常陸太田市:香仙寺の梅の花

浄土宗・不軽山荘厳院香仙寺(茨城県常陸太田市松栄町)の境内で白花八重の梅が開花しているのを見た。紅花の梅も開花していた。とても綺麗。寺院や神社によっては非常に珍しい樹の花を観ることができる場合があるので,寺社の庭園を散策する時も気をつけるようにしている。 …
コメント:4

続きを読むread more

水戸市:森戸古墳群(続)

過日,森戸古墳群(茨城県水戸市森戸町)の1号墳と2号墳を見学した。その後,2019年8月初旬に森戸古墳群を再訪し,それ以外の古墳の中で加波山神社の北東にある古墳を見学した。これらの古墳に関しては,茨城県東茨城郡常澄村教育委員会「大六天古墳(森戸古墳群第12号墳)」(1976年3月31日)の中で付番されている。現時点では加波山神社の境内及…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡上里町:吉祥院

過日,真言宗智山派・阿保山真光寺吉祥院(埼玉県児玉郡上里町大御堂)を参拝した。山門,本堂,その他の堂宇とも,とても立派なものだった。 吉祥院は,大同元年(806年)武蔵介阿保人上が七堂伽藍十二坊をつくり開基とのことなのだが,戦火により堂宇が焼失し,その後も火災によって焼失し,江戸時代後期に再建された後,今日に至っているのだそうだ。安保…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡上里町:大経塚古墳

過日,大経塚古墳(埼玉県児玉郡上里町大字三町)を見学した。大経塚古墳は,大御堂古墳群を構成する古墳の1つで,直径約23mの円墳とされている。墳頂に祠がある。また,この古墳の前にはスクラップにされる自動車の置場のような場所があるため,シュールな古墳として紹介されることが多い。私が訪問した時にもまさにそのような状態だった。なぜそうなのかは知…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市:八幡山古墳とつつじ山古墳

過日,八幡山古墳とつつじ山古墳(埼玉県本庄市万年寺)を見学した。これらの古墳は,「万年寺ふれあい公園」の中にある。 この地域には,かつて100基以上の古墳が存在したらしいのだが,その大部分は,地下に遺構があるだけのものだったので,要するに,既に墳丘が削平され,湮滅していた古墳が多かったということになる。とはいえ,墳丘が残存していた古墳…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡上里町:浅間山古墳

過日,浅間山古墳(埼玉県児玉郡上里町神保原町)を見学した。浅間山古墳は,直径約38mの円墳とされている。石室が開口しているが,石室前に神社がある。参拝した。 この神社の祭神等は不詳ながら,浅間神社だろうと思った。古墳が発掘される前の時代には神社の所在地が異なっていたと思われる。発掘前には,石室の開口していない饅頭型の大きな塚があり,そ…
コメント:0

続きを読むread more

ホトケノザ

ホトケノザ(Lamium amplexicaule)は,春の到来を示す野草の1つとして知られている。一般的には3月~6月が花期とされている。しかし,少なくとも関東地方においては,実際には11月~12月頃から開花し始め,1月下旬~2月頃にはどこでも花が咲いているような状態となっている。「花期」なるものは,地域条件(緯度・平均気温)や各年の…
コメント:0

続きを読むread more