藤岡市:諏訪神社と古墳群

諏訪神社(群馬県藤岡市藤岡)を参拝し,諏訪古墳と境内地内にある諏訪神社北古墳を拝見した。由緒書によれば,「椙山神社」として創建された神社なのだそうだ。神社の背後に比較的大きな参拝者用駐車場がある。神社の基壇全体が前方後円墳なのだそうだが,全体に大きく改変されている。ただし,基壇全面に葺石状に石垣が構築されており,むしろ,古墳造営当時の雰囲気を出しているとも言えるのではないかと思った。参道から前方部を登り,後円部墳庁にある拝殿で参拝することになる。他に境内社が多数あり,全て参拝した。

諏訪神社
諏訪神社鳥居


諏訪神社
由緒書


諏訪神社
諏訪神社拝殿


諏訪神社
諏訪神社本殿


拝殿前の左右にある狛犬さんが面白い。尾の形状等からすると,猫ではないかと思う。

狛犬


狛犬


本殿背後に末社が並んでいる。下記の諏訪神社のホームページでは「三峯神社、阿夫利神社、稲荷神社」と紹介されているが,真ん中の神社は,実際には,「阿夫利神社・大神宮・豊受社」となっている。この「大神宮」が「健御名方神」であり,「豊受社」が「八坂刀売神」なのだろう。これら全ての神社を参拝した。

諏訪神社
末社(三峯社,阿夫利神社・大神宮・豊受社,稲荷神社)


諏訪神社の祭神は、健御名方神と八坂刀売神となっている。八坂刀売神の「刀売」は「刀自」と同じだと考える。「目」ではなく「自」を書くのは,何らかの理由による隠し字のようなもので,本来は「とめ」と読み得るものであり,敬称の「御」をつけると「おとめ」となる。また,「刀」は,「刃」と同じと考えることができる。すると,「刃目(刀自)」は,「しめ」または「ひめ」と読み得る。既婚・未婚を問わず,ある一定の立場または身分にある高貴な女性のことを「乙女(おとめ)」または「姫(ひめ)」と呼んだのではないかと想像する。

後円部に該当する本殿に向かって右下の部分に古墳の開口部がある。位置関係からすると,大神宮の真下あたりに玄室があるのではないかと思う。そのことから,この墳丘には,他にも墓室が残されているかもしれないと思った。

諏訪古墳
後円部側面


諏訪古墳
説明板


諏訪古墳
諏訪古墳


諏訪神社の北東にある池を挟んで更に北東のところに小さな古墳がある。墳丘上には「高山社」の碑がある。「古代の偉い神様よりも高山社のほうが偉い」と考えてそのようにしたのだろうか。私の考えによれば,富岡~藤岡周辺で無数に発見されている機織り用の「紡錘」から推察して,古代においては,かなり長期にわたり全国有数の絹織物産地だったと考えられ,高山社とその関係者には悪いけれども,高山社は,古代の養蚕及び機織りの足元にも及ばない存在だったと判断する。「規模を拡大すれば,自動的に利益総額が増加して必ず繁栄する」というような素朴な考え方は,現在では既に過去のビジネスモデルである。短命で終わることになるであろう。

諏訪神社北古墳
諏訪神社北古墳


諏訪神社北古墳


諏訪神社北古墳
諏訪神社北古墳


諏訪神社北古墳
碑文の説明版


境内社として,天満宮,八坂神社,大黒神社がある。これらの神社も全て参拝した。

天満宮
天満宮


八坂神社
八坂神社


大黒神社
大黒神社



  諏訪神社
  http://chinju-osuwasama.jp/syokai

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック