東御市和丸山:中曽根親王塚古墳

過日,中曽根親王塚古墳(長野県東御市和丸山)を見学した。 中曽根親王塚古墳は,1辺55×52m・高さ12mの方墳とされている。発掘調査の結果,墳丘と国道141号線との間に幅約18mの溝が発見されている。かなり大きな古墳ということになるが,実際に観ると本当に大きな古墳に見える。 古墳の名称は,旧地名である中曽根村の「中曽根」に由来する…
コメント:0

続きを読むread more

上田市秋和:豊秋霧原埜神社と古墳

過日,豊秋霧原埜神社(長野県上田市秋和)を参拝した。祭神は神功皇后・応仁天皇・仁徳天皇。 元は八幡社と呼ばれていたようだ。 豊秋霧原埜神社の所在地は,武田軍と村上軍との間の葛尾城の戦における激戦地の1つとのこと。おそらく,当時,豊秋霧原埜神社の境内地とその周辺全体が葛尾城の一部を構成する館または砦だったのだろうと想像される。村上氏の…
コメント:0

続きを読むread more

上田市小泉:半過古墳群10号墳の石室

過日,半過古墳群10号墳の石室を見学した。 半過古墳群10号墳は,バイパス道路建設中に発見された古墳で,直径約7mの円墳とされている。石室が残されており,土器,鉄鏃,ガラス玉,人骨等が出土したようだ。 半過古墳群10号墳の石室は,道の駅「上田道と川の駅おとぎの里」(長野県上田市小泉)の敷地内に移築・復元されている。 半過古墳群に関…
コメント:0

続きを読むread more

小諸市耳取:耳取大塚古墳

過日,耳取大塚古墳(長野県小諸市耳取)を見学した。 耳取大塚古墳は,直径25m・高さ5.85mの円墳とされているが,元はもっと大きな古墳だったのではないかと思われる。現況でもかなり大きな古墳に見える。 墳丘を少し登ったところ(南側)に石室が開口している。とても大きい。 副葬品は見つかっていないとのことなのだが,それほど古い時代では…
コメント:0

続きを読むread more

佐久市安原:安原大塚古墳

過日,安原大塚古墳(長野県佐久市安原)を見学した。 安原大塚古墳は,安原公民館の北側にあり,現況は,直径約20mの円墳のように見えるが,後代の掘削により相当に掘削された結果とのことで,横穴式石室の羨道部が失われ,玄室部だけが残されたような状態になっている。元は非常に大きな古墳だったのだろうと思う。 墳丘上には2基の石祠と大きな石(伏…
コメント:0

続きを読むread more