東京都千代田区:太田姫稲荷神社

過日,太田道灌ゆかりの太田姫稲荷神社(東京都千代田区神田駿河台)を参拝した。元は別の場所にあったらしいのだが,何度か遷座した後,現在の場所に落ち着いたとのこと。小さな神社なのだが,神田駿河台界隈のお祭りでは中心的な役割を果たしている。 鳥居 拝殿 本殿 手水 縁起書
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県南埼玉郡宮代町:姫宮神社と古墳

過日,姫宮神社(埼玉県南埼玉郡宮代町)を参拝した。JR常磐線北千住駅から東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)に乗り換えて姫宮駅まで行き,そこからは徒歩で往復。 姫宮神社の祭神は,多記理姫命・市杵島姫命・多記津姫命。多数の境内社がある。 古くから古墳の上に社殿があるものと考えられてきたが,近年の発掘調査等の結果,複数の古墳で構成され…
コメント:0

続きを読むread more

流山市:東深井古墳群

過日,東深井古墳群(千葉県流山市大字東深井)を見学した。東深井古墳群は,東深井地区公園(古墳公園)の中にあり,標識が立てられている古墳としては7号墳~18号墳が保存されている。7号墳と8号墳のある場所を除き,笹や低木が刈られておらず,荒れているために墳丘を見分けにくい状態にあり,管理が適切な公園であるとは言い難いが,丁寧に観て回ると一応…
コメント:0

続きを読むread more

オオシロカラカサタケ?

過日,散策中にカラカサタケに似たキノコが生えているのを見つけた。しかし,何となく様子が異なる。有毒のオオシロカラカサタケではないかと一応判断したが,他の類似の有毒キノコかもしれない。よくわからない。
コメント:0

続きを読むread more

野田市:堤根古墳

過日,堤根古墳(千葉県野田市堤根)を見学した。堤根古墳は,住宅街の中の公園にある。この公園の入口には公園の名を示すプレートがあるけれども,文字がかすれていて読み取れなかった。 堤根古墳は,1辺約25mの方形で三段の古墳とされているけれども,発掘調査の結果,周溝が発見されなかったため,後代の塚ではないかとの見解が有力になっているとのこと…
コメント:0

続きを読むread more

野田市堤根:菅原神社

過日,菅原神社(千葉県野田市堤根)を参拝した。祭神は,菅原道真公。境内社として大杉神社等がある。本殿の屋根の形が独特だと思った。 菅原神社の社殿脇(北西)には盛土状の部分があり,古墳の墳丘(または,その二次利用物)に見えないこともない。しかし,古墳としての指定を受けておらず,富士塚として扱う見解が多いようだ。境内に青面金剛(庚申塔)が…
コメント:0

続きを読むread more

野田市:庚申塚古墳

過日,庚申塚古墳(千葉県野田市船形)を見学した。庚申塚古墳は,目測で直径約15m前後の円墳であり,墳頂に庚申塔がある。 庚申塚古墳は,協栄流通株式会社船形グロサリー集品センターの建物南東側に附属しているトラック移動用のループ状通路の1階円形空間部分にあり,墳丘の周囲は自転車置き場になっている。このような形で保存された古墳は,かなり珍し…
コメント:0

続きを読むread more

野田市:八幡神社と古墳

過日,八幡神社(千葉県野田市新田戸)を参拝した。元応2年(1320年)の創建とのことで,後醍醐天皇の時代なので,南北朝時代の政治状況の変化と関係する諸事情に起因して創建された神社なのかもしれない。長年月を経て社殿が朽廃したため,平成8年に社殿が改築され,現在に至っているとのこと。 八幡神社の所在地は,利根川と江戸川に挟まれた細長い台地…
コメント:0

続きを読むread more

行田市須加~羽生市上新郷:浅間塚古墳と前浅間塚古墳

過日,浅間神社(埼玉県行田市須加)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。この古墳は,浅間塚古墳と呼ばれている。浅間塚古墳のすぐ近く(南方)に前浅間塚古墳を基壇部とする浅間神社(埼玉県羽生市上新郷)があり,かなりややこしい。これらの2つの古墳の間には,現代でも異なる行政区画の境界があるけれども,過去においてもそうだったようで,境…
コメント:0

続きを読むread more

羽生市:保呂羽堂古墳

毘沙門堂のすぐ近く(北西)の歩いて行ける距離のところに保呂羽堂古墳(埼玉県羽生市西)がある。保呂羽堂古墳は,直径約21mの円墳とされている。保呂羽堂古墳の墳頂付近は掘削されており,保呂羽堂が建立されている。この保呂羽堂は,北条氏に敗れた和田義盛とその一統の武将達を供養するための御堂とのこと。古代の古墳が供養塚として二次利用されたことが由…
コメント:0

続きを読むread more

羽生市:古江宮田両社・浅間神社・秋葉神社・毘沙門堂と古墳

過日,古江宮田両社・浅間神社・秋葉神社・毘沙門堂(埼玉県羽生市西)を参拝した。古江宮田両社・浅間神社・秋葉神社・毘沙門堂は,東武伊勢崎線羽生駅のすぐ近くにあり,駅から徒歩で容易に到達できる。 毘沙門堂は,毘沙門山古墳と呼ばれる前方後円墳の前方部手前にあり,古江宮田両社・浅間神社・秋葉神社は,毘沙門山古墳の後円部墳頂にある。後円部の墳丘…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:星神社と古墳

過日,星神社(茨城県坂東市神田山・旧岩井市)を参拝した。祭神は,岩裂命・根裂命とのこと。 星神社の境内(拝殿の右手前)には,全長約23.5mの前方後円墳がある。この古墳は,星神社古墳と呼ばれており、下神田山6号墳とも呼ばれている。墳丘には多数の石碑(浅間神社・御嶽神社・熊野神社・愛宕神社)等が立てられており,一般に元の形状とは異なるも…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:天照皇太神宮と鶴ヶ塚古墳

過日,天照皇太神宮(埼玉県加須市町屋新田)を参拝した。拝殿と本殿との間にかつて立っていたという大松の一部が保存されていた。また,多数の境内社や石碑等がある。 天照皇太神宮の基壇部は,直径約15mの円墳とされている。この古墳は,鶴ヶ塚古墳と呼ばれている。しかし,実際に訪問し,天照皇太神宮の基壇部を拝見すると,確かに直径約15m前後の円墳…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:路傍の道祖神(道路神)と庚申塔

加須市の薬王寺・祇園社と天満宮との間をクルマで移動中,道路の脇に比較的新しい覆堂が2つ並んでおり,その一方の中に道祖神(道路神)があり,他方の中に庚申塔と十九夜念仏供養塔があった。その前でクルマを停め,合掌した。現代では,このように立派な覆堂を造営してもらえる道祖神や庚申塔は,あまり多くない。 道祖神 説明板 …
コメント:0

続きを読むread more

加須市道目:天満宮

過日,天満宮(埼玉県加須市道目)を参拝した。天満宮の基壇部に関しては,古墳だったのではないかとの意見があるが,現時点において古墳等の遺跡としての指定はない。参拝した上で実際に現地を拝見すると,古墳のように見える部分は,むしろ中世の土塁のようなもので,一部掘削して道路にしているために古墳のように見えないこともない地形になっているのではない…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:薬王寺と祇園社

過日,真言宗豊山派・医王山薬王寺と祇園社(茨城県加須市細間)を参拝した。薬王寺・祇園社の入口には鳥居があり,神社と寺院(薬王寺)とは別の建物になっており,他に境内社や墓地等もあるが,神仏分離前には異なる姿をしていたのではないかと思う。 薬王寺・祇園社を訪問した時は,かつて存在したという穴塚と穴咋塚の所在地の可能性の有無を考えてみた。結…
コメント:0

続きを読むread more

道の駅しもつまと地ビール

寺社の参拝と古墳探訪の途中,道の駅しもつま(茨城県下妻市数須)に寄って休憩することがときどきある。慣れないと入り方がわかりにくいかもしれないけれども,建物・施設それ自体は常総バイパス(国道294号・国道408号と一部重複)からよく見え,慣れると簡単に入ることができる(交差点で右折・左折して北側入口から入るのがコツ)。建物の中には飲食の施…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:稲荷神社と古墳(稲荷塚)

過日,稲荷神社(埼玉県加須市上樋遣川)を参拝した。この稲荷神社は,浅間神社のすぐ東側に位置し,御室社の南方の田の中にある。 稲荷神社の基壇部は,直径約25mの円墳とされている。浅間神社の基壇部となっている古墳(浅間塚)よりも高さはないが,むしろ,稲荷神社の基壇部のほうが古墳的な雰囲気を残していると言えるかもしれないと思った。 …
コメント:0

続きを読むread more

加須市:浅間神社と古墳(浅間塚)

過日,浅間神社(埼玉県加須市上樋遣川)を参拝した。浅間神社は,御室社の南方の田の中にある。 浅間神社の基壇部は,直径約25mの円墳とされている。後世に土が盛られ,元の墳丘よりも高くされているらしい。この古墳は,浅間塚と呼ばれている。 鳥居の脇に稲荷神社と刻した石碑が置いてあった。もしかすると既に湮滅した古墳(塚)にあったものを移動し…
コメント:0

続きを読むread more

加須市:御室社と古墳(御室塚)

過日,御室社(埼玉県加須市上樋遣川)を参拝した。祭神は,三諸別王。ただし,鳥居には「御室大明神」とある。社殿は,とても立派だった。その境内には,別の場所から遷座したという八坂神社を含め,多数の境内社等がある。社殿北側にも鳥居があり,地元の方の説明によると,かつてはこちら側からも墳丘に登れたらしい。しかし,現状では無理そうなので,南側にあ…
コメント:0

続きを読むread more