つくば市:體見神社

過日,體見神社(茨城県つくば市上境)を参拝した。現在は河岸段丘の中腹を掘削して構築した人工的な小台地に所在するが,かつては段丘上に存在し,段丘上の台地にあった真の御神体である古墳を鎮護・遥拝するための神社だったのではないかと考えられる。祭神は,天津日子根命、天久斯麻比士都命、建許呂命とされており,『日本三代実録』に「菅田神」とある国史見在社とされている。この「菅田」を「體(体)」と書き,「すがた」と読ませるようになった時期は不明だが,「菅田神」の見在社というのがその本来の意味と考えるのが妥当だ。本来の社名は「菅田社」であったかもしれない。

體見神社
體見神社


體見神社
體見神社


體見神社
體見神社


體見神社
拝殿


體見神社
本殿


體見神社
左側の狛犬


體見神社
右側の狛犬


體見神社
境内社


體見神社
境内社


體見神社
境内社


體見神社
説明板


體見神社
説明板


「菅田神」とは建許呂命またはその子孫のことを指すと考えられる。「菅田」は,現在のつくば市の主体部にあたる桜地域から谷田部付近を広く含む地域を指す地名であり,現在でも筑波山の西方にその名を残している。発掘調査の結果により,桜地域には官衙が存在していたことが分かっているから,古代の大王の皇子が統治者として「菅」の地に派遣され,以後,代々統治したということなのだろう。「菅田」と「菅原」は,祖を同一にするものと考えられる。

  文化遺産オンライン:金田官衙遺跡
  http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/212070

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック