山形県東置賜郡川西町:下小松古墳群(その3)

過日,下小松古墳群(山形県東置賜郡川西町下小松)を見学した。とても広範囲に分布する古墳群であり,夏場で蛇や熊等の危険もあるので,古墳群中の小森谷支群と鷹待場支群にある主要な古墳に絞って見学することにした。

下小松K36号墳の周囲には大小の古墳が幾つかある。遊歩道がなく,近くまでアクセスできない古墳もある。可能な範囲内で見学した。

K36号墳の東に位置するK37号墳の南東にはK42号墳(旧65号墳)がある。
K42号墳は,全長22.3m・後円部直径14.5m・後円部高さ2.1m,くびれ部幅5.9m,前方部幅8.8m・前方部高さ1.2mの前方後円墳とされている。標柱の文字が劣化してかすれており,ほとんど読み取れなかったけれども,K42号墳に間違いないと思う。
K42号墳の所在地は,山の尾根の南東端のような場所であり,その北側,南側及び東側は,いずれも下りの斜面となっている。

IMG_8198.JPG
K42号墳の墳頂付近


IMG_8181.JPG
北西の方から見たK42号墳


IMG_8182.JPG
K42号墳の墳頂付近から見える景色


K44号墳(旧66号墳)の所在地は,K42号墳の北東側(K37号墳の南東側)の斜面上となっている。標柱がなく,確実ではないが,それらしい墳丘の残骸のようなものがあった。
K44号墳は,1辺9.4m×9.1m・高さ1.5mの方墳とされている。


IMG_8195.JPG
K44号墳?


K45号墳(旧67号墳)の所在地は,K42号墳の東側の斜面上となっている。標柱がなく,確実ではないが,たぶんK42号墳だろうと思われる墳丘様のものがあった。
K45号墳は,直径11.8m×11.6m,高さ1.7mの円墳とされている。


IMG_8185.JPG
K45号墳?


K46号墳(旧72号墳)の所在地は,K42号墳の南東を少し下った斜面上となっている。道の状態があまり良くなかったので近くまでアクセスしなかった。一応,それらしいものを見つけることができたけれども,標柱があるようには見えない。
K46号墳は,全長21.8m,後円部直径13.1m・後円部高さ4.4m,前方部幅12.6mの前方後円墳とされている。
なお,K50号墳の所在地付近から北西の方を見ると,少し高いところに円墳のようなものが見える。たぶん,それがK46号墳の後円部に相当する部分なのではないかと思う。
K46号墳の南西側斜面上にあるはずのK47号墳,K48号墳及びK49号墳に関しては,アクセス困難と判断し,見学を断念した。


IMG_8188.JPG
北西の方から見たK46号墳


K36号墳~K42号墳の南西側斜面上には幾つかの小さな円墳が並んでいることになっている。K36号墳~K42号墳の西側~南西側の斜面上にそれらしいものがあった。K38号墳(旧62号墳)またはK39号墳(旧69号墳),41号墳(旧68号墳)及び43号墳(旧71号墳)ではないかと判断したが,確実ではない。
いずれも標柱がなく,近くまでアクセスできない。
K38号墳は,直径4.5m×5.4m,高さ1.7mの円墳とされている。
K39号墳は,直径9.5m×9.0m,高さ1.7mの円墳とされている。
K41号墳は,直径8.9m×9.2m,高さ1.5mの円墳とされている。
K43号墳は,直径9.5m×9.3m,高さ1.8mの円墳とされている。


IMG_8207.JPG
K39号墳?


IMG_8205.JPG
K41号墳?


IMG_8200.JPG
K43号墳?


それらの古墳を見学した後,K36号墳の前を経由してK59号墳の所在地の方に戻った。その途中の遊歩道の北側にはK31号墳(旧73号墳)がある。
K31号墳は,全長20.3m,後円部直径13.8m・後円部高さ1.9m,前方部幅6.9mの前方後円墳とされている。


IMG_8224.JPG
南西の方から見たK31号墳所在地付近
(右手奥の方がK36号墳所在地付近)


IMG_8222.JPG
南の方から見たK31号墳の後円部


K31号墳の右手(東側)に円墳のようなものがある。標柱がなく,確実ではないが,たぶんK32号墳ではないかと思う。
K32号墳は,直径9.3m×9.4m,高さ1.3mの円墳とされている。


IMG_8220.JPG
K32号墳?

この記事へのコメント