キンランとササバギンラン

キンランが咲き始めているのを見たので,知っている別の自生地に行ってみた。キンラン(Cephalanthera falcata)が咲いていた。ササバギンラン(Cephalanthera longibracteata)も咲き始めのようだ。
今年は,ギンランをまだ見つけていない。ギンランは,ササバギンランと比較するとずっと地味で見つけにくい植物だと言える。なお,中間的な植物が多々あり,自然交雑が疑われる。

IMG_4302.JPG


IMG_4306.JPG


IMG_4288.JPG


IMG_4291.JPG


私が観たササバギンランの茎の傍に古い枯れた茎が立っており,さく果の殻がついていた。昨年結実して種子を放散したのだろう。下の方の花は,既に虫か何かに一部かじられたような状態になっていた。


IMG_4298.JPG


IMG_4296.JPG



[追記:2020年4月30日]

更に別の自生地を見てきた。キンランが開花していた。ギンラン(ササバギンラン)はこれから。


IMG_4472.JPG


IMG_4477.JPG



IMG_4479.JPG


IMG_4483.JPG


IMG_4452.JPG


IMG_4450.JPG


[追記:2020年5月5日]

上記で「ササバギンラン」として写真を掲載したランがどうも気になり,完全に開花した状態を確認するため,同一個体のある場所を再訪した。どうやらササバギンラン(Cephalanthera longibracteata)ではなくギンラン(Cephalanthera erecta)のようなのだが,中間的なものかもしれない。

IMG_5507.JPG

この記事へのコメント