桐生市:武井廃寺塔跡と五郎稲荷神社

過日,武井廃寺塔跡(群馬県桐生市新里町武井)を見学した。実際には墳丘様の土台の上に礎石(塔の心礎)様の円錐状の加工石が1つあるだけ。下記の桐生市のサイトの説明によれば,三段の八角形墓が発掘されたことから,奈良時代の火葬墓との見解が有力になっているとのこと。現在,礎石のある墳丘様の土台の部分がその八角形墓の所在地と思われる。 あくまでも…
コメント:0

続きを読むread more

桐生市:中塚古墳

過日,中塚古墳(群馬県桐生市新里町新川)を見学した。中塚古墳は,新里村8号古墳とも呼ばれ,1辺の長さ約40mの方墳とされており,横穴式石室がある。古くから開口していたとのことで,もしかすると,この地を支配していた有力氏族が他所へ移動した際,石室内に蔵置されていた遺骨や先祖代々の家宝等を取り出して新たな領地の墓所へ移動させたものかもしれな…
コメント:0

続きを読むread more

桐生市:小林天神古墳

過日,小林天神古墳(群馬県桐生市新里町小林)を見学した。小林天神塚古墳は,小林の天神塚古墳とも呼ばれている。墳丘の半分くらいが掘削されているため元の形が不明ではあるけれども,直径約40m~42mの円墳と推定されている。横穴式石室があり,金冠や玉類等が出土したとのこと。 古墳は,新里中央小学校敷地内に所在しており,学校関係者と思われる方…
コメント:0

続きを読むread more

桐生市:山上庚申塚古墳

過日,山上庚申塚古墳(群馬県桐生市新里町山上)を見学した。古墳周辺の地域には山上古墳群と呼ばれる古墳群があり,関連文化財も多数ある。 山上庚申塚古墳は,山上8号墳とも呼ばれる。現況で直径12m×16mの円墳とされており,横穴式石室があるとのこと。一部掘削されているように見えるから,元はもっと大きな古墳だったのではないかと思う。 墳丘…
コメント:0

続きを読むread more

桐生市:十ヶ塚稲荷神社と古墳

過日,十ヶ塚稲荷神社(群馬県桐生市錦町)を参拝した。 十ヶ塚稲荷神社は,新川公園(群馬県桐生市稲荷町)の南約50mのところにあり,道路(新川橋通り)に面している。外見上は,普通の家しかないように見えるけれども,社殿基壇部が十ヶ塚稲荷神社古墳または十ヶ塚古墳と呼ばれる直径約10mの円墳とされている。 墳丘の大部分がコンクリートで固めら…
コメント:0

続きを読むread more