小山市:桑古墳群(小山ゴルフクラブ内古墳群・喜沢古墳群)

過日,小山ゴルフクラブ内古墳群または喜沢古墳群と命名され,一般的には桑古墳群として知られる小山ゴルフクラブ(栃木県小山市喜沢)の敷地内にある古墳群を見学した。古墳の所在地及び付番に関しては,ややわかりにくい面もあるので,栃木県小山市教育委員会「小山市文化財調査報告書第26集 日光道西・東原遺跡、発掘調査報告書」(1991年)の4~5頁にある記述に従うことにした。
桑古墳群を構成する古墳の多くは既に湮滅しているけれども,41号墳,55号墳,57号墳,58号墳,59号墳,60号墳がゴルフ場内またはゴルフ場と隣地との境界付近に現存しており,全て訪問して見学した。39号墳は,現況では湮滅したものと理解すべきだと判断した。

IMG_3396.JPG
桑57号墳の前にある古墳群の説明板


これらの古墳の中で最も有名なものは,57号墳。この古墳は,全長約35mの帆立貝式前方後円墳とされている。現況は,円墳のように見える。
57号墳の発掘調査結果により,被葬者は女性だったと考えられている。出土品である天冠・直刀・蛇行剣・鈴・鏡等は,当初は小山ゴルフクラブの建物内で保存・管理されていたけれども,現在では小山市立博物館(栃木県小山市乙女)で保存・管理され,展示されている。同博物館を訪問し,実際にそれらの出土品を観たところ,天冠と蛇行剣は,特に好奇心を惹かれるものだった。
なお,現代の各種イベント等において天冠の復元品を頭に載せて古代の王の扮装をする場合がある。しかし,天冠は,日本の江戸時代には死者の頭につけた白い三角の布と同じもので,この三角の布もまた「天冠」と呼ばれている。つまり,天冠は,死者のみが身に着け,黄泉の国における装束の一部とするものなので,生きている王の装束の一部ではない。現代の各種イベントにおいて天冠を頭に載せることは,死者(御先祖様)への冒涜として認識され得るリスクがある行為でもあるので,やめにすべきだと考える。
ただし,現世と黄泉の国を往来できる優れた巫女のような人の場合,古代における巫術または祈祷の際,「この世の者ではない存在であること」を世俗の人々に対して示すために天冠を装束とした可能性はあり得るかもしれないと思う。日本国における巫術及び巫女の歴史一般に関しては,中山太郎『日本巫女史』(国書刊行会・2012)が詳しい。


IMG_3399.JPG
北東の方から見た桑57号墳


IMG_3401.JPG
北西の方から見た桑57号墳


41号墳は,直径約20mの円墳とされている。41号墳は,57号墳の近く(北西)にあるけれども,ゴルフコース内にあるため,ゴルフコースに入る手前の遊歩道のところからズームで写真を撮った。

IMG_3403.JPG
桑41号墳


58号墳~60号墳は,栃木県道18号小山壬生線の下をくぐる歩行者用トンネルを通って至ることのできるゴルフクラブ東側部分に所在する。
58号墳は,直径約30mの円墳とされている。ゴルフコース手前の遊歩道のような場所の脇にあり,近くまでアクセスできた。


IMG_3405.JPG
西の方から見た桑58号墳


IMG_3406.JPG
南の方から見た桑58号墳


59号墳は,直径約20mの円墳とされている。ゴルフコース内にあるので,ゴルフコース手前の遊歩道のところからズームで写真を撮った。60号墳は,ゴルフコースの更に奥にあるはずなので,アクセスしなかった。


IMG_3412.JPG
桑59号墳


55号墳は,全長約60mの前方後円墳とされており,ゴルフコース西側部分の北東部分にある。より詳細には,小山警察署喜沢交番の西約100mのところにある海道西公園の裏側(北西側)にある。その場所は,ゴルフ場と住宅地との境界部分に相当する。海道西公園の東側には通路のようなものがあり,そこを進むとゴルフコース内の遊歩道のようなところへと続くのだが,途中でゴルフコース利用者以外は立入禁止の立札がある場所があるので,そこから先は利用者以外立入禁止ということなのだと判断した。なお,この通路によって墳丘の前方部端部分が掘削されているように見える。
55号墳の所在地の現況は,雑種地と山林の混合のような状態にある。特に立入禁止の表示がなく,また,墳丘上には神社があるはずなので,その神社を参拝すべく墳丘に登ってみた。神社は,後円部の一部を掘削したものと思われる部分にあり,「猿王神社・蓬莱社」と記された額があったけれども,かなり寂れており,神社のない覆屋だけの状態と理解すべきような状態であり,世話をする人がいなくなってしまったのではないかと思う。しかし,一応注連縄がはってあったので,敬意を表する趣旨で参拝した。
後円部には掘削痕のようなものが多数あった。それが盗掘によるものなのか,発掘調査によるものなのかはわからない。


IMG_3476.JPG
海道西公園
(奥に見えるのは桑55号墳の前方部の一部)


IMG_3478.JPG
東の方から見た桑55号墳の全景


IMG_3447.JPG
北の方から見た桑55号墳の前方部端付近


IMG_3468.JPG
東の方から見た桑55号墳の後円部


IMG_3452.JPG
桑55号墳の後円部にある社殿


IMG_3454.JPG
桑55号墳の墳頂付近


IMG_3460.JPG
桑55号墳の墳頂付近から見た前方部


これらの古墳を観て回った感想として,潰そうと思えば潰せた古墳なのだろうと思った。しかし,それらの古墳を潰さず,文化財として立派に保存・維持・管理している小山ゴルフクラブの高邁な経営姿勢と見識には敬意を表したい。



 小山市:小山市の文化財一覧 ≪市指定史跡≫
 https://www.city.oyama.tochigi.jp/soshiki/5/1595.html

 小山ゴルフクラブ
 http://www.oyamagolf.jp/

 趣味の案件:小山市喜沢古墳群
 https://ankenna.blog.fc2.com/blog-entry-307.html

この記事へのコメント