笠間市泉:愛宕神社(その2)

過日,愛宕神社(茨城県笠間市泉)を参拝した。祭神は,伊邪丹大神・火具土命・火結命・水波女命・埴山比売命。
愛宕神社は,大同元年(806年)に徳一大師によって創建された神社とされている。

愛宕神社の本殿裏(南側)に愛宕神社の境内社(奥社)である飯綱神社,六角殿と十三天狗の祠がある。飯綱神社は,式内社・常陸国茨城郡夷針神社の論社となっている。
飯綱神社,六角殿と十三天狗の祠は,円墳様の塚状地形を基壇部としている。その塚状地形部分は,明らかに人工物のように見える。ただし,現時点では,古墳ではなく,近世の経塚とされている。十三天狗は,十三塚と数が一致する。根を同じくする信仰の一種だったのではないかと想像した。
飯綱神社は狭く急な石段を登った上にあり,その背後に六角殿と十三天狗の祠がある。六角殿と十三天狗の祠は柵で囲われているけれども,扉を開けて中に入ることができるので,近くから拝見することができた。
飯綱神社の両側にも境内社等がある。

IMG_7633.JPG
飯縄神社の石段


IMG_7631.JPG
飯綱神社の拝殿


IMG_7632.JPG
説明板


IMG_7639.JPG
六角殿


IMG_7640.JPG
十三天狗の祠(一部)


IMG_7638.JPG
六角殿と十三天狗の祠


IMG_7641.JPG
十三天狗の祠の基壇部


IMG_7643.JPG
境内社(松尾神社)


IMG_7648.JPG
境内社(龍神社)


IMG_7645.JPG
芭蕉句碑



 笠間市:愛宕山紹介・天狗伝説
 https://www.city.kasama.lg.jp/page/page000192.html

この記事へのコメント