ひたちなか市:川子塚古墳

過日,川子塚古墳(茨城県ひたちなか市磯崎町)を見学した。説明板によると,全長約85メートルの前方後円墳ということであり,現在でも明確に残っている周濠部分を含めるともっと大きな古墳になる。実際に見てみると,実測値よりも大きな古墳のように見える。この古墳からは太平洋を遠くまで眺望することができるから,沖を航行する船舶の状況を確実に把握こともできたと考えられる。正確ではないが,前方部は,現在の小美玉市の方向を向いているように見える。墳頂には祠があるけれども,大地震で壊れたままとなっていた。

川子塚古墳
全体(手前の緑地のような部分が周濠部分)


川子塚古墳
説明板


川子塚古墳
前方部


川子塚古墳
後円部


川子塚古墳
墳頂の祠


川子塚古墳
後円部から見た前方部


川子塚古墳
古墳前の道路から見た太平洋

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック