高崎市下滝町:慈眼寺と古墳(その1)

2020年12月のことだが,高野山真言宗・華敷山補陀落院慈眼寺(群馬県高崎市下滝町)を参拝した。本尊は,聖観音菩薩。
下記の慈眼寺のサイトに記されている詳細な由緒によれば,慈眼寺は,天平年間に良弁僧正によって創始された非常に古い寺院であり,その後,南北朝の時代に乗弘大徳により中興開山となり,その後,戦火のため幾度も堂宇を焼失しながらも復興し,現在に至っている寺院とのこと。。現在の山門や本堂等の堂宇はとても立派なものだった。
慈眼寺の境内(本堂裏)及び周辺には古墳がある。
私が訪問した時には,慈眼寺境内にある古墳の墳丘上に暗紅紫色の紅葉がびっしりと蔽っていて,一種独特の姿だった。慈眼寺の山号は「花敷山」とも書くが,まさに冬の花敷山。相当の幸運に恵まれなければ目にすることができない光景かもしれない。まことにありがたいことだと思う。

IMG_7888.JPG
慈眼寺入口付近


IMG_7779.JPG
参道と六地蔵


IMG_7777.JPG
参道脇の石祠と供養塔(古墳跡?)


IMG_7782.JPG
山門


IMG_7788.JPG
山門の彫刻(一部)


IMG_7784.JPG
説明板


IMG_7792.JPG
仁王像


IMG_7802.JPG
本堂


IMG_7816.JPG
本堂屋根の鬼瓦部分


IMG_7791.JPG
鐘楼


IMG_7812.JPG
御堂


IMG_7797.JPG
石塔


IMG_7793.JPG
大日如来


IMG_7794.JPG
不動明王


IMG_7795.JPG
庭園


IMG_7809.JPG
庭園の一部となっている築山(土塁跡または古墳?)


IMG_7859.JPG
庫裏の門


IMG_7818.JPG
大乗経千五百部奉納碑



 慈眼寺
 http://www.takijigenji.or.jp/

この記事へのコメント