筑西市関舘:八幡神社

過日,関城(茨城県筑西市関舘)の遺跡内にある八幡神社を参拝してきた。南北朝の戦乱の当時の土塁が良く残されている台地の縁のあたりに所在している。一見すると,特に変わったところのない神社のようにも見えるが,何となく,円墳を削平して基壇を構築し,その上に築造された神社なのではないかというような感じがする。この神社の近くには,戦闘に際して土塁の下から攻め込むために掘られたものという穴の遺跡もある。結局,関城は落城し,守備していた将兵の大半が命を落とす中で,北畠親房は,どうにかこの城を脱出したようだ。戦乱の時代に生まれなかったことを心の底から感謝する。

IMG_0350.JPG
鳥居


IMG_0346.JPG
拝殿


IMG_0340.JPG
本殿


IMG_0341.JPG
境内地内にある古碑


IMG_0335.JPG
坑道跡の説明板


IMG_0337.JPG
坑道跡


IMG_0351.JPG
土塁と浅間大神の石碑


IMG_0356.JPG
土塁


IMG_0322.JPG
関城跡の説明板


IMG_0321.JPG
結城直朝の墓所


八幡神社を参拝し,関城遺跡を散策した時には,周辺の畑には主としてムギが植えられており,その花が咲いていた。

IMG_0327.JPG

この記事へのコメント