坂戸市:大宮住吉神社

過日,大宮住吉神社(埼玉県坂戸市塚越)を参拝した。祭神は,住吉三神・神功皇后・応神天皇。
平安時代に創建された古い神社で,室町時代に鎌倉公方・足利持氏によって社殿が再建された神社とのこと。
大宮住吉神社の境内地は,小島屋敷と呼ばれる中世の館の遺跡でもあるとされている。現在では境内地の整地等によって土塁的な地形がほとんどなくなってしまったようなのだけれども,それでも何となくそれらしい雰囲気が残っている。
境内地の南西にある弁天池は堀の小島屋敷の堀の名残りではないかとする見解もあり,全体的な地形等から判断して,私もその可能性が高いのではないかと思った。
なお,小島屋敷と塚越城(西光寺城)との関係についてはかなりわかりにくい面がある。同一のものを指すのではなかろうか。
大宮住吉神社の宮司家である勝呂氏は勝氏と同一の氏族と思われる。勝氏は,村山党の流れを汲むとのこと。
「党」は,恐ろしい集団のような印象を受けるかもしれないが,現代の用語では,「党」を「一族」と読み替えると理解しやすいと思う。

IMG_1502.JPG
鳥居


IMG_1511.JPG
参道


IMG_1513.JPG
拝殿


IMG_1519.JPG
本殿


IMG_1499.JPG
大宮住吉神社の説明板


IMG_1500.JPG
大宮住吉神楽の説明板


IMG_1517.JPG
境内社


IMG_1508.JPG
神楽殿


IMG_1504.JPG
手水

この記事へのコメント