小美玉市:羽黒古墳

過日,羽黒古墳(茨城県小美玉市竹原・市町村合併前は美野里町)を見学した。古墳造営の様式の中では古式に属するもので非常に貴重なものなのだが,第2次世界大戦当時における改変があった。現在では,その改変が修正され,古墳公園として公開されている。この古墳は,岬状に突き出た台地上にあり,築造当時には,そこから周辺の低地や古代の霞ケ浦の一部を眺め渡すことができたたのではないかと考えられる。
羽黒古墳は,史跡公園として整備されており,駐車場もある。その駐車場から階段を登ると古墳のある段丘上に至ることができるのだが,その階段のある法面が前方後円墳の前方部のように形成されているので,「ここが古墳か?」と錯覚してしまうかもしれない(笑)

羽黒古墳
駐車場と登り口


羽黒古墳
駐車場にある説明版


羽黒古墳
後円部前にある説明板


羽黒古墳
全体


羽黒古墳
後円部


羽黒古墳
前方部にある古墳登り口


羽黒古墳
後円部墳頂付近


羽黒古墳
後円部から見た前方部


羽黒古墳
残存する1基の円墳


地名の「竹原」は,中世の「竹原郷」に由来するものとされている。この地名が古代から存在していたと仮定すると,香島天之大神(鹿島の神・鹿島の上)の支配権の及ぶ範囲を「竹(武,建)」と表現したものだろうと思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック