坂戸市塚越:西光寺

過日,曹洞宗・寶福山西光寺(埼玉県坂戸市塚越)を参拝した。本尊は,釈迦如来。脇仏は,阿彌陀如来・弥勒菩薩。
西光寺は,上杉氏に仕えた小島豊後が屋敷内に西光庵を建てたのがはじまりとのこと。ただし,小島氏に関し,比企氏の家臣とする見解もあるので,この地が上杉氏の支配圏に含まれることになって以降,同じ小島氏が上杉氏の家臣になったとも考えられる。
そのことから,西光寺の境内地は,小島屋敷と呼ばれる屋敷(大宮住吉神社の境内地が該当)と同一の屋敷の敷地内にあることになる。つまり,大宮住吉神社~西光寺の所在地は,連続して小島屋敷の遺跡包蔵地の範囲内にあることになる。西光寺の隣地には塚越城(西光寺城)の遺跡があるが,塚越城は,小島屋敷と同一のものを指すと考えるのが妥当と思われる。現在,塚越城(西光寺城)跡として理解されている場所は,西光寺の裏にある竹林部分だけとなっている。しかし,地形から推察すると,もっと広い範囲に及ぶものだったと考えるのが妥当だ。この竹林の中には入らなかった。
西光寺の山門前に並ぶ石造りの仁王像は,現在では西光寺の墓地区画となっている金子稲荷観音ゆかりのものらしい。あまり大きくないが,とても貴重な文化財であることは間違いない。金子稲荷観音の詳細は不詳。金子党と何らかの関係があるのだろうか?
なお,西光寺の墓地区画内には古い宝篋印塔が移設・保存されているとのことに後から気づいた。うっかり見落としてしまった。

IMG_1527.JPG
山門


IMG_1534.JPG
本堂


IMG_1528.JPG
説明板


IMG_1530.JPG
薬師堂


IMG_1537.JPG
地蔵堂


IMG_1540.JPG
鐘楼


IMG_1523.JPG
西光寺と大宮住吉神社との間にある茶畑



 西光寺
 https://noukotsu.co.jp/jiin/saikoji_3500209.html

この記事へのコメント