日立市日高町:塩竈神社と古墳

過日,塩竈神社(茨城県日立市日高町)を参拝した。とは言っても,境内地には立派な鳥居と小さな石祠があるだけで,拝殿等は撤去されてしまったようだ。この石祠が現在の塩竈神社だと判断した。
塩竈神社の周辺には公共駐車場がないため,塩竈神社の北約300mのところにある南静公園の駐車場にクルマを停め,そこから先は徒歩で往復。道路の途中で幅が狭くなり,歩道のない区間があって若干怖かったけれども,どうにか無事に参拝。南静公園の所在地は,何となく古墳群でもありそうな雰囲気のある場所なのだが,遺跡包蔵地としては特に指定されていない。
日立市教育委員会編『茨城県日立市埋蔵文化財分布地図』(1985)の56頁及び119頁によれば,塩竈神社の境内地は,高磯古墳群と呼ばれる3基の円墳で構成される古墳群の所在地となっている。

IMG_5433.JPG
南静公園の標識


IMG_5434.JPG
南静公園の説明板


IMG_5492.JPG
南静公園内の様子


IMG_5444.JPG
南静公園南端付近から見た塩竈神社所在地付近


IMG_5453.JPG
塩竈神社の鳥居


塩竈神社の鳥居をくぐってすぐ右手(南側)のところにやや大きな塚がある。その塚が高磯3号墳に該当すると判断した。高磯3号墳は,直径2m・高さ2.5mの円墳とされている。
高磯3号墳の東側断崖縁付近にはやや小さな塚が見える。塚の上にはフェンスがある。その塚は,現時点では,古墳とはされていないようだ。ただし,過去の記録に記載漏れまたは誤記があったと仮定すると,古墳の可能性が否定されるわけではない。例えば,佐々木憲一・田中裕編『続常陸の古墳群』(六一書房)の78頁には「高磯4号墳」の記載として,「径10m・高さ2m」及び「消滅」との記載がある。


IMG_5456.JPG
北の方から見た3号墳


IMG_5460.JPG
東の方から見た3号墳


IMG_5463.JPG
3号墳の東の断崖縁にある塚


塩竈神社境内地の北端付近に大きな塚があり,その上に小祠がある。その祠の前に方形の構造物があり,元はその構造物の上に拝殿があったようだ。
この塚が高磯1号墳に該当すると判断した。高磯1号墳は,直径20m・高さ4mの円墳とされている。ただし,現況では,高さ3m未満のように見える。
高磯1号墳の東側の崖斜面には高磯2号墳(直径12m・高さ2mの円墳)が所在することになっている。しかし,海蝕により半壊状態の古墳とされており,現時点では既に消滅しているのではないかと思う。


IMG_5469.JPG
南東の方から見た1号墳


IMG_5466.JPG
南の方から見た1号墳


IMG_5470.JPG
石祠(塩竈神社)

この記事へのコメント