柏市:手賀の丘公園と片山古墳群

過日,手賀の丘公園(千葉県柏市片山)内にある片山古墳群をちょっとだけ見学してきた。正確な地図がないので,どの墳丘が何という名(または番号)の古墳かわからない。また,見た目だけでは古墳時代の古墳なのか,後代の塚なのかを区別することが困難。「前方後円墳1基,方墳4基,円墳79基,上円下方墳1基」で構成されているのだそうだ。地図を入手して理解する作業は後日に先送りし,今回はだいたいの様子を理解する目的だけの見学にした。実際に見学してみると,とにかく数が多い。公園内に入らなくても,公園の前の道路から見える古墳も多数ある。
なお,現地には,古墳群であることを示す標識等は存在しないし,説明板も案内図もない。子ども連れが多く訪問する休養施設なので,ここを訪問する子供たちの中から歴史学や考古学に興味をもつ人材が育つかもしれないということを考えると,あるいは,超高齢化社会を迎え,退職後に歴史学や考古学に興味をもった人々への利便のようなものを考えると,概要を示す簡単なもので良いから,説明板を設置すべきなのではないかと思った。

IMG_5955.JPG

IMG_5965.JPG

IMG_5966.JPG

IMG_5969.JPG

IMG_5976.JPG

IMG_5979.JPG

この古墳群は台地の縁にある。駐車場脇のテニスコートとなっている場所の近くに台地の下を見通せるところがあったので,そこから写真を撮ってみた。かつては水面または低湿地だったと推定される低地の向こうには,北ノ作古墳群のある台地が見える。

IMG_5981.JPG

この記事へのコメント