つくば植物園:園内で観た春のキノコ

次男と二人でつくば植物園の中を散策していたら,次男が珍しいキノコを見つけてくれた。どちらも初めて観るものだった。写真だけ撮って帰宅してから調べてみたら,春に出てくるエツキクロコップタケとアシボソアミガサタケらしいということが判った。こんなキノコが出てくるくらいだから,植物園の自然が豊かだということなのだろう。

次の写真は,エツキクロコップタケ(Urnula craterium)ではないかと思われるキノコ。アブラチャンの木のあるところの遊歩道の仕切り用木材に生えていた。春に出てくるキノコは比較的少ないので,ほぼ間違いないだろうと思うけれど,絶対確実というわけではない。

Urnula craterium


次の写真は,アシボソアミガサタケ(Morchella elata)ではないかと思われるキノコ。オオツクバネウツギの木のあるところに生えていた。アミガサタケの仲間は種類が多く,どれもよく似ているけれど,たぶん間違いないだろうと思う。

Morchella elata


キノコの同定はとても難しく,散策中に見つけても全然判らないことが少なくない。でもまあ,面白い形のキノコを実際に目にするためには相当幸運でないといけないので,今日はやはりラッキーな日だったというべきなのだろう。次男に感謝。


 エツキクロコップタケ Urnula craterium
 http://fungi.sakura.ne.jp/ajiwai_kinoko/etsukikurokopputake.htm

 アシボソアミガサタケ
 http://anthois.sakura.ne.jp/zukan/zu07a/fnqc16-3.html

 筑波実験植物園(つくば植物園)
 http://www.tbg.kahaku.go.jp/


この記事へのコメント

2009年03月28日 23:14
こんばんは
息子様との散策は楽しそうですね

キノコも珍しい種類のものがあるんですね~^_^;
車で小一時間ほどの場所に植物園がありますが、もう何年も行っていません。
暖かくなったらカメラ片手に行ってみたいものです。
2009年03月28日 23:30
辛口兄さん こんにちは。

あまり良い父親ではないので,こういうときに一緒に散歩しながら何か話してやることくらいしかできません。^^;

キノコというと秋に出てくるものと思いがちですが,キノコにはものすごく多くの種類があり,1年中,何らかのキノコがどこかに生えているんですよ。

春には春にしか出てこないキノコが何種類かあります。ただし,生えてくる場所が限られているので,幸運に恵まれないと見つけられないかもしれません。食べられるかどうかは別として,とにかくユニークな形のキノコがいっぱいあるので,どうぞ探してみてください。^^
2009年03月29日 00:10
電脳中年A さん
こんばんは^^
お久しぶりです
珍しいキノコ。。。
縁起物ですね♪
ありがと~ございます
さて、この度~ブログのTOPを
整理整頓し、リンクを貼り付け
「怠け者の散歩道」貼りつけさせて
頂いたので、ご報告しておきます
ご迷惑なら、遠慮なく
おっしゃられて下さいね^^
2009年03月29日 00:44
ぱんださん こんにちは。

ブログのリニューアルおめでとうございます。^^

リンクは自由ですよ。ありがとうございます。^^
ぱんだ
2009年03月29日 01:13
ありがとうございます

2回コメント入ってしまって
ごめんなさい^^

この記事へのトラックバック