タチツボスミレ

昨年の暮のことだが,山の中にある神社を参拝した。正月の準備が整えられていたけれども誰もおらず,静かに参拝し,境内を散策した。何とタチツボスミレ(Viola grypoceras)の花が咲いていた。葉の一部が虫に食われているので,ツマグロヒョウモンの幼虫か何かに食べられたのだろう。しかし,時期が時期なので鳥達が見逃すはずがない。葉を食べている途中で鳥の餌食になってしまったのではないかと想像した。それにしても早い開花だ。暮の頃には確かに暖かい日が多かった。これから2月にかけて寒くなり,そのような厳しい時期を越してから本格的にスミレの花が咲く。

IMG_1823.JPG

この記事へのコメント