チョウジザクラの花

小石川植物園の標本園で,チョウジザクラの花を観た。花のガクのあたりが長く,チョウジ(丁子)に似ている。随分変わったサクラもあるものだと感心する。

チョウジザクラ(Prunus apetala (Sieb. et Zucc.) Franch. et Sav.)は,バラ科サクラ属に属し,本州(紀伊半島を除く岩手県以南),九州(北部~中部)の山地に生育する落葉低木(小高木)ということだ。







チョウジザクラの花は,正面から見るとまぎれもない桜の花なのだが,横から見るととても桜の花には見えない独特の形をしている。とても面白い。

Webで自生地を検索してみたら,比較的標高の高いところに生えているようだ。信州には仕事などで今年もでかけることになっているので,信州に出かけたら探してみようと思う。


 チョウジザクラ(丁字桜)
 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/tyouji-zakura.html

 チョウジザクラ
 http://research.kahaku.go.jp/botany/sakura/sakura08.htm

 チョウジザクラ(丁字桜)
 http://members.stvnet.home.ne.jp/kubookada-k/tyoujisakura.html

 東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)
 http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/index.html



この記事へのコメント

2006年03月26日 18:15
よく分かる説明ありがとうございます。写真もいいですね。
2006年03月26日 18:25
sakuragipoさん コメントありがとうございます。
文章の中の説明は図鑑などの受け売りなので・・・^^;
写真とカメラのほうは本当に「ど素人」です。プロの人から見たら問題だらけの写真なんでしょうけど,まあ好きで花の写真を撮っているので,これからも自己流で撮った写真をアップし続けようと思います。^^

この記事へのトラックバック