栃木県芳賀郡市貝町:多田羅古墳群(その1)

過日,多田羅古墳群(栃木県芳賀郡市貝町多田羅)を見学した。
多田羅古墳群は,7基の円墳で構成される古墳群。
多田羅古墳群の1号墳~3号墳は,多田羅沼のすぐ東の段丘縁のような場所にあり,見学可能。
市貝町史編さん委員会編『市貝町史』(平成2年)の530~537頁によれば,多田羅古墳群の4号墳~7号墳は,1号墳~3号墳所在地から少し離れて北東の方の山林内にまとまっているが,現況ではアクセスできない。
1号墳所在地の南東側崖下のような場所には二十三夜供養塔や馬頭観世音等の石碑が集められている場所があった。これらの石碑は,元は古墳の上に立てられていたものかもしれないと思った。
1号墳の前には説明板等が立てられている。
1号墳~3号墳の所在地付近は,元は山林だったと思われるけれども,現況では樹木が伐採され,見通しの良い状態となっている。

IMG_7220.JPG
東の方から見た1号墳~3号墳所在地付近


IMG_7224.JPG
二十三夜供養塔・馬頭観世音など


IMG_7324.JPG
供養塔のある場所の右手から古墳群所在地に登る小路


多田羅1号墳は,大神宮古墳とも呼ばれ,直径約35m・高さ約4.3mの円墳とされている。
多田羅1号墳は,現在見学可能な古墳の中では最も大きい。葺石があるとのこと。


IMG_7262.JPG
1号墳所在地付近


IMG_7263.JPG
説明板と記念碑


IMG_7266.JPG
南の方から見た様子


IMG_7269.JPG
墳頂付近


IMG_7273.JPG
北の方から見た様子


IMG_7325.JPG
北東の方から見た様子

この記事へのコメント