ホシハラビロヘリカメムシ

先日,公園の擁壁の上にカメムシの仲間がとまっているのを見つけた。ヘリカメムシの仲間のようなので,とりあえず写真を撮っておいた。その後,図鑑等で調べてみた。どうやらホシハラビロヘリカメムシ(Homoeocerus unipunctatus)のようだ。
コメント:0

続きを読むread more

トボシガラの花

先日,自宅近くの里山を散策していたら,トボシガラ(Festuca parvigluma)と思われる植物が開花しているのを見つけた。似たような植物がいろいろとあるので,「これは何だろう?」と観察する度に足をとめ,かなりのんびりした散策。 今ではほとんど遭遇しなくなったけれども,緊急事態宣言後まもな…
コメント:0

続きを読むread more

ムシトリナデシコ

自宅近くを散策していたら,路傍でムシトリナデシコ(Silene armeria)の花が咲き始めていた。ごくありふれた植物なのだが,季節の変化を感じさせる植物の1つ。  松江の花図鑑:ムシトリナデシコ(虫取撫子)  https://matsue-hana.com/hana/musitorinadesik…
コメント:0

続きを読むread more

ヤクナガイヌムギの花?

先日,自宅近くの里山を散策中,ヤクナガイヌムギ(California brome)と思われる植物が開花しているのを見つけた。普通のイヌムギ(Bromus catharticus)は閉鎖花であることが多いけれども,ヤクナガイヌムギは葯を出して開花することが比較的多いとされているようだ。しかし,普通のイヌムギでも葯を出して開花することがある…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡益子町:荒久台古墳群8号墳

2020年3月初旬と2020年4月初旬(緊急宣言発令前)の2回にわたり,荒久台古墳群(栃木県芳賀郡益子町大字益子)を見学した。 荒久台古墳群は,天王塚古墳と呼ばれる1基の前方後円墳(1号墳)と17基の円墳(2号墳~18号墳)によって構成されている。益子町史編さん委員会編『益子町史第1巻 考古資料編』(昭和62年)の435~493頁の記…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡益子町:荒久台古墳群4号墳

2020年3月初旬と2020年4月初旬(緊急宣言発令前)の2回にわたり,荒久台古墳群(栃木県芳賀郡益子町大字益子)を見学した。 荒久台古墳群は,天王塚古墳と呼ばれる1基の前方後円墳(1号墳)と17基の円墳(2号墳~18号墳)によって構成されている。益子町史編さん委員会編『益子町史第1巻 考古資料編』(昭和62年)の435~493頁の記…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県芳賀郡益子町:荒久台古墳群5号墳

2020年3月初旬と2020年4月初旬(緊急宣言発令前)の2回にわたり,荒久台古墳群(栃木県芳賀郡益子町大字益子)を見学した。 荒久台古墳群は,天王塚古墳と呼ばれる1基の前方後円墳(1号墳)と17基の円墳(2号墳~18号墳)によって構成されている。益子町史編さん委員会編『益子町史第1巻 考古資料編』(昭和62年)の435~493頁の記…
コメント:0

続きを読むread more