冬の藤袴

つくば植物園でフジバカマ(Eupatorium fortunei)を見てきた。地上部は既に全部枯れて枯木状態になっている。香りは漂わない。古い漢詩等において「冬でも青い葉を茂らせる」という文脈で唄われている「蘭」は,決してフジバカマ(Eupatorium fortunei)ではあり得ない。

Eupatorium fortunei


Eupatorium fortunei
フジバカマ(Eupatorium fortunei)


冬でも葉を青々と茂らせているのは,次のような草だけ。

Acorus gramineus
セキショウ(Acorus gramineus)


Cymbidium goeringii
シュンラン(Cymbidium goeringii)


Liriope muscari
ヤブラン(Liriope muscari)


Ophiopogon japonicus
ジャノヒゲ(Ophiopogon japonicus)


この記事へのコメント

2015年12月27日 19:28
今年の冬の暖かさには???と思っています。
我が家にも園芸種のフジバカマがありますが、しっかりとまだ緑の葉っぱが残っています。
例年だと枯れている頃でしょうね。
その他にも狂い咲きする花があったり、バラの芽も動いてしまっています。
今後一気に寒さが訪れると植物には結構ダメージがあるかな?と心配しています。
2015年12月27日 19:38
ブルーデージーさん

私の住んでいるあたりはかなり寒くて,毎日ふるえてます。場所によって気温がかなり違うように思います。

つくば植物園のフジバカマは完全に枯木になってました。何か所かに分けて植えてあるので全部見て回りましたけど,同じでした。

春に出るべき芽が今の時期に動いてしまうと,これから1月~2月の寒さの時期にダメになってしまうかもしれませんね。

栽培はなかなか難しいです。

この記事へのトラックバック

  • 新暦正月の藤袴(Eupatorium fortunei)

    Excerpt: つくば植物園でフジバカマ(Eupatorium fortunei)を見てきた。地上部は完全にドライフラワー状態なのだが,芳香は漂わない。根本の部分を見ると,新芽はまだ出ていない。旧暦だと冬なので,旧暦.. Weblog: 怠け者の散歩道 racked: 2016-01-07 09:07