結城市結城:建田須賀神社

過日,建田須賀神社(茨城県結城市結城)を参拝した。祭神は,武渟川別命・須佐之男命。 武渟川別命は,竹田臣の祖とされている。 社殿はとても立派なものだった。私が訪問した時には祈祷の最中だったので,邪魔にならないように気をつけながら境内を拝見した。 参道の鳥居 二の鳥居と境内 左側の狛犬 …
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:愛宕神社

過日,愛宕神社(茨城県結城市結城)を参拝した。 由緒等の詳細は不詳。 愛宕神社は,光福寺のすぐ近くにある。 愛宕神社の社殿基壇部は,古墳またはその二次利用物のような雰囲気をもっている。しかし,現時点においては,その社殿基壇部は古墳とはされておらず,富士塚という扱いになっているようだ。もしかすると,土塁の一部なのかもしれない。 社…
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:光福寺

過日,真言宗豊山派・日髙山円藏院光福寺(茨城県結城市結城)を参拝した。本尊は,阿弥陀如来。 茨城百八不動尊霊場第三十八番札所となっている。 境内西側には茨城県指定史跡・御朱印堀がある。ただし,現況は墓地となっている。 明治維新における結城城をめぐる政府軍と結城藩佐幕派及び会津藩士らとの間の激しい戦闘の結果,この寺院で自害した結城藩…
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:金福寺

過日,時宗・西宮山金福寺(茨城県結城市結城)を参拝した。本尊は,阿弥陀仏。 金福寺は,正応2年(1289年)に呑海上人が開山という古い寺院。 金福寺の境内には,二十三夜尊・日限地蔵尊・菅谷不動尊を祀った御堂がある。 金福寺入口付近 本堂 三尊堂 奉供養地蔵尊碑  結城…
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:毘沙門堂

過日,毘沙門堂(茨城県結城市結城)を参拝した。 享保19年(1735年)の下総州結城絵図に多門寺毘沙門堂と記されているとのことなので,それ以前の創建の御堂ということになる。 本尊の毘沙門天は,結城市指定文化財となっている。 結城市の「結城七福神めぐりコース」の中に含まれている御堂の1つ。 門 毘沙門堂 …
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:古い家屋などの建造物

結城市結城地区には神社や寺院以外の古い建造物が多くあり,その中には国や市の指定による保存建物もある。過日,結城市を訪問した際,そのような建物の幾つかを見学した。 弘経寺の表門の隣には結城酒造株式会社がある。結城酒造の煉瓦造りの煙突は明治36年に建造されたもので,現在でも酒造のために使用されているとのこと。 この煉瓦造り煙突は,国…
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:浅間神社

過日,浅間神社(茨城県結城市結城)を参拝した。祭神は,木花開耶姫命。 由緒等の詳細は不詳。社殿の額には「富士浅間大神」と記されている。 現在では周囲をコンクリートで固められてしまい,小ぶりになっているけれども,元はもっと大きな塚の上に社殿があったと想像される。この塚は,古墳ではなく富士塚という扱いになっている。 本来はもう少し神秘…
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:弘経寺

過日,浄土宗・寿亀山松寿院弘経寺(茨城県結城市結城)を参拝した。本尊は阿弥陀如来。 戦国時代,飯沼(現在の常総市豊岡町)の弘経寺が戦乱によって堂宇を焼失した後,同寺の檀誉存把上人が下妻に逃れていたところ,結城家18代秀康が上人を招いて創始された寺院とのこと。結城家が福井に転封となった後には一時衰えたけれども,江戸時代には,中興開山され…
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:結城城跡と聰敏神社

過日,現在では城跡歴史公園となっている結城城跡(茨城県結城市結城)を見学した。 結城城跡の北側駐車場にクルマを停めたので,あじさい坂を登り,聰敏神社を参拝した上で,城跡内を散策した。桜が満開でとても綺麗だったのだが,結城城跡の訪問者はまばらだった。 聰敏神社は,結城藩水野家初代・水野勝成公を祭神とする神社。水野家は,代々福山を支配地…
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:大輪寺

過日,真言宗豊山派・如意山観音院大輪寺(茨城県結城市結城)を参拝した。本尊は,如意輪観世音菩薩。 大輪寺は,関東八十八カ所霊場第三十七番札所となっている。 元は常陸国河内郡にあり,大輪坊と称していたけれども,安貞元年(1227年)に現在の地に移山し,大輪寺と改称し,以後,結城家の祈願寺となったとのこと。江戸時代には水野家の祈願寺とな…
コメント:0

続きを読むread more

結城市上山川:八幡神社

過日,結城八幡瓦窯跡を見学した後,八幡神社(茨城県結城市上山川)を参拝した。祭神は,誉田別命。 一般に,結城市は,城下町として長く栄えたところなので,寺院や神社が多いとされているようだ。 八幡神社の由緒等の詳細は不明。 八幡神社のすぐ近くに結城八幡瓦窯跡があることから,かつてはその辺一帯が八幡神社の境内地だったのかもしれないが,よ…
コメント:0

続きを読むread more

結城市上山川:結城八幡瓦窯跡

過日,結城廃寺跡を見学した後,結城八幡瓦窯跡(茨城県結城市上山川)を見学した。国指定史跡となっている。 結城八幡瓦窯跡の所在地がわかりにくく,ちょっとだけ道に迷った。 結城八幡瓦窯跡は,発掘調査の後に全部埋め戻されている。発掘調査の結果,結城廃寺の瓦を製造した窯跡ということが判明している。 瓦窯跡とは言っても,現況では単なる小さな…
コメント:0

続きを読むread more

結城市上山川:結城廃寺跡

過日,結城廃寺跡(茨城県結城市上山川)を見学した。国指定史跡となっている。 結城寺は,白鳳9年(681年)に創建された古い寺院なのだが,嘉吉元年(1441年)の結城合戦の兵火で焼失し,廃寺となった。元禄8年(1565年)に現在の結城市山川新宿に移山・中興開山した。 発掘調査の結果,伽藍の配置が判明している。しかし,現況において,一般…
コメント:0

続きを読むread more

最近観た花

昨日,散策中,路傍にナヨクサフジが群れ開花しているのを見た。1年経つのは早い。 先日,ある城跡を散策中,タンポポの花を観た。たぶんカントウタンポポだろうと思う。
コメント:0

続きを読むread more

下野市三王山:三王山南塚古墳(その2)

国の緊急事態宣言が解除された後のことだが,過日,三王山南塚古墳(栃木県下野市三王山)を見学した。 三王山南塚古墳という呼称になっているが,古墳群であり,1号墳(前方後方墳)及び2号墳(前方後方墳)の2基の古墳によって構成されている。三王山南塚1号墳は三王山1号墳と同一の古墳であり,三王山南塚2号墳は三王山2号墳と同一の古墳。 『…
コメント:0

続きを読むread more

下野市三王山:三王山南塚古墳(その1)

国の緊急事態宣言が解除された後のことだが,過日,三王山南塚古墳(栃木県下野市三王山)を見学した。 三王山南塚古墳という呼称になっているが,古墳群であり,1号墳(前方後方墳)及び2号墳(前方後方墳)の2基の古墳によって構成されている。三王山南塚1号墳は三王山1号墳と同一の古墳であり,三王山南塚2号墳は三王山2号墳と同一の古墳。 三王山…
コメント:0

続きを読むread more

下野市三王山:朝日観音

国の緊急事態宣言が解除された後のことだが,過日,朝日観音(栃木県下野市三王山)の所在地を訪問し,その周辺にある遺跡所在地を見学した。 朝日観音の参道・石段は,御堂のある場所の西側にある。朝日観音の御堂は,立派なものなのだが,長い間誰もお世話をしていないらしく,ほぼ朽廃に近い状態にあった。参道・石段付近の地形は,何となく古墳所在地のよう…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県河内郡上三川町:坂上古墳群再訪(その4)

国の緊急事態宣言が解除された後のことだが,過日,坂上古墳群(栃木県河内郡上三川町坂上)を再訪した。 坂上古墳群の古墳分布は,現地に立てられている説明板によって知ることができるが,上三川教育委員会編『上三川町の古墳Ⅰ』(平成12年3月)の30~35頁に詳細な解説があるので,この解説に基づき,坂上コミュニティセンター付近から概ね時計と逆回…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県河内郡上三川町:坂上古墳群再訪(その3)

国の緊急事態宣言が解除された後のことだが,過日,坂上古墳群(栃木県河内郡上三川町坂上)を再訪した。 坂上古墳群の古墳分布は,現地に立てられている説明板によって知ることができるが,上三川教育委員会編『上三川町の古墳Ⅰ』(平成12年3月)の30~35頁に詳細な解説があるので,この解説に基づき,坂上コミュニティセンター付近から概ね時計と逆回…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県河内郡上三川町:坂上古墳群再訪(その2)

国の緊急事態宣言が解除された後のことだが,過日,坂上古墳群(栃木県河内郡上三川町坂上)を再訪した。 坂上古墳群の古墳分布は,現地に立てられている説明板によって知ることができるが,上三川教育委員会編『上三川町の古墳Ⅰ』(平成12年3月)の30~35頁に詳細な解説があるので,この解説に基づき,坂上コミュニティセンター付近から概ね時計と逆回…
コメント:0

続きを読むread more