小美玉市田木谷:香取神社と古墳

過日,香取神社(茨城県小美玉市田木谷)を参拝し,その参道脇にある古墳を拝見した。 田木谷の香取神社は,岬状の細長い台地の東端部分にあるのだが,段丘崖から直接に上る道はなく,社殿の西の方にある鳥居のところからかなり長い参道を歩いてやっと社殿にたどり着くことができる。幾つかの境内社があった。人気のない境内なのだが,社殿は丁寧にお世話されて…
コメント:0

続きを読むread more

行方市沖洲:大日塚古墳と勅使塚古墳

茨城県の行方市沖洲周辺には,国道355号線に沿って,三昧塚古墳,勅使塚古墳,大日塚古墳,天神山古墳などが並んでいる。三昧塚古墳の北の方には小美玉市があり,更にその北の方には石岡市があって,数々の古墳が現存している。 過日,大日塚古墳と勅使塚古墳を見学した。三昧塚古墳の駐車場にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復。 大日塚古墳は,墳長…
コメント:0

続きを読むread more

スイバの小さな花の上の格闘

先日,スイバ(Rumex acetosa)の花を観ていたら,ギョウジャグモ属(Diaea)のクモのような小さなクモが小さな蛾のような昆虫を捕獲している瞬間と遭遇した。とても小さな世界の大格闘。ただし,正確な種名はよくわからない。
コメント:0

続きを読むread more

キツネノボタン

数日前,山を散策していたら,キツネノボタン(Ranunculus silerifolius var. glaber)が黄色の花を咲かせているのを見つけた。まだやっと咲き始めたばかりのようだ。これから何度も目にすることになるだろう。  松江の花図鑑:キツネノボタン(狐の牡丹)  https:…
コメント:0

続きを読むread more

ツルカノコソウ

先日,山を散策していたら,ツルカノコソウ(Valeriana flaccidissima)と思われる植物を見つけた。最初は,ナズナの類に似たアブラナ科の植物かと思った。しかし,よく見ると,花冠が5裂しており,十字架型の花を咲かせるアブラナ科植物ではない。また,細長い走出枝を出している個体もある。他にそのような特徴をもつ植物がないので,ツ…
コメント:0

続きを読むread more

佐野市越名町:金蔵院と藤田神社

過日,真言宗豊山派・医王山金蔵院(栃木県佐野市越名町)を参拝した。本尊は,薬師如来。本堂の額には「醫王山金藏院」と記されている。 金藏院は,安土桃山時代に薬師如来を本尊とする医王山金蔵院薬師寺として開山され,その後,不動明王を本尊としていたが,現在の本堂の建築後には元のとおり薬師如来を本尊としているとのこと。このほか,境内には多数の観…
コメント:0

続きを読むread more

佐野市:朝日森天満宮

過日,朝日森天満宮を参拝した。多数の境内社がある。全て参拝した。 藤原秀郷の七代孫・家綱の創建による神社とのことで,元は旧唐沢城の中にあったけれども,後に現在の場所に遷座したとのこと。社殿はとても立派なものだった。藤原秀郷の敵であった平将門とその兄弟は,菅原道真の三男・景行と親交があったと推定されており,菅原道真の墓所のある大生郷天満…
コメント:0

続きを読むread more

佐野市:奥州塚古墳

過日,奥州塚古墳(栃木県佐野市植野町)を見学した。 奥州塚古墳は,直径約15mの円墳とされている。 奥州塚に関しては,延暦7年(788年)に征東大将軍として奥州平定に向かったけれども大敗した紀古佐美が戦死者を葬った塚との伝承があるらしい。現在の栃木県周辺は,朝廷の勢力と奥州の勢力とが衝突する場所だったということになりそうだ。時代は源…
コメント:0

続きを読むread more

佐野市:上羽田八幡宮と古墳

過日,上羽田八幡宮(栃木県佐野市上羽田)を参拝した。上羽田八幡宮は,龍西院の東側隣地にある。境内林にアオバズクがやってくる神社として知られているらしい。また,境内には,樹齢600年を超えるとされる欅の巨樹がある。 昭和63年に火災により社殿が焼失してしまったため,平成3年に再建されたらしい。境内にある石碑には,神社の由緒と共にその経緯…
コメント:0

続きを読むread more

佐野市:龍西院

過日,曹洞宗・龍西院(栃木県佐野市上羽田町)を参拝した。本堂の額には山号として「あ養山」と記されていた。「安養山」だと判断したけれども,「阿養山」かもしれず,よくわからない。たまたま法要中だったので,住職等に御教示いただくことができなかった。 龍西院には,佐野市の文化財に指定されている閻魔王坐像と阿弥陀三尊像があるほか,延宝八年(16…
コメント:0

続きを読むread more

足利市稲岡町:龍泉寺

過日,真言宗豊山派・狐峯山龍泉寺(栃木県足利市稲岡町)を参拝した。 龍泉寺の境内には,足利市の文化財に指定されている仁王像と稲岡観音堂がある。稲岡観音堂の額には「観音閣」と記されている。また,天然記念物に指定されているカヤの巨木がある。更に,龍泉寺の参道にあたる部分には釣地橋という石橋がある。かつて,この地域には多数の石橋があったけれ…
コメント:0

続きを読むread more

佐野市:崇見寺と古墳

過日,臨済宗妙心寺派・崇見寺(栃木県佐野市出流原町)を参拝した。創建以来300年以上の寺院とのことなのだが,明治時代に焼失した後,仮の堂宇を崇見寺としてきたけれども老朽化し,長い苦労を経て,比較的最近に本堂等を再建したとのことだ。本堂前に枝垂桜と思われる大きな樹があり,開花したらさぞかし綺麗だろうと思ったが,残念ながら私が訪問した時はま…
コメント:0

続きを読むread more

佐野市:赤見山崎古墳

過日,赤見山崎古墳(栃木県佐野市赤見町)を見学した。赤見山崎古墳は,五箇10号墳とも呼ばれ,円墳とされている。まだ詳細な情報を入手していないので確実ではないが,現況は目測で直径20m前後の円墳のように見える。 赤見山崎古墳は,佐野市赤見町山崎集会所の北側にある山崎公園の東側隣地(私有地)内にあるが,山崎公園からフェンス越しに見ることが…
コメント:0

続きを読むread more

アオキの花

数日前,散策していたら,畑の縁の段丘崖にある林に生えているアオキ(Aucuba japonica)が開花しているのを見つけた。植栽と思われる。 アオキには雄花だけが咲く雄株と雌花だけが咲く雌株とがあるが,並んで植えてあったので,あちこち探し回らなくても良く,助かった。 里山の林の中を散策していると,明らかに植栽ではない野生のアオキが…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡益子町:入定塚古墳

過日,入定塚古墳(栃木県芳賀郡益子町大沢)を見学した。 行人塚古墳は,かつては前方後円墳とされていたけれども,現在では,全長約60m(後方部幅約35m・前方部幅約25m・前方部長約30m)の前方後方墳とする見解が多い。ただし,益子町史編さん委員会編『益子町史 第一巻 考古資料編』(昭和62年)の407頁には,現況から判断して,古墳であ…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡益子町:円通寺

過日,浄土宗・大澤山虎渓院円通寺(栃木県芳賀郡益子町大沢)を参拝した。本尊は阿弥陀如来。「圓通寺」と書くのが正しいようなのだが,通常,「円通寺」と書かれることが多い。 円通寺は,応永9年(1402年)に開山の寺院とされている。山門(四脚門)や一切経塔は益子町の文化財に指定されており,本堂や観音堂などの堂宇等も立派なものだった。 一切…
コメント:0

続きを読むread more

真岡市京泉:相宮神社と京泉シトミ原17号墳(行屋大日塚古墳)

過日,相宮神社(栃木県真岡市京泉)を参拝した。祭神は,伊弉諾命・伊弉冊命。境内社として,愛宕神社(軻遇突智命)・弁天社(厳島神社<市杵島姫命)・大杉社・大日社(天照皇大神)がある。 相宮神社は,大内廃寺跡の北西約100mのところにある。元は昌泰元年(898年)に創建された神社で,元は磐裂命・根裂命・経津主命を祀り,「三宮大明神」と称し…
コメント:0

続きを読むread more

真岡市:大内廃寺跡

過日,大内廃寺跡(栃木県真岡市京泉)を見学した。大内廃寺跡は,京泉13号墳(鶏塚古墳)の南東約600mのところにある。遺跡の北側に説明板があり,東側に金堂跡・西側に塔跡が並んでいる。一見すると,低い円墳または方墳が2基並んでいるように見えるけれども,古墳ではなく仏寺の遺跡。 大内廃寺の近くに芳賀郡衙跡(堂法田遺跡)がある。京泉シトミ塚…
コメント:0

続きを読むread more

真岡市:京泉シトミ原古墳群1号墳(荒神塚古墳)

過日,荒神塚古墳とも呼ばれる京泉シトミ原古墳群1号墳(栃木県真岡市京泉)を見学した。1号墳は,13号墳(鶏塚古墳)の北西約500mのところにある。 真岡市史編さん委員会編『真岡市史 第一巻 考古資料編』(昭和59年)の286~288頁によれば,江戸時代には1号墳の墳頂に三宝大荒神を祀っていたところ,自然に石室が崩れ,内部から金輪,玉等…
コメント:0

続きを読むread more