日立市東滑川町:観音院と古墳

一昨日,曹洞宗・海雲山観音院(茨城県日立市東滑川町)を参拝した。本尊は,釈迦三尊仏。
古い寺院なのだけれども,元は別の場所にあり,大正時代に現在の場所に再建された寺院らしいのだが,詳細は不詳。
鐘楼の彫刻がとにかく凄く,驚いた。このような凝った鐘楼は,あまりないのではないかと思う。
滑川観音安産祈願所という御堂があり,その御堂の背後に古い供養塔等が並んでいた。
境内地は山の斜面にあり,墓地も同じ斜面にある。その山の尾根は,かつては,比較的広い範囲で古墳群の所在地だったのではないかというような印象を受ける。

IMG_5159.JPG
観音院入口付近


IMG_5141.JPG
本堂


IMG_5146.JPG
鐘楼


IMG_5143.JPG
滑川観音安産祈願所


IMG_5148.JPG
安産祈願所裏の供養塔など


観音院の南約150mの尾根上(陸橋の南端付近)には滑川浜古墳と呼ばれる古墳がある。
滑川浜古墳の墳頂には三峯神社の石祠がある。敬意を表する趣旨で参拝した。
滑川浜古墳は,直径10m・高さ2mの円墳とされている。ただし,前方後円墳の可能性を指摘する見解があるようだ。
この滑川浜古墳の所在地のすぐ東の斜面には滑川横穴墓群があり,更に南東の方には太田尻横穴墓群がある。時間の関係で,それらの横穴墓群の所在地には行かなかったけれども,地形から見て,観音院周辺の斜面には多数の横穴墓が造営され,現在でも埋もれているものがあるのではないかというような印象を受けた。


IMG_5158.JPG
南西の方から見た滑川浜古墳


IMG_5152.JPG
南東の方から見た滑川浜古墳


IMG_5155.JPG
墳頂の石祠

この記事へのコメント