謎のカエル

散策していたら,雨上がりの水たまりの中でオタマジャクシが逃げるような感じで泥が舞い上がるのを見つけた。「何だろう?」と思い,近くにあった小枝でその泥のあたりをつついてみると,更に泥を舞い上げて移動し,木の葉の下に隠れた小動物がいる。その木の葉をそっとよけてみると,アマガエルよりは少し大きなカエルだった。ツチガエルやヌマガエルに似ているけ…
コメント:0

続きを読むread more

野山の蝶とバッタ

近隣の里山などを散策していたら,様々な昆虫と出逢った。花の季節がそろそろおしまいなので,花の蜜を吸う昆虫達は忙しい時期なのかもしれない。越冬するタイプの昆虫は,越冬に適した場所を探しているのだろうか。 草地ではやや大型のバッタを何種類か見た。もっと寒くなるとみんな死んでしまうのだろうけれど,まだまだ元気そうな感じだった。 保存地域と…
コメント:0

続きを読むread more

タヌキ

本日,自宅から比較的近くにある古墳群を散策中,ある古墳から別の古墳へ移動するために通過した集落内の道路の先にタヌキがいることに気づいた。日中に出てきているのを見ることは比較的珍しいと思う。遠くからズームで何枚か写真を撮った後,ちょっとだけ近づいたら,こちらに気づいたらしく,脇の田圃の畔のようなところの叢の中に逃げ去ってしまった。 タヌ…
コメント:0

続きを読むread more

野山の果実

秋も深まってきたので,古墳や神社のある里山などを散策していると,木や草の実を目にする機会が多くなった。探し始めると,それだけでかなりの時間を食ってしまうので,たまたま目にとまったものだけを写真に撮っている。それでも結構たくさんある。 この時期に私の自宅の近隣の里山で目立っているのは,カラスウリとミツバアケビだ。 カラスウリ(Tr…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:茨城廃寺五重塔礎石

過日,茨城廃寺のものとされる五重塔の礎石を見学した。この礎石は,愛宕神社古墳(茨城県石岡市貝地)のすぐ近くにある。茨城廃寺の遺跡も近隣にあるけれども,現況は畑なので,茨城寺が建立されていた当時の様子を想像するために見ることができ,戸外に保存・展示されている具体的な遺物としては,この礎石くらいしかないのではないかと思う。 説明板にも書い…
コメント:0

続きを読むread more

石岡市:愛宕神社古墳

過日,愛宕神社古墳(茨城県石岡市貝地)を見学した。愛宕神社古墳は,直径約6mの円墳とされており,その墳頂に小さな神社がある。古墳の名称からすると,この神社が愛宕神社に該当するのではないかと思うのだが,社殿の前には金刀比羅神社宮司の由緒書の碑が立てられている。この碑の建立者名が金刀比羅神社宮司になっているけれども,この古墳の墳頂にある愛宕…
コメント:0

続きを読むread more