稲敷市小野:逢善寺

過日,天台宗・慈雲山無量寿院逢善寺(茨城県稲敷市小野)を参拝した。本尊は,千手観世音菩薩。
逢善寺は,常陸国司小野篁の命により,天長3年(826年),最澄の弟子逢善道人によって創建された寺院とのこと。
本堂は,とても大きく,この規模のものはそうそうあるものではないと思った。
仁王門にある木像金剛力士像は,茨城県指定文化財となっている。とても立派な像だと思う。仁王門の左手脇には板碑のような大きな岩がある。
境内を散策している間に,本堂裏(北西側)に,明らかに石棺材と思われる多数の石材が置いてあるのを見つけた。いばらきデジタルマップではその旨の表示がないだけではなく,そもそも逢善寺の境内地とその近隣には遺跡が何も存在しないことになっている。
「この石棺はどこからやってきたのだろうか?」と考えていたら,頭上に轟と音がして,一塊の風が通り過ぎ,立ち並ぶ巨樹の梢が大きく揺れた。人が神の存在を感じるときというのは,こういうときのことを言うのだろうと思った。

IMG_2357.JPG
逢善寺入口付近


IMG_2362.JPG
仁王門


IMG_2364.JPG
本堂


IMG_2390.JPG
由緒書


IMG_2389.JPG
鐘楼


IMG_2385.JPG
御堂と手水


IMG_2376.JPG
本堂裏の石仏


IMG_2377.JPG
本堂裏の石祠


IMG_2369.JPG
石棺材と思われる岩


IMG_2371.JPG
別の角度から見た石棺材と思われる岩


IMG_2424.JPG
仁王門脇にある板碑?


IMG_2380.JPG
境内の巨樹


IMG_2374.JPG
本堂裏の竹林


境内にある小野神社も参拝した。
小野神社の社殿周辺には円墳のような形をした塚状の地形が何か所かある。古墳として指定されていないので,後代の築山の一種なのだろう。
仁王門の西側隣地境界付近にも塚のようなものがある。これは古墳かもしれないと思った。


IMG_2395.JPG
小野神社拝殿


IMG_2398.JPG
小野神社本殿


IMG_2401.JPG
小野神社裏にある塚状の地形


IMG_2428.JPG
逢善寺南西側隣地境界付近にある塚状の地形



 稲敷市:逢善寺
 https://www.city.inashiki.lg.jp/page/page000032.html

この記事へのコメント