鹿嶋市沼尾:塚原古墳群再訪(その8)

過日,塚原古墳群(茨城県鹿嶋市沼尾)を再訪し,見学可能な古墳を丁寧に観て回った。

塚原古墳群を構成する古墳の個別の測量は行われていないようなのだが,大きな古墳は直径20前後,小さな古墳は直径10m前後の円墳状のものが多い。前方後円墳も含まれているとされている。しかし,現況を観る限り,円墳のような外見をもった古墳しかないように思う。一応道があり,アクセス可能と思われる場所にある古墳だけ見学し,周囲の状況からみて立ち入るべきではないと判断した場所に所在する古墳(特に古墳群所在地北側にある古墳)にはアクセスしなかった。

展望場所から北の方には多数の古墳(25号墳~43号墳,64号墳,65号墳)がある。これらの中で矢形標識(31番)のすぐ北側の林内にある26号墳と27号墳を見学した。これらの古墳以外の古墳所在地は,これらの古墳所在地の北側にある段丘縁及び段丘斜面が所在地となっているのだが,周囲の状況等からして,立ち入るべきではないと判断し,26号墳と25号墳を見学するのにとどめることにした。
26号墳は矢形標識(31番)の北西約20mのところにあり,25号墳と思われる塚状のものは矢形標識(31番)の北東約20m付近の道の脇(北側)にある。

IMG_5951.JPG
南東の方から見た26号墳


IMG_5953.JPG
26号墳


IMG_5965.JPG
25号墳と思われる塚状のもの


26号墳と27号墳を見学した後,展望場所から東の方に進んだ。前回訪問した時とは逆回りとなる。
塚原古墳群の説明板の設置場所に至るまでの間,何か所かに古墳がある。道から見えるものだけ見学し,その他の古墳の見学は割愛した。
なお,佐々木憲一・田中裕編『続常陸の古墳群』(六一書房)の274頁にある配置図の46号墳に隣接する古墳の表記には不備があり,付番が欠けている。たぶん51号墳なのだろうと推測されるけれども,確実ではない。このブログ記事では,「X号墳」と表記することにする。


IMG_6055.JPG
南西の方から見た45号墳所在地付近


IMG_6057.JPG
南の方から見た45号墳


IMG_6059.JPG
南東の方から見た45号墳


IMG_6061.JPG
南西の方から見た46号墳所在地付近


IMG_6062.JPG
46号墳の近景


IMG_6066.JPG
西の方から見たX号墳の所在地付近


IMG_6071.JPG
東の方から見たX号墳の所在地付近


IMG_6073.JPG
北東の方から見た48号墳の所在地付近?


50号墳,52号墳及び53号墳の所在地付近に通じていると推測される道は,立入禁止となっていた。これらの古墳の見学は断念した。


IMG_6075.JPG


塚原古墳群の説明板の設置場所から東に進むとT字交差点の角に馬頭観世音があった。道祖神として立てられているものかもしれない。その馬頭観世音の前で合掌し,塚原古墳群の再訪を終えることにした。
見学可能な場所にある古墳を何か所か見落としてしまったかもしれない。また,古墳の同定に関しては,誤解や間違いがあるかもしれない。いつか機会があったら,更に再訪してみようかと思っている。


IMG_5584.JPG
馬頭観世音

"鹿嶋市沼尾:塚原古墳群再訪(その8)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント