茨城県稲敷郡阿見町追原:蔵福寺

過日,真言宗豊山派・竹生山蔵福寺(茨城県稲敷郡阿見町追原)を参拝した。
蔵福寺は,元は天台宗の寺院であり,伊達政宗ゆかりの寺院とのこと。かつて,伊達藩が現在の阿見町~龍ヶ崎市付近を飛び地として拝領していたことによる。江戸時代の稲敷の歴史を知る上で非常に重要な位置づけをもつ寺院の1つではないかと思われる。
蔵福寺の境内には古い板碑等が多数ある。その中には,古墳の石材を転用したものとされる不動明王(梵字)銘の板碑もあるとのことなので,それらしきものを見学したのだが,どうも比較的最近彫りなおされたレプリカのように見えた。

IMG_9839.JPG
蔵福寺入口付近


IMG_9842.JPG
蔵福寺本堂


IMG_9849.JPG
説明板


IMG_9850.JPG
御堂


IMG_9844.JPG
鐘楼


IMG_9847.JPG
平和の梵鐘記念碑


IMG_9854.JPG
板碑


IMG_9860.JPG
石塔


IMG_9918.JPG
観音像


IMG_9904.JPG
梵字不動明王碑


蔵福寺の境内には本堂脇(南側)と墓地区画の南西側に大きな塚状の地形の場所がある。いずれも古墳とはされていない。本堂脇の塚状の地形部分は,本堂敷地及び墓地区画敷地の造成のために尾根様の土地を掘削した結果できたもので,もともとこのような形状のものではなかったと推定される。
頂上付近には土を盛ってあるかもしれない。現在では観音堂が建立されており,観音堂前付近には古い供養塔等が多数並べられている。


IMG_9864.JPG
塚状の部分に登る階段と普門品讀誦供養塔


IMG_9865.JPG
石仏など


IMG_9881.JPG
板碑


IMG_9882.JPG
六地蔵と板碑


IMG_9868.JPG
頂上の観音堂


IMG_9877.JPG
供養塔など


IMG_9871.JPG
供養塔など


IMG_9888.JPG
南の方から見た塚状の地形部分


IMG_9890.JPG
西の方から見た塚状の地形部分


墓地区画の南西端付近にある塚状の地形部分には大きな石仏が立てられている。


IMG_9870.JPG
観音堂付近から見た墓地区画南西端にある塚状部分


IMG_9894.JPG
墓地区画南西端にある塚状部分正面


IMG_9909.JPG
墓地区画付近から見える景色



 茨城県教育委員会:木造 阿弥陀如来立像 附両脇侍立像
 https://www.edu.pref.ibaraki.jp/board/bunkazai/ken/tyokoku/3-141/3-141.html

 阿見町:町の歴史(古代~阿見町合併まで)
 http://www.town.ami.lg.jp/0000000819.html

この記事へのコメント