稲敷市阿波崎:天満宮と阿波崎城跡

過日,天満宮(茨城県稲敷市阿波崎)を参拝した。
天満宮それ自体は,質素なものなのだが,地元で大事にされてきた神社だということがよく分かる。天満宮の北側~北西側は,すぐに急峻な段丘崖となっており,木々の間からはかなり遠くまで見通すことができる。
天満宮の境内地及びその南西側にあるゴルフ場一帯は,南北朝の時代の阿波崎城跡として理解されており,いばらきデジタルマップ上でもそのように表示されている。阿波崎城は,神宮寺城が落城した後に北畠親房が拠った城として知られている。
天満宮の北東側~東側は,段々畑のような形状になっており,天満宮への参道もその段々畑のような斜面にある。この地形が元からの城の構造物の一部の残存物であるのかどうかはわからないのだが,もしそうだとすれば,そのあたりに虎口があったのだろうと思う。
いばらきデジタルマップ上では,天台宗・北須賀山寿福院満願寺の境内地も阿波崎城跡の一部として表示されているので,その表示が正しいとすれば,満願寺本堂脇にあった土塁様地形部分や同寺の墓地区画等も城の構造物の一部であったのかもしれないと思った。
阿波崎城跡の中心部分と思われるところの現況は,ゴルフ場になっているので,無許可で立ち入ることができない。コロナの問題が解決したら,正規にお願いして見学したいと思っている場所の1つだ。

なお,同じ台地の南東側には天台宗・根崎山観音寺があり,そのあたりは,大日城跡の遺跡とされている。

IMG_3324.JPG
北東の方から見上げた段々畑のような形状の土地部分


IMG_3322.JPG
八幡台とされる土地部分


IMG_3290.JPG
東の方から見た段々畑のような形状の土地部分


IMG_3300.JPG
鳥居


IMG_3302.JPG
社殿


IMG_3292.JPG
阿波崎城址碑


IMG_3311.JPG
説明板


IMG_3310.JPG
天満宮の北東側段丘端付近


IMG_3304.JPG
天満宮付近から見える景色


IMG_3293.JPG
四阿


IMG_3297.JPG
四阿の北側付近


IMG_3294.JPG
四阿の南東側付近
(奥にある低木の向こう側はゴルフ場)


IMG_3295.JPG
四阿の東側付近



 稲敷市:阿波崎城跡
 https://www.city.inashiki.lg.jp/page/page000033.html

 余湖:阿波崎城(稲敷市阿波崎字天神台)
 http://yogoazusa.my.coocan.jp/ibaraki/azumamati.htm

この記事へのコメント