キリギリスの仲間の幼体を捕食するガザミグモ

自然観察の森を散策していたら,ヨモギの葉の間に何かいるのを見つけた。そっと近づいて観てみると,ガザミグモ(Pistius undulatus)と思われるクモがキリギリスの仲間の幼体を捕食しているところだった。かなり怖い感じのクモだ。なお,このクモ個体は,メスなのではないかと思う。
コメント:0

続きを読むread more

ハルジオンの花の上のマルボシヒラタハナバエ

ハルジオン(Erigeron philadelphicus)が花盛りだ。様々な昆虫がやってくる。マルボシヒラタハナバエ(Gymnosoma rotundata)もやってくる。 セスジハリバエ(Tachina nupta)に似た昆虫のように思ったのだが,丁寧に観察すると毛むくじゃらではない。図鑑等で調べてみたところ,あまり自信はないけれ…
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトシリアゲ(メス)

自宅近くの里山を散策していたら,ヤマトシリアゲ(Panorpa japonica)と思われる昆虫を見つけた。 以前もヤマトシリアゲを見ていたのだが,その個体はオスのようだ。腹部の先端がハサミムシやサソリのような形状をしている。 今回観た個体は,腹部の先端が直線状になっている。メスと思われる。ミョウガが生えるようなやや暗い林内で見つけ…
コメント:0

続きを読むread more

オヤブジラミの花の上のサビキコリ

セイヨウカラシナと思われる植物の花の時期はそろそろおしまいに近づいているのだけれども,まだ最後の花が咲いているので,その花に寄ってくる昆虫がいないかと観察を続けている。 先日,自宅近くを散策中,そのようにして観察していたら,セイヨウカラシナと思われる植物と混生しているオヤブジラミの花序の上にサビキコリ(Agrypnus binodul…
コメント:0

続きを読むread more

タチチチコグサ

自宅の庭にタチチチコグサ(Gamochaeta calviceps)と思われる植物が生えてきた。タチチチコグサは,ホソバノチチコグサモドキとも呼ばれている。 まあ,何というか,いろんなものが生えてくる。  三河の植物観察:タチチチコグサ 立父子草  http://mikawanoyasou.org/…
コメント:0

続きを読むread more

自宅のラン:シラン(口紅咲)

自宅の庭でプランター植えにして長く栽培している口紅咲のシラン(Bletilla striata)が開花した。 事情があって手入れできない状態が何年か続いていたので,少し貧弱になった。今年は,腐葉土を積み足し,施肥したので,来年までには回復するだろうと思う。
コメント:0

続きを読むread more

筑西市泉:稲荷神社と古墳

2020年3月上旬のことだが,稲荷神社(茨城県筑西市泉)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。社殿の彫刻は,とても興味深かった。 稲荷神社の基壇部は,いばらきデジタルマップ上では泉古墳と呼ばれる古墳(方墳?)とされているが,詳細は不明。現況は,円墳または方墳のような形状をしているけれども,かなり大きく掘削されているように見え…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町表町:愛宕神社と古墳

2020年3月中旬のことだが,愛宕神社(栃木県下都賀郡壬生町表町)を参拝し,同社の基壇部となっている古墳を拝見した。愛宕神社の祭神は,火産霊神。墳丘上には庚申塔などがある。境内地は綺麗に掃除されており,感じが良かった。 愛宕神社の基壇部となっている古墳は,愛宕神社古墳と呼ばれ,直径27m・高さ4mの円墳とされている。比較的保存状態の良…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町~栃木市大光寺町:藤井古墳群53号墳など

2020年3月中旬のことだが,栃木県下都賀郡壬生町~栃木県栃木市大光寺町にまたがって所在している藤井古墳群の残存古墳のうち,花見ケ丘ゴルフセンター(栃木県栃木市大光寺町)の敷地に所在する藤井64号墳(寺林古墳)を再訪し,同古墳の北西にある藤井53号墳(栃木県下都賀郡壬生町壬生乙)とその周辺を見学した。 藤井古墳群を構成する各古墳の詳細…
コメント:0

続きを読むread more