自宅のラン:小白及「四川赤」として購入したアマナシランが開花

小白及「四川赤」として購入したアマナシランが開花した。どう見てもアマナシラン(Bletilla formosana × striata)だ。

Bletilla formosana × striata
Bletilla formosana × striata


ちなみに,シラン(白及)として売られているランの中にも別種との交配品が結構たくさんあるようだ。交配それ自体は悪くないのだが,純粋なシランでないものを「シラン」として売る行為は,消費者保護関連法令に違反する行為となる。遺伝子組換えでも全く同じ。


この記事へのコメント

アルパカ
2015年06月16日 15:37
電脳中年Aさん

綺麗に咲いていますね。
私事で恐縮ですが、
昨年に小白及という小さなポットを買いました。
何時しか枯れてダメになったと思ったのですが
ポットの中の球根状のものが青々しているのです。
それで、せっせと水遣りをしていました。
ちょっと芽らしきものが有ったのですが
鳴かず飛ばずで沈黙しています。
ヤシ殻のようなものに植えてあるので
地植えにしてみようかと考えているのですが…
枯れているのか生きているのかも定かでありません。
2015年06月16日 22:40
アルパカさん

小白及は,冬の間は地上部が枯れたような状態で休眠しますので,そのまま乾燥したような状態にします。

春~初夏のころに球根状のバルブの脇から新芽を出してきますので,そのころから水やりをします。

私の栽培環境だと6月~7月に葉を展開させ,状態が良ければ花茎をたてて花を咲かせます。

栽培環境により培土を別にすべきなので,どれがよいということはできませんけど,私のところでは普通の市販の山野草栽培用の土を使って栽培しています。

この記事へのトラックバック