間の低地(現況は田)のあたりは,古代の久慈川が流れる水面だっ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県那珂郡東海村:石神城跡

過日,石神城跡(茨城県那珂郡東海村大字石神内宿)を見学した。石神城は,佐竹氏家臣の石神小野崎氏の城で,現在は,その主要部分が史跡公園として整備・公開されている。公園内には比較的大きな駐車場やトイレ等の設備がある。なお,駐車場は,城跡の北側にあるが,城跡の西側にも小さな駐車スペースがある。 堀や土塁はとても立派なもので,よく保存されてき…
コメント:0

続きを読むread more

日立市:十王前横穴墓群

過日,十王前横穴墓群(茨城県日立市十王町伊師)を見学した。この横穴墓群は,「かんぶり穴」とも呼ばれている。古墳群とその周辺地帯が地元の方々の活動によって丁寧に保護・維持されている。 現在,合計29基の横穴墓が確認されているとのことなのだが,一般に見学可能な場所にある横穴墓の数はもっと少ない。段丘崖のような場所に多段になって横穴墓が並ん…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:山倉神社と塚原古墳群

過日,山倉神社(茨城県笠間市安居)を参拝した。山倉神社の祭神等の詳細は不詳。山倉大神ではないかと思われる。 山倉神社の敷地を含め,そこから北~北西の地域一帯は塚原古墳群と呼ばれる古墳群の所在地とされている。現在,4基の古墳が存在するとされており,山倉神社の基壇部(円墳?)もその1つと思われる。典型的な古墳神社の形態をとっている。 …
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:安古祖父神社と医王院

過日,安古祖父神社と医王院(茨城県笠間市安居)を参拝した。 「安古」と現在の地名の「安居(あご)」とは同じものだろうと思われる。古代の安候駅家の所在地とされており,「安候」が元の名称だったと思われる。源義家が奥州征伐の帰路に焼き討ちにしたという持丸長者の伝説の地でもある。同様の伝説は水戸市渡里町にもあり,一盛長者伝説地の碑が立てられて…
コメント:0

続きを読むread more