白いバラの花とアシナガコガネ

先日,散策中,垣根から蔓枝を伸ばして白い花を咲かせている薔薇があり,昆虫がいっぱいやってきていたので,ちょっと見てみた。花の多くは高いところにあり,風で揺れるために写真撮影が困難。比較的低いところで咲いている花を観たら,アシナガコガネ(Hoplia communis)がいた。写真を撮った。 アシナガコガネは,白いものに集まる習性がある…
コメント:0

続きを読むread more

チチコグサ

先日,散策中,路傍の植え込みの下にチチコグサ(Euchiton japonicus)が生えているのを見つけた。 帰化植物である近縁種の方が圧倒的に多いため,在来種のチチコグサ(Euchiton japonicus)が圧迫されて少なくなっており,それを見つけるのは意外と困難。 …
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキツメクサ

先日,散策中,草原のようなところでムサラキツメクサ(Trifolium pratense)が開花しているのを見た。どこにでもある非常にありふれた植物だ。 しかし,よく見ていると,ちょっと変わった小さな昆虫がやってくることがある。移動が活発過ぎて写真撮影には失敗したけれども,今後,意識的に観察してみることにする。ただし,路傍にしゃがみこ…
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうら市:大日塚古墳群

2020年3月中旬のことだが,大日塚古墳群(茨城県かすみがうら市坂)を見学した。正確には,見学しようと試みた。 霞ヶ浦町教育委員会・筑波大学考古学研究室編『茨城県新治郡霞ヶ浦町遺跡分布調査報告書-遺跡地図編-』(2001年)の106頁によれば,大日塚古墳群は,2基の円墳とみられる古墳で構成され,1号墳は高さ2m,2号墳は高さ4mとされ…
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうら市:坂稲荷山古墳群

2020年3月中旬のことだが,坂稲荷山古墳群(茨城県かすみがうら市坂)を見学した。坂稲荷山古墳群は,稲荷山古墳と呼ばれる1基の前方後円墳(1号墳)と10基の円墳(2号墳~11号墳)の合計11基の古墳で構成されている。「やまびこ」というカラオケ店の西側の道路を北に進むと,古墳群所在地に至る小路の入口がある。 稲荷山古墳(坂稲荷山1号墳)…
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうら市:大平古墳

2020年3月中旬のことだが,大平古墳(茨城県かすみがうら市坂)を見学した。 大平古墳は,土浦日大桜グラウンドの北東約400mのところにあり,古墳のすぐ東側に送電線の鉄塔がある。霞ヶ浦町教育委員会・筑波大学考古学研究室編『茨城県新治郡霞ヶ浦町遺跡分布調査報告書-遺跡地図編-』(2001年)の106頁によれば,大平古墳は,直径12m・高…
コメント:0

続きを読むread more