小美玉市下馬場:鹿島神社

鹿島神社(茨城県小美玉市下馬場)を参拝してきた。祭神は,建御雷之男神。由緒書によれば,大同2年(807年)に現在の場所に鎮座したとのこと。大同3年には『大同類聚方』が完成したとされており,非常に興味深い時ではある。拝殿前の狛犬が独特で面白い。 鳥居 由緒書 拝殿 本殿 ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:素鵞神社

素鵞神社(茨城県小美玉市小川古城)を参拝してきた。天保11年(1840年)に徳川光圀により素鵞(そが)との社名に改める前は,天王宮との社名だったとのこと。この「天王」とは「牛頭天王(祇園神)」すなわち「須佐之男命」のことを指す。享禄2年(1529年)の創建であり,祭神は建速須佐之男命とのこと。 素鵞神社 拝殿 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市:天龍山愛宕神社と夜刀神社

茨城県行方市玉造甲にある天龍山愛宕神社と夜刀神社を参拝してきた。この夜刀神社は,『常陸國風土記』に逸話のある夜刀神社に比定されている神社だ。天龍山愛宕神社の祭神は,愛宕神・火之迦具土神とされており,夜刀神社の祭神は夜刀神とされている。 『常陸國風土記』にある逸話及びその比定地に関しては様々な議論があるが,要するに,朝廷の都合によりこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市:天神山古墳

天神山古墳(行方市沖洲)を見学してきた。「沖洲」との地名は,「息栖」と同じだと考える見解が多い。その南に隣接して「羽生」という地域があり,非常に興味深い。霞ケ浦の岸辺にある大丈夫そうなところにクルマを停め,そこから徒歩で古墳のある場所に向かった。天神山古墳の北側には「天神の森」という緑地があり,一応駐車場ということになっているのだが,途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町青宿:鹿島神社と古墳

過日,鹿島神社(茨城県稲敷郡阿見町青宿)を参拝し,その境内地にある古墳を見学してきた。この鹿島神社の境内地にある石碑によれば,永明元年(中国南北朝時代の南斉の元号・西暦483年)に建立され,祭神は建御雷之男神とのこと。説明版によれば,第二次世界大戦の末期にこの付近で多数の予科練生と教員が空襲により亡くなったとのこと。平和のありがたさを心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町立の越:愛宕神社と古墳

過日,阿見町の立の越にある愛宕神社(茨城県稲敷郡阿見町阿見)を参拝し,神社の基壇となっている古墳を見学してきた。立の越公会堂の右脇に急峻な階段がある。その階段を登ると,段丘上に愛宕神社の鳥居があり,神社の基壇と社殿が見える。この基壇部分が古墳だとされている。地元の方から教えていただいたところによると,このあたりには,かつて多数の古墳があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more