山武市:箱根神社と大堤権現塚古墳

過日,大堤権現塚古墳(千葉県山武市松尾町大堤)を見学した。大堤権現塚古墳は,9基の古墳によって構成される大堤古墳群の主墳として知られ,全長115mの前方後円墳とされている。大きな周溝が残されており,周溝を含めた総全長は174mとのこと。実際に観ると,実に大きい。 大堤権現塚古墳の前方部端付近は掘削され,箱根神社の境内地となっている。祭…
コメント:0

続きを読むread more

山武市:寳積寺

過日,天台宗・寳積寺(千葉県山武市松尾町大堤)を参拝した。寳積寺の由緒等は不詳だが,堂宇は立派なものだった。 山武市には七福神めぐりというものがあるのだそうで,七つの寺院に分かれて七福神の御堂がある。寳積寺には福禄寿の御堂がある。 寳積寺のすぐ北西側の路傍に供養塔のようなものがあった。浅学にして,これもまたよくわからないものだったが…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:大塚古墳群

過日,大塚古墳群(茨城県稲敷郡美浦村大塚~ 茨城県稲敷郡美浦村大須賀津)の中で公路から見ることのできる黒坂命古墳(弁天塚古墳)と同居塚古墳を見学した。 黒坂命古墳は,大塚古墳群1号墳とも呼ばれ,直径約52mの円墳とされている。江戸時代に甲冑や刀剣等が発掘され,当時における学術的な研究・検討の結果,『常陸國風土記』に登場する黒坂命の…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:木原城址と古墳

過日,木原城址(茨城県稲敷郡美浦村木原)を見学した。 木原城は,土岐氏家臣・近藤氏の居城だった城なのだが、城の所在地は複合遺跡になっており,弥生時代の環濠集落跡が発見され,また,古墳時代の遺跡も発見されている。立地としては,台地上にあり,古代の霞ケ浦を遠くまで眺望できる場所となっている。つまり,かなり古い時代から周辺地域の中心的な存在…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:實城寺

過日,真言宗豊山派・羽成山普賢院實城寺(茨城県つくば市羽成)を参拝した。常陸西国三十三札所の1つ。 實城寺は,寛永2年に建立された寺院なのだが,その後再建され,現在まで続いているとのこと。大同2年(807年)に弘法大師が羽成の地を訪れ,仏像を彫って祀ったのが始まりとの説もあるが,よくわからない。 實城寺の境内には,供養塔などが並べら…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:羽成観音

過日,羽成観音(茨城県つくば市羽成)を参拝した。羽成観音は,常陸西国三十三札所の1つ。岡見氏と多賀谷氏との間の激しい闘いの中で戦死した武将の霊を弔うために後の時代に建立された寺院(七観音・八薬師)の1つらしいのだが,詳しいことはわからない。立地からすると,かつて小規模な砦のようなものがあった場所かもしれない。 境内には鹿島神社があるほ…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:浅間山古墳

過日,富士東古墳群を構成する浅間山古墳(茨城県筑西市中舘)を見学した。浅間山古墳は,寺うしろ山古墳がある台地の北西端の岬状に枝分かれした部分の上にあり,全長約45mの前方後円墳とされている。前方部は南の方を向いている。前方部端付近に鳥居があり,後円部の墳頂には浅間神社がある。同社を参拝した。 浅間山古墳のある台地の西には,常総バイパス…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:寺うしろ山古墳

過日,富士東古墳群に属する寺うしろ山古墳(茨城県筑西市中舘)を見学した。この古墳は,観音寺の北にあり,観音寺の墓地付近から畑越しに見える位置にある。それゆえ,「寺うしろ山」との名があるのだろう。この古墳は,直径約20mの円墳とされており,墳丘の北側~北西側には周溝ではないかと思われる地形が残っている。しかし,墳丘の南側はかなり掘削されて…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市中舘:観音寺

過日,天台宗・施無畏山延命院観音寺(茨城県筑西市中舘)を参拝した。この寺院は,仲舘観音寺とも呼ばれ,用明天皇の時代に中国からの渡来僧・法輪独守居士によって開基された古刹とされている。近年の研究の結果,用明天皇の時代当時,インド人やペルシア人が多数渡来していたことがほぼ確実と考えられるようになっている。 私見としては,中国や朝鮮半島から…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市中舘:八幡神社(諏訪八幡宮)

過日,八幡神社(茨城県筑西市中舘)を参拝した。祭神は,誉田別命と建御名方命。それゆえ,この神社は,諏訪八幡宮とも呼ばれるらしい。 この八幡神社の本殿は,江戸時代のもので,筑西市の文化財に指定されている。実物を拝見し,立派なものだと思った。 一の鳥居 二の鳥居 拝殿 本殿 …
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:二宮古墳群

過日,二宮古墳群(茨城県桜川市青木)を見学した。この場所は,二宮尊徳の顕彰碑のある場所として知られている。その顕彰碑の基壇部がたぶん古墳ということなのだろうと想像するけれども,現地には何も説明板がなく,確実なことはわからなかった。また,顕彰碑の周囲には小さな塚などが幾つかあるけれども,それらの塚が古墳なのかどうかは不明。それらの塚には庚…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:大神田古墳群

過日,大神田古墳群(茨城県桜川市犬田字大神田)を見学した。大神田古墳群は,大日塚古墳の比較的近くにあり,山の中を東西に横断する道路の脇にある。大神田古墳群は,2基の円墳で構成されるものとのこと。 現地に行ってみると,道路脇に大神田古墳群であることを示す標識が倒れており,その標識が倒れている場所が膨らんでいるので,墳丘の1つだろうと思わ…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:犬田神社

過日,犬田神社(茨城県桜川市犬田)を参拝した。元は経津主神・武甕槌神・気吹戸主神を祀る香取神社だったけれども,八幡神社を合祀して犬田神社と称するようになったらしい。源義家と関連する伝承がある。「犬田」は地名なのだが,その由来は不詳。「犬田」と「大田(太田)」とは字形が似ている。 犬田神社周辺は,田が多い。その地下には犬田神社前遺跡が広…
コメント:0

続きを読むread more

常総市:安樂寺

過日,天台宗別格本山・正覚山蓮前院安樂寺(茨城県常総市大輪町)を参拝した。元三大師の名で知られる安樂寺は,大生郷天満宮の別当寺として延長7年(929年)に菅原道真の子・景行により創建されたと伝えられている。しかし,北条氏政と下妻城主・多賀谷氏との闘いの中で全山焼失することとなった。現在の寺院は,後になって慈眼大師・天海僧正により掟が定め…
コメント:0

続きを読むread more

常総市:安養寺と古墳

過日,浄土宗・無量山青雲院安養寺(茨城県常総市豊岡町乙)を参拝した。安養寺には常総市文化財に指定されている「絹本著色嘆誉良肇上人像」がある。また,安養寺は,その境内に見事な枝垂桜があることで有名な寺院だ。 安養寺の境内には前原志部古墳群に属する2基の円墳もある。その中の1基は,境内北側の墓地の奥(北東)にある。他の1基は,境内西の階段…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市黒子:八龍神古墳

過日,八龍神古墳(茨城県筑西市黒子)を見学した。八龍神古墳は,千妙院の山門から南約100mのところにある。円墳とされているけれども,道路等によりかなり掘削されており,現況は長方形となっている。墳頂には八龍神と思われる祠がある。公道からはフェンスで仕切られており,祠のある場所まで登る公道がないと判断したので,公道から見える範囲内で見学した…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:東睿山千妙寺

過日,天台宗・東睿山金剛寿院千妙寺(茨城県筑西市黒子・旧関城町)を参拝した。千妙寺は,慈覚大師円仁の開基による古刹で,元は別の場所にあったけれども,平将門の乱により焼失し,その後,現在の場所に再建されたとのこと。 非常に立派な堂宇が並んでいる。それだけではなく,千妙寺には,安楽院,心性院,積善院及び養雲院という寺院が隣接して並んでおり…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:春日神社と古墳

過日,春日神社(茨城県筑西市嘉家佐和)を参拝し,同社の境内にある古墳を拝見した。春日神社の主祭神は,天児屋根命・大日霎貴命・武甕槌命・斎主命。春日大社の末社とのこと。本殿は,江戸時代に建築された立派なもので,筑西市指定有形文化財に指定されている。境内社として,稲荷神社・上陰下陰神社・湯殿神社・大平神社がある。 春日神社の境内にある古墳…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:青木神社と古墳

過日,青木神社(茨城県桜川市青木)を参拝した。祭神等の詳細は不明。社殿は,立派なものだった。 神社入口から社殿までの間の参道の長さが約300mとかなり長く,しかも,そこからずっと大日山を登る上り坂になっている。神社入口付近(右側)には立派な塚のようなものがある。現時点では古墳としては指定されていないので,信仰塚という扱いなのかもしれな…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県結城郡八千代町:仁江戸古墳群15号墳~21号墳

仁江戸古墳群(茨城県結城郡八千代町)を構成する古墳の中で,香取神社古墳(1号墳)と愛宕山古墳(21号墳)は,既に観ていたのだが,過日,御所神社を参拝した後,愛宕塚古墳所在地を含む御所神社の境内地を再訪し,わかる範囲内で15号墳~21号墳を拝見して回った。各古墳の墳頂または墳丘の正面に御堂がある。それらの御堂の前で合掌した。 なお,仁江…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:水守古墳群

過日,水守古墳群の中で水守城跡(茨城県つくば市水守)にある1号墳と2号墳を見学してきた。少し離れたところにある水守桜塚古墳は,既に見学している。 1号墳は,円墳なのだが,かつて水守城の物見台だったとのことで,その前には石碑がある。雑草や笹が繁茂していて全く手入れが行われていないような状況だったので,墳丘には登らなかった。 2号墳も円…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:屋敷付古墳(塚山古墳)

過日,屋敷付古墳(茨城県土浦市下坂田)を見学した。この古墳は,塚山古墳との名で一般に知られているもので,坂田台山1号墳とも呼ばれている。現況は約10m×約20mの楕円形をしており,円墳とも前方後円墳とも考えられているらしい。詳細な測量図と発掘された周溝(一部)の図は,土浦市教育委員会・有限会社毛野考古学研究所「坂田台山古墳群 下坂田田中…
コメント:0

続きを読むread more

柏市:船戸古墳群

過日,船戸古墳群(千葉県柏市大井)を見学した。船戸古墳群は,千葉・柏リハビリテーション病院の西側にある台地上に存在する大規模な古墳群で,考古学上でもかなり重要なものだと思われる。船戸古墳群の所在地は,元は同じ台地上に連続するものだったのかもしれないけれども,現在では道路によって東西に分断された2つの区画に存在している。 船戸古墳群の1…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:手接足尾神社

過日,手接足尾神社(茨城県那珂市静)を参拝した。手接足尾神社は,静神社の境内末社という位置づけとなっている。 手接足尾神社の主祭神は,よくわからないのだが,仮に静神社が朝廷の官衙的な性格の強い神社であるとすれば,手接足尾神社は,國神(地主神)的な性格をもつと考えることは可能だろう。 しかし,常陸國二宮である静神社を参拝するために,か…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:桂木稲荷神社

過日,桂木稲荷神社(茨城県那珂市静)を参拝した。桂木稲荷神社の祭神は,稲荷神(宇迦之御魂神)。社殿の額には,「桂木稲荷宮」と記されている。 桂木稲荷神社の境内には,源義家ゆかりとの伝承があるムクノキの巨木がある。これだけの齢を重ねたムクノキはそうそうあるものではないので,一見の価値がある。しばし,そのムクノキを観ながら,様々なことを考…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:権現塚古墳

過日,権現塚古墳(茨城県那珂市静)を見学した。権現塚古墳は,新宿古墳群5号墳とも呼ばれ,5世紀末に築造された前方後円墳とされており,後円部には横穴式石室があって,玉や鉄刀等が出土したとのこと。現況は全長約31mとなっているが,元はもっと大きな古墳だったらしい。 現在,権現塚古墳は,畑の中にあるけれども,墳丘の前に至る小路があり,墳丘の…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:静神社

過日,静神社(茨城県那珂市静)を参拝した。静神社は,常陸國二宮で,式内社。主祭神は,建葉槌命(倭文神)。手力雄命・高皇産霊命・思兼命を配祀している。主祭神に関しては,時代により変遷があるらしい。 神社の名は地名から来ており,地名の「静(しず)」は古代の「倭文郷(しどりごう)」に由来するとされている。静岡県の「静」が元は「倭文」だったの…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:愛宕神社と古墳

過日,愛宕神社(茨城県那珂市額田北郷)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。愛宕神社は,鹿嶋八幡神社の北西約200mのところにある。 愛宕神社の社殿等は,東日本大震災により非常に大きな被害を受けたとのことなのだが,立派に改修工事が完了し,一般の参拝が可能な状態となっている。 愛宕神社の基壇部となっている古墳は,愛宕山古墳と…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:鹿嶋八幡神社(額田神社)

過日,鹿嶋八幡神社(茨城県那珂市額田北郷)を参拝した。鹿嶋八幡神社の参道は,毘盧遮那寺境内の東側付近から始まる長いもので,その北側奥に社殿がある。鹿島神社(祭神・武甕雷男神)と八幡神社(祭神・誉田別命)の両社を祀っているため,鹿嶋八幡神社との名があるようで,本殿も2つ並んでいる。 鹿嶋八幡神社は,佐竹藩と水戸徳川家から保護された神社で…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:毘盧遮那寺

過日,真言宗豊山派・両部山寶光院毘盧遮那寺(茨城県那珂市額田北郷)を参拝した。 京都嵯峨大覚寺の末寺とのことで,古刹と言える寺院なのだが,堂宇等が古くなってしまったため,比較的最近に再建されたようだ。いずれも立派な建物だった。 毘盧遮那寺入口付近 山門 本堂 観音堂 弘…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:三島神社と古墳

過日,三島神社(茨城県那珂市本米崎)を参拝した。三島神社の祭神は,大山祇神。社殿はとても立派なもので,多数の境内社がある。 三島神社は,古くから交通の要衝とされてきた場所にある。その場所は,地形的には,細長い台地の突端部であり,港湾施設から道を登ると神社の脇鳥居があるような構造になっている。 ただし,かつて三島神社が創建された場所は…
コメント:0

続きを読むread more

野田市:瀬戸古墳群

長久寺と八坂神社(千葉県野田市瀬戸)の周辺には,かつて多数の古墳が存在したらしいのだが,現在では,八坂神社のすぐ近く(南方)に瀬戸古墳群と呼ばれる古墳群に含まれる古墳が幾つか残されているだけとなっている。資料によると,3基の古墳が現存することになっている。しかし,ざっと見たところ,3基中の1基の現況は墓地となっており,古墳としては湮滅し…
コメント:0

続きを読むread more

野田市:長久寺と八坂神社

過日,真言宗豊山派・宝塔山長久寺(千葉県野田市瀬戸)を参拝した。長久寺には将門が寄進したとされる毘沙門天がある。平将門と関連する遺跡や寺社は非常に多い。しかも,現代まで続いている。そのことの意味をどう考えるかは,各人各様なのだと思う。しかし,単に偶然や惰性のようなものでそうなったとは認め難い。現代の世相を重ね合わせて考えてみても,そのよ…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:矢作向地古墳

過日,矢作向地古墳(茨城県坂東市矢作)を見学した。矢作向地古墳は,矢作木戸古墳群のある台地の北西にある別の舌状台地の突端部西端付近にある。2つの台地の間を矢作川に沿って南北に走る道の坂を登り,台地斜面の森から畑になる少し前のところから西に入る小路があり,ちょっと進むと「埋蔵文化財・矢作古墳群」と書かれた標識が立てられている。 そこを更…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:矢作香取神社・三峯神社と古墳

過日,坂東市矢作の台地南西突端部の山の上にある矢作香取神社及び三峯神社(茨城県坂東市矢作)を参拝した。南側から神社の山に登る道がある。南側には階段がある。その階段を登ることにした。南東側には舗装された道路があるけれども,普段は自動車で登ることが禁止されているようだ。東側にも階段があるけれども,その階段下の場所には通行禁止のような表示があ…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:矢作稲荷塚古墳

過日,矢作稲荷塚古墳(茨城県坂東市矢作)を見学した。道路等によって一部掘削されているため現況は元の形状とは異なるけれども,直径13~14m・高さ約2.3mの円墳と推定されている。 『岩井市史』202頁によれば,14~15世紀のものと推定される石塔の破片が採取されており,本来は,その石塔が墳頂にたてられていたものと考えられ,「石廊」との…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:延命院と平将門胴塚

過日,真言宗智山派・延命院(茨城県坂東市神田山)を参拝した。 延命院は,神田山如意輪寺延命院または篠越山延命院観音寺とも呼ばれている。境内には不動妙院堂,毘沙門堂,観音堂などがあるほか,多数の石仏や石塔等がある。不動堂等の建物は,とても立派なものだった。 不動堂は,平将門胴塚とされている塚を御神体とする神社の拝殿(礼拝堂)のような構…
コメント:0

続きを読むread more

鴻巣市:箕田8号墳

本日は,埼玉県内の古墳を見学したり,寺社を参拝したりしていた。鴻巣市にある古墳の中でまだ見ていないものが幾つかあったので,鴻巣市にも寄ってみた。箕田古墳群(埼玉県鴻巣市箕田)に含まれる箕田8号墳の所在地に到着して,驚いた。古墳の東側と南側の空地だったところで住宅建設が始まっている。何か月もしない間に住宅に阻まれて公路からは見えない古墳に…
コメント:0

続きを読むread more

坂東市:二斗山塚古墳

過日,二斗山塚古墳(茨城県坂東市神田山字境)を見学した。二斗山塚古墳は,直径約15~17m・高さ約2~3mの円墳とされている。 二斗山塚古墳は,星神社古墳の南西約130mのところにある。星神社を参拝した上で,その周辺地域を散策した。 二斗山塚古墳の所在地は,岬状の段丘の先端部付近となっており,現在では1基の古墳しかなく,段丘の主要部…
コメント:0

続きを読むread more

常総市:三竹山一言主神社

過日,三竹山一言主神社(茨城県常総市大塚戸町)を参拝した。祭神は,一言主大神。事代主命と同一神とされている。 大同4年(西暦809年)に創建された神社らしい。境内には多数の境内社や石仏等がある。 下記の一言主神社のサイト内の説明によれば,奈良県葛城一言主神社が剣舞発祥の地との説があることから,岩手県北上市周辺に伝わる伝統芸能・鬼剣舞が…
コメント:0

続きを読むread more

那珂市:一乗院と古墳

過日,真言宗智山派・法満山一乗院(茨城県那珂市飯田)を参拝し,その境内にある古墳を拝見した。 一乗院は,佐竹氏によって保護された寺院で,青銅製の巨大な不動明王像があることでも有名。境内には多数・多種類の堂宇があり,それだけでもにぎやかな印象を受けるのだが,私が訪問した時は,たまたま正月を迎える直前で,そのための準備を進めているところだ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県那珂郡東海村:別当山古墳

過日,別当山古墳(茨城県那珂郡東海村石神外宿)を見学した。別当山古墳は,直径約52mの円墳とされているが,帆立貝式前方後円墳とする見解もある。別当山古墳は,願船寺の南西約100mのところにある。その場所は段丘の縁となっており,かつては,別当山の墳丘から段丘下の久慈川を航行する船舶や,更に,沖合を航行する船舶等の様子を仔細に監視できたと思…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県那珂郡東海村:願船寺

過日,真宗大谷派・華輪山真風院願船寺(茨城県那珂郡東海村石神外宿)を参拝した。願船寺は,石神城跡のある台地の北側にある台地縁にあり,願船寺の境内下に泥涅泉という井があるから,古くから拠点港湾のような役割を果たした場所だったのではないかと想像される。古代においては,台地と台地との間の低地(現況は田)のあたりは,古代の久慈川が流れる水面だっ…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県那珂郡東海村:石神城跡

過日,石神城跡(茨城県那珂郡東海村大字石神内宿)を見学した。石神城は,佐竹氏家臣の石神小野崎氏の城で,現在は,その主要部分が史跡公園として整備・公開されている。公園内には比較的大きな駐車場やトイレ等の設備がある。なお,駐車場は,城跡の北側にあるが,城跡の西側にも小さな駐車スペースがある。 堀や土塁はとても立派なもので,よく保存されてき…
コメント:0

続きを読むread more

日立市:十王前横穴墓群

過日,十王前横穴墓群(茨城県日立市十王町伊師)を見学した。この横穴墓群は,「かんぶり穴」とも呼ばれている。古墳群とその周辺地帯が地元の方々の活動によって丁寧に保護・維持されている。 現在,合計29基の横穴墓が確認されているとのことなのだが,一般に見学可能な場所にある横穴墓の数はもっと少ない。段丘崖のような場所に多段になって横穴墓が並ん…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:山倉神社と塚原古墳群

過日,山倉神社(茨城県笠間市安居)を参拝した。山倉神社の祭神等の詳細は不詳。山倉大神ではないかと思われる。 山倉神社の敷地を含め,そこから北~北西の地域一帯は塚原古墳群と呼ばれる古墳群の所在地とされている。現在,4基の古墳が存在するとされており,山倉神社の基壇部(円墳?)もその1つと思われる。典型的な古墳神社の形態をとっている。 …
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:安古祖父神社と医王院

過日,安古祖父神社と医王院(茨城県笠間市安居)を参拝した。 「安古」と現在の地名の「安居(あご)」とは同じものだろうと思われる。古代の安候駅家の所在地とされており,「安候」が元の名称だったと思われる。源義家が奥州征伐の帰路に焼き討ちにしたという持丸長者の伝説の地でもある。同様の伝説は水戸市渡里町にもあり,一盛長者伝説地の碑が立てられて…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県結城郡八千代町:御所神社

村岡柴崎2号墳のある森の東側に隣接して別の森がある。その森の場所は,茨城県下妻市と茨城県結城郡八千代町の境界にまたがって存在しているが,古墳群としては連続しており,森の中に仁江戸古墳群を構成する多数の古墳がある。この森のある場所は,平将門の館址との伝承があるそうだ。 この森の東側入口付近に御所神社(茨城県結城郡八千代町仁江戸)がある。…
コメント:0

続きを読むread more

下妻市:村岡柴崎2号墳

過日,村岡柴崎2号墳(茨城県下妻市村岡)を見学した。村岡柴崎2号墳は,村岡柴崎1号墳の東南に隣接する林の中にあり,全長約55mの前方後円墳とされている。村岡柴崎1号墳と同様,4世紀に築造された古墳と考えられている。前方部も明瞭に残されており,保存状態が良い。後円部の墳頂には稲荷神社がある。参拝した。 綺麗な形の古墳だと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

下妻市:村岡柴崎1号墳

過日,村岡柴崎1号墳(茨城県下妻市村岡)を見学した。村岡柴崎1号墳は,全長約65mの前方後円墳であり,4世紀の古墳とされている。立派に保存されている古墳なのだが,前方部はかなり掘削されているらしく,その形状がわかりにくくなっている。後円部の墳頂には浅間神社がある。参拝した。 村岡柴崎1号墳は,下妻市村岡と隣接する結城郡八千代町仁江戸に…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:西方古墳と西方新畑古墳

過日,西方古墳と西方新畑古墳(茨城県筑西市西方)を見学した。これらの古墳は,筑西市大田公民館の東に位置する台地上にあり,大田公民館のある台地と古墳のある台地との間は低地となっていて関東鉄道常総線が南北に走っている。西方古墳は,大田公民館から約200m離れたところにあり,西方新畑古墳は,大田公民館から約100m離れたところにある。 …
コメント:0

続きを読むread more

筑西市玉戸:稲荷神社と古墳

過日,稲荷神社(茨城県筑西市玉戸)を参拝し,同社の社殿基壇部となっている古墳を拝見した。神社の境内の一部は児童公園,集会所施設,駐車スペース等の敷地となっているが,かつての雰囲気がまだ残しているように思う。社殿の脇に不動明王があったので,明治時代の神仏分離前には不動堂だったのかもしれない。少し壊れた庚申塔などもあった。 稲荷神社の基壇…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:笹塚神社と古墳

過日,笹塚神社(茨城県筑西市笹塚)を参拝した。祭神は,不詳。笹塚神社の基壇部は,笹塚古墳と呼ばれる円墳とされている。これまで詳細に調査されたことがないらしく,詳しいことは分からない。古墳神社の一形態と言えると思う。 それはさておき,社殿等の改修事業碑の碑文を読んでいたら,ちょっと驚いた。総代の方の氏名が私が若い頃に大変お世話になった方…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:最勝寺

過日,天台宗・清瀧山最勝寺(茨城県筑西市下平塚)を参拝した。正嘉2年(1258年)に浄土真宗の寺院として開基され,その後,天台宗に改められた寺院とのこと。 境内にある薬師堂は筑西市指定文化財に指定されている。非常に興味深い建物で,見れば見るほど不思議。饕餮のようにも見える。 また,境内には十三仏という区画がある。かつての十三塚と同じ…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:台畑古墳

過日,台畑古墳(茨城県筑西市村田)を見学した。台畑古墳は,68.8mの前方後円墳とされている。台地の西端に位置し,墳丘のすぐ西側斜面(段丘崖)を狭い道路が通っており,その道路脇に説明板がある。説明板のある道路から墳丘が見え,そのあたりから登るとすぐに墳丘に至ることができる。墳丘の東側は畑地となっているのだが,畑と墳丘との間に農道がある。…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:中菅間稲荷塚古墳

過日,中菅間稲荷古墳(茨城県つくば市中菅間)を見学した。この古墳は,直径10m内外の円墳とされており,この古墳を基壇部として墳頂に神社がある。この神社は,稲荷神社と呼ばれ,それゆえに「稲荷塚」との名称がある。しかし,実際に参拝してみると,稲荷神社ではなく,この地域に固有の独特の神を祀る神社なのだろうと思った。 稲荷神社の南側~南西側の…
コメント:0

続きを読むread more

行田市:地蔵塚古墳

過日,地蔵塚古墳(埼玉県行田市藤原町)を見学した。地蔵塚古墳は,一辺の長さ約28mの方墳とされている。大きな古墳だと思う。 墳丘内には横穴式石室がある。石室内には鉄鏃や須恵器等が蔵置されていたほか,石室内の壁面に線刻画があるのだそうだ。ただし,石室を保護するため,石室開口部には堅牢な扉が設置・施錠されている。 墳頂には地蔵堂がある。…
コメント:0

続きを読むread more

行田市:大日塚古墳

過日,行田市埋蔵文化財センター(埼玉県行田市佐間)の敷地内にある大日塚古墳を見学した。大日塚古墳は,直径約18mの円墳とされている。墳丘内には石棺があることが判明しているけれども,まだ発掘調査されていないようだ。 墳丘上には嘉禎2年(1236年)の日付のある大日種子板石塔婆が立てられていた。行田市教育委員会のサイトにある説明文では現況…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県結城郡八千代町:秋葉山古墳

2019年4月のことだが,秋葉山古墳(茨城県結城郡八千代町尾崎)を見学した。秋葉山古墳は,全長約45mの前方後円墳とされている。説明板によると,明治24年に発掘調査され,人骨2体,刀剣,槍等が出土したのだそうだ。出土した人骨は墳丘近くに小さな塚をつくり,その塚に埋納されたとのことで,その塚が現存し,塚の上には石棺材を二次利用した石碑が立…
コメント:0

続きを読むread more

鴻巣市:毘沙門山古墳と北塚古墳

過日,毘沙門山古墳と北塚古墳(埼玉県鴻巣市滝馬室)を見学した。 これらの古墳は,同じ台地の北西端付近にあり,常勝寺の本堂裏手に位置するが,道路の開削により,台地北西部が分断されてしまっているため,毘沙門山古墳が常勝寺本堂裏手にあり,北塚古墳は道路を隔てた更に北の台地縁にあるような状態となっている。また,毘沙門山古墳の東方にはふるさと総…
コメント:0

続きを読むread more

鴻巣市:常勝寺

過日,真言宗智山派・瀧蔵山密乗院常勝寺(鴻巣市滝馬室)を参拝した。とても立派な寺院で,7世紀の創建と伝えられているとのこと。境内には大きな薬師堂や天満宮などがある。 たまたま法要中だったので,邪魔にならないように静かに参拝した上で,常勝寺の周辺を散策した。 馬室周辺には古墳や窯跡のような遺跡が多数あるので,この地域を支配した一族の墓…
コメント:0

続きを読むread more

鴻巣市原馬室:愛宕神社と古墳

過日,愛宕神社(埼玉県鴻巣市原馬室)を参拝し,社殿基壇部となっている古墳を拝見した。武蔵少掾藤井元国が創建した神社とのことで,祭神は,軻遇突知命(火迦具土命)。天神社と天照大神・素盞嗚尊を祀る境内社がある。 愛宕神社の基壇部となっている古墳は,愛宕塚古墳と呼ばれ,原馬室2号墳とも呼ばれ,直径約17mの円墳とされている。現況は,方墳のよ…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:土屋神社と古墳

過日,土屋神社(埼玉県坂戸市浅羽野)を参拝し,その基壇部となっている古墳を拝見した。土屋神社の祭神は不詳ながら,元は権現様を祀る神社だったと思われる。境内に摩利支天碑があるので,摩利支天かもしれない。本殿の直下にある石室内には古い石像があるとのことで,その石像が御神体なのだろう。境内社として,浅間神社・天神社(天満宮)・稲荷神社がある。…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:込道稲荷神社と古墳

過日,込道稲荷神社(埼玉県坂戸市中富町)を参拝し,社殿基壇部となっている古墳を拝見した。込道稲荷神社の鳥居には「正一位込道稲荷大明神」と記されている。込道稲荷神社の基壇部は,浅羽野古墳群を構成する古墳の1つで,浅羽野2号墳または稲荷塚古墳と呼ばれ,直径約20mの円墳とされている。現況は,方墳のような形状をしている。 ところで,込道稲荷…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:永源寺

過日,曹洞宗・長溪山永源寺(埼玉県坂戸市仲町)を参拝した。まるでお城か何かのような威容を示す壮大な寺院で,驚いた。下記の永源寺のサイトにある解説によれば,戦国時代の武将・島田次兵衛尉重次が建立し,島田家代々の菩提寺としたものとのこと。 永源寺の周辺は急速に都市化が進んでいるように見えるけれども,永源寺の境内地だけは別次元にあるように感…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:新山古墳群

過日,新山古墳群(埼玉県坂戸市清水町)を見学した。 残存古墳中で3号墳と4号墳は,坂戸あずま幼稚園の北側にある「こども園の森」にあり,また,2号墳は,同幼稚園の西側にある住宅地(近隣地)内にある。「こども園の森」の森は,フェンスで囲われていてその中に立ち入ることができないので,フェンス越しに見える範囲内で3号墳と4号墳の写真を撮った。…
コメント:0

続きを読むread more

坂戸市:胴山古墳

過日,胴山古墳(埼玉県坂戸市大字石井)を見学した。胴山古墳は,勝呂神社古墳の西方にある古墳で,全長約63.2mの前方後円墳とされている。坂戸市内で最大の前方後円墳とのこと。 胴山古墳の前方部は西の方を向いており,東側にある後円部の一部が畑によって直線状に掘削されている。後円部は,掘削等によりかなり変形しているらしい。また,西側にある前…
コメント:0

続きを読むread more

牛久市:刈谷古墳

2014年のことだが,刈谷古墳(茨城県牛久市刈谷)を見学した。牛久市史編さん委員会編『牛久市史料 原始・古代 考古資料編』(1999)19頁によると,刈谷古墳は,直径約12m・高さ約1.2mの円墳であり,古墳時代後期の古墳とされている。 刈谷古墳のある場所は,刈谷自治会館の敷地内(西側)で,刈谷の住宅街のある台地の西端付近となっている…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:五十塚古墳群(続)

2014年のことだが,五十塚古墳群(大井五十塚古墳群)を構成する古墳の中で森林総合研究所の東方を南北に走る茨城県道202号館野牛久線に沿って点在する幾つかの古墳も見学した。その県道はその後も何度か通過したことがあるけれども,徒歩で散策したのは2014年に訪問した時だけなので,現況の詳細はわからない。しかし,五十塚古墳群を構成する古墳を探…
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:五十塚古墳群

2014年のことだが,五十塚古墳群(茨城県つくば市大井~つくば市松の里)を見学した。この地域は,旧茎崎町の範囲内に含まれている。 五十塚古墳群は,元は,2基の前方後円墳と9基以上の円墳によって構成される古墳群だったらしい。五十塚古墳群は,現在では「大井五十塚古墳群」と呼ばれているようだ。 現存する古墳群の主要な所在地は,南北に走る国…
コメント:0

続きを読むread more

東京都国立市:石塚古墳(うし塚)

ママ下湧水公園を見学した後,周辺環境の現況を観察しながら徒歩で移動し,うし塚とも呼ばれる石塚古墳(東京都国立市谷保)を見学した。 近年の調査の結果,石塚古墳は,石室をもつ円墳だということが判明しているとのこと。現況は,10m×15mの変形楕円形のような形状となっているけれども,元は円墳だったらしい。墳丘上には小さな神社と鳥居がある。こ…
コメント:0

続きを読むread more

東京都国立市:ママ下湧水公園

四軒在家公園の四軒在家1号墳を見学した後,四軒在家公園のすぐ近くにあるママ下湧水公園(東京都国立市矢川)を見学した。 下記の国立市の解説ページによれば,ママ下湧水は,かなり大規模な地下水脈をもつ地下水流の湧出口なのだそうだ。そのような湧出口は,古代において,「井」として認識され,真水を得ることのできる貴重な場所として尊重された。『常陸…
コメント:0

続きを読むread more

東京都国立市:四軒在家1号墳(移築・復元)

過日,四軒在家公園(東京都国立市矢川)を訪問し,同公園の敷地内に移築・復元されている四軒在家1号墳を見学した。JR南武線で矢川駅まで行き,そこから先は徒歩。 四軒在家1号墳は,かつて存在した四軒在家古墳群(青柳古墳群の一部)を構成する古墳の1つで,四軒在家公園の中では石室が移築・復元され,墳丘が復元されている。四軒在家古墳群は,過去に…
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡岩舟町:鶴巻神社

過日,鶴巻神社(栃木県下都賀郡岩舟町和泉)を参拝した。祭神は,不詳。 鶴巻神社は,元は鶴巻権現とのことで仏教寺院だったと考えられ,境内には御堂(十六番札所)があり,また,石仏・供養塔等が多数ある。おそらく,社殿背後にある古墳または塚の被葬者の子孫が仏僧となり,祖先の墓所を守護し,祖先を供養するための施設がこの神社の始まりだったのだろう…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:岩出古墳

過日,岩出古墳(栃木県栃木市岩出)を見学した。岩出古墳は,直径約28mの円墳とされている。岩出古墳は,「サンランド栃木」というゴルフ練習所の北東側にある山の斜面にある。クルマで直接に行くことができないので,永野川緑地公園の駐車場にクルマを停め,そこから徒歩で往復した。岩出古墳の表示のあるところから少し登ると墳丘がある。石室が開口しており…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:聖徳太子神社

過日,聖徳太子神社(栃木県栃木市柏倉町)を参拝した。聖徳太子神社の祭神は,聖徳太子大神。天照皇大神・稲荷大神・大山祇大神・木花咲耶姫 大神・弁財天大神を配祀している。 聖徳太子神社は,柏倉温泉・太子館の敷地に含まれる太子館西側の山の山腹にある。太子館の門をくぐり,社殿下の階段の方に向かって参道を歩くと参拝場所(礼拝堂)がある。社殿下…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市柏倉町:成就院と古墳

過日,真言宗豊山派・赤岩山光恩寺成就院(栃木県栃木市柏倉町)を参拝した。山の中にある寺院で,一般にはあまり知られていない寺院かもしれない。しかし,山門脇には供養塔などが集められた場所があり,また,境内には板碑などが集められた場所があり,とても勉強になった。 成就院の境内地北東側の斜面には墓地がある。その墓地の東側の斜面には朝日塚古墳と…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:荒宿B古墳群

持明院の北東には栃木市営聖地公園(栃木県栃木市皆川城内町)という墓苑があり,その墓苑の北東端斜面には荒宿B古墳群という古墳群が保存されている。過日,この荒宿B古墳群を見学した。荒宿B古墳群のある山の尾根には荒宿A古墳群という8基の古墳で構成される古墳群もあるようなのだが,登山口がよくわからず,地形的に厳しそうだったし,時間もなかったので…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:持明院

過日,真言宗豊山派・別峰山持明院(栃木県栃木市皆川城内町)を参拝した。山の斜面にあり,全体として中世の砦のような構造をしている。建物は,どれも非常に立派なものだった。境内に愛宕神社があるほか,庚申塔や石仏等が多数ある。 山門 本堂 鐘楼 愛宕神社 大仏 供養…
コメント:0

続きを読むread more

東京都府中市:天王宮八雲神社と古墳

過日,天王宮八雲神社(東京都府中市分梅町)を参拝した。祭神は,須佐之男命。境内社として稲荷神社がある。神社脇には「元応の板碑」があり,府中市指定文化財となっているとのことなのだが,うっかり見つけないでしまった。 神社の本殿背後(西側)には古墳がある。この古墳は,天王塚古墳と呼ばれ,現況は直径約14mの円墳のような形状をしているが,元の…
コメント:0

続きを読むread more

東京都府中市:首塚古墳

過日,首塚古墳(東京都府中市美好町)を見学した。首塚古墳は,直径約10mの円墳とされているけれども,大規模に掘削されているようで,現況は概ね長方形となっており,道路に面した部分がコンクリートブロックの擁壁で固められているので,予め知識がなければそれが古墳だとは気づかないだろうと思う。「首塚」との名称の由来は不明。墳丘上に稲荷神社がある。…
コメント:0

続きを読むread more

東京都府中市:高倉塚古墳と高倉20号墳

過日,高倉塚古墳(東京都府中市分梅町)を見学した。京王線で分倍河原駅まで行き,そこから先は徒歩。高倉塚古墳は,直径約20mの円墳とされており,住宅に取り囲まれるようにして保存されている。墳丘の一部が住宅により掘削されている。 高倉塚古墳のある場所周辺は,かつて,30基近くの古墳で構成される高倉古墳群という古墳群があったとのことなのだが…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:皆川城址公園

過日,皆川城址公園(栃木県栃木市皆川城内町)を見学した。皆川城は,自然の山を加工して構築された山城で,全体としては極めて巨大な前方後円墳のような形をしている。意図的にそのように見えるものとしたのに違いない。法螺貝の形にも似ていることから「法螺貝城」とも呼ばれているらしい。 城の斜面は急峻で,登るかどうかちょっとためらった。しかし,木の…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:狩岡神社と古墳

過日,狩岡神社(栃木県栃木市皆川城内町)を参拝した。狩岡神社付近には駐車場がないので,皆川公民館の駐車場にクルマを停め,そこから徒歩で往復した。 狩岡神社の社殿は,拝殿兼覆屋となっており,その中に本殿と境内社があるとのことなのだが,拝殿の扉を開けることはせず,拝殿の前で参拝するだけにした。狩岡神社は,金精様を祀る神社らしい。 狩岡神…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市都賀町:愛宕神社と古墳

過日,愛宕神社(栃木県栃木市都賀町木)を参拝し,同社の基壇部となっている古墳を拝見した。鳥居の脇などに庚申塔や供養塔等がある。 愛宕神社の基壇部となっている古墳は,愛宕塚古墳と呼ばれ,全長90mの前方後円墳とされている。古墳の西側には赤津川が南北に流れており,その流れによって掘削された部分もあるのかもしれないが,墳丘の南側(前方部)の…
コメント:0

続きを読むread more

鹿沼市:判官塚古墳

過日,判官塚古墳(栃木県鹿沼市北赤塚町)を見学した。判官塚古墳は,北赤塚古墳とも呼ばれ,全長約60.9mの前方後円墳とされている。後円部(南側)に石室が開口している。石室内部の保存状態は非常に良いのだそうだが,中に入ることはできない。墳丘は,全体としてとても良い状態で維持されており,とても美しい前方後円墳の1つなのではないかと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

鹿沼市:磐裂根裂神社

過日,磐裂根裂神社(栃木県鹿沼市北赤塚町)を参拝した。主祭神は,磐裂神・根裂神。日光街道沿いにあり,地元では「虚空蔵さま」とも呼ばれているらしい。すぐ近くに判官塚古墳がある。 磐裂根裂神社の西側は低地で,主として田になっている。神社の境内地は,少し高くなったところにあり,自然堤防のような印象を受ける。また,社殿背後等にこぶ状の地形の部…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市:寺林古墳

過日,寺林古墳(栃木県栃木市大光寺町寺林)を見学した。この古墳は,藤井64号墳とも呼ばれ,全長約43mの帆立貝式前方後円墳とされている。古墳の所在地は,花見ケ丘ゴルフセンターの入口付近なのだが,夏の間は木々の葉に隠れて墳丘が見えない。冬になり,木々の葉が落ちるとその姿を知ることができる。丁寧に手入れが行われており,綺麗な姿で残された古墳…
コメント:0

続きを読むread more

栃木市・栃木県下都賀郡壬生町:吾妻古墳

過日,吾妻古墳(栃木県栃木市大光寺町吾妻~栃木県下都賀郡壬生町藤井吾妻原)を見学した。行政区分の関係で,栃木市と壬生町にまたがって存在している古墳なのだが,それだけ大きな古墳だということもできる。吾妻古墳は,工場地帯の奥にある森の中にあり,墳丘長127.85mの前方後円墳とされている。周溝がほぼ完全に残されており,実際に観ると,その大き…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:愛宕山古墳群

過日,愛宕山古墳群(茨城県土浦市今泉)を見学した。愛宕山古墳群は,今泉愛宕山古墳の周辺にあり,その配置図は,土浦市編さん委員会編『土浦市史』(昭和50年)53頁にある。ただし,この地図はかなりアバウトなもので,おおまかな相対的位置を示す程度のものに過ぎない。また,昭和50年当時には道として利用されていた土地が現況では原野または山林になっ…
コメント:0

続きを読むread more

ツグミ(オス)

散策していると,しばしばツグミと出逢うようになった。独特の歩き方をするので,その様子だけで識別できる。「こうした野鳥が生きていけるだけの環境は何か?」と考えることが多い。ツグミは半人工的な環境の中で生きている鳥ではないかと思う。
コメント:0

続きを読むread more

カオジロガビチョウ?

散策していたら妙な鳥を見た。何となくホオジロやカシラダカに似ているけれども,ずっと大きい。たまたま隣にスズメが来ていたので一緒に写るように撮影した。コンパクトデジカメで三脚なしのズーム撮影だし,天候がイマイチだったので,鮮明度がかなり悪いけれどもどうにか特徴だけはつかまえていると思う。帰宅してから調べた結果,外来種で野生化しているカオジ…
コメント:0

続きを読むread more

松戸市:栗山古墳群

過日,栗山古墳群(千葉県松戸市栗山)を見学した。京成北総線で矢切駅まで行き,そこから先は徒歩で往復。矢切駅は,地下にあり,地上にあるのはその出入口だけ。改札口の前には「矢切の渡し」の解説と渡し舟が展示してあった。 矢切駅から南西の方に進むと栗山配水塔がある。これはこれで非常に面白い。しかし,時間がなかったので,公道から簡単に写真を撮る…
コメント:0

続きを読むread more

松戸市:河原塚古墳群

過日,河原塚群(千葉県松戸市河原塚)を見学した。JR武蔵野線で東松戸駅まで行き,そこから先は徒歩で往復。 古墳群を構成する古墳の中で1号墳,2号墳及び3号墳は,河原塚南町の台地南東端にある林の中にある。ただし,その入口のところには「立入禁止」の表示があったので,入口付近の様子を写真に撮るだけとし,中には入らなかった。4号墳のある松戸市…
コメント:0

続きを読むread more

足利市:八幡山古墳群

過日,八幡山古墳群(栃木県足利市八幡町)をざっと見学し,一昨日(1月10日)に再訪して更に見学した。現在,八幡山古墳群の主要な部分の古墳が足利市立山辺小学校の北側にある八幡山に残されている。残されている古墳の数と古墳所在地の広さに驚かされる。八幡山それ自体としてはチャートのような岩で構成される自然の山なのだが,山の斜面のそこここに「こぶ…
コメント:0

続きを読むread more

足利市:下野國一社八幡宮

過日,下野國一社八幡宮(栃木県足利市八幡町)を参拝した。祭神は,誉田別尊・大帯姫命・姫大神。境内社として,八坂神社と縁切 門田稲荷神社がある。「源姓足利氏発祥の地」とされている。 八幡宮の北側にある八幡山は,大規模な古墳群が保存されている場所として知られているが,八幡宮の社殿のすぐ近く(北東)にも古墳があるので,もしかすると現在では八…
コメント:0

続きを読むread more

太田市:大日山古墳

過日,大日山古墳(群馬県太田市石原町)を見学した。この古墳は,イオンモール太田の北東にあり,直径約36mの円墳とされている。 墳丘の南東側の面は草が刈られており,墳丘の様子を見ることができるけれども,他の部分には草木が茂っているため,墳丘の形がよくわからない。墳丘の南東側の面の裾のあたりには石仏と石塔があった。 南の方から見…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡大泉町:古海原前1号墳

過日,古海原前1号墳(群馬県邑楽郡大泉町古海)を見学した。この古墳は,墳長約37mの帆立貝式古墳とされている。墳丘上に火山灰が検出されたことから,5世紀に築造された古い古墳とされ,同向式画文帯神獣鏡等が発掘されているとのこと。 古墳のある場所は,公民館の裏で,古墳の周囲には家が建っているけれども,周溝に該当する部分の一部が公園敷地のよ…
コメント:0

続きを読むread more

群馬県邑楽郡千代田町:安楽寺と古墳

過日,曹洞宗・医王山安楽寺(群馬県邑楽郡千代田町赤岩)を参拝し,同寺の境内にある古墳を拝見した。行基が開山したと伝えられる古刹。 境内には開山塔という区画がある。そこに歴代住職の墓石が並んでおり,その背後に石仏や供養塔等が並んでいる。その更に背後に古墳がある。古墳の墳頂には薬師堂が建てられている。薬師堂に登る階段の両脇には七福神の像が…
コメント:0

続きを読むread more

今日の空

本日は,足利市方面を探訪していた。天台宗・明星山神楽院正善寺(栃木県足利市常見町)を訪問した時には,他の方角の空は全面的に晴れていたのに,北の方だけ厚く黒い雲が膨れていた。気象の変化が気になり何となく見ていたら,足利市八椚町の山の方に一カ所だけ穴があいたようになって光が降下しているような光景が目に入った。専門の気象学者からすれば別に何と…
コメント:0

続きを読むread more

館林市赤生田町:大山祇神社と富士塚

過日,大山祇神社(群馬県館林市赤生田町)を参拝した。境内には地蔵尊と弁財天がある。 道路をはさんだ向かい側に富士塚がある。この富士塚には富士山の石祠と扶桑経の石祠があり,青面金堂明王,神武天皇,御嶽大神等の石碑が立てられている。この富士塚は,単純に富士塚なのだろうと思われるけれども,そもそも何らかの塚の上に祠を祀るという基本的な祭祀様…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:不動堂古墳群

過日,不動堂古墳群(茨城県土浦市中村西根字不動塚)を見学した。その所在地は,常総学院中学校・高等学校の敷地の北東の台地突端付近であり,墓地と不動堂がある。不動堂は台地突端の北側の方にある。一般的な不動堂というよりも特定の一族のための氏神のようなものではないかと思う。その不動堂の前で合掌した。 いばらきデジタルマップによれば,2基の円墳…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市中村西根:鹿嶋神社

過日,鹿嶋神社(茨城県土浦市中村西根)を参拝した。祭神は,武甕槌神。境内社として,龍神社,住吉神社,愛宕神社,三島神社,八坂神社,雷神社,稲荷神社,天満天神宮,金毘羅大権現神社がある。稲荷神社の前には何やらいわくありそうな敷石がある。 地元の人々から大事にされている神社だという印象を強く受けた。 ところで,鹿嶋神社の参道はとても長い…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:大日古墳と浅間古墳

過日,大日古墳と浅間古墳(茨城県土浦市中村西根字白楽)を見学した。これらの古墳は,現代の墓地の北側にある山林内にある。土浦市史編さん委員会編『土浦市史』(昭和50年)75頁によれば,大日古墳は,1辺の長さ約15m,高さ約3mの方墳であり,墳頂に大日祠を祀るとされ,浅間古墳は,直径約20m,高さ約3mの円墳であり,周溝があり,墳頂に浅間祠…
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎市:赤堀村33号墳

過日,五目牛史跡公園(群馬県伊勢崎市五目牛町)の中に保存されている赤堀村33号墳を見学した。赤堀村33号墳は,元は直径約47mの円墳だったとされているようなのだが,五目牛史跡公園の中に保存されている墳丘は,どう見てもその半分くらいの大きさしかない。正確には元の墳丘は既に滅失し,遺構が残されていたので,石室部分等の上に墳丘様の覆土をしてそ…
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎市:一ノ関古墳

過日,一ノ関古墳(群馬県伊勢崎市本関町)を見学した。粕川の浸食により削られているため現存の長さは約28mなのだけれども,元の推定全長は約50mの前方後円墳とされている。古墳公園として整備されており,2台ほど駐車可能なスペースもあるが,私は地蔵山古墳から徒歩で現地に向かった。遊歩道を奥の方まで行くと石室があり,説明用の展示がある。 …
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎市:地蔵山古墳

過日,地蔵山古墳(群馬県伊勢崎市五目牛町)を見学した。地蔵山古墳は,赤堀村1号墳とも呼ばれ,全長約60mの帆立貝式前方後円墳とされている。墳頂には地蔵堂(唐辛子地蔵尊)がある。地蔵堂の正面にその由来を記した板があった。 赤城見台公園から徒歩で現地に向かい,墳丘を登り,地蔵堂の前で合掌した。 墳頂から見て北~東~南の眺望は非常に良く,…
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎市:蟹沼東古墳群(赤城見台公園)

過日,赤城見台公園を訪問した。この公園の中には蟹沼東古墳群という大規模な古墳群を構成する古墳中の10基が保存されているのだという。ただし,過去の調査記録の古墳番号を見ても整合性のない部分があり,よくわからないとしか言いようがない。ざっと公園内の古墳を観て回った。後になって,下記の古墳の森のサイトにおいて仮に番号を付して整理してあることを…
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎市:蓮神社と権現山遺跡・古墳群

過日,蓮神社(群馬県伊勢崎市豊城町)を参拝した。元は熊野権現だったらしい。明治時代の神仏分離により,現在の祭神は櫛御気野命・豊城入彦命。 蓮神社のある権現山に関しては,崇神天皇の皇子豊城入彦命の墓所との伝承がある。 どの時代の墓であるかは別として,権現山には大小無数と言ってよいほどの墓所があり,全体として権現山遺跡と呼ばれ,その中で…
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎市:雷電神社と古墳

過日,雷電神社(群馬県伊勢崎市境伊与久)を参拝し,同社の社殿基壇部となっている古墳を拝見した。雷電神社の主祭神は,大雷命。多数の神を配祀している。社殿の北側には配祀されている境内社の祠がずらりと並んでいる。これらの祠の中には,かつて近隣(伊与久地区)の古墳群を構成していた古墳の墳頂にあったものが集められたのではないかと推測されるものがあ…
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎市:鶴巻古墳

過日,鶴巻古墳(群馬県伊勢崎市東小保方町)を見学した。鶴巻古墳は,小さな造出部をもつ直径約34mの円墳とされている。鶴巻古墳公園として立派に復元整備されており,駐車場等も設置されている。石室が開口しており,説明板があった。 墳丘に登ってみた。周辺地域をかなり遠くまで見渡すことができる。古代において,大型の墳丘墓が見張台としての(軍事上…
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎市:八幡塚古墳(東村1号墳)

過日,八幡塚古墳(群馬県伊勢崎市小泉町)を見学した。この古墳は,東村1号墳とも呼ばれ,直径約15.2mの円墳とされている。墳頂には小さな祠がある。 八幡塚古墳の所在地は,小泉稲荷神社の近く(南西)で,元は畑地だったと推定されるところが住宅地化しつつある区画の中にある。しかし,墳丘のある場所付近から更に西方の方にはまだ大規模に田畑が広が…
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎市:小泉稲荷神社

過日,小泉稲荷神社(群馬県伊勢崎市小泉町)を参拝した。祭神は,宇迦之御魂命・大己貴命。 小泉稲荷神社は,北関東自動車道・太田藪塚ICの少し西側を走行していると南の方に巨大な赤い大鳥居が見えることで有名な神社なのだが,神社境内地の鳥居にも驚かされる。3列に並んで非常に多数の鳥居が密集しており,類例はあまり多くないだろうと思う。 …
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎市:丸塚山古墳

過日,丸塚山古墳(群馬県伊勢崎市三和町)を見学した。丸塚山古墳は,全長約81mの帆立貝式前方後円墳とされている。前方部は南方を向いている。実際に墳丘を間近に眺め,墳丘に登ってみると,非常に大きな古墳だということを実感できる。 後円部の北側に黒い岩が露頭している部分があった。これが何なのかはよくわからない。石室は,墳頂に3つあったらしい…
コメント:0

続きを読むread more

茨城県那珂郡東海村:白方古墳群

過日,白方古墳群(茨城県那珂郡東海村白方)を見学した。この古墳群は,現在の東海村白方コミュニティセンター~東海村立白方小学校周辺に所在しているが,現況は,2号墳(下図の②地点),3号墳(下図の③地点)及び4号墳(下図の④地点)のみが残存し,1号墳(下図の①地点付近),5号墳(下図の⑤地点付近)及び6号墳(下図の⑥地点付近)の地上部は,調…
コメント:0

続きを読むread more

北茨木市:尾形山横穴群・夢窓窟

過日,尾形山横穴群(茨城県北茨城市磯原町磯原)を見学した。この横穴墓群は,磯原駅北側の住宅街の北東にある山の斜面に並んでおり,現時点で保存・公開されている横穴墓の他にも多数の横穴墓があったようだ。その所在地が崖地であり,崩壊の危険性があるため,横穴墓が所在していたと推定される場所の多くが擁壁で固められている。また,現代の人々によって生活…
コメント:0

続きを読むread more

北茨城市:成顕寺・三十番神・天神宮と古墳

過日,日蓮宗・大塚山成顕寺(茨城県北茨城市関南町)を参拝した。成顕寺の北側に三十番神があり,更に北側に天神社がある。三十番神及び天神宮も参拝した。 成顕寺山門の右脇には警句のようなものが示されており,まことにそのとおりだと思った。自分自身の愚かさを常に自省しなければならない。 成顕寺の建物はとても立派なものだった。 三十番神は,最…
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:住吉四所神社と森山台地古墳

過日,住吉四所神社(茨城県桜川市久原)を参拝し,同社の社殿裏側にある森山台地古墳を拝見した。住吉四所神社は,小高い山の上にある。この山の中腹付近に薬師堂がある。私は,薬師堂のある東側から登ったのだが,住吉四所神社の本来の参道は,南側から登る道となっている。 森山台地古墳は,目測で直径約20~30mの大きな円墳なのだが,その4分の1くら…
コメント:0

続きを読むread more

笠間市:箱田うら山古墳

過日,箱田うら山古墳(茨城県笠間市石井)を見学した。箱田うら山古墳は,全長約45mの帆立貝式前方後円墳とのことだ。 箱田うら山古墳は,山の上にあり,その墳丘からは,笠間市内の主要部分のほぼ全域を見渡すことができる。笠間稲荷神社との位置関係を正確に調べたわけではないけれども,相互に見える位置関係にあることから,相互に全く無縁のものではな…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市関本上:歓喜院と古墳

過日,真言宗豊山派・勧光山満願寺歓喜院(茨城県筑西市関本上)を参拝した。古刹の1つであり,境内の建物等も立派だと思った。 歓喜院の境内及び周辺には小さな塚のようなものやその名残りと思われるようなものが複数存在し,それらの中でも特に歓喜院の墓地の南方約40mの民家内にあるものは歓喜院古墳と呼ばれている。しかし,この歓喜院古墳に関しては,…
コメント:0

続きを読むread more

小山市:間々田八幡宮と古墳

過日,間々田八幡宮(栃木県小山市間々田)を参拝した。主祭神は,誉田別命(応神天皇)・息長帯姫命。境内社として,厳島神社,八龍神社,淡島神社,愛宕神社,稲荷神社,雷電神社がある。 間々田八幡宮は,広大な境内地をもち,その一部が「間々田八幡公園」として公開されている。 境内には間々田八幡古墳群と呼ばれる古墳群がある。古墳の正式名称を示す…
コメント:0

続きを読むread more

タチツボスミレ

昨年の暮のことだが,山の中にある神社を参拝した。正月の準備が整えられていたけれども誰もおらず,静かに参拝し,境内を散策した。何とタチツボスミレ(Viola grypoceras)の花が咲いていた。葉の一部が虫に食われているので,ツマグロヒョウモンの幼虫か何かに食べられたのだろう。しかし,時期が時期なので鳥達が見逃すはずがない。葉を食べて…
コメント:0

続きを読むread more

結城市:和尚塚古墳

過日,和尚塚古墳(茨城県結城市結城)を見学した。元は円墳と考えられていたようだが,県道バイパス工事に伴う周辺の発掘調査により,方墳であることが判明しているとのこと。大きさとしては1辺の長さが30m程度とも考えられているようで,現況としても大きな古墳のように見えるけれども,後代の改変等があるらしいので,何とも言えない。 ただし,その調査…
コメント:0

続きを読むread more

結城市:松月院と結城家御廟

過日,曹洞宗・窪田山松月院(茨城県結城市結城)を参拝した。結城家十七代晴朝公の開基とのことで,結城家代々の墓所を守護・供養するための結城家のみのための寺院だったと考えるべきだろう。このような特定の氏族または家系のみの墓所とその墓所を守護・供養するための寺院施設という組み合わせは,古墳時代以前から存在し,古墳時代においても実は基本的な構成…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:女方古墳群(弁天塚・猫塚)

過日,女方古墳群に属する古墳として残存する3基の古墳中の弁天塚と猫塚(茨城県筑西市女方)を見学した。女方古墳群を構成する古墳の中で弁天塚と猫塚は弁天古墳群として分類されることもあり(旧下館市当時),その場合,弁天塚は弁天1号墳とも呼ばれ,猫塚は弁天2号墳とも呼ばれる。現在の筑西市の関係当局では神明塚・弁天塚・猫塚を含む大規模な古墳群を統…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:慶林寺跡と古墳(地下式石棺)

過日,曹洞宗・鳳来山慶林寺跡(茨城県筑西市甲)を訪問して薬師堂を参拝し,境内地内に移築・保存されている薬師町古墳石棺を拝見した。 慶林寺は,筑西市(下館)の中心部の高台にあった寺院で,大同年間に創始された古刹だったのだが,後に曹洞宗に改宗となり,更に明治2年に神仏分離により廃寺となり,現在では薬師堂だけが残されているとのこと。この薬師…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:島古墳

過日,島古墳(茨城県筑西市島)を見学した。筑西市周辺には「島」という名のつく地名がかなり多い。いずれも自然堤防であり,かつては水面または湿地の中にある島のような低い台地となっていたのだろう。島古墳の所在地も同様の自然堤防だったと思われ,狭い範囲が低い台地となっており,その東端に島古墳がある。 島古墳は,かつては直径約60mの大きな円墳…
コメント:0

続きを読むread more

筑西市:葦間山古墳

過日,葦間山古墳(茨城県筑西市徳持)を見学した。葦間山古墳は,徳持古墳とも呼ばれている。大型の前方後円墳とされており,その前方部が大規模に掘削されているとはいえ,全長約141mと推定されている。後円部の直径は約82m。 後円部の南側に鳥居があり,墳頂には神社がある。この神社の社名は不詳ながら,2柱の神を祀っているようであり,参拝した。…
コメント:0

続きを読むread more

ジョウビタキ(オス)

散策していたら,冬の木々の間をジョウビタキ(Phoenicurus auroreus)のオスが飛び回っているのを見つけた。早速,コンパクトデジタルカメラを取り出し撮影した。遠くから手持ちで撮影したのであまり良い写真ではないが,一応それらしく撮影できたと思う。
コメント:0

続きを読むread more

本庄市:諏訪神社と古墳

過日,諏訪神社(埼玉県本庄市小島)を参拝し,同社の基壇部となっている古墳を拝見した。諏訪神社の祭神は,建御名方神。 諏訪神社の基壇部となっている古墳は,小島諏訪神社古墳と呼ばれ,直径約27mの円墳とされている。現況は一部掘削されているようで,見た感じでは墳頂に少し盛られているような印象を受ける。 諏訪神社の南東隣地には塚のようなもの…
コメント:0

続きを読むread more

本庄市:蚕影山古墳(小島4号墳)と山の神古墳(小島5号墳)

過日,蚕影山古墳と山の神古墳(埼玉県本庄市小島)を見学した。これらの古墳は,旭・小島古墳群という非常に大規模な古墳群の一部を構成する古墳なのだが,この古墳群に含まれる古墳の多くが既に湮滅しており,現況は宅地や道路敷地等となっている。その詳細な分布図は,本庄市教育委員会「本庄市埋蔵文化財調査報告書第21集 旭・小島古墳群-石神境古墳-」(…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡上里町:帯刀古墳・地神塚古墳・鬼塚古墳

菅原神社(埼玉県児玉郡上里町帯刀)の北約100mのところに帯刀古墳と地神塚古墳があり,帯刀古墳の北東約200mのところに鬼塚古墳がある。これらの古墳は,帯刀古墳群を構成する古墳の一部とされている。帯刀古墳と地神塚古墳を見学し,また,帯刀古墳のある場所から鬼塚古墳を眺めた。帯刀古墳群は,非常に多くの古墳で構成される大規模な古墳群なのだが,…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡上里町:菅原神社・封治神社と古墳

過日,菅原神社(埼玉県児玉郡上里町帯刀)を参拝した。祭神は,菅原道真公・武夷鳥神・火雷神。境内社として,愛宕神社・稲荷神社・厳島神社・秋葉神社・八坂神社・八幡皇太春日神社があり,他に多数の石碑や供養塔等がある。 菅原神社の南側には封治神社(埼玉県児玉郡上里町藤木戸)がある。封治神社の祭神は,野見宿禰命・少彦名命。こちらの神社も参拝した…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡神川町:元阿保稲荷神社と古墳

過日,元阿保稲荷神社(埼玉県児玉郡神川町元阿保)を参拝し,同社の基壇部となっている古墳を拝見した。元阿保稲荷神社は,式内社である武蔵国賀美郡今城青八坂稲実神社の論社の1つであり,かつ,式内社である今城青坂稲実荒御魂神社の論社である稲荷神社を合祀しているとのこと。古い神社であることは間違いないのだが,式内社であるとして,当時においては,現…
コメント:0

続きを読むread more

埼玉県児玉郡神川町:青柳古墳群南塚原支群

過日,青柳古墳群南塚原支群のある場所(埼玉県児玉郡神川町新里)を訪問し,同支群に属する古墳の一部を見学した。 大塚稲荷古墳(南塚原1号墳)の前に説明板があり,その説明板の中に古墳の配置図が示されている。現況では墳丘のないものを含めると,古代においては,この地域一帯がほぼ全域において墓域だったということを知ることができる。 この古墳群…
コメント:0

続きを読むread more

水仙

昨日,散策していたら,もう花を咲かせている水仙を見つけた。とても早いと思うのだが,そのような品種なのかもしれない。
コメント:0

続きを読むread more

藤岡市:般若塚古墳(大円樫古墳・鬼石町2号墳)

過日,般若塚古墳(群馬県藤岡市鬼石)を見学した。この古墳は,大円樫古墳または鬼石町2号墳とも呼ばれており,直径約7mの円墳とされている。墳丘には小さな神社と鳥居があるが,氏神のようであり,墳丘上にアクセスする方法がわからなかったので,公路から拝見するだけとし,墳丘には登らなかった。 古墳のある場所は,山の斜面を開削したやや平坦な部分の…
コメント:0

続きを読むread more

藤岡市:三杉神社

過日,三杉神社(群馬県藤岡市鬼石)を参拝した。祭神は不詳。 境内には古峯神社と思われる境内社と祭神不詳の境内社があり,また,「城峯神社・天手長男神社」と刻した石碑がある。城峯神社(埼玉県秩父市吉田石間)は,平将門と関連する伝承のある神社として知られている。天手長男神社は,式内社・壱岐国一宮である天手長男神社(長崎県壱岐市郷ノ浦町田中触…
コメント:0

続きを読むread more

ツグミ(メス)

散策していたら,ちょっと変わった羽色のツグミを見つけた。ハチジョウツグミ(Turdus naumanni)かとも思ったのだけれども,たぶんツグミ(Turdus eunomus)のメスだろうと思う。 [追記:2020年1月2日] 今日は木の枝にとまっているところを見た。たぶんメスだろうと思う。
コメント:0

続きを読むread more

コブシの冬芽

散策していたら,比較的大きな樹木の枝先にネコヤナギの花のようなモフモフのものがいっぱいついていた。ヤナギの仲間ではない。枝ぶりから見てモクレンの仲間で,たぶんコブシ(Magnolia kobus)の冬芽だろうと思う。
コメント:0

続きを読むread more

シメ

調整池のある場所の道を歩いていたら,段丘下の木に何か鳥がとまっているのを見つけた。シメ(Coccothraustes coccothraustes)のようだ。久しぶりに見た。
コメント:0

続きを読むread more

カワセミ

自宅近くの神社を参拝し,いったん自宅に戻ってから,近所を少しだけ散策した。調整池のあたりを歩いていたら,カワセミ(Alcedo atthis)が飛んでいるのが目に入った。その先を注視すると,あふれた水の排水管のような物の上にとまっている。愛用のコンパクトデジタルカメラを取り出し,ズームいっぱいで写真を撮ってみた。望遠レンズではないし三脚…
コメント:0

続きを読むread more

藤岡市:原古墳(移築・復元)

過日,原古墳(群馬県藤岡市鬼石)を見学した。原古墳は,元は別の場所(約50m西方)にあったらしいのだが,現在は,セブンイレブン鬼石三杉町店の駐車場西側隣地に移築・復元されている。 原古墳は,直径約9.4mの円墳とされており,基本的に石材だけで構築されているので,積石塚のような形態となっている。かなり珍しい部類に入るのではないかと思う。…
コメント:0

続きを読むread more

土浦市:下郷古墳群

過日,下郷古墳群(茨城県土浦市田村町)を見学した。この古墳群を訪問するのは2度目になる。古墳群は,土浦市老人福祉センター湖畔荘の敷地内と同センターの北側道路をはさんだ北側の台地周辺にある。昭和56年に実施された調査の段階では1号墳~10号墳が調査され,掘削が予定されていた3号墳の発掘調査が行われ,直刀等の出土があった。その際の調査結果は…
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうら市:颯壁古墳

過日,颯壁古墳(茨城県かすみがうら市深谷)を見学した。この古墳は,方墳とされており,かすみがうら市多目的運動広場のテニスコート西側の段丘縁にある。現況は山林なのだけれども,通路があるので容易にアクセスできる。墳丘上に中世の石塔があるということなので探してみたけれども,数個の石があるだけだった。これが石塔の一部なのかどうかは,よくわからな…
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうら市:富士塚山古墳

過日,富士塚山古墳(茨城県かすみがうら市深谷)を見学した。この古墳は方墳とされているけれども,前方後方墳の可能性があるとする見解もある。 富士塚山古墳は,JA水郷つくば霞ケ浦支店のすぐ裏側(東側)にある。台地の斜面を切り取ってJA水郷つくば霞ケ浦支店の敷地を造成したらしく,古墳は,雛壇のような形態で擁壁で保護されて残された土地の上にあ…
コメント:0

続きを読むread more

毘沙門天

昨年暮に真言宗智山派・法満山一乗院(茨城県那珂市飯田)を参拝した。参拝後,護符等を売っている場所で販売していたので,正月用に「毘沙門天」という銘柄の小瓶に入った清酒を購入した。製造元は,根本酒造(茨城県常陸大宮市山方)。山方には山方江下古墳がある。  根本酒造株式会社  http://www.kujinoyama…
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い申し上げます。 2020年元旦 天台宗別格本山元三大師安楽寺の素心蝋梅
コメント:5

続きを読むread more