安中市下後閑:後閑3号墳

過日,後閑3号墳(群馬県安中市下後閑)を見学した。
後閑3号墳は,墳丘部直径約12.8m・高さ約2.2m(基壇部直径約20m)の円墳とされている。墳丘の南側にT字形の横穴式石室があり,開口している。ただし,石室内には立入禁止となっており,柵が設けられている。柵越しに石室内を見学した。
後閑3号墳の所在地は,土地改良事業が行われる前と現在とでは地形がだいぶ異なるのかもしれないが,大まかに言えば自然堤防のような細長く低い台地上となっている。この台地上には他にも古墳が現存している。
非常に貴重な古墳であるため,土地区画事業後においても現状保存されることになったようだ。墳丘の前にはその関連の石碑があり,説明板の中にも謝辞がある。

IMG_6814.JPG
古墳であることを示す標識


IMG_6815.JPG
説明板


IMG_6813.JPG
九十九川沿岸土地改良事業竣工記念碑


IMG_6818.JPG
南西の方から見た様子


IMG_6827.JPG
南の方から見た様子


IMG_6821.JPG
石室開口部付近


IMG_6823.JPG
石室内の様子


IMG_6828.JPG
古墳所在地付近から見える景色

この記事へのコメント