栃木県芳賀郡益子町:荒久台古墳群7号墳

2020年3月初旬と2020年4月初旬(緊急宣言発令前)の2回にわたり,荒久台古墳群(栃木県芳賀郡益子町大字益子)を見学した。
荒久台古墳群は,天王塚古墳と呼ばれる1基の前方後円墳(1号墳)と17基の円墳(2号墳~18号墳)によって構成されている。益子町史編さん委員会編『益子町史第1巻 考古資料編』(昭和62年)の435~493頁の記述に従い,現存古墳を見学した。

荒久台7号墳は,直径約11m・高さ約1.5mの円墳とされているけれども,『益子町史第1巻 考古資料編』の436頁によれば,現況は「宅地裏」であり,また,「墳頂部に大きな土取り痕。形態から古墳でない可能性もある」とされている。
その所在地は,益子参考館の登窯の上(北側)に該当する。古い地図によれば山道のようなものがあることになっており,実際にその一部が現在でも山道として使われているので,7号墳所在地と思われる場所付近に行ってみた。既に湮滅した可能性もあるけれども,もし残存しているとすればそれが7号墳に該当するのではないかと思われる塚状のものがあった。

IMG_3781.JPG
益子参考館の登窯と赤絵窯


IMG_8990.JPG
益子参考館の登窯の東にある小屋付近から見た様子


IMG_3603.JPG
益子参考館の登窯の上(北側)の斜面


IMG_8989.JPG
益子参考館の登窯の上(北側)の斜面上部付近


IMG_8985.JPG
東の方から見た様子

この記事へのコメント