茨城県下妻市村岡:愛宕山古墳

過日,愛宕山古墳(茨城県下妻市村岡)を見学してきた。この古墳は,仁江戸古墳群を構成する古墳の1つなのだが,この古墳群の古墳の中で明確に識別可能な残存古墳は少ないようだ。古墳は,愛宕神社の基壇部分となっている。その墳頂部に愛宕山大権現を祀る祠がある。古墳としては全長約26mの前方後円墳であり,神社の基壇部分となっているのが後円部で,その裏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香取市:仁井宿浅間神社古墳

過日,浅間神社(香取市佐原イ)を参拝し,その基壇となっている全長約70メートルの前方後円墳を見学した。低地にあるのでやや疑問なのだが,古代の自然堤防または小島のようなところに築造されたのではないかと想像される。鳥居から参道を経て後円部に至る。この後円部に石室があったと仮定すると,鳥居の位置は,石室を遥拝するための正しい位置に存在している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくば市:體見神社

過日,體見神社(茨城県つくば市上境)を参拝した。現在は河岸段丘の中腹を掘削して構築した人工的な小台地に所在するが,かつては段丘上に存在し,段丘上の台地にあった真の御神体である古墳を鎮護・遥拝するための神社だったのではないかと考えられる。祭神は,天津日子根命、天久斯麻比士都命、建許呂命とされており,『日本三代実録』に「菅田神」とある国史見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市下馬場:鹿島神社

鹿島神社(茨城県小美玉市下馬場)を参拝してきた。祭神は,建御雷之男神。由緒書によれば,大同2年(807年)に現在の場所に鎮座したとのこと。大同3年には『大同類聚方』が完成したとされており,非常に興味深い時ではある。拝殿前の狛犬が独特で面白い。 鳥居 由緒書 拝殿 本殿 ケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:素鵞神社

素鵞神社(茨城県小美玉市小川古城)を参拝してきた。天保11年(1840年)に徳川光圀により素鵞(そが)との社名に改める前は,天王宮との社名だったとのこと。この「天王」とは「牛頭天王(祇園神)」すなわち「須佐之男命」のことを指す。享禄2年(1529年)の創建であり,祭神は建速須佐之男命とのこと。 素鵞神社 拝殿 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市:天龍山愛宕神社と夜刀神社

茨城県行方市玉造甲にある天龍山愛宕神社と夜刀神社を参拝してきた。この夜刀神社は,『常陸國風土記』に逸話のある夜刀神社に比定されている神社だ。天龍山愛宕神社の祭神は,愛宕神・火之迦具土神とされており,夜刀神社の祭神は夜刀神とされている。 『常陸國風土記』にある逸話及びその比定地に関しては様々な議論があるが,要するに,朝廷の都合によりこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行方市:天神山古墳

天神山古墳(行方市沖洲)を見学してきた。「沖洲」との地名は,「息栖」と同じだと考える見解が多い。その南に隣接して「羽生」という地域があり,非常に興味深い。霞ケ浦の岸辺にある大丈夫そうなところにクルマを停め,そこから徒歩で古墳のある場所に向かった。天神山古墳の北側には「天神の森」という緑地があり,一応駐車場ということになっているのだが,途…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町青宿:鹿島神社と古墳

過日,鹿島神社(茨城県稲敷郡阿見町青宿)を参拝し,その境内地にある古墳を見学してきた。この鹿島神社の境内地にある石碑によれば,永明元年(中国南北朝時代の南斉の元号・西暦483年)に建立され,祭神は建御雷之男神とのこと。説明版によれば,第二次世界大戦の末期にこの付近で多数の予科練生と教員が空襲により亡くなったとのこと。平和のありがたさを心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町立の越:愛宕神社と古墳

過日,阿見町の立の越にある愛宕神社(茨城県稲敷郡阿見町阿見)を参拝し,神社の基壇となっている古墳を見学してきた。立の越公会堂の右脇に急峻な階段がある。その階段を登ると,段丘上に愛宕神社の鳥居があり,神社の基壇と社殿が見える。この基壇部分が古墳だとされている。地元の方から教えていただいたところによると,このあたりには,かつて多数の古墳があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:権現塚古墳

白山神社から更に歩き,田の中の道を通り,白山神社の西側にある山の中にある権現塚古墳(茨城県小美玉市幡谷・市町村合併前は小川町幡谷・旧橘村)を目指した。山麓の道は左右(南北)に分かれるが,北の方向に少し進んだところに富士神社の標識がある。そこから少し登ると富士神社がある。この富士神社の基壇部の全部が権現塚古墳となっている。 権現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市小塙:白山神社

白山神社(小美玉市小塙)を参拝してきた。クルマを三昧塚古墳の駐車場に停め,そこからは徒歩。西側の山道を登って段丘上に出た。段丘上の開けた場所からは,眼下に三昧塚古墳を見下ろし,霞ケ浦を隔てて対岸がよく見える。そこでふと思ったのだが,三昧塚古墳の被葬者が首長クラスであるとすれば,どうして見下ろされるような場所に築造されたのだろうか。また,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:雷神山古墳

雷神山古墳(茨城県小美玉市小川)を見学してきた。駐車スペースがなさそうだったので,駐車できるところにクルマを停め,そこから徒歩で古墳のあるところに向かった。標識や説明版等がないので確実ではないけれども,たぶんこの場所だろうというところに到着し,山林内の狭い山道を進んだ。やや明るいところに出ると,山林内にそれらしいものを見つけることができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:地蔵塚古墳

地蔵塚古墳(茨城県小美玉市下馬場)を見学してきた。古墳の墳頂に地蔵堂があるので,この名があるようだ。古墳前にある駐車スペースにクルマを停め,地蔵堂を参拝し,それから古墳とその周辺を拝見した。説明板によると,明治大学考古学研究室による最近の測量調査の結果,元は帆立貝式の古墳であり,中世に大規模に形状が改変されて現在の姿になっているようだと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡美浦村:浅間塚古墳

浅間塚古墳(茨城県稲敷郡美浦村郷中)を見学してきた。ファミリーマート 美浦郷中店の北東の道路脇にある比較的大きな前方後円墳。以前は樹木が繁茂していたけれども,現在では全部伐採されて裸山となっている。後円部の墳頂に小さな祠がある。後円部の墳頂が平坦に掘削されているように見えるから,かつてはもっと大きな神社があったのかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城県稲敷郡阿見町:八幡古墳群

八幡古墳群(茨城県稲敷郡阿見町大形)を見学してきた。かつては15基ほどの古墳があったようなのだが,現在では2つの古墳しか存在しない。しかも,背景地では大規模土木工事が進行中なので,このあたりの数年後の景観は,現在とは全く異なるものとなっているだろう。 八幡1号墳は,方墳のように見えるのだが,記録上では円墳とされている。八幡神社の基…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:羽黒古墳

過日,羽黒古墳(茨城県小美玉市竹原・市町村合併前は美野里町)を見学した。古墳造営の様式の中では古式に属するもので非常に貴重なものなのだが,第2次世界大戦当時における改変があった。現在では,その改変が修正され,古墳公園として公開されている。この古墳は,岬状に突き出た台地上にあり,築造当時には,そこから周辺の低地や古代の霞ケ浦の一部を眺め渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:大宮神社

過日,大宮神社(小美玉市上玉里)を参拝してきた。この神社の祭神は,武甕槌命とのこと。重厚な雰囲気の漂う神社だと思う。 鳥居 参道 拝殿 本殿 大宮神社造営の碑 境内社を示す石碑 大宮神社の鳥居前の道路に反対側に小美玉市玉里総合支所があり,その駐車場脇に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小美玉市:愛宕塚古墳

過日,愛宕塚古墳(茨城県小美玉市下玉里)を見学してきた。少し離れたところにある大井戸湖岸公園の駐車場にクルマを停めてそこからは徒歩。この湖岸公園からは対岸の三昧塚古墳がよく見える。おそらく,霞ケ浦周辺の古墳が築造された当時にはそれぞれの古墳が互いによく見えるようになっており,古代の霞ケ浦を航行する船舶のための目印になっていたのではないか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富岡市:高瀬行人塚古墳

過日,高瀬行人塚古墳(群馬県富岡市下高瀬)を見学してきた。全長48.5メートルの横穴式石室をもつ前方後円墳であり,葺石があったと考えられている。現状は,後世の掘削等によりかなり変形している。 全景
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富岡市:高瀬双子塚古墳

過日,高瀬双子塚古墳(群馬県富岡市中高瀬)を見学してきた。全長約46mの前方後円墳とのことだ。後世の土留めのためのものであるか築造当時のものであるかは分からないが,墳丘には河原石の構造物がある。 全体 後円部 前方部のほうから見た後円部 石積み この古墳を訪問した際には,墳丘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more