アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「夏」のブログ記事

みんなの「夏」ブログ

タイトル 日 時
ナツイズイセンが開花
ナツイズイセンが開花 今年,これまで地植えで栽培してきたナツズイセン(Lycoris squamigera)を掘り起こし,鉢植え栽培に変更した。そのナツズイセンが開花した。無事に開花してくれて,ほっと一安心。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/31 21:22
自宅のラン:サギソウが開花
自宅のラン:サギソウが開花 サギソウ(Pecteilis radiata (Syn. Habenaria radiata))が開花した。夏を代表するランの一つかもしれない。私の好きなランなのだが,結構気難しくて,油断するとすぐにダメになってしまう。暑い盛りに手を抜いてしまうのが一番よくないようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/25 19:25
ホソヘリカメムシ
ホソヘリカメムシ 昨日,アシタバの葉の上にホソヘリカメムシ(Riptortus pedestris)がいるのを見つけた。マメ科植物を食害することで知られているのだが,どうしてアシタバの葉の上にいたのかは不明。偶然だろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/09 09:56
アシタバの葉を食べるキアゲハの幼虫
アシタバの葉を食べるキアゲハの幼虫 自宅の庭にはセリ科の植物が多いので,必ずキアゲハがやってきて卵を産みつける。大きく育ったアシタバの葉もたちまち食い荒らされてしまう。かなり複雑な心境・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/07/08 11:02
自宅のラン:庭木につけて栽培しているフウランが開花
自宅のラン:庭木につけて栽培しているフウランが開花 庭木につけて栽培しているフウランが開花した。昨年,はがして鉢植えにしようかとも考えたのだが,もう少し経過を観察してみることにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/06 10:11
お隣りの庭のヤブカンゾウ
お隣りの庭のヤブカンゾウ お隣りの庭ではヤブカンゾウ(Hemerocallis fulva)が花盛り。いっぱい咲いている。ちょっとだけ御姿を拝借して写真を撮影。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/07/05 12:25
自宅のラン:富貴蘭「紀の白波」 が開花
自宅のラン:富貴蘭「紀の白波」 が開花 富貴蘭「紀の白波」 が開花した。今年は富貴蘭の調子が良いようだ。他にも蕾が大きくなってきているものがあり,しばらくの間は富貴蘭品種の花で楽しめそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2016/07/03 13:16
自宅のラン:鉄皮石斛(別株)が開花
自宅のラン:鉄皮石斛(別株)が開花 別株の鉄皮石斛が開花した。植物体は去年よりもだいぶ大きくなっている。このタイプのものは,水苔を硬く素焼鉢に詰めて植え,外の日蔭に吊り下げて栽培している。冬の間,戸外に出しておいても大丈夫のようだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2016/07/01 11:26
自宅のラン:庭のネジバナ
自宅のラン:庭のネジバナ 自宅の庭にはネジバナが生えていて,ときどき花を咲かせる。今年は,これまで生えてきたことのない物置の脇に生えてきて最初に開花した。気ままな植物だと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/27 10:11
キキョウが開花
キキョウが開花 母から苗をもらい地植えして育てている桔梗(Platycodon grandiflorus)が開花した。昨年よりもかなり早い開花となった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/20 07:46
庭のマムシグサ(Arisaema serratum)が結実
庭のマムシグサ(Arisaema serratum)が結実 自宅の庭のマムシグサ(Arisaema serratum)が結実していた。現在は緑色のトウモロコシのような状態だが,次第に赤色に変化する。かなり毒々しい色になるので,嫌う人も少なくない。大小2本のマムシグサの両方が結実していたので,両方とも地下部の球根がこれで終わりになってしまうかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/19 13:23
カマキリの幼虫
カマキリの幼虫 庭で野生を栽培しているプランターにかぶせてある遮光布の上にカマキリの幼虫がいた。我が家の庭にいるのは主にハラビロカマキリなので,たぶんその幼体だろうと思う。ちっちゃくてもかなり強気な態度・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/18 08:22
ヤブレガサの花
ヤブレガサの花 自宅の庭に地植えして栽培しているヤブレガサ(Syneilesis palmata)の花が咲いた。ここ数年,ちょっと衰退気味だったのだが,少し回復したようだ。昨日,写真を撮っておいた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/15 06:18
つくば植物園:クレマチス園
つくば植物園:クレマチス園 ミニ蘭展をみたついでに,クレマチス園内も散策してみた。クレマチス展としては展示していないが,交配親の性質との関連から遅咲きのクレマチス品種も多数ある。私の大好きなベル型の花を咲かせる品種も多数開花していた。ハンショウヅルの仲間を親種とするものの中にはベル型の花を咲かせるものが比較的多い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2016/06/14 10:28
つくば植物園:新暦6月のフジバカマ(Eupatorium fortunei)
つくば植物園:新暦6月のフジバカマ(Eupatorium fortunei) 新暦の6月は旧暦では既に夏だ。つくば植物園に植栽されている藤袴の観察をしてきた。芳香はない。茫々として単なる草叢にしか見えない。草丈は50〜70センチくらい。芳草として和歌や漢詩に詠むような植物ではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/06/13 04:19
キキョウの花がそろそろおしまい
キキョウの花がそろそろおしまい キキョウ(Platycodon grandiflorus)の花がそろそろおしまいとなってきた。先に咲いた花の子房の部分は膨らんできている。これまでの経験によると,キキョウの発芽率はかなり高く,栽培容易な園芸植物の一種と考えてよいと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/21 14:37
自宅のラン:フウランの果実(さく果)
自宅のラン:フウランの果実(さく果) 庭木につけて栽培しているフウラン(Vanda falcata)が結実していた。我が家の庭には夜間にスズメガの類がしばしば飛来するので,それがポリネータとなっているのだろう。ただし,完熟まで行けるかどうかはわからない。寄生虫等にやられている可能性もある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/20 08:33
ヨウシュヤマゴボウ(Phytolacca americana)
ヨウシュヤマゴボウ(Phytolacca americana) ヨウシュヤマゴボウ(Phytolacca americana)は,自宅付近の空き地などにいっぱい生えている雑草だ。我が家の庭にもときどき生えてくる。鳥か何かが種子を運んでくるのだろう。今年も生えてきた。放置するとかなり大きくなるので,抜去しなければならない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/17 13:35
クサキリ(メス)?
クサキリ(メス)? 庭でクビキリギス(Euconocephalus thunbergii)に似た比較的大型のバッタを見つけた。地面に降りたところで写真を撮った。よく見るとどうも、クビキリギスとは少し違う。クサキリ(Ruspolia lineosa)のメスではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/16 16:51
ナツズイセンの花(別株)
ナツズイセンの花(別株) ナツズイセン(Lycoris squamigera)は,今年,花茎を3本伸ばしてきた。2本は既に花が終わっている。最後の1本が満開状態。ところが,ゴーヤを栽培するためのネットのくぐって茎が伸びてきてしまったため,何となく妙な感じになってしまっている。このナツズイセンは,秋になったら別の場所に移動予定。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/15 13:13
自宅のラン:長生蘭「南京丸」 (その後)
自宅のラン:長生蘭「南京丸」 (その後) 「南京丸」は非常に調子が良い。有限会社石井株もヨネヤマ株もだいぶ大きくなってきた。個性が異なるのだが,私の棚で何年か育てていると,同じようになるかもしれないし,また,このままかもしれない。非常に興味深い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/06 12:33
ヤマノイモの花
ヤマノイモの花 とにかく暑い。何もできない。そうやっている間にも庭の雑草はどんどん増える。ヤマノイモも繁茂している。花が咲いている。喜ぶべきか・・・難しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/03 20:17
イトハユリ(Lilium tenuifolium)の果実
イトハユリ(Lilium tenuifolium)の果実 イトハユリ(Lilium tenuifolium)が1個だけ結実していた。完熟種子ができるかどうかはわからない。ポリネータもよくわからない。更に様子を観察しようと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/08/02 11:05
アカスジカメムシの幼体
アカスジカメムシの幼体 アカスジカメムシ(Graphosoma rubrolineatum)の幼体と思われる昆虫をみつけた。セリ科の植物にやってくるのだそうだが,庭にはセリなどがいっぱいある。しかし,庭でこの昆虫をみかけることはあまりなく,私の庭では珍しいほうだと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2015/07/29 09:52
ナツズイセンが開花
ナツズイセンが開花 ナツズイセン(Lycoris squamigera)が開花した。庭のレイアウトを少し変更した関係で掘り上げて移植しなければならないのだが,花が終わり,涼しくなってからにしようと思い待っていた。葉は毎年出ている。しかし,昨年は開花しなかった。施肥をしないと花が咲かないものかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2015/07/29 09:26
今宵の月
今宵の月 ベランダで夕涼みをしていたら,蝙蝠が何匹も通過していった。食事の時間らしい。たぶんアブラコウモリだろうと思う。特に意味があるわけではないけれど,たまにはこういうのも良いだろうと思って月の写真を撮った。小さなコンパクトデジカメなのでこれが限界。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/28 19:27
レンゲショウマが開花
レンゲショウマが開花 庭のレイアウトを少し変更した関係で,レンゲショウマ(Anemonopsis macrophylla)を全部掘り上げて移動したため,今年は開花しないかもしれないと思っていたのだが,立派に花茎をのばし,いっぱい蕾をつけている。今朝,最初の花が咲いていた。よい花だと思う。よく見るとクモの糸が伸びている。花に寄ってくる虫を待っているのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/27 07:36
シオヤアブ(オス)
シオヤアブ(オス) 久しぶりに晴れた。暑いけれども庭の雑草とりをしないと大変なことになってしまう。明日も休日出勤なので庭仕事ができない。汗をかきながら草をむしっていたら,シオヤアブ(Promachus yesonicus)が飛んできて草の葉にとまった。尾端に白い鬚のようなものがついているので雄だと思う。その写真を撮った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/19 12:21
オトギリソウ(Hypericum erectum)
オトギリソウ(Hypericum erectum) 自宅の庭にはオトギリソウ(Hypericum erectum)が生えてくる。近隣に自生があるから,そこから種子がやってくるのだろう。普通は雑草として処分してしまうのだが,今年は鉢植えにして育ててみた。数日前から開花し始めた。地域変異が多いけれども連続しているので細かく分類するのは無意味なことではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/19 12:02
今日の空
今日の空 快晴と雨雲と巨大な積乱雲と・・・変化の著しい一日。大きな地震もあった。鳥島付近が震源地なので非常に遠方のはずなのにかなり揺れた。もっと近くだったら大変なことになっていたかもしれない。今のところ竜巻被害も地震被害もない。明日のことを思うと少し憂鬱になるけれど,がんばって仕事を仕上げなければ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/04 16:05
夕方の空
夕方の空 晴れたり曇ったり豪雨があったり雹がふったり竜巻が来たり・・・「この地球はどうなっちゃうんだろう?」と,つい思ってしまうことが多い。ベランダから空を見上げたら,何となく奇妙な雲がそこにあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/02 17:43
ビロードコガネの一種
ビロードコガネの一種 水の汲み置き用のバケツにビロードコガネの仲間が浮いていた。死んでいるのかと思ってすくい上げると生きていた。地面に置くと,暑さを逃れたいのか芝生のほうへとすたこらさっさ・・・ガーデニングを愛する人々にとっては害虫なのだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/01 17:29
ムラサキシラホシカメムシ
ムラサキシラホシカメムシ 菊を地植えにしてある場所の近くに置いたバケツの縁に小さなカメムシがいることに気づいた。早速,接写してみた。小さなカメムシなので写真を拡大してみないと同定できない。どうやらムラサキシラホシカメムシ(Eysarcoris annamita)のようだ。園芸愛好家にとっては憎き奴の一つ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/29 10:42
オンブバッタ
オンブバッタ 昨日のことだが,何気なしナスを植えているプランターを見ていたら虫か何かに食われてしまっている葉があることに気づいた。早速,犯人探し。オンブバッタ(Atractomorpha lata)のオスと思われるバッタがいた。たぶんこれが犯人だ。石斛類の葉も食べてしまう可能性があり,困り者だ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/29 10:29
カノコガ
カノコガ 自宅の外壁にカノコガ(Amata fortunei)がとまっていたので,そっと近づいて写真を撮った。食草はタンポポだそうだ。自宅の庭にもタンポポの類がいっぱい生えているから,もしかしたらこの庭で成長して飛び立ったものかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/25 16:16
ハエトリグモの一種
ハエトリグモの一種 庭の栽培棚にかけてある遮光ネットの上でハエトリグモの仲間を見つけた。我が家には何種類かのハエトリグモがおり,害虫を食べてくれる頼もしい用心棒のような感じになっている(笑)。はっきりしないけど,たぶん,ネコハエトリ(Carrhotus xanthogramma)だろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/24 12:28
ヤマトシジミ(Pseudozizeeria maha)
ヤマトシジミ(Pseudozizeeria maha) 自宅の庭にはシジミチョウの仲間が何種類かいて,よく飛んでいる。昨日,ヤマトシジミ(Pseudozizeeria maha)のメスがいるのを見つけた。観察していたら,どうやらカタバミの葉に産卵しているところのようだった。こういう小さな草を食べて生きているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/24 11:14
キアゲハの幼虫(続)
キアゲハの幼虫(続) 数日前にキアゲハの幼虫を見つけてその写真を撮った。それから数日しか経っていないのに,ずいぶんと成長した。この場所にはこの幼虫しかいないので,同一個体だと思う。自然界は厳しく,この小さな庭の中にも寄生蝿や寄生蜂がいっぱいいるし,肉食動物もいっぱいいる。成虫まで到達できるかどうかは不明。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/24 10:46
アブラゼミ
アブラゼミ 自宅の庭の地下にはアブラゼミの幼虫がいっぱい住んでいるらしく,毎年夏になると地上に出てきて成虫となり,うるさいくらいに飛び回る。とにかくうるさい・・・が,このごろは少し静かになってきた。今年のアブラゼミのシーズンは終わりとなりつつあるのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/23 09:39
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫(続)
アゲハチョウ(ナミアゲハ)の幼虫(続) 庭のサンショウの木が更にボロボロになってきたので,丁寧に観察してみたら,何とアゲハチョウの幼虫がいっぱいついていた。これじゃあすぐに葉がなくなってしまう・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/23 09:25
キアゲハの幼虫
キアゲハの幼虫 今朝,自宅の庭を見回っていたら,ミツバの葉の上にキアゲハ(Papilio machaon hippocrates)の幼虫がいるのを見つけた。どうも脱皮直後じゃないかと思う。撮影するためにデジタルカメラを近づけたところ,怒って黄色の角を出した。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2013/08/21 12:38
アゲハチョウのペアリング飛行
アゲハチョウのペアリング飛行 2階のベランダから庭をながめていたら,2匹のアゲハチョウがペアリングのためからみあいながら飛行しているのが見えた。即座にカメラを室内から持ち出しズームめいっぱいで撮影してみた。私のコンパクトデジカメでは性能の限界を超えているので明瞭に撮影できていないけれども雰囲気は撮影できたのではないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/20 10:31
庭に生えてきたネコハギ
庭に生えてきたネコハギ マメ科の植物がどのようにして勢力範囲を広げているのかイマイチよくわからない部分があるけれども,たぶん靴に種か何かがくっついてきたのか風で飛んできたのだろう。庭の隅にネコハギ(Lespedeza pilosa)が生えてきて花を咲かせた。ちっちゃな花なので,注意していないと見逃してしまう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/20 10:20
スケバハゴロモ
スケバハゴロモ 庭木の枝に鉢を吊るして育てているデンドロビウム・アフィルム(Dendrobium aphyllum)の葉に何か変わった虫がいるのに気づいた。そっと近づいて撮影。更に近づき,葉が揺れないように葉を片手でつまみ,もう一方の手で片手持ちしたカメラで接写。どうやらスケバハゴロモ(Euricania facialis)のようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/19 12:20
アジアイトトンボ
アジアイトトンボ 今朝,庭の水やりをしていたら,小さなイトトンボの仲間が枯れ茎にとまっているのを見つけた。とりあえず写真を撮っておき,あとから調べてみた。どうやらアジアイトトンボ(Ischnura asiatica)のようだ。清流ではなく田圃や池などに生息する蜻蛉ということなので,自宅近くの湿地か田圃から飛んできたのだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/19 10:58
シオカラトンボ
シオカラトンボ 2階のベランダから庭の様子を観ていたら,手製の簡易作場の上にかけてある日よけのヨシズにシオカラトンボがとまっている姿が見えた。ちょっと距離があり,私のコンパクトデジカメの性能では撮影不可能と思ったのだけど,試しに目いっぱいズームで撮影。トリミングしてみると,どうにかそれらしい姿が・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/15 08:30
ウスバカゲロウ
ウスバカゲロウ 長生蘭の葉に比較的大型のカゲロウの仲間がとまっているのを見つけた。昨日あたりから庭で飛行していたものだ。どうやらウスバカゲロウのようだ。鉢を持ち上げても逃げないのでそろそろ寿命かもしれない。背景紙の前に鉢を置いて写真を採った。自宅の軒下でアリジゴクから変態して生まれたカゲロウかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/13 18:32
アオドウガネ?
アオドウガネ? 庭の簡易作場の遮光ネットに青光りするコガネムシの仲間がとまっていた。このネットの中にはボウランもあり蕾が大きくなりつつあるところなので,カナブンかと思ったが,よく見ると少し違う。たぶん,アオドウガネ(Anomala albopilosa)じゃないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/03 17:07
ゴマダラチョウ
ゴマダラチョウ 自宅の庭の茶の木の上で見慣れない蝶が休んでいるのが目に入った。ミスジチョウを大型にしたような感じで頭部はタテハチョウの仲間のような感じ・・・ゴマダラチョウ(Hestina persimilis japonica)のようだ。我が家の庭で見るのはとても珍しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2013/07/30 12:03
ゴマダラカミキリ
ゴマダラカミキリ 玄関脇でゴマダラカミキリを見つけた。どこから飛んできたのかわからない。意外と近くの樹木かもしれない。街路樹などを食害することで知られている。それはともかく,美しい昆虫だと思う。ただ,顔は凶暴なギャング顔。そして,捕まえるとキィキィと声を出す。しばらく観察して写真を撮った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/14 12:50
ヒメジョオンの根生葉
暑いので庭の草むしりを少しサボっていると,あっという間に雑草が生えてくる。ヒメジョオンもその一つ。根生葉が大きく育ってきた。1本だけ残して,あとは抜去してしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/13 13:16
レンゲショウマ
庭の隅でレンゲショウマを地植えにして栽培している。雨が降り続いている間に開花していたらしい。今日気づいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/08/06 22:57
アオバハゴロモ
栽培している植物に白い綿のようなものがつくことがある。アオバハゴロモの幼虫の仕業で,害虫と考えて良い。やむを得ず薬剤で駆除しているのだが,庭のどこかで繁殖しているらしい。ベランダでその成虫を発見した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/02 15:16
空蝉
雨が去った庭でアブラゼミの声が聞こえはじめた。今年は寒いから,あっという間に終わってしまうかもしれない。ふと見ると,蕾をつけはじめたシンテッポウユリの茎に抜け殻がついていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/01 22:53
自宅のラン:エダウチヤガラは冬緑性ではないかもしれない
一般に,エダウチヤガラ(Eulophia graminea)は冬緑性とされており,私もそのように理解していた。しかし,そうではないようだ。自宅で栽培している何株かのエダウチヤガラに葉が繁っている。一時的な特殊現象かと疑い観察を続けていたのだが,どうもそうではないようだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2010/08/15 14:58
アオバハゴロモ
庭に面した縁側の網戸にアオバハゴロモ(Geisha distinctissima)がとまっていた。台風の余波による強風を避けていたのかもしれない。そっと脇のほうが外に出て写真を撮ってみた。そして,更に近づくと逃げ去ってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/13 17:38
ショウリョウバッタ
朝,庭に出てみたら,ショウリョウバッタ(Acrida cinerea)のメスがいた。大きい。オンブバッタならこれまで何度も見てきたのだが,ショウリョウバッタを自分の庭で見るのは初めて。その名のとおり,お盆なので出てきたのだろう。もう秋の風が吹き始めている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/11 08:31
自宅のラン:サギソウ「銀河」が花盛り
自宅で育てているサギソウ「銀河」が見ごろを迎えた。元気にどんどん花を咲かせている。とても綺麗だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/08 09:40
アブラゼミ
栽培棚の鉢に水をやろうと思って外に出たら,遮光布の上にアブラゼミがとまって鳴いていた。すぐ目の前だ。早速写真を撮ってみた。何年も地下で生活しながら成長し,やっと地上に出てやかましく鳴いているのだけど,成虫の時期はほんのわずかだけ。暑い夏もそろそろ終わりかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/08/08 06:12
自宅のラン:サギソウ「浄衣」が開花
自宅で育てている何種類かのサギソウの中で,「浄衣」という品種が「銀河」に引き続いて開花した。浄衣の特徴は,茎と距が白いことだ。とても美しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/03 09:35
アキアカネ
自宅で仕事をする時間が長くなった。なかなか終わらない。疲れると庭に出て植物の世話をしたりする毎日。その庭には色んな昆虫もやってくる。とてもすばやくて写真に撮れないものが多いのだけれど,トンボだけはどうにか撮ることができる。今朝やってきたのは,はっきりしないけど,たぶんアキアカネじゃないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/02 13:00
クツワムシ
庭の栽培棚にはいろんな虫がやってくる。今朝は,遮光布の上にクツワムシがとまっていた。この庭で生まれ,育ったのだ。基本的に農薬を使わないでがんばってきたので,いろんな生物が棲みついている。栽培している苗が食われてしまうと頭にくることもある。庭の小動物達をどうにか守ってやりたいという気持ちと常に板ばさみ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/28 13:00
珍客来訪
ベランダの出入り口から入り込んだらしい。アブラゼミが私の部屋にいる。子供達が小さいころだったら捕虫網があたのでそれで捕らえることもできただろうと思う。しかし,今では子供達が大きくなってしまい,もちろん捕虫網などない。しばらく様子をみるしかないか・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2009/08/23 20:21
アブラゼミの抜け殻
自宅の庭の地下にはアブラゼミの幼虫がいっぱい棲んでいる。何年かをそこで過ごし,十分に成長し,夏になると地上に出てきてセミとなる。今年も庭のあちこちでその抜け殻を目にするようになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/05 07:17
セアカツノカメムシ
町田市の芹ヶ谷公園で散策中に,半分透けたような感じの翅をもったカメムシを見つけた。はっきりしないけど,たぶんセアカツノカメムシのメスじゃないかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/03 11:24
ツツゾウムシ
町田市の芹ヶ谷公園で散策中に,とても小さなゾウムシの一種を見つけた。体長は(正確ではないけれど)1センチよりも短かったように記憶している。やや細長い感じで目つきが悪い(笑)。表面は若干ゴツゴツした感じで黒地に灰色の小さな斑紋がまばらにある。いろいろと調べてみたけれど,結局,同定できなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/03 11:11
アズチグモ
町田市の芹ヶ谷公園で散策中に,白っぽい小型の蜘蛛を見つけた。アブラムシくらいの大きさのとても小さな生き物を捕食中のようだった。どうやらアズチグモのようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/03 10:37
ウンモンスズメ
山を散策していたら,スズメガの仲間と思われるやや大型の蛾が,アカソのような植物の葉の上で休んでいるのを見つけた。とりあえず写真を獲っておき,帰宅してから調べてみたら,ウンモンスズメという蛾だということが判った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/26 20:24
カクテル:カンパリソーダ
食前酒として飲むカクテルの中では,カンパリソーダが一番多いかもしれない。特別に好きというわけでもないのだが,何となく注文してしまう。「ガンバレソーダ(頑張れそうだ)」と音が似ているからというわけでもない・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/17 03:53
夏のカクテル:ミント!ミント!ミント!
上野の池之端にあるパークサイドホテルの10階にパークトップというバーがあり,ときどきそこでお酒を楽しむことがある。先日,馴染みのバーテンダーさんから勧められて,ミントを使った夏向きのカクテルを飲み比べてみた。どれも美味しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2009/07/16 07:38
オオルリ(メス)
土日の高速道路はひどく混雑する。そこで,富士山へ出かける日には早朝に出発した。早く出たおかげでとても順調で,目的地には午前8時半ころに到着してしまった。会議は午後3時からの予定。そこで,付近の山や森を散策してみることにした。さっそく,様々な野鳥が迎えてくれた。その中にはなぜか私の近くから離れようとしない小鳥がいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/12 19:27
庭のツユクサ
このところずっとうっとおしい湿った日が続いている。晴れれば異状に熱くなるので,それよりはマシかもしれないけど,どっちにしてもあまり快適ではない。今朝,庭にちょっと出てみたら。ツユクサの花が咲いていた。庭で咲いたものとしては今年最初のものかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/09 08:18
庭にやってきたイトトンボ
今日は午前中に大事な会議があるし,午後からは通常の仕事があるので,早朝に起きてその準備をしたりメールの返事を書いたりしていた。外が少し明るくなってからちょっとだけ庭に出てみたら,何とイトトンボがいた。自宅のすぐ近くにはイトトンボが棲息できそうな場所はない。いったいどこからやってきたのだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/07 08:11
オオシオカラトンボ(メス)
先日,湿った林の中を散策していたら,目の前にオオシオカラトンボ(Orthetrum triangulare)がとまっているのを見つけた。そこで,そこに近づいてみると,逃げない。ほとんどすぐ目の前までカメラを近づけても逃げないので,「どう,美人でしょ?」と誇っているのだと自分勝手に解釈しつつ,その写真を撮りまくった。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2009/06/30 11:35
ニホントカゲの幼体
以前,コノシタウマを捕食するニホントカゲを観たことがある。その後も何度か山で出会ってはいたのだが,写真を撮影するには至らなかった。先日,山を散策していたら,目の前の石段をどんどん登っていくニホントカゲを見つけた。尾が美しいブルーの状態なので,まだ幼体だ。でも,何となく私を先導しているかのように思え,とても嬉しくなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/28 10:12
オバボタル
先日,山を散策していたら,葉の上にオバボタル(Lucidina biplagiata)がとまっているのを見つけた。以前に見つけたときも今回と同じような渓流に近い湿った場所だったので,この昆虫はそうした場所を好むのだろう。とにかく久しぶりに見つけることができて,とてもラッキー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/28 09:49
ウバタマムシ
つくば植物園の中を散策していたら,何か大きな甲虫が飛んできて頭にかぶっていた帽子にとまった。びっくりして帽子を脱いでみると,何とウバタマムシ(Chalcophora japonica)だった。早速カメラを取り出し,左手に帽子を持ち,右手だけの片手撮影で写真を撮りまくった。何というラッキーなことだろう! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/27 16:48
少し大きくなったカマキリの幼虫
自宅の庭には何個かのカマキリの卵嚢があった。そこからは数え切れないほどの数のカマキリの幼虫が生まれ出たはずなのだが,庭の中でその幼虫を見かける機会は意外と少ない。小動物や他の昆虫などにどんどん食べられてしまうのだろう。今朝,ちょっと大きくなった幼虫がシュウカイドウの葉の縁にいるのを見つけた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/27 08:32
ショウジョウトンボ
先日,散策していたら,池のほとりで真っ赤なトンボがとまっているのを見つけた。どうやらショウジョウトンボ(Crocothemis serviana)の成熟したオスのようだ。とにかく赤い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/06/22 19:35
雨の中で咲く花
何となくお風呂の中にずっといるような感じのする湿気の多い日だ。夕方になるまでずっと雨模様だった。湿気を好むラン達は元気がよくなり,蕾をつけはじめたものもある。でも,人間にはちょっときついかも・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/21 17:09
ヤマトシリアゲ
気にしなければ気にしないで済むはずなのだが,どうしても目にとまると気になってしまうことがいくつかある。花を観ながら散策していて,ちょっと面白い形をした昆虫などとであったときなんかもそうだ。山を散策していると,シリアゲムシの仲間と出遭うことがしばしばある。ところが,個体差が大きいものだから,ついじっと観てしまう。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/21 07:57
自宅のラン:キバナショウハッキュウ(黄花小白及)の芽生え
春先に苗を購入し,鉢植えにした上で,庭の木陰に鉢を置いて育てていたキバナショウハッキュウに芽が出て少し大きくなった。中国野生蘭科植物彩色図鑑の記載によると,中国にはシランの仲間でキバナハッキュウ(黄花白及:Bletilla ochracea)という植物があり,原産地では6月〜7月に開花するとのこと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/18 09:54
隙間のネジバナ
バス停に行く途中の路傍で,コンクリートとアスファルトの隙間に生えてきたネジバナが開花していた。強い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/06/17 11:33
ダイミョウセセリ
今朝,自宅の庭のブルーベリーの実の様子を観に行ったら,葉の上にダイミョウセセリがとまっていた。ダイミョウセセリの幼虫はヤマノイモを食草とするそうだ。庭にはヤマノイモがいっぱい生えており,その中には葉がボロボロになっているものがあるから,おそらく,この庭で成長し羽化したのだろうと思う。しばらくとまっていて,それからどこかに飛んでいってしまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/14 09:00
アメンボ
入梅とのことだが,半分晴れで半分曇りの天気だった。水溜りにはアメンボがいっぱい。子供のころには別に珍しい昆虫ではなかったのだけれど,現在の都会ではほとんど目にすることがなくなってしまった。寂しいものだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/13 20:29
アオバハゴロモ
お盆なので父の墓の掃除に出かけた。ついでに,つくば植物園に寄ってみた。とても暑い。熱中症にかかりそうなので,愛用のカバンの中にはミネラルウォーターのペットボトルを入れ,のんびりと歩いた。ユウスゲのあるところで種子の様子を観察した。ふと気付くと,アオバハゴロモが花柄にとまっていた。不思議な虫だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/14 18:53
アブラゼミを捕食するカマキリ
庭のアメリカヤマボウシの木にはセミがたくさんやってきて,毎日うるさく鳴いている。その中に1匹だけ悲鳴のような声をあげたものがあった。「何だろう?」と思って木の下まで行き,よく観てみると,カマキリがそのセミを捕まえたところだった。必死になって逃げようとしているけれど,もう手遅れ・・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/07 06:32
つくば植物園:サボテンの花
サボテンは,ゴツゴツしていて棘があるものが多い。花の咲かない植物だと信じている人が決して珍しくないらしいのだが(笑),結構綺麗な花を咲かせる。先日,つくば植物園のサバンナ温室に行ってみたら,何種類かのサボテンが花を咲かせていた。金武扇という大型のサボテンにも花が咲いていた。とても暑い日だったので,そのレモンイエローが涼しさを感じさせてくれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/05 15:58
産卵しにやってきたキアゲハ
庭のセリ科植物を食いまくっていたキアゲハの幼虫達の姿が見えなくなった。きっと木陰でサナギになっているのだろう・・・と思っていたら,1羽のキアゲハがふらふらと飛んできた。まだ飛びなれない羽化したばかりのキアゲハかと思って観察してみたら,尾羽が片方欠けている。羽化したてではない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/29 15:14
今年もキアゲハ
自宅の庭では,パセリ,ミツバ,アシタバなどのセリ科植物を食用に栽培している。ところが,毎年,キアゲハがやってきて卵を産みつけ,その幼虫がほとんど全部を食い尽くしてしまう。結局,人間の口には入らなくなってしまうので何のために栽培しているのか分からなくなってしまうのだが,どうしても殺せない。これがドクガなどの幼虫であれば直ちに抹殺してしまうのに,人間は自分勝手な動物だと思う。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/27 08:55
空の大怪獣登場?
昨日夕暮れころの東京の空に大怪獣が見えた。とてつもなく大きい。その怪獣は埼玉〜群馬あたりの上空にいるように見えた。暗くなると,巨大な稲光が走っているのが何度も見えた。積乱雲だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/07/05 09:09
ソルボンヌ・リリー
昨日,事務所に寄ってみたら,エントランスのところに大きなピンク色のユリが活けてあった。一見してヤマユリの交配種だと分かる。その名を秘書に尋ねてみると,ソルボンヌ・リリーとのこと。いつも散歩しながら観察している野草の小さな花と比べると,異常すぎるくらいに大きくて豪華で美しい。装飾用の花としては,これくらいでないといけないのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/07/03 11:35
星が丘のネギチャーシュー塩らーめん
東山植物園の温室などで食虫植物を観察した後,日本庭園のあたりをぶらりと歩いた。そして,星が丘のゲートから植物園を出て坂を下った。何十年か前にこのあたりを散歩したことがあったのだが,かなり様子が違う。名古屋の変貌は著しい。ちょうど昼だったので,ランチの場所を探して星が丘テラスというモールのような建物の中に入った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/26 16:24
ヤママユガ(天蚕)
愛車の給油に出かけた。いつもセルフガソリンスタンドで給油している。ガソリン価格比較サイトで調べてみたら,私の住んでいる茨城県は比較的安いほうのようなのだが,それでも随分と高くなった。不必要なドライブは極力避けるようにせざるを得ない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/15 07:37
長男の手土産:常念岳登山
関越道から上信越道に入り,長野市近くになるとクルマの窓から常念岳がよく見える。立派な山だ。山好きの人であれば一度は登ってみたいと思う山の一つだろうと思う。長男は,この7月に常念岳登山をしたようだ。登山路で休憩中に撮ったと思われる写真を持ってきてくれた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/12 05:29
長男の手土産:クワガタムシの写真
大学に行っている長男が夏休みで帰省してきた。実習で山登りをしている間にデジカメで撮ったという山,花,虫などの写真を手土産に持ってきた。とても嬉しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/11 12:59
通勤途中の花
自宅から駅までの間には家庭菜園や花壇などがたくさんあるし,路傍にも庭から逃げ出した植物が花を咲かせていたりする。早足でバス亭へ向かう途中でも,つい立ち止まってそこに咲いている花を観てしまう。駅で電車が来るのを待つ間にも,花壇の小さな花をながめたりする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/10 10:05
キアゲハの羽化
一昨日の朝,庭でサナギになっていたキアゲハが羽化した。私は,あいにく仕事の関係で不在だったのだが,息子が写真を撮っておいてくれた。無事に飛び立ったようだ。よかった。^^ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/08/05 08:16
セミ
今年はセミの鳴き声が聞こえず,「随分と静かな夏だなァ〜〜」と思っていた。しかし,昨日あたりから急にうるさくなった。ここ数日,とても暑くなったせいだろう。庭の植木の陰のあたりでアブラゼミの抜け殻もみつけた。自宅の庭の土の中にはかなり多数の幼虫が住んでいるようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/07/29 18:40
キアゲハのサナギ
庭のツツジの幹まで歩いていってサナギになる場所を定めたキアゲハの幼虫は,その後,しっかりとしたサナギになった。無事に羽化してほしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/26 08:51
サナギの体勢に入ったキアゲハの幼虫
庭のパセリを貪り食い,まるまると太ったキアゲハの幼虫が昨晩の間にツツジのところまで移動し,その幹にくっついていた。サナギになる体勢に入っている。無事に羽化してほしい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2007/07/24 08:29
キアゲハの幼虫
庭のパセリには1匹のキアゲハの幼虫がいる。だいぶ大きくなった。もう少しでサナギになると思う。その分だけ,パセリが丸坊主に近くなってしまった。(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2007/07/22 17:42
オオヤミイロカニグモ?
散歩していると,色んなクモと出会う。巣をはっているものもあるし,葉の上にいるものもあるし,地面を走っているものもある。ある路傍の葉の上でカニグモの仲間がじっとしているのを見つけた。ヤミイロカニグモのメスかオオヤミイロカニグモのメスのどちらかに間違いない。たぶん,オオヤミイロカニグモのメスだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/22 13:10
ジャコウアゲハのサナギ
先日,自然観察の森の事務棟前でジャコウアゲハのサナギを見た。そこに植えてあるウマノスズクサはほとんど全部食い尽くされてしまったようだ。隣りにある木の枝などにサナギがたくさんくっついていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/22 09:08
雨宿り
台風はゆっくりと関東地方に接近している。明朝の早い時間帯に抜けてしまう見込みとのことだが油断はできない。九州などでは大きな被害が出ているようだ。ベランダからぼんやりと庭をながめていたら,キジバトがやってきて庭木の枝にとまった。雨宿りの場所を探しているようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/15 09:19
アシナガバチの巣(悲しい結末)
散歩がてらちょっと用をたしに外に出た。何となく気になってアシナガバチの巣のあるところに行ってみた。虫の知らせとでもいうべきだろうか,不安は的中し,その巣にハチの姿はなかった。おそらく巣に残された幼虫の死骸やサナギを貪るためだろう,小さなアリが群がっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/13 09:34
ハグロトンボ
散歩中にヒラヒラと舞うハグロトンボの群れをみつけた。たくさんいるのにカメラを向けるとすぐに飛び立ってしまう。こういうときは一眼レフと望遠レンズが欲しくなってしまう。でも,今はひたすら我慢・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/06 22:34
庭のキノコ
庭木の一部を切り,切った木を花壇の仕切りのようにして地面に置いておいたら,そこからキノコが生えてきた。サルノコシカケの仲間のようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2007/07/06 12:06
ウスバカゲロウ
庭の花を観ていたらどこからともなくトンボのような虫が飛んできた。トンボとは飛び方が異なるのでカゲロウの仲間だということがすぐに分かったのだが,結構大きなカゲロウだ。調べてみたら,ウスバカゲロウらしいということが分かった。アリジゴクの成虫だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2007/07/01 19:58
アカスジカメムシ
先日,小石川植物園でトウキ(セリ科)の花を見ていたら,赤と黒のストライプ模様をしたカメムシが集まっているのをみつけた。どうやらアカスジカメムシらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/28 18:47
アシナガバチの巣(その後)
以前,巣をつくって守っているアシナガバチのことについて記事を書いた。書いたまま忘れていた。ちょっとした拍子に思い出し,その場所に行ってみた。ハチが3匹に増えていた。きっと,巣の中の幼虫が成長して孵化したのだろう。何となく巣も少し大きくなったように見える。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/26 23:57
きょうは晴れ
今日の京は晴れ・・・などと同じネタで駄洒落を言っていてもしょうがない(笑)。今日は京都での会議の2日目だ。しばらくお会いしていない方とも再会できる見込みなのでとても楽しみ。夜には飲み会もあるらしい。ところが・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2007/06/23 08:30
きょうは雨
今日の京は雨・・・なんて駄洒落を言っていても仕方がない。今日と明日はびっしりと会議だ。雨でうっとおしいけど,しっかり仕事しなくちゃ・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/06/22 09:33
水色のイトトンボ
小さい頃,小川などで遊んでいるとイトトンボやハグロトンボなどいくらでも観ることができた。しかし,これらのトンボは綺麗な水があるところでないと生きられないらしく,最近ではほとんど見かけない。昨日,散歩をしていたら,たまたま水色のイトトンボが飛んでいるのをみかけた。まだちょっとだけ綺麗な水が残っているらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/18 06:13
ジャコウアゲハ
だんだんと暑い日が多くなった。庭にはときどきジャコウアゲハがやってくるけど,なかなか撮影するチャンスが来ない。先日,山道を散策していたら,道路脇の草叢にジャコウアゲハが来てとまったのでそっと近づき,写真を撮った。背後では若いカップルが口論(痴話喧嘩?)しているのが聞こえ,集中しにくい雰囲気だったけど,一切無視して写真を撮った。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/08 00:39
よく分からないクモ
先日,つくば植物園でクロウメモドキを観察していたら,その葉陰に小さなクモがいることに気付いた。ヒメグモの仲間かと思って調べてみたのだけれど,ぴったり該当するクモを見つけることができなかった。要するに謎のクモだ。白っぽい袋のようなものを守っているけれど,これは,卵がつまった袋嚢だろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/08 00:28
久しぶりのカタツムリ
散歩していたら,歩道脇の柵の下にカタツムリがくっついているのを見つけた。今日は晴れなので,乾燥を避けているのだろう。それにしても,子供のころにはどこにでもカタツムリがいたはずなのに,最近ではなかなかお目にかかることがない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/04 15:14
ドヨウオニグモ
福島県南部の山間部にある田圃の脇にクルマを停め,ヤマハッカなどの写真を撮っていたら,小型のオニグモの仲間のようなクモが巣を張って獲物を待ち構えているのが目に入った。体長は1センチあるかないかくらいだ。帰宅してから調べてみたら,どうやらドヨウオニグモらしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/02 21:04
誘蛾灯の下の様々な蛾たち
山をドライブする途中で飲み物などを購入するために里美村内の交差点にあるコンビニエンスストアに立ち寄った。入口の外には誘蛾灯が設置してあり,そのあたりの外壁には多数の蛾がとまっていた。夜の間にやってきて,朝になったのでそのままそこにいるのだろう。特徴のあるものを何種類か撮影した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/02 19:08
ママコナ
晴天の土曜日になったので遠出しようと思いクルマに乗り,常磐道に入った。ところが,いつもと何となく調子が違う。高速走行に必要な一種の勘のようなものが全然はたらかないのだ。「これは疲れがたまっている・・・」と直感し,遠出は諦め,近いところにある山を散策することにした。さっそくママコナと出会えた。うまく撮影できなかったけど,初めて見た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/02 17:23
シロオビアワフキ
松本からの帰路に寄った八島ヶ原湿原を散策していたら,草の葉の上にアワフキムシがとまっているのを見つけた。超小型のセミのような虫だ。幼虫が隠れている白い泡はよく見かけるけど,成虫を写真に撮るチャンスはなかなかめぐってこなかった。やっと撮れた。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/29 18:45
タカサゴユリ
散歩していたら,休耕田の中に背が高くてがっしりした感じのする大きなユリの花が咲いているのを見つけた。「もしや・・・」と思い,その休耕田の中に入って近づいて観察してみたら,やはりタカサゴユリだった。全部白いシンテッポウユリの花とは異なり,白地に赤い筋模様のある花だ。また,葉が細長く草丈が高い点がテッポウユリとは異なっている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2006/08/23 17:09
台風は去ったけど
暑い日が続いている。外に出るのがいやになる。でも,朝夕には少し涼しい風が吹くので,もう秋が始まっているのだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/18 14:54
ロベリア・スペキオサの園芸品種
先日,つくば植物園で,ロベリア・スペキオサの園芸品種の花を観た。それぞれに花の色と同じ名前の品種名がついている。日本のサワギキョウなどと比較すると随分とがっしりとしているような印象を受ける。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/17 22:18
自宅の庭で野草探し
いきなり発生した台風の影響で朝から雨。仕事していて気が滅入っても散歩に出られない。しょうがないからちょっと雨があがった合間をみて,藪蚊に刺されながら庭の中をゴソゴソ。意外とあるものだ。曇天のため露出不足になっちゃったけど,まあいいか・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/16 11:14
在来種のアゼナに酷似した雑種アゼナ?
自宅の近くをちょっとだけ散歩してみた。在来種のアゼナのように見える植物を見つけ,大喜び。「やっと見つけた〜〜!」。しかし,丁寧に観察してみるとどこかおかしい。どうやら雑種のようだ。もしかすると,少なくとも私の自宅の周辺では,純粋種のアゼナが絶滅してしまったのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/15 19:10
ブルックリン植物園:池のカモ
ニューヨーク滞在中に訪問したブルックリン植物園内にも日本庭園がある。この2月にブルックリン植物園を訪問した際にも寄ってみた庭園だ。8月の日本庭園は夏の風情を見せており,水面には何羽かのカモがのんびりと浮かんでいた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/15 09:15
ジャコウアゲハ(オス)
山道をテクテク歩いていたら,目の前の草の上に黒いアゲハの仲間がとまっているのが見えた。近づいても逃げない。よく観てみたらジャコウアゲハのオスだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/06 16:44
ホースミント(モナルダ・プンクタタ)
つくば植物園のハーブ園で,ホースミント(モナルダ・プンクタタ)の花を観た。黄色がかったクリーム色の花を咲かせるちょっと変わったベルガモットの一種だ。北米では野草としてあちこちに生えているらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/05 16:19
スイートジョーパイ(ムラサキヒヨドリバナ)
つくば植物園で,スイートジョーパイ(ムラサキヒヨドリバナ)の花を観た。日本のヒヨドリバナが含まれるフジバカマ属に属する北米原産の植物なのだが,とても大きい。北米大陸では恐竜でも何でもみんな大きくなってしまうようだ。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/05 16:06
デルフィニウム‘ディープパールインプ’
つくば植物園で,デルフィニウム‘ディープパールインプ’(Delphinium hybridum 'Deep Pearl Imp')の花を観た。デルフィニウムの園芸品種の一つということしかわからないけど,暑い夏にはとてもすがすがしく感じる青い花だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2006/08/05 15:46
アイナエの花
とにかく暑い。自宅のPCの前に座っていても集中できないので,つくば植物園まで出かけることにした。今日は,城達也さんのナレーションで始まるジェットストリームワールドクルーズを聴きながらクルマを運転した。植物園に着いてみると,ここもやっぱり暑い(笑)。焼けついているような芝生を歩いていたら,何とアイナエがしっかりと小さな花を咲かせていた。そこら中に生えている。何という強さだ!(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/05 15:23
メタカラコウの花
松本への旅の帰路に立ち寄った八島ヶ原湿原で,アカバナシモツケソウの群落の中に混じってメタカラコウが黄色の花を咲かせているのを見つけた。去年も何度か見かけたのだけれど,被写体に適した個体を見つけられずついに断念していたという経緯がある。1年ごしでやっとのことそのご尊顔を拝したとでも言うべきような不可思議な心地がする。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/04 20:57
ツルドクダミ
蓼科の御泉水自然園内の林の中を散策していたら,地面につる性の植物がはっているのが見えた。よく観ると白っぽい小さな花を咲かせている。どうやらツルドクダミのようだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/02 22:52
シラフヒゲナガカミキリ
蓼科の御泉水自然園事務棟にはバルコニーのような感じになった木製のデッキがあり,そこで休憩していたら黒っぽいカミキリムシが飛んできた。「私に写真を撮ってもらいたいのだろうか?」と思い(笑),近づいてみたけれども逃げない。当然,何枚か写真を撮った。どうやら,シラフヒゲナガカミキリのようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/02 20:12
オオミズアオ
自宅の玄関脇のところに何の気なしに目をやったら,大きな蛾がとまっていた。オオミズアオだった。子供の頃には,街灯などにいくらでも集まってきた大型の蛾なのだが,ここ何年かはずっと見かけなかった。何となく懐かしいような気分にもなる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/02 18:54
トウアジサイ(ヒドランゲア・ヘテロマラ)
つくば植物園で,「ブレットシュナイダー」という名のついたトウアジサイの花を観た。おそらく,以前,ヒドランゲア・ブレットシュナイデリ(Hydrangea bretschneideri)として分類されていたトウアジサイと同一のものだろうと思う。つまり,ヒドランゲア・ヘテロマラ‘ブレットシュナイダー’は,トウアジサイそのものということになると思われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/31 09:49
ボタンボウフウ
つくば植物園で,ボタンボウフウの花を観た。海岸に生えるやや大型のセリ科植物だ。私はまだ自生のものを観たことがない。三浦半島あたりには生えているそうだから,出かけてみようかと思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/30 18:32
アカタテハ(メス)
自宅の近くの園芸店で花を観ていたら,アカタテハが花の上にとまっているのが分かった。そっと近づいて写真を撮ろうとしたら逃げて別の花にとまる。それをゆっくりと追いかける。そんなことを何回か繰り返したら,ひとつの葉の上でとまって動かなくなった。ついに根負けしてしまったのだろうか・・・?(笑)。もちろん,そっと近寄って写真を撮った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/30 13:03
ルドベキア‘プレイリーサン’
自宅の近くの園芸店の店先で,「プレイリーサン」というルドベキア・ヒルタの花を観た。比較的大きな花で約10センチくらいだ。背もやや高い。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/30 11:29
シラヒゲハエトリ
自宅の外側壁面に小さな灰色のハエトリグモがいた。シラヒゲハエトリのメスのようだ。人家では最も普通に見つかる種類なのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/30 11:12
謎の虫の飛翔
去年観たヤマトシロアリの羽アリの飛散状況と比較するとずっと穏やかなものだったが,小型のアリの仲間の羽アリのようなものが群れているのを見つけた。しかし,アリの仲間でもシロアリの仲間でもなさそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/29 07:03
カブトムシ(オス)
息子が帰宅途中にカブトムシを拾ってきた。立派な面構えをしたオスのカブトムシだ。でも,後脚の一部などに怪我をしていている。家で飼ってやってもいいけど,きっとうまく育てることができないだろうと思う。放してやることになった。でも,その前に写真を1枚パチリ・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/28 17:26
庭のダイコンソウの花
春先に散歩していたら,砂利道のわだちのようなところで自動車に踏まれ死にそうになっている小さな雑草を見つけた。「このままだとあと何回か自動車に踏まれて死んでしまうのだろうな・・・」と思い,自宅に持ち帰って育ててみた。どんどん大きくなった。「何だろう?」と思いつつ育てていたのだが,欧州出張から帰国してみたら花が咲いていた。ダイコンソウだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/24 16:10
どちらが好き?
「ロンドンとパリのどちらが好き?」・・・このようなタイプの質問に答えるのは苦手だ。暗黙のうちに「どちらか一方を選択せよ」という要求が含まれているように感じてしまうからだ。「どちらも好き」と答えると八方美人のように思われるかもしれないし「どちらも嫌い」と答えればわがままな奴だと思われるかもしれない・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/24 11:35
パリ:朝のルーブル美術館
パリ滞在中,ジベルニーのモネの家への半日パッケージツアーのチェックインをしたら出発まで30分ほど空き時間があった。こういうときでないと朝の姿を観られないだろうと思い,すぐ近くにあるルーブル美術館のあたりを散策してみた。建物それ自体が素晴らしい美術品だ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/21 13:40
パリ:シャンゼリゼ大通を歩く
コンコルド広場のあたりに出かけた。ホテルからはそんなに遠くないところなので歩いていける。近道もあるけど,いったん凱旋門のところまで出てシャンゼリゼ大通りを歩いてみた。以前寒い冬のパリを訪問した際に通ったのと同じ道路だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/20 08:11
ジヴェルニー:村の家々
ジヴェルニーはとても小さな村だ。特産品のリンゴで作った発砲リンゴ酒(Cider)くらいしか特産品らしきものもなさそうだ。しかし,その狭い道路をテクテク歩いていくと,村の家々のどれもが明るいフランスの陽光の中で印象派の画家達の描いた農村風景のような感じで出現する。日本では決して感ずることのできない独特の気分を堪能することができた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/19 20:24
デージー(ヒナギク)の原種
ロンドンの王立植物園内の芝生には,背が低くとても可愛らしい小さな花を咲かせるキク科植物をあちこちに生えていた。葉の形から判断すると,どうやらデージー(ヒナギク)の原種のようだ。園芸種のデージーの花の中には結構大きくなるものもあるが,原種はとても小さい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/15 22:44
ユリカモメ(夏羽)
仕事でイギリスのロンドンに来た。直前まで確実なアポイントメントがとれずやきもきしていたのだが,結果は大成功。これで欧州での仕事の目的の大半を達成したような感じにさえなった。「案ずるよりも産むがやすし」とはまさにこのこと。空き時間に王立植物園に行ってみたら,夏羽で頭が黒くなっているユリカモメの群れと出遭った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/15 22:10
ヒルガオ
散歩していたら,道路の植え込みの中にツルが延びて葉を繁らせ,ポツポツとヒルガオの花が咲いているのを見つけた。セイヨウヒルガオなど他の種類かもしれないと思ってじっくり観察してみたけれども,葉や苞葉の形状に特徴があるのでやはりヒルガオだと判断できた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/12 06:38
庭のサクユリ
この春に園芸店で購入して庭に植え,ずっと育ててきたサクユリの花が咲いた。蕾ができてから開花するまで随分と時間がかかった。「自宅に咲く百合〜サクユリ・・・」なんて駄洒落を言ってみても誰も笑ってくれないだろうな・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/11 08:23
キツリフネ
岩手の実家の近くの山林を散策していたら,路傍の沢水が流れ下って湿ったところにキツリフネの花が咲き出していた。この鮮やかな黄色の花を見ると,「山も本格的に夏になった」という印象を受ける。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/11 07:53
ミツバとウマノミツバ
岩手の実家の近くを散策していたら,ミツバとウマノミツバを見つけた。どちらも花を咲かせており,花を見れば全く異なる植物だということが分かる。葉の形も異なっているけれども,ウマノミツバをミツバと間違って採取し食べてしまう人もあるそうだ。まずくて食べられないのでウマノミツバという名がついているのだけれど・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/11 07:46
オオアワガエリ
岩手の実家の近くを散歩していたら,路傍にスズメノテッポウとエノコログサをかけあわせたような感じでやや大型のイネ科植物が繁茂しており,花を咲かせていた。帰宅してから調べてみたら,オオアワガエリという帰化植物だろうということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/11 07:07
ヒメジョオンの花の上のモンキクロカスミガメ
岩手の実家の近くの山林を散策していたら,路傍のヒメジョオンの花の上に黒っぽい昆虫がちょこまか歩いているのを見つけた。小型のカメムシの仲間だった。帰宅してから調べてみたら,モンキクロカスミガメという昆虫だと分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/10 09:02
黒谷地湿原:イワイチョウ
八幡平の黒谷地湿原ではイワイチョウの花も咲いていた。ミツガシワにちょっと似ているけれども,ミツガシワの花にはある繊毛のようなものがない。小柄な白い花だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/09 20:33
ヒメジョウカイ
八幡平の黒谷地湿原では,ハナカミキリのような形をしており,オレンジ色と黒色の縦縞模様になっている小型の昆虫をあちこちで見かけた。ちょうど繁殖時期になっているらしく交尾中のものも多い。何という昆虫なのか分からなかったのだが,帰宅してから図鑑で調べてみたら,ヒメジョウカイだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/09 20:02
黒谷地湿原:ヒナザクラ
母と親子二人で散策した黒谷地湿原では,ヒナザクラが満開の状態だった。小さな可愛らしい花なのだが,湿原いっぱいに群生している姿は素晴らしい。この花を観ただけでも一緒に行ったかいがあると思った。母もとても喜んでいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/09 19:32
オニアザミ
八幡平に登る自動車道路(アスピーテライン)の標高の高いところにある路傍で,やけにごっつい大型のアザミの花を見つけた。露に濡れてやや黒っぽく見えるけれどもアザミであることは疑いがない。帰宅してから調べてみたら,オニアザミだと分かった。帰化植物にアメリカオニアザミという植物があるけれども,オニアザミはアメリカオニアザミとは全く別の植物で,れっきとした日本固有種だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/09 18:39
カシス(フサスグリ)の実
私の好きなカクテルの一つにカシスソーダがある。その原料となるカシスリキュールの赤い色は,カシスの実の赤色に由来している。日本ではフサスグリまたはアカスグリとも呼ばれている背の低い果樹の一つだ。実家の裏側にも1本のカシスが植えてある。赤い実が熟していた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/09 17:32
ヒメヘビイチゴ(白花)
岩手の実家の近くを散策していたら,小柄なヘビイチゴのような植物を見つけた。小さく白っぽい花を咲かせている。白い花を咲かせるヘビイチゴのような植物にはシロバナノヘビイチゴやノウゴイチゴなどがあるが,私が観たものは,これらの植物とは特徴が異なる。どうやらヒメヘビイチゴの白花または黄色の花が何らかの原因で脱色したもののように思われる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/09 14:57
モズ
岩手の実家の庭には何本かの植木があるのだが,その周囲にモズがいついて枝から枝へと飛び移っては大きな声で囀っていた。おそらく,ナワバリを誇示しているのだろう。そこで,1本の庭木の下にもぐりこんでシャッターチャンスを狙っていたら,実家の畑のシロエンドウの支柱にとまった。至近距離だ。一発狙いでシャッターボタンを押し,どうにか写真らしきものができた。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/09 13:08
ヤマクルマバナ
岩手の実家の近くを散歩していたら,クルマバナのようでもありイヌトウバナでもあるようなシソ科の植物を見つけた。「何だろう?」と思って調べてみたら,どうやらヤマクルマバナらしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/09 12:45
アマチャの花
山を散策していたら,アジサイの仲間の青い花がたくさん咲いているところを通った。ちょっと見た感じではガクアジサイだろうと思った。しかし,帰宅してから写真を整理していたら,どうもどこか違う。よくよく検討しなおしてみたら,どうやらアマチャらしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/05 09:42
ナツハゼの実
山を登り,尾根筋の道を歩いていると赤紫色の小さな丸い実をいっぱいつけた低木が生えていた。その場では同定する自信がちょっとなかったので帰宅してからあれこれ比較検討してみた結果,ナツハゼの実で間違いないだろうという結論になった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/05 07:46
ヨスジハナカミキリ
山を散策していたら,アマチャの花に黄色の縞模様のあるカミキリムシの仲間が群がり,交尾をしていた。初めて観る昆虫だった。帰宅してから調べてみたら,ヨスジハナカミキリらしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/05 07:20
ミヤマアブラススキの花?
新潟の山を散策していたら,チヂミザサを巨大化させたような感じの植物を見つけた。その葉は笹の葉に似ており平たい。ヒメアブラススキに似ているけれどもヒメアブラススキの葉よりも幅広い感じであり,花も赤紫色をしている。おそらく,日本海側にのみ生育するというミヤマアブラススキだろうと思うのだが,間違っているかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/05 07:00
ノギラン
新潟の山でノギランの花を観た。図鑑では知っていたが,本物を観るのは初めて。葉はショウジョウバカマにちょっと似ていると思った。長く伸びた花茎の先に穂状の花序を形成し,多数の小さな花を咲かせる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/07/05 06:27
ツクバネの雌花
山をどんどん登っていくと,砂岩が崩壊して露頭している尾道沿いに落葉低木が生えているような感じのところがあり,その中にツクバネの樹が混じっていた。雌花をつけた雌木だった。雄花がないかと雄木も探してみたのだが見つけられなかった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/05 05:48
アクシバ
日帰りで新潟に出かけ,山を散策してきた。日ごろ見慣れている太平洋側の山の様子とは少し違っている。山道をだいぶ登ったところで,足元にアクシバの花が咲いていた。とても小さいけど,綺麗な色をしている。初めて観る花だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/04 22:50
コゴメウツギの花
山を散策していたら,コゴメウツギの花が咲いていた。名前のとおり,とても小さな花だ。他の「***ウツギ」と異なり,バラ科に属する植物なので,樹木全体の雰囲気も花の感じもちょっと異なる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/03 06:35
ヤマアジサイ
山を散策していたら,ちょうどヤマアジサイが満開の時期を迎えていた。園芸種のアジサイ(セイヨウアジサイ)と比較すると随分と地味な花だけれども,私は好きだ。この花が散り始めるころ,山にはタマアジサイの花が咲き始める。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/03 06:23
フタホシオオノミハムシ
山を散策していたら,真っ赤な色をしたハムシの仲間を見つけた。上翅の末端のあたりの左右に1個ずつ白っぽい斑点のような模様がある。図鑑で調べてみたら,フタホシオオノミハムシだと分かった。白っぽい斑点が左右合計2個なので「フタホシ」なのだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/02 17:43
マルボシハナバエ(メス)
山を散策していたら妙な虫をみつけた。アブかハエの仲間だろうと思うのだけれど,手持ちの図鑑には掲載されておらず,全くお手上げ状態。「いったい何という虫だろう?」と思っていたら,偶然にもその名前が分かった。マルボシハナバエという昆虫だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/02 17:30
ノジオカトラノオ
山を散策していたら,ノジトラノオとそっくりの植物を見つけた。ところが,ノジトラノオは茎に白っぽい毛が密生しているはずなのに,私が観たものはまばらにしか生えていない。おそらく,ノジトラノオとオカトラノオの自然交雑種とされるノジオカトラノオだろうと推測する。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/02 17:21
キヌタソウ
山を散策していたら,キヌタソウの花を見つけた。去年,皇居東御苑でキヌタソウを観たので,山の中で自生するものを観たいと思っていた。あまり状態のよくないものはこれまでも観たことがある。今回は納得できるものを見ることができ,とても満足。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/02 17:01
オバボタル
山を散策していたら,ホタルの仲間が葉の上にいるのを見つけた。そのときは名前が分からなかったのだが,帰宅してから調べてみたら,オバボタルだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/02 16:46
クマイチゴの実
山を散策していたら,クマイチゴが赤い実をつけているのを見つけた。ちょっと毒々しいけど,一応食べることができる。ただし,味は保証できない。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/02 16:24
ヤマブキショウマ
山を散策していたら,アカショウマやトリアシショウマなどに混じってヤマブキショウマの花も咲いていた。よく似ているので慣れないと見わけるのが大変だけど,慣れてくると花序の形だけで「どっか違う」と感ずるようになるから不思議だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/02 16:12
テングタケ(老菌)
山を散策していたら,草原の中にテングタケが生えているのを見つけた。結構大きい。既に傘が開ききってしまった老菌のようだ。毒々しさが少し減少しているけれどもやはり毒キノコであることには変わりがない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/30 13:26
オオシオカラトンボ(メス)
自宅の近くの林の中を散歩していたら,アジサイの葉の上にムギワラトンボのような感じのトンボがとまっているのを見つけた。よく観ると後翅の付け根のところが少し黒くなっている。どうやらオオシオカラトンボのメスのようだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/06/29 11:44
ヒカゲチョウ(オス)
山を散策していたら,大きな樹の幹に茶色のチョウが群がっているのが見えた。「何だろう?」と思って近づいてみたらほとんど全部が逃げ去ってしまったのだけれど,1匹だけじっとしているのがいた。1メートルくらいまでそっと近づいて撮影。ヒカゲチョウのオスだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/06/29 06:54
庭のグラジオラス
球根植物の栽培は上手ではないのだが,グラジオラスだけは大きくなり増えてくれた。肥料を少しやり,植えてある場所の雑草の草取りを励行しただけで,ほかには特に手入れをしているわけでもないので,きっと植物それ自体が強いのだろう。私のようなぞんざいで飽きっぽい性格の人間でも育てられる。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/29 06:15
イヌヌマトラノオまたはその交雑種
山を散策していたらイヌヌマトラノオのような花を見つけた。イヌヌマトラノオは,オカトラノオとヌマトラノオとの自然交雑種ということなのだが,イヌヌマトラノオとヌマトラノオとの自然交雑種もあるということで,どうやら私が観たものは後者のような感じがする。植物の世界もいろいろと面倒だ・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2006/06/28 19:44
トリアシショウマ
山を散策していて撮影した花の写真の中に同定できずに悩んでいたものがあった。アカショウマのようでもありトリアシショウマのようでもある。いろいろと調べてみた結果,葉の形状からトリアシショウマだろうと判断することにした。アカショウマやハナチダケサシはトリアシショウマの近縁種ということになっているので非常に分かりにくいのも当然のことなのだが・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/28 18:04
チダケサシとハナチダケサシ
山を散策していたら,草原の中にチダケサシとハナチダケサシが一緒に花を咲かせていた。日本在来のアスチルベだ。どちらもとても美しい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/28 14:23
アカショウマ
山を散策していたら,アカショウマらしき花を見つけた。茎に繊毛がないのでチダケサシではない。トリアシショウマと区別しにくいけれども,過去の植生調査の記録によれば,そのあたりに生えているのはアカショウマだとされているので,アカショウマだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2006/06/28 13:55
ムラサキシキブ
山を散策していたら,ムラサキシキブの花が咲いているのを見つけた。派手さは全くなく,小さてどちらかということ地味な花なのだけれども典雅だ。紫式部の名を冠するだけのことはある。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/28 13:32
モミジイチゴの実
山を散策していたら,モミジイチゴのオレンジ色の実が熟しているのを見つけた。美味しそうな色だ。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/27 19:30
トウゴクシソバタツナミソウ
山を散策していたら,シソバタツナミソウに似たタツナミソウの仲間が最後の花を咲かせているのを見つけた。同定が非常に難しいのだけれど,茎の毛の状態などから判断すると,トウゴクシソバタツナミソウだと思われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/27 19:24
ナルコユリ
山を散策していたら,これまでずっと探していたナルコユリの花とやっと出遭えた。図鑑に書いてあるとおり,茎に稜が全くなくツルツルしており,葉は細長くて笹の葉に似ている。全体にアマドコロよりもちょっと大きいような感じがする。ナルコユリは意外と個体数が少なくてみつけるのが大変だった。とても嬉しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/27 14:45
トチバニンジンの花
山を散策していたら,長く伸びた花茎の先端にまばらなネギボウズのような花を咲かせている植物を見つけた。初めて見る植物だった。帰宅してから調べてみたら,どうやらトチバニンジンの花らしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/27 14:33
庭のカキランの花
カキランの苗を購入してずっと育ててきた。やっと花が咲いた。カキランは,野生ランの中では育てやすい種類なのだそうだが,それでも花を咲かせてくれるととても嬉しい。途中でちょっと失敗しかかったこともある。でも,それによってより良い育て方を理解することができた。今後は増殖方法の開発を研究してみよう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/27 06:49
ルリタテハ
松林の近くを散策していたら,ヌルデの葉の上にルリタテハがとまっているのを見つけた。そっと息をとめて近づき,1メートルくらいのところでシャッターボタンを押した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/06/25 14:43
イチヤクソウ
ぽぽぽさんぽさんが「イチヤクソウ」という記事をアップされているのを読み,私も観たくなった。イチヤクソウが生えている松林を覚えていたので,クルマを走らせた。行ってみると,先週頃が最盛期だったらしくそろそろ花も終わりになりつつあったのだが,それでも幾つかの花を見つけることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/25 14:29
キンシバイの花
つくば植物園にもキンシバイが植えてある。ビヨウヤナギやヒペリカム・ヒドコートなどが咲き終わりになってきたころからキンシバイの花が咲き出す。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/25 07:00
ツルビランジの花
つくば植物園で,ツルビランジの花を観た。可愛らしい花だ。昨年,この花のあるところに行ってみたらクロウリハムシが大繁殖して食い荒らしてしまい悲惨な状況になっていた。どうやら今年も同じようなことになっているように見える。植物園の管理・運営の難しさの一端を感じてしまう・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/25 06:48
サラセニア・プシッタキナの花
つくば植物園の食虫植物を集めて植えてある場所で,サラセニア・プシッタキナの花を観た。つくば植物園にあるサラセニアの仲間の中では最も小柄な種類のようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/24 16:28
サキグロムシヒキ
つくば植物園の中をブラブラしていたら,足元の葉にシオヤアブのような昆虫がとまっているのを見つけた。大きさや形などはシオヤアブとそっくりなのだが,脚と腹部の先端が黒光りしている。シオヤアブとは異なる種類だろうと思って調べてみたら,サキグロムシヒキという肉食性のアブだということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/24 14:37
スイートジャーマンダー
つくば植物園のハーブ園で,スイートジャーマンダーの花を観た。ハーブの一種とされているけれども,一般的には観賞用に栽培されている植物らしい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2006/06/24 06:45
コガタスズメバチの巣
つくば植物園のハーブ園のあたりを散策していたら,コガタスズメバチの巣を見つけた。まだ造り始めたばかりの状態なのでトックリを上下さかさまにしたような形をしている。ちょうど2合トックリくらいの大きさだ。このまま放置すると大きな巣になってしまうのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2006/06/24 06:26
カナウツギ
先日,つくば植物園で,カナウツギの花を観た。バラ科のコゴメウツギの仲間なので,とても小さな花で,他の「ウツギ」と名のつく植物の花とはかなり趣が異なっている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/12 05:11
トネハナヤスリ
先日,つくば植物園で,トネハナヤスリを観た。かなり珍しい絶滅危惧種のようだ。普段はロープをはってあって入れない区画で栽培・保存されているのだが,その日には公開されていてロープが外されていたので中に入って観ることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/12 04:57
レダマの花
先日,つくば植物園でレダマの花を観た。昨年,クサレダマの花を観ていたので,レダマの花もぜひ観たいと思っていた。やっと観ることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/12 04:41
ハエトリソウ
自宅の近くのホームセンターに寄ってみたら,ハエトリソウの鉢が大量に売られており白い花を咲かせていた。他の種類の食虫植物も一緒に並べられている。「こんなにたくさん仕入れても大丈夫なのだろうか?」とびっくりする。それだけ多数のファンが存在するというのだろうか?(笑) ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2006/06/12 04:23
ドクダミの葉陰のアカスジキンカメムシ
散歩していたら,ドクダミの葉陰にケバケバしい感じのカメムシが隠れているのを見つけた。アカスジキンカメムシだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/11 17:30
利根川河川敷のカキネガラシ
昨年,利根川河川敷で初めてカキネガラシの花を観た。同じ場所に行ってみたら,今年は昨年よりも個体数が少し増えたようだ。外来の植物は無数にあるけど,帰化植物として問題にされている植物の強さはさすがに凄い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/25 06:29
雪国植物園:ヒメシラスゲ
長岡市の雪国植物園内の城跡への遊歩道を歩いていたら,路傍に小柄なスゲの仲間が小穂を出しているのを見つけた。葉は黄緑色で何となく軟弱な感じがする。太平洋側ではあまり見かけないスゲだと思い,帰宅してから調べてみたら,どうやら日本海側に多く分布しているというヒメシラスゲらしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/23 09:42
庭のユキノシタの花
自宅の庭にはユキノシタがある。知らない間にたくさん増えてしまった。日陰ならどこにでも生えている。しかも,隣家から侵入してきたものもあって,種類も増えてしまった。でも,勝手に侵入してきたものなので,品種名が全く分からない。しばらくの間,図鑑や園芸雑誌等とにらめっこになりそうだ。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/23 06:58
ニワハンミョウ
長岡市の雪国植物園の杉林の中を散策していたら,地面を何か虫のようなものがサササ〜〜と走り過ぎた。その走り方の特徴からすぐにハンミョウの仲間だと分かった。地面をよ〜〜く見てみたら,交尾中のニワハンミョウだということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2006/05/22 21:09
雪国植物園:ヒメヘビイチゴ
長岡市の雪国植物園内の中を流れる小川の縁のやや湿ったところでキジムシロをぐっと小さくしたような感じの植物を観た。小さな黄色の花を咲かせている。調べてみたら,ヒメヘビイチゴだということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/22 20:45
ハタザオ
先日,散策していたら,ハタザオの花を見つけた。図鑑の写真だけだと比較的小さな植物のようにも見えるのだけれども,実物を観てみると随分丈の高い植物だということが分かる。それにしてもひょろ長い。さすが「旗竿」という名がついているだけのことはある。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/22 19:22
雪国植物園:エチゴルリソウ
長岡市の雪国植物園で,エチゴルリソウの花を観た。ルリソウとヤマルリソウの中間のような植物で,富山県,新潟県,福井県の日本海側にのみ生育する植物なのだそうだ。珍しい花を観ることができて幸運だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/22 17:45
雪国植物園:サワオグルマ
新潟からの帰路,長岡市にある雪国植物園に寄ってみた。目下,サワオグルマが大満開中でとても美しかった。他にも野生ランやカンアオイの仲間の花をはじめ多数の野草の花を観ることができ,満足。初めて寄ってみた植物園だったのだが,山野草ファンには必見の植物園かもしれないと思った。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/22 17:36
ムラサキの花
つくば植物園のハーブ園で,ムラサキの花を観た。ムラサキ科の代表格とも言うべき植物なのだが,残念ながら,私はまだ自生のムラサキを見つけることができないでいる。しっかり探さなければ・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/21 08:27
アマニュウ
落穂拾いシリーズの続き。7月中旬に,美鈴湖から美ヶ原に登る林道でセリ科の大きな植物の花を観た。シシウドに似ているが大きさの割合にはずっと繊細な印象を与える植物だった。よく分からなかったので,フォルダの中に写真を放置していたのだが,改めて検討し直してみたところ,葉の形状などからアマニュウだろうという結論になった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/10/17 08:01
カラフトヒヨクソウ?
落穂拾いシリーズの続き。7月初旬に日光を訪問した際,上三依水生植物園手前の渓流の岸でちょっと変わった植物を見つけていた。観た時にはシソ科植物だと見誤っていたのだが帰宅してから違うと気付き,その後ずっと何という植物なのか分からないままでいた。しかし,帰化植物であるオオカワジシャと似ている部分があることに気付き,ゴマノハグサ科の帰化植物を調べている間に,この植物はカラフトヒヨクソウらしいという結論にたどりついた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/10/16 23:35
キバナコスモス
田圃の片隅の花壇にはキバナコスモスも咲いていた。夏からずっとあちこちで見かけていたが,つい撮影する機会を失してしまっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/10/14 20:38
ホザキナナカマド
つくば植物園で1輪だけ咲いているホザキナナカマドの花を観た。たぶん,狂い咲きだろうと思うが,素敵な花だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/10/09 18:31
カブトムシ(メス)
散歩していたら,路傍でカブトムシのメスを見つけた。だいぶ弱っているようなので,少し林の中に入ってクヌギの木にくっつけてあげた。ゆっくりと上にのぼっていくのだが,どう見ても力強さに欠ける。あとわずかの命なのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/09/10 13:59
ワラビ
ワラビの時期は過ぎていたと思っていたのだが,山を散策していたらたくさん生えていた。なつかしかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/10 10:17
ヤマスズメノヒエの実
随分前のことになるが,6月中旬に山道を散策したことがある。その際,スズメノヤリを大きくしたような植物を見つけて写真に撮った。しかし,その名前が分からなかったので,そのまま今日までフォルダの中にしまっておいた。ところが,イヌビエについて調べている間に,偶然,それがヤマスズメノヒエだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/05 20:50
庭のキアゲハの幼虫
自宅の庭にはしばしばアゲハチョウの仲間が訪れる。今朝,自宅の庭でキアゲハの幼虫を見つけた。危惧していたとおり,庭のミツバが全滅していた。(笑) ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2005/09/05 09:36
ヒメカバイロタケ
先月中旬に山を散策していたら,マツの倒木に小さなキノコが密生していた。よく分からなかったのだが,あとで調べてみたらヒメカバイロタケだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2005/09/04 08:56
カンチコウゾリナ
先月,美ヶ原の武石峰〜王ヶ頭に何度か訪問した際に撮影した写真を整理していたら,これまでコウゾリナだと思っていた植物がどうやらカンチコウゾリナらしいということに気付いた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/09/04 08:31
サギソウの花
古い集落の間の小路を歩いていたら,ある家の庭先に盆栽棚があった。その中に小さな鉢に植えられてサギソウの花が満開に咲いているものがあった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2005/09/03 13:15
バンクシア・セラータの花
バンクシア・セラータについては以前書いたのだが,先日,つくば植物園の温室に行ってみたら,バンクシア・セラータがクリーム色の花を咲かせていた。以前花だと思ってアップした写真は,花が散った後のマツボックリのようなものらしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/02 21:10
アップルミント(マルバハッカ)の花
つくば植物園でアップルミント(マルバハッカ)の花を観た。葉の色と形に特徴がある。自宅近くの植え込みなどで野生化しているものの花を見たことが何度もあるが,名札が付いているわけではないので,いまいち何という植物なのか断定しにくい場合がある。だから,こうして植物園で名前を確認できると安心する。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/31 08:01
ジャコウアゲハ(メス)
今朝,自宅のベランダから庭を見ていたらクロアゲハのようなチョウがひらひらと飛んでいた。いまお目覚めのようだから庭木のどこかで休んでいたのだろう。早速,庭に降りてみると,しだれ梅の葉にとまっていた。たぶんジャコウアゲハのメスだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/30 08:31
ホソバノヨツバムグラ
以前,自宅の近くの田圃でヨツバムグラと思われる植物の花を観ていた。先日,山を散策していたら,ホソバノヨツバムグラと思われる植物の花を見つけた。花と言っても,これまたとても小さくて上手に撮影することができなかった。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2005/08/24 04:25
モミジアオイの花
散歩道の田圃の片隅に花壇がある。その田圃を保有する農家の人が作っている花壇なのだろう。様々な美しい花たちの中でもとりわけ背が高く目立っていたのはモミジアオイの花だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/20 22:08
野原の中のオオトリトマ(シャグマユリ)の花
オオトリトマ(Kniphofia uvaria)は,ツルボラン科(旧ユリ科)シャグマユリ属に属し,南アフリカ高地原産の帰化植物で,日当たりの良い草地などに生育する常緑多年草ということだ。日本には明治の中頃に渡来したらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/20 18:01
八幡沼のキンコウカの花
以前,つくば植物園でキンコウカの花を観ていた。先日,八幡平を散策した際,八幡沼の北側にある湿原でキンコウカの花がさているのを観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/20 06:50
ハクサンシャジン?
先日,八幡平の八幡沼を散策した際,源太別れ付近の湿原でツリガネニンジンに似た背丈の低い植物を観た。八幡平のガイドブック等によれば八幡平に存在しているキキョウ科の植物でこのようなタイプのものはハクサンシャジンだけということのようなので,ハクサンシャジンなのだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/20 06:40
ミヤマコウゾリナ
先日,八幡平を散策した際,鏡沼〜八幡平頂上あたりの路傍にタンポポのような花をつけた植物をいくつか見つけた。茎や葉に刺状の毛が密生しておりコウゾリナの仲間だと分かった。たぶんミヤマコウゾリナだろうと思ったのだが,念のためにずっと検討していた。ミヤマコウゾリナだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/19 22:17
コバノトンボソウ
自宅の近くの林で何度もオオバノトンボソウを見ていたのだが,先日,八幡平の八幡沼を散策した際,コバノトンボソウと思われる植物を観た。花を正面から見てもトンボには見えないが真横から見ると何となくトンボのように見える。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/19 21:22
ヨツボシオオキスイ
過日,散歩をしていて大きなコナラの木のところを通った。目の高さより少し高いくらいのところから樹液が流れ出しており,そこにスズメバチ,ルリタテハ,カナブン,ハエ,アブなどが集まっていた。よく見てみるとコメツキムシのような形をした昆虫もいた。調べてみたら,ヨツボシオオキスイという昆虫だった。珍しい昆虫ではないようなのだが,私が観るのは初めてだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/19 20:31
キンロバイの花
先日,松本市に出張した際,スケジュールの空いている時間帯を利用してちょっとだけ松本城に寄った。本丸の休憩所前に小さな花壇のようなところがあり,そこにキンロバイの花が咲いていた。本来なら高山に咲く花のはずなのだが,おそらく公園の管理者が植えたものだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/18 19:41
ヤマアカガエル
路傍にしゃがみこみ,ミヤマトウバナの花の写真を撮っていて,ふと見ると葉の間にカエルが隠れているのが見えた。トノサマガエルくらいの大きさの比較的大きなカエルだ。調べてみたら,どうやらヤマアカガエルらしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/16 14:17
ミヤマトウバナの花
駐車場から八幡平頂上または八幡沼に至る登山道の両側には,トウバナのような小さな植物が花を咲かせていた。その場では,トウバナだと思った。しかし,あとでガイドブックで調べてみたらミヤマトウバナだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/16 13:45
タカネアオヤギソウの両性花(完全花)
つくば植物園でアオヤギソウの花を観て以来,自生のものの花を観てみたいとずっと思っていた。今回,八幡沼の周囲を歩いてみたらかなり多数のアオヤギソウが咲いていたのでびっくりした。正確には,高山型のタカネアオヤギソウという植物らしいのだが,花の色が緑色であるためか,誰もそれを花とは思わずにその場を通り過ぎていく。無視されているみたいで可哀想だった・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/16 12:56
ハクサンチドリの花
八幡平頂上付近の登山道脇でほぼ咲き終わりのハクサンチドリの花を見つけた。花を残しているものはこの株1個しか見つけることができなかったから,もしかすると今年の八幡平で一番最後に咲いたハクサンチドリかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/16 12:03
八幡平のホソバノキソチドリ
八幡平には,ツレサギソウの仲間として,ホソバノキソチドリ,キソチドリ,コバノトンボソウの3種が生育しているらしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2005/08/16 11:21
ツルアジサイ
八幡平頂上付近のアオモリトドマツの林でツルアジサイの花を観た。イワガラミの花と似ているがちょっと違う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/15 20:44
ヨツバシオガマの花
八幡沼の周囲でヨツバシオガマの花が咲いていた。そろそろ咲き終わりのような感じだったが,山小屋(陵雲荘)の近くに比較的大きな群落があったので,何枚か写真を撮ってきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/15 16:29
ウサギギク
八幡沼の北側の山小屋(陵雲荘)近くの湿原西端のガレ場でタンポポのような感じの花を見つけた。これまで知らない花だったのだが,八幡平の高山植物のガイドブックを読んだらウサギギクだと分かった。ちょっと目には,園芸品種が逸出して野生化したものではないかと思われるような印象を受けるが,れっきとした在来種だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/15 15:36
タラノキの花
散歩していたら,以前タラの芽を観た木が大きく成長して花が咲いていた。比較的大きな花序に小さなクリーム色の花がいっぱい咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/13 20:35
ヨモギハムシ?
美ヶ原でも霧ヶ峰でも,あちこちでハムシとしては比較的大柄で金銅色に輝くハムシを見かけた。はっきりしないし自信もないのだが,どうやらヨモギハムシらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/13 18:21
サカハチチョウ(オス・夏型)
美ヶ原の王ヶ頭のあたりを散策していたら,マツムシソウの花に綺麗なチョウが来て蜜を吸っているを見つけた。あとで調べてみたら,サカハチチョウのオスの夏型だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/12 21:06
シュロソウの両性花(完全花)
美ヶ原の王ヶ頭には,あちこちにシュロソウが咲いていた。その2日後に寄った霧ヶ峰でもたくさん咲いていた。シュロソウは,アオヤギソウの変種なのだそうだ。また,シュロソウには両性花(完全花)と雄花とが咲くのだが,何でそんな面倒なことになっているのかはよく分からない。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2005/08/12 20:13
マルバダケブキ
美ヶ原の王ヶ頭でマルバダケブキの花を観た。まるで外来の園芸植物のように大きく派手な花を咲かせるが,立派な日本の野草だ。だが,その葉を見ない限り,どう見てもフキの仲間とは思えない。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/11 20:36
イヌガラシの花
散歩していたら,イヌガラシの花を見つけた。春の花かと思い込んでいたのだが開花期が結構長いということを知った。でも,夏にはほかの大きく伸びた雑草の中にまぎれてしまい,ほとんど目立たない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/10 09:11
オニヤンマ(オス)
散歩していたら,道の脇の林の陰のササの茎にオニヤンマがとまって休んでいるのを見つけた。オニヤンマは一日中飛んでいるのかと思っていたが,こうして日陰で休んでいることもあるんだ・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/10 08:13
ヤマノイモの雌花
ヤマノイモの雄花は既に観ていたのだが,雌花のあるところが分からなくて,内心少し焦っていた。しかし,焦る必要は全くなかった。散歩していたら,雌花がたくさん咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2005/08/09 21:51
クルマバッタ(褐色型)
散歩していたら,砂利道の両側に雑草が生い茂っているような場所でクルマバッタと何度も出遭った。クリーム色のような黄色の羽を広げると焦げ茶色の輪のような模様が見える。子供の頃に草原でバッタを追いかけていたときに何度も目にした懐かしい光景だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/09 21:39
イヌタデの花の上のマルシラホシカメムシ
散歩していて,イヌタデと明確に認識できる花と出遭った。これまでイヌタデだと思っていた植物の多くがサナエタデかハルタデの小さなものだったようだ。イヌタデの花は非常に特殊だ。その花の上に小さなカメムシがいた。調べてみたら,マルシラホシカメムシだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/09 21:17
ガンクビソウ
散歩していたら,図鑑やblogの写真などで見て知っていたガンクビソウの花が咲いているのを見つけた。頭花が下向きになっているとキセルのガンクビに似ているというのだが,実際に観てみると,上向きか横向きの頭花ばかりなので別のガンクビという感じがして,ちょっと困る。(苦笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/09 20:24
八重咲きのヒマワリ
観光農園のようなところに寄ってみたら,八重咲きのヒマワリもあった。何だかあまりヒマワリという感じがしなくなってしまっているけれど,やはりヒマワリだ。園芸用なので花の時期が過ぎると刈り取られてしまうらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/09 09:10
チョウマメの花
過日,茨城県植物園の大温室でチョウマメの花を観た。青色の花は珍しいとは言えないのだが,マメの花で青色だとちょっとびっくりしてしまう。マメ科植物の花には黄色,白色,赤紫色のものが多いからだろうと思う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/09 08:28
赤褐色のヒマワリ
観光農園のようなところに寄ってみた。ヒマワリの花がたくさん咲いていた。その中に赤褐色のヒマワリも混じっていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/09 07:58
ムラサキイヌホオズキの実
無名子さんが「じたばた」でイヌホオズキとアメリカイヌホオズキの実の写真を紹介している。これらの写真とムラサキイヌホオズキと思われる植物の実の写真とを比較してみれば,その相違がより明確になるのではないかと思った。そこで,紹介することにする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/08 23:32
ムラサキイヌホオズキ
散歩していて,畑の中を歩いていたら,イヌホオズキのような植物を見つけた。普通のイヌホオズキよりもやや大きめの花を咲かせており,茎は紫色で短い剛毛のようなものが生えており,葉にも紫色が混じっている。その若い実は緑色だが熟した実はイヌホオズキの実に似て黒っぽい紫色で光沢がない。何だろうと思って調べてみたら,ムラサキイヌホオズキのようだということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/08 21:48
蓮田のハスの花
散歩していて,蓮田のあるところを通りかかった。蓮田というのはレンコンを収穫するためにハスを栽培している田圃のような場所だ。当然のことながら,ハスの花が咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/08 21:14
メリケンガヤツリ?
散歩していたら,収穫した後にしばらく休ませている畑の中に大きなカヤツリグサが生えているのが見えた。観察してみると,花枝の先に球状にかたまって小穂がぎっしりとついている。「これがメリケンガヤツリではないか?」と思った。念のために調べてみたら,やはりメリケンガヤツリに間違いなさそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/08 19:47
庭の最後のグラジオラス
どんな花が咲くのか分からないまま成長を見守ってきたグラジオラスたちだったが,いよいよ最後の花になった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/08 18:58
ハツユキソウ
散歩していたら,公園の花壇で白っぽい花が咲いているのを観た。全体の形は何となくウスユキソウに似ているような感じなのだけれども,ぜんぜん違う花だ。花は何となくトウダイグサの花に似ているような感じもする。帰宅してから調べてみたら,ハツユキソウという植物だと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/08 18:37
キュウリの雌花
ある農園でキュウリの花を観た。キュウリにも色んな品種があるのだが,品種の別を問わず,育て方の良し悪しによって立派になったりやせたりする。農家は大変だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/08 14:32
空き地のクマツヅラ
散歩していたら,住宅街の中の空き地のところを通りかかった。長らく空き地のままの場所で畑として利用されている。除草もこまめになされていたのだが,過去1ヶ月くらいの間は除草作業が実施されていなかった。ふと観ると,クマツツヅラが咲いていた。こんなところでも生きているんだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/08 08:22
ネコハギと思ったらマキエハギ
散歩していたら,放棄された家庭菜園のような場所でマメ科らしい小さな花が咲いているのを見つけた。あとで調べてみたら,ネコハギの花だと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/08 07:34
アカバナユウゲショウの白っぽい花
アカバナユウゲショウの花はこれまで何回も観ていたのだが,散歩していたら,アカバナユウゲショウの花の株の中に1本だけ白っぽい花を咲かせているものを見つけた。ちょっと観るとフウロソウの花のようにも見える。どうやら突然変異らしい。赤花ではないアカバナユウゲショウということになる。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/08 06:57
ケイトウの花
散歩していたら,自宅の近くの畑の隅にケイトウの花が咲いていた。ケイトウにも色んな品種があるけれど,この畑で咲いているケイトウは何となく懐かしい感じのする花だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/08 06:42
カラスウリの花
夜間に野草を見に出かけることになるとは全く考えていなかった。しかし,カラスウリが夜にしか花を咲かせないと知って愕然とすると同時に,やや諦めの気持ちも交えながら,やむを得ないと決断した。そして,昼間見つけておいたカラスウリの蕾のある場所に出かけた。咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 12

2005/08/07 22:36
夏のハルタデの花
ハルタデの花は既に紹介したが,その花に寄生するカメムシによる被害をモロに受けているらしいドキュメンタリー写真になってしまった。(笑)そこで,同じ日に別のところで撮ったハルタデの花を紹介したいと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/07 22:15
カノコユリ
散歩していたら,自宅のすぐ近くのお宅の庭にカノコユリがたくさん咲いていて,その花が柵を越えて道路にも顔を出していた。失敬して写真を撮影。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/07 20:04
オオアレチノギク
散歩していて,田の中の農道を歩いていたら,道路端にヒメムカシヨモギと混じって,やや白っぽい群青色のような色の葉と茎をしているがよく似た植物が結構たくさん生えていた。全体の色からみてオオアレチノギクだろうと思い,花を仔細に観察してみたら,やはりオオアレチノギクだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/07 19:14
ナガコガネグモ(メス)
散歩していて,田の小さな用水路のあたりを見ながら歩いていたら,用水路の狭い水路をまたいで網を張り,その真ん中で静かに獲物を待っている比較的大きなクモを見つけた。メスのナガコガネグモだった。コガネグモには少し劣るが,このナガコガネグモも美しいクモだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/07 18:49
ハルタデの花の上のブチヒゲカメムシ
散歩していて,田圃の畦にそってタデの花がたくさん咲いているところを通った。イヌタデにちょっと似ているが,托葉鞘の縁に短い剛毛が生えているので,ハルタデの花だと分かった。このように観察していたら,何と無数のカメムシがうろうろしているのに気付いた。幼虫も成虫もいる。帰宅してから調べてみたら,ブチヒゲカメムシだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/08/07 18:21
オオイヌタデ
散歩していて,水田の畦にオオイヌタデの花が咲いているのを観た。今年最初のオオイヌタデの花だ。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/08/07 12:28
ゴシキトウガラシ
花の写真を撮り始めるまでは,トウガラシと言えば食べるためにあるとしか思っていなかった。ある園芸店の店先に「カンショウトウガラシ」と書いた植物の鉢が置いてあり,紫色の実をつけているのを見て,初めて観賞用のトウガラシが存在することを知った。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/07 10:24
自宅玄関先のヤブタビラコの花
散歩していてヤブタビラコの花を観る機会は何度もあったが,自宅にも何株かずっと花を咲かせ続けているものがある。なぜか玄関先に生えている。庭にはハナニガナとニガナが生えていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/07 10:00
庭のアサガオ
自宅の庭には先月からアサガオを花が咲いたり萎んだりを繰り返していた。どうもタイミングが合わなくて写真を撮りそびれていたのだが,今朝,やっと写真を撮ることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/07 09:34
ヒメムカシヨモギの花
6月の下旬ころにはヒメムカシヨモギが花咲いているのを観ていたのだが,今回,改めて花だけ接写してみた。識別基準をよく理解してから,それを意識して観察してみると,確かに違う植物だということがよく分かる。(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/06 23:13
アレチノギクの花
散歩していたら,明らかに帰化植物と分かるキク科植物が何種類か花を咲かせていた。花だけ観ていると識別困難。そこで,葉と茎の接写写真をたくさん撮って帰宅し,文献や図鑑などを参考に調べてみて,やっと幾つか識別できるものがでてきた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/06 22:37
ハラビロトンボ(メス)
休耕田の隣にある田圃をながめていたら,ちょっと寸詰まりのトンボがとまっているのを見つけた。ハラビロトンボのメスだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/06 21:37
トノサマバッタ
散歩していて,休耕田の中に入り,花の写真を撮っていたら,どういうわけか大型のバッタが飛んできて目の前に止まった。もちろん,カメラを向けて撮影。驚いたことに,それはトノサマバッタだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/06 20:19
カントウヨメナ
散歩していたら,休耕田でノギクが花咲いているのを見つけた。最初はノコンギクじゃないかと思ったのだが,よく観たらカントウヨメナらしいということが分かった。いずれにしても,ノギクの季節到来だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/06 19:51
庭のヤイトバナ(ヘクソカズラ)の花
ちょっと目を離している間に自宅の庭のドウダンツツジにヘクソカズラが巻き付いて花を咲かせていた。どこにでもある植物だが私の庭にもやってきてしまった。(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2005/08/06 07:32
モミジバフウの実
散歩をしていたら,落葉樹の林の地面に緑色のボンボリのようなものが落ちていた。スズカケノキの実に似ているが,どうやらモミジバフウの実のようだ。周囲を見渡し,幾つか拾い集めてみた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/06 06:10
アブラゼミ
公園を散歩していた。妻が朝にぎってくれたオニギリを食べようと思い東屋のようなところに入った。ふと見るとアブラゼミがじっととまっている。もう逃げる力も残っていない。短い夏の空を精一杯飛び回り,そして,生き抜いたのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/06 05:55
ヤエチョウセンアサガオ
過日,茨城県植物園に寄った際,大温室前の花壇で八重咲きのダトゥラの花を観た。ヤエチョウセンアサガオと呼ばれているらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/05 21:28
モエギホウキタケ?
散歩していて,スギと若干の広葉樹の混じる林の中の山道を歩いていたら,道の脇の斜面にホウキタケの仲間のキノコが生えていた。全体が黄土色に見えるが,これはどうやら胞子の色のようで,キノコ本体の本当の色は萌黄色のように見える。調べてみたら,どうやらモエギホウキタケらしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/05 20:45
アズマヒキガエル?
「動かざること岩の如し」まさにそのような感じだった。散歩していて,気付くと目の前にヒキガエルがいた。動かない。近づいて写真を撮った。ぜんぜん動かない。私がそこを通り過ぎ,十歩くらい行ってからちょっと振り返ってみたら,すたこらさっさと走って葉陰に隠れてしまった。動かなければ石か岩に見えるだろうと信じているのに違いない。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/05 18:33
タマアジサイの花
タマアジサイが小さな群落をつくっている場所は何箇所か見つけていた。今日,沢のようなところの奥の方までちょっと足を伸ばして散歩してみたら,既に咲き始めているものが幾つかあった。全体が蕾の状態でも美しいし,装飾花だけ咲いて両性花がまだ開いていない状態も美しい。そして,全部開花している状態も美しい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/05 18:06
野のコオニユリ
散歩していたら,野原の中でコオニユリが咲いているのを見つけた。写真で見ているだけでは分からないが,実際に咲いているところを観ると,すぐにコオニユリだと分かる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/05 05:18
シナガワハギ
散歩していたら,ヨシやガマの生える沼地の脇の道路端に黄色のクサフジのような形の花を直立させて多数咲かせている植物を見つけた。背丈は1メートル〜1.5メートルほどでやや大きい。何なのかと思って調べてみたら,シナガワハギのようだということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/04 21:04
エサキモンキツノカメムシ
皇居東御苑の雑木林の中には色んな昆虫が生息している。カメムシも色んな種類のものがいるようだ。林の中の道を歩いていたら,ミズキの木のあるあたりの地面に近いところにある葉の上にクリーム色でハート型の模様をつけた体長1センチくらいの大きさのカメムシがいた。調べてみたらエサキモンキツノカメムシだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/04 20:39
ミンミンゼミ
この時期,皇居にはミンミンゼミが多い。どの木にもとまって鳴いているような状態だ。ある木にとまって鳴いているミンミンゼミを観ていたら,じりじりと下りてきて私の目の前で止まった。もしかするともう何日も生きていられないのかもしれない。だから,「生きていた証として写真を撮ってもらいたいのではないか?」と思いたくなった。そして,信じられないくらい近い距離でしっかりとその姿をカメラに収めた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2005/08/04 20:05
皇居のセンリョウの花
皇居東御苑本丸でセンリョウの花を観た。大半がオシベの落ちてしまった後の状態になっていたが,1株だけオシベが出て花(?)を咲かせているものがあった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/04 19:34
皇居のヒヨドリジョウゴの花
皇居の東御苑二の丸庭園にはヒヨドリジョウゴが植えてあり,いま花をいっぱい咲かせている。既に散ってしまったものもあるが,まだまだ咲き続けるように見える。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/04 19:14
皇居のミズキンバイ
皇居東御苑の二の丸庭園をブラブラしてみた。いつも時間がないので全部回ることができない。普段は雑木林を中心に散策しているのだが,今回は二の丸の池の周辺も歩いてみた。ミズキンバイが幾つかの花を咲かせていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/04 18:48
皇居のヤマホトトギスの花
ちょっと時間があったので皇居東御苑の二の丸あたりをブラブラしてみた。雑木林の中でアマドコロに似たような葉をつけた茎の先にヤマホトトギスが咲いていた。植栽したものではないように見える。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/08/04 12:37
シオカラトンボ(オス)
散歩していたら,公園の沼の近くの棒の先にシオカラトンボがとまっていた。近づいてもなぜか逃げない。暑くてへたばっていたのだろうか?(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/04 12:11
サンゴジュの実
6月の中旬にサンゴジュの花を観たばかりなのだが,もう実がなっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/04 08:21
アキノエノコログサ
散歩していたら,いつのまにかアキノエノコログサが目立つようになってきた。普通のエノコログサやムラサキエノコロなどと入り混じって生えていることもあるから面白い。エノコログサの生態はいったいどうなっているのだろうか?(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/04 07:41
ヌスビトハギの花
散歩していたら,ヌスビトハギがあちこちで花咲いているのを見かけるようになってきた。比較的明るいところで咲いているものを見つけたので,接写してみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/04 07:12
ミズヒキの花
ミズヒキの花の蕾は既に発見していたし,最近ではあちこちで見かけるようになったのだが,花の咲いているものはなかなか見つからなかった。今日になってやっと花が咲いているものを見つけた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2005/08/04 00:44
キツネノマゴ
散歩していたら,1週間くらい前からシソ科の植物のようなピンク色の小さな花をつけながら,葉と茎はゴマノハグサ科の植物のような妙な植物が目につくようになった。調べてみたら,キツネノマゴだと分かった。何とハグロソウと同じキツネノマゴ科の植物だった。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 2

2005/08/04 00:35
キンエノコロ
散歩していたら,金色の剛毛をもったエノコログサが穂を出しているのを見つけた。どうやらキンエノコロらしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/03 08:01
庭のヒマワリ
自宅の周囲のお宅や畑などには大きなヒマワリがたくさん咲いているのだけれども,わが家のヒマワリはあまり大きく育たなかった。でも,どうにか咲くことは咲いた。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/03 07:32
ブルーサルビア
私が小さい頃には花壇のサルビアと言えば真っ赤な花を咲かせるサルビアしかなかった。いつの頃からか知らないが,濃い青紫色のサルビアの花も花壇をびっしりと埋めるようになった。散歩していても,あちこちで見かける。いつの日か,12色のサルビアが花壇を彩る日が来るのだろうか?(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/03 06:46
フロックス ・パニキュラータ(オイランソウ,クサキョウチクトウ)
散歩していたら,ある公園の花壇で白いぼんぼりのような花が咲いているのを見つけた。アジサイのように小さな花が集合して花全体としてはぼんぼりになっているのだが明らかにアジサイの仲間ではない。調べてみたら,オイランソウまたはクサキョウチクトウとも呼ばれるフロックス ・パニキュラータの花だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/02 20:42
シラヤマギクの花
散歩していて近くの山にある松林の下を通る日当たりの比較的良い道の路傍で見つけたキク科の植物のような花の名前がやっと分かった。シラヤマギクだった。キク科植物の識別・同定もかなり大変なのだと理解した。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 0

2005/08/02 19:37
オオニシキソウの花
自宅の庭でコニシキソウの花が咲いている。コニシキソウの近縁種の花も観たいと思っていたのだが,散歩していたら,オオニシキソウが小さな白い花を咲かせているのを見つけた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/08/02 18:28
ヤマノイモの花
散歩していたら,ヤマノイモの花があちこちで咲き始めているのを見つけた。オニドコロよりも遅く咲き始めるようだ。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2005/08/02 18:01
クサギの花
「クサギの花の蕾」で紹介したクサギの花が咲いていないかと期待しつつ,ちょっと寄ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/02 17:43
ミズタマソウの花
「ミズタマソウと思ったらタニタデ」で書いたとおり誤認してしまったようなので,「どこかにミズタマソウの花はないか」と探すような気持ちを内心に抱いていたのは事実だが,それにしても探し始めてすぐの散歩中に足元に咲いているのを見つけたときはびっくりしてしまった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/02 17:31
クサギの花の蕾
無名子さんが「お天気雨」でクサギの花のことを書いておられた。私も近くの山の中でクサギの木を見つけているのだが,蕾のままでそこから先に進まない。何度か足を運んだみたのだがまだ蕾のまま・・・ ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/02 07:03
実が落ちた後のエノコログサ
散歩していたら,林の中の道路脇でひげもじゃの花のようなものを見つけた。最初は何なのか分からなかった。でも,わずかに残ったイネ科の植物の小穂の痕跡から推測して,エノコログサだと突き止めることができた。実が落ちて,小穂の基部の剛毛だけが残されているのだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/02 06:31
ミヤマタムラソウの花
過日,榛名山にユウスゲを観に行った際,アキノタムラソウではないかと思って写真を撮ったものの少し違うようなので調べていた花の名前がやっと分かった。ナツノタムラソウの変種でミヤマタムラソウの花だった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2005/08/01 23:09
ナツアカネ(メス)
トンボもやり始めるとキリがない。特に「アカトンボ」の仲間は相互に非常によく似ているので丁寧に見ないと識別できない。写真を整理していたら,ナツアカネのメスと思われるトンボの写真が混じっていることを発見(?)した。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/01 22:21
マユタテアカネ(メス・端斑型)
7月中旬に信州松本に出かけた際,松本市内の旅館の庭でノシメトンボのようなトンボがいたので写真に撮っておいた。今日,その写真を見直していたら,ノシメトンボではなく,マユタテアカネの夏色のもので,かつ,メスの端斑型のものだと分かった。一応何でも写真に撮っておく意味はあると思った。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2005/08/01 21:21
ヒイロタケ
1週間ほど前に山を散策していたときにサクラと思われる木の切り株に朱色の鮮やかなキノコが密に生えているのを見つけた。サルノコシカケの仲間だろうと思い調べてみたら,ヒイロタケだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/08/01 20:58
ヒメキンミズヒキ
先日,近くの山を散策していて見つけた花の中で,キンミズヒキのようなのだけれども少し違うと思ってずっと考えていた植物があった。今日になって,偶然に,それがヒメキンミズヒキだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/08/01 20:15
モナルダの花(紫色)
赤紫色で2段になっているちょっと変わったタイマツバナ(べルガモット)の花については既に書いたとおりだが,散歩をしていたら,あるお宅の庭にオーソドックスなモナルダの花が咲いていた。ちょっと失敬してパチリ。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/01 19:24
コブシの実
春先に桜からちょっと遅れて白い花を咲かせていたコブシの木に拳骨のような実が大きく稔っていた。秋までに更に成熟し,真っ赤な色になる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/01 18:33
エゴノキの実
春に白い花によって見る者の目を楽しませてくれたエゴノキの実が熟しつつある。青白っぽいギンナンのような形をした実だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/08/01 17:58
夏に咲くヤマブキの花
ヤマブキの花は,春に咲くものとばかり思っていたのだが,夏になったこの時期にもポツリポツリと咲いているのを見かける。天変地異の兆しなのかとも思ったが,どうやら夏にも少し咲くのが普通らしい。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2005/08/01 12:48
バアソブの花
市営の自然観察林にちょっと寄ってみたら,ここで栽培されているバアソブ(婆ソブ)が花を咲かせていた。バアソブに対してツルニンジンはジイソブ(爺ソブ)とも呼ばれているようだ。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/01 12:29
ゴマ(茶ゴマ?)の花
里山を散策し,畑の脇を通ったら,比較的大きな植物にジキタリスのような感じの花が咲いているのが目に入った。よく観るとジキタリスではない。畑だから農家で栽培される植物に違いないと考え,いろいろと検索してみたら,やっとゴマの花だと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/31 23:07
ショウリョウバッタ(褐色型・メス)
水田でイネの花を観ていたら,目の前の葉にショウリョウバッタがとまってじっとしていた。隠れているつもりらしい。絶好のチャンスに,思わずシャッターボタンを押した。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/31 18:19
イネの花
日本人にとって最も身近な植物でありながら,イネの花を見たことのある人はあまりいないかもしれないし,そもそも花が咲くことさえ知らない人も決して少なくないのではないかと思う。水田を散歩していたら,イネの花が咲き始めていた。もしかすると,早生の品種だけなのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2005/07/31 18:03
オモダカ
いつも行っている里山のあたりを散策してみた。田圃には稲穂が伸び,オモダカのユニークな葉と白い花がちらほら見えていた。泥で足をすべらせないように注意しながらどうにか撮影に成功。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/31 17:37
ハナイカダの実
他のblogでハナイカダの実の写真がポツポツと掲載され始めたようなので,自宅の近くのハナイカダの生えている場所まで行ってみた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/31 16:52
アメリカフヨウ
散歩していると,近隣のお宅の庭で大きなハイビスカスのような花が咲いているのを見かけるようになった。赤,白,ピンクなど様々な色の花が咲いている。アメリカフヨウという植物らしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/31 09:04
ミズタマソウと思ったらタニタデ
山の湿原近くの林の中も少し散策した。路傍に何やら濃い緑色をした葉で背の高くない植物が群生しており,どうやら花らしきものをつけている。それはとても小さいものなのでしゃがみこんこんで観察してみたら,やはり花だった。ミズタマソウの花のようだ。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 6

2005/07/31 07:41
ヤマアワ?
山の中の小さな湿原を歩いていたら,2本だけだったけれども,比較的大きな薄緑色の穂を出しているイネ科のような植物を見つけた。あとで調べてみたら,どうやらヤマアワの穂のようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/31 07:01
クサアジサイ
榛名湖を訪れた際,クサアジサイの蕾が開きかけているのを見たのだが,山道のドライブをしていて,やや深い山地の林道に近い道路を走っていたら,道路端にいくつものクサアジサイが群生し,綺麗に花を咲かせていた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/30 21:44
ドクゼリの花?
山の中の湿原でセリのような白い穂を出している背丈の高い植物を見つけた。しかし,70センチ〜1メートル前後と背丈が高く,セリのような香りがなく,葉の形も尖っていて異なっている。どうやらドクゼリの花のようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/30 21:18
イワアカバナの花
山の中の湿原をちょっと歩いてみた。フウロソウのような雰囲気を持っているやや小さな花を見つけた。花弁の形はビランジのような感じに2裂しているのだがビランジではない。しかも,花弁が4弁であり,超小型のボンボリのようなちょっと変わった形のメシベをしている。何だろうと思って調べてみたら,イワアカバナの花だった。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2005/07/30 20:35
ルリシジミ
林道のようなところを通って小さな湿原に寄ってみた。標高はそう高くない。花の時期を過ぎているものが多かったので葉ばかりだったとはいえ,やや高層の湿原ならではの植物があるということが分かった。ちょうどチダケサシの花が満開状態だったのだが,その花を観ていたらルリシジミやハチなどがやってきて盛んに蜜を吸っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/30 19:36
チョウトンボ
ドライブの途中で休憩に寄った場所の池には,いろんなトンボが飛び回っていた。その中でもひときわ美しくメタリックブルーに輝きながら水面近くをぐるぐると周回していたのはチョウトンボだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/30 19:06
オオアワダチソウ
山道をドライブしながら,小さな盆地のようなところの田圃の脇の道を走っていたら,道路端に黄色の花が続いている場所があった。セイタカアワダチソウの花に似ているが少し違う。帰宅してから調べてみたら,オオアワダチソウだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/30 18:51
フシグロセンノウの花
ちょっとだけ遠出をして茨城県と福島県の県境あたりの山道をドライブしてきた。月がかわるたびに道路脇の草花の様子も違って見える。野草もどんどん交代するようになっているらしい。道路脇にコスモスのようなオレンジ色の花がちらりと見えたのでクルマを停めた。のっぽの茎の先に咲いたフシグロセンノウの花だった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2005/07/30 18:23
庭のコニシキソウ
ちょっとサボっていたら,庭に雑草がたくさん生えてしまった。少しだけ草むしりをしてみた。色んな雑草が混じっている。その中にコニシキソウもあった。ついつい草むしりの手を休めて写真撮影をしてしまう。(笑) ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2005/07/30 06:38
コムラサキの花
散歩していたら,コムラサキの花が咲いているのを見つけた。実はしばらく前から咲いているのを目にしていたのだが,ずいぶんと長い間裂き続けている。それにしても,やっとコムラサキを見分けることができるようになったようだ。(笑) ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2005/07/29 21:39
ヤマトシジミ
1ヶ月ほど前に観たシジミチョウの写真を整理していた。調べてみたら,ヤマトシジミだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/29 21:24
リンゴコフキゾウムシの亜種
6月下旬に美ヶ原高原に行った際に撮った昆虫の写真を整理していたら,その中にゾウムシの写真があった。調べないままにしてあったので調べてみたら,どうやらリンゴコフキゾウムシの亜種らしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/29 20:54
ウラジャノメ
7月初旬に日光中禅寺湖に行ったのだが,その時に撮影した昆虫の写真を整理していたら,ウラジャノメが写っている写真があった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/29 20:03
モクゲンジの実
モクゲンジの実を見た。黄色の美しい花は小石川植物園で観ていたのだが,高いところに咲いていたので良い写真を撮れなかった。今回,別のところでモクゲンジの木があることを知ったので,来年は花の写真をぜひ撮りたいと思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/29 19:38
オオケタデの花
ある花壇で,非常に大きなタデ科の花を見た。背丈は1.5メートル以上あり,葉も長さが20セント〜30センチくらいあり幅広でとても大きい。花の形はイヌタデなどと似ているがサイズがでかい。調べてみたら,オオケタデだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/29 19:20
庭のグラジオラスの花(紫色)
庭のグラジオラスの花については既に書いたとおりであり,そこで紹介した赤い花はまだ2本ほど咲き続けている。昨日あたりから,紫色のものが花を咲かせ始めた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/29 18:26
ミドリヒョウモン(メス)
ミドリヒョウモンのオスについては既に書いたとおりだが,写真を整理していたら,同じときに撮った写真の中にメスの写真も混じっていた。よく見ないと違いが分からないが明らかにメス。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/29 18:08
ダイミョウセセリ(東日本産型)
散歩していたら,黒っぽい小型のチョウがゆったりひらひら飛んでいるのを見つけた。ウツボグサにとまったので写真を撮った。そのときはセセリチョウの仲間だとは思わなかったのだが,あとで調べてみたらダイミョウセセリの東日本産型のさらに変種だと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/29 17:25
北の丸公園のメハジキの花
皇居東御苑を北桔橋門から出て,最後の目的地である北の丸公園に向かった。夏休みとあって子供向けのイベントなどがあったらしく,科学技術館のあたりではやや人気が多かったが,池の西側のほうはほとんど人がおらず,とても涼しくて,息抜きには最高の場所だった。木陰の道をブラブラあるいていたら,メハジキの花が群れをなして咲いているのを見つけた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/28 22:42
皇居のムクゲ(八重)
皇居天主台の裏のほうには花の咲く樹木が何種類か植えられており,八重のムクゲの花が綺麗に咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/28 21:58
ゴンズイの実
皇居東御苑二の丸にあるゴンズイの木を観てみたら,その実が赤くなっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/28 21:15
ブタクサの花
皇居東御苑の二の丸雑木林をブラブラしていたら,ブタクサの花が咲いているのを見つけた。ブタクサは,夏の花粉症の原因となる植物としてあまりにも有名になってしまっている植物だ。だが,その花をじっくりと見たことのある人は意外と少ないのではないだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/28 21:03
皇居のキツネノカミソリの花
台風の去った後のものすごい暑さの東京を移動し,皇居東御苑の二の丸雑木林のあたりをブラブラしてみた。おそらく植栽されたものと思われるキツネノカミソリの花が咲いていた。正確には,咲き終わりの状態であり,1輪だけまともな花があった。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/28 20:19
オヒシバ
浜離宮公園の牡丹園のあたりでは,他のイネ科やカヤツリグサ科の雑草と混じって,オヒシバもかなり多数観察することができた。ただし,これも刈り取られる最中だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/28 19:54
タイヌビエ
浜離宮公園のほぼ全域にわたってタイヌビエが生い茂っていた。特に湿気の多い場所には繁茂していた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/07/28 19:36
コゴメガヤツリ
浜離宮公園は,東京湾の満ち干によって海水が園内に出入りする構造になっており,当然のことながら湿気の多い環境ということになる。そのため,やや湿気の多い環境を好むコゴメガヤツリもたくさん生えていた。ただし,牡丹園周辺では,今日中に全部刈り取られてしまいそうな感じだったのだが・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/28 19:04
ハマスゲの花
浜離宮公園には,ハマスゲなど何種類かのカヤツリグサが生育していた。とは言っても,ちょうど草刈中だったので,明日には綺麗さっぱり消え去ってしまっている可能性がある。危機一髪で撮影できたということになるのかもしれない。(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/28 18:37
浜離宮公園のシロカノコユリ
ちょっとめんどうでかかりっきりだった仕事が午前中で一応終わったので,昼食後の3時間くらいの空き時間を利用して,浜離宮,皇居東御苑,北の丸公園をハシゴしてみた。浜離宮では「サクユリ」が咲いているという情報があったのだが,残念ながら散ってしまったようだった。1本だけ見つけたユリは白色のカノコユリのようだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/28 18:21
ヒメイワダレソウ
散歩していたら,ヒメイワダレソウの花が咲いているのを見つけた。小さな花で可愛らしい。個々の花をよく観るとランタナそっくりで面白い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/28 07:01
ジャノメチョウ
散歩していたら,ジャノメチョウが舞っているのを見つけた。ジャノメチョウの仲間も種類が多く,判別するのが大変だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/28 05:31
アメリカスズメノヒエの花と思ったらタチスズメのヒエの花
だいぶ前にシマスズメノヒエの花を観た。散歩していたら,アメリカスズメノヒエが花を咲かせているのをたくさん観た。ほとんど同じように見えるが,実物を観ていると,やはり個性の差があるように思える。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/28 05:06
アガパンサス・プラエコックス(アガパンサス・オリエンタリス)
つくば植物園でアガパンサス・プラエコックス(アガパンサス・オリエンタリス)の花を観た。アガパンサスの花は公園の花壇や畑の隅などあちこちでよく観るが,普通植えられているのは交配品種なのだそうだ。ちなみに,「アガパンサス」ではなく「アガバンサス」だと思い込まれていることが多いのも面白い。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/27 06:01
サラセニア・レウコフィラ
つくば植物園には食虫植物ばかり集めた場所がある。そこには筒状の捕虫嚢を持った植物が何種類か植えられている。本当に虫を捕らえるのかどうか知りたくて捕虫嚢の中を覗いてみたら,たしかに捕らえているようだった。これも驚きだ。(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/26 21:47
ビロードテンツキの花
過日,ひたち海浜公園に寄った際,ビロードテンツキの小穂に花が咲いているのを観た。花と言ってもテンツキの仲間の花なので,イネ科植物などと同じように花弁があるわけではない。でも,素晴らしい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/26 19:09
ハマゴウの花
過日,ひたち海浜公園を訪問した際,ハマゴウの花が咲き始めているのを観た。砂浜に這うようにして枝を伸ばし,ところどころに紫色の花を咲かせていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/26 18:47
マルバノハマシャジン
つくば植物園でマルバノハマシャジンの花を観た。ハマシャジンの一種なのだろう。ハマシャジンとはツリガネニンジンの海岸型で,ほとんど絶滅状態にある植物なのだそうだ。どうりで自然の状態ではどこにも見かけない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/26 18:28
ツルガシワの花
数日前,散歩していたらツルガシワと思われるツル植物の花を観た。ツルガシワは本州中国地方以西に分布する植物だと図鑑に書いてあったので別の植物ではないかといろいろと検討してみたのだが,やはりツルガシワのようだ。つまり,関東地方である茨城県の山野にも自生している。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/26 08:43
ノササゲの花
数日前,散歩していたら,まだ低い松の枝にからまっているツル植物が黄色っぽい花を咲かせているのを見つけた。何の花か分からなかったのだが,やっとノササゲだということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/26 08:20
エンキクリア・ラディアタ
つくば植物園の温室でエンキクリア・ラディアタの花を観た。これも比較的小型の花を咲かせるランなのだが,純白の装いが美しい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2005/07/26 04:20
エウフォルビア・ビグイエリ(フンカリュウ)
つくば植物園の温室で面白い植物の花を観た。トウダイグサの仲間なのだが,砂漠や岩地のようなところに適応して茎と葉がほぼ完全にサボテン状態になっている。花も何となくサボテンの花に似ている。知らないで見たら,誰でもサボテンだと思ってしまうだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/26 03:59
エンキクリア・ベリゼンシス
つくば植物園の温室でエンキクリア・ベリゼンシスの花を観た。比較的小さな花だが,熱帯ランらしい形をしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/25 23:18
アマナラン
つくば植物園でアマナランの花を観た。プレートには「アマナシラン」と書いてあったが,「アマナラン」と呼ぶのが普通のようだ。シランを大型にしたような植物だった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/25 20:40
エウコミス・アウツムナリス(パイナップル・リリー)
つくば植物園でエウコミス・アウツムナリスの花が咲き始めていた。ヒアシンスの仲間らしいのだがパイナップル・リリーとも呼ばれているようにパイナップルのような形の面白い花を咲かせる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/25 20:02
ハナトラノオ(カクトラノオ)
つくば植物園で「カクトラノオ」と書かれたプレートのある植物の花を観た。調べてみたら,普通はハナトラノオと呼ばれている植物だと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2005/07/25 19:45
シキンカラマツの花
つくば植物園でシキンカラマツの花を観た。薄紫色の落ち着いた感じの花だった。いつか自然の中でも観てみたい。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2005/07/25 08:31
ハス(大青楷)
つくば植物園でハスの花を見た。何という品種なのかよく分からないのだが,根元のところを見たら,「ハス'大青楷'」と書いたプラスチックの札がささっていたので,たぶんこの花の品種名なのだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/25 07:52
ゴルドニア・ラシアントゥス
つくば植物園の温室の間の場所でゴルドニア・ラシアントゥスの花が咲いているのを見た。大きなナツツバキといった感じの花だった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/25 07:31
セイヨウニンジンボク
つくば植物園の温室の脇でセイヨウニンジンボクの花を見た。紫色の花序を上に伸ばして風に揺れる様はとても綺麗だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/25 07:18
ニガクリタケ
散歩していたら,松林の中でマツと思われる切り株に黄色のキノコが密集して生えているのが見えた。どうやら猛毒のニガクリタケのようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/25 07:04
シロオニタケ
散歩していたら,コナラとサクラなどの混じる落葉樹の林で白く大きなキノコを見つけた。成長途中のシロオニタケのようだ。まだまだ大きくなる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/25 06:48
モンキチョウ(白色型メス)
散歩していたら,ウツボグサのあるところで白っぽいチョウが舞っていた。モンシロチョウかと思ったのだが少し黄色っぽいので写真を撮っておいた。どうやらモンキチョウの白色型のメスのようだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/25 06:31
ミドリヒョウモン(オス)
ヌマトラノオの群落のあるところで普通のヒョウモンチョウとちょっと違うチョウを見た。あとで調べてみたら,ミドリヒョウモンだった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/24 21:26
ヒメウラナミジャノメ
散歩していたら,ヒヨドリグサの花で比較的小型のジャノメチョウが密を吸っているのを見つけた。あとで調べてみたら,ヒメウラナミジャノメのようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/24 21:08
イヌホオズキ
散歩していたら,道端でイヌホオズキの小さな花が咲いているのを見つけた。アメリカイヌホオズキの花は田圃の畦のようなrところで咲いているのを既に見ていたのだが,こうしてイヌホオズキと実際に比較してみると,違う植物だということがよく分かる。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/24 18:40
アオギリの花
散歩していたら,アオギリの花が咲き始めているのを見つけた。キリの葉ような大きな葉をしている。しかし,その花は,大きな大きな円錐花序についている割合には一斉に咲くわけではないようだし,白っぽくて小さいので少し地味だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/24 18:25
オニドコロの雌花
散歩していたら,オニドコロの雌花を見つけた。オニドコロの雄花を見て以来,ずっと気をつけていたのだが,やっと見つけたという感じだ。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 0

2005/07/24 18:10
ヌスビトハギ
散歩していたら,細長くまっすぐ伸びた細長い花序にパラパラとピンク色の小さな花をつけている植物を見つけた。背丈も結構高い。帰宅してから調べてみたら,ヌスビトハギらしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/24 17:34
ヒメツルソバ
散歩していたら,ママコノシリヌグイの花を少し大きくしたような淡いピンク色の花を咲かせ,茎は赤く,葉はミズヒキの葉を小型にしたような植物を見つけた。どうやらヒメツルソバのようだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/24 17:03
サルスベリの花
散歩していたら,公園の花壇にサルスベリの花が咲き始めていた。夏の花だ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/24 07:22
セイバンモロコシの花
散歩していたら,ススキのような形の大きなイネ科植物で,穂が赤みがかり,ススキよりも強靭な印象を与える植物を観た。どうやら帰化植物のセイバンモロコシのようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/24 06:54
カワラマツバ
榛名山の「ゆうすげの道」だけではなく榛名湖畔周辺の道路沿いにカワラマツバの花がいっぱいに咲いていた。個体数だけで言えば現時点で最も多い花かもしれない。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/23 23:16
ミヤマカラマツ
榛名湖畔の林の中で見つけた小さな白い花が何であるのか考えていた。明らかにキンポウゲ科の植物の葉の形をしているのだが図鑑でも見当たらない。そこで,Webで探してみたら,ミヤマカラマツの花の蕾だと分かった。そのとたんに,それまで普通のカラマツソウだと思っていた白い花が実にミヤマカラマツの花そのものだということに気付いた。カラマツソウの背をぐっと低くしたような感じの植物だ。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/23 22:52
クサアジサイの装飾花
榛名湖畔の林の中をちょっとだけ散策した。暗い林だったが白っぽい花が何種類か見える。その多くはカラマツソウとヤマアジサイだった。ところが,とても小さなアジサイのような花があった。花とは言っても咲き初めたばっかりで装飾花が1個だけ開いていた。クサアジサイのようだ。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/07/23 22:12
コアカソ?
榛名湖の周囲の道路沿いに真っ赤な茎をした植物がたくさん生えていた。どうやら紅色の蕾らしきものをいっぱいつけた花茎のようなものも出ている。帰宅してから調べてみたら,コアカソの花の蕾のようだ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/23 21:01
ゲンノショウコ
榛名湖の周囲をぐるりと回るドライブをしようと思いクルマを走らせていたら,散策路のようなものがある林が目に入った。ちょっとクルマを停めて散策してみた。すぐ足元にゲンノショウコが1本だけ咲いていた。咲き始めのようだ。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 2

2005/07/23 20:15
榛名山の変わったニガナの花
榛名山でちょっと変わったニガナの花を観た。形は完全にニガナなのだけれども色が白っぽい。しかし,シロバナニガナではない。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/07/23 19:54
榛名山のクガイソウ
美ヶ原でもクガイソウを観たが,榛名山の「ゆうすげの道」にもクガイソウが咲いていた。ルリトラノオかヒメトラノオじゃないかと期待したが,クガイソウだった。(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/23 19:30
榛名山のチダケサシ
榛名山の「ゆうすげの道」にはチダケサシがいっぱい咲いていた。私の住む茨城県の南部でもチダケサシが咲いているが,榛名山の霧の中で見るチダケサシの花は,その淡いピンク色がより一層鮮やかに冴えて見える。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2005/07/23 19:12
アサマシジミ(メス)
アサマシジミのメスが葉や花にとまっていると必ずと言って良いほど青色のオスがちょっかいをかけにくる。恋の季節なのだろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/23 18:59
アサマシジミ(オス)
榛名山の「ゆうすげの道」には美しい青色をしたシジミチョウがそこここで舞っていた。アサマシジミのオスのようだ。メスは焦げ茶色の地味な色をしている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2005/07/23 18:54
ユウスゲの花
榛名山にある「ゆうすげの道」に咲くユウスゲの花を観たくなって,日帰りで行ってきた。この場所は,無名子さんから「霧の中から」のところで教えていただいた場所だ。常磐道〜外環道路〜関越道〜伊香保〜榛名山をほぼノンストップで往復した。休憩しなければ結構短時間で往復できることも分かった。(笑) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2005/07/23 18:33
ドクぜリの花
散歩していて沼沢地を歩いていたら,ヒメクグやミコシガヤなどに混じって白い花を咲かせているセリのような植物が群生していた。「こんなところにセリ?」と思ったが,葉の形状などからドクゼリではなくセリのようだと思った。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 5

2005/07/23 06:38
ヒメガマの穂
「まさかこんな事件が起きるとは・・・・」。散歩の途中で寄った沼沢地で風にそよぐ薄茶色のヒメガマの穂を見ながら,私の気持ちは複雑だった。どの植物にもキノコにも何らかの薬効成分が含まれている。薬もあるし毒もある。しかし,万能薬になる植物など存在するはずがないのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/23 00:07
フサフジウツギ(白色)
散歩していたら,白色の花を咲かせているフサフジウツギの木を見つけた。紫色の花を咲かせるフサフジウツギは,結構あちこちで目にするのだが,白色のものを観るのは初めてだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/22 21:59
オミナエシ
散歩していて,草原から田圃のほうに歩いていたらオミナエシが咲いているのを見つけた。黄色い小さな花が集まって咲いているのだが,とても優しい感じがする。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2005/07/22 21:06
ノカンゾウ
散歩していて,林を抜けて草原のあるところに出たら,ノカンゾウの群落が待っていた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/22 20:37
林の中のハンゲショウ
散歩していたら,林の中でハンゲショウが群生している場所を見つけた。既に花期を終えつつあるところだったが,何だかんだ言っても自生のハンゲショウだ。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/22 20:26
ヒメカメノコハムシ
散歩していたら,ヒユの仲間らしい葉の上に非常に小さなカメノコハムシの仲間が動いているのを見つけた。帰宅してから調べてみたら,ヒメカメノコハムシだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/22 20:06
ツチカブリ
散歩をしていたら,サクラ,シイ,カシなどの混じる林の下の地面に白く大きなキノコが群生しているのが見えた。近くに寄って見てみると,シロハツとよく似ているけれども傘の裏側のヒダが密になっており,しかも,白い乳液を出すものだったので,シロハツでもツチカブリモドキでもなく,ツチカブリだと判断した。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2005/07/22 19:45
ツヤウチワタケ
散歩していたら,カシ,コナラ,シイ,モミなどが乱雑に入り混じる林の地上に年輪のような模様で直径4センチほど,半円状の2枚の傘が一緒になったような形の傘をしたキノコが生えているのを見つけた。傘が硬いので妙だと思って葉をよけてみたら,枯葉に埋もれた枯れ枝に生えているキノコだった。あとで調べてみたら,ツヤウチワタケのようだということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/22 19:23
ボタンイボタケ
散歩していたら,サクラとコナラの混じる林の木陰の草原に八重咲きのボタンの花のような形になって生えているキノコを見つけた。全体の直径は25センチくらいで比較的大きい。帰宅してから調べてみたら,どうやらボタンイボタケらしいということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/22 19:00
ミズカンナ
小石川植物園でミズカンナの花を観た。ずいぶんと図体のでかい植物だし,花も大きいのだが,いまいちパッとしない花だと思った。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/22 18:37
キクイモモドキ(ヘリオプシス,ヒメヒマワリ)
小石川植物園の標本園でキクイモモドキの花を観た。キクの花の一種のように見えるのだが,ヒメヒマワリという別名もあるという。それにしても,キクイモのモドキとはどういう意味なのだろうか? ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2005/07/22 18:19
トウゴマ(ヒマ)の花
小石川植物園の薬園保存園でトウゴマの花を観た。ヒマシ油をとる植物で,古くから薬用植物として利用されてきたのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/22 09:11
オオボウシバナ
小石川植物園の事務所のところを過ぎてそのまま進むと売店がある。売店でジャムパンを1個買ってランチ代わりに食べた。この売店の前後に分類標本園と薬園保存園があり,花の特徴などを実際に観て覚えるのに非常に役にたつ。標本園では,オオボウシバナの花が最盛期のようだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/22 08:48
フユサンゴの実
小石川植物園の入口を入って短い坂道を登ると事務所のあるところに出る。そのすぐ右手の木陰にフユサンゴが植えてある。5月の下旬に白い小さな花を咲かせているのを見たのだが,もう実がなっていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/22 08:28
ハマナツメの花
ちょっと時間が空いたので久しぶりに小石川植物園に行き,30分くらい散策してきた。植物園の入口を入ってすぐ右手のところに植えてあるハマナツメが可愛らしい花を咲かせていた。初めて観る花だった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/22 08:17
ヤブミョウガの花
散歩していたら,比較的背の高い茎の上に白い花を咲かせている植物を見つけた。葉の形が「何となくミョウガに似ているなあ」と思いながら帰宅し,調べてみたらヤブミョウガだった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/22 07:59
ハグロソウ
散歩していたら,妙な花を見つけた。ベロが上下に2枚開いているような花だ。調べてみたらハグロソウだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 4

2005/07/21 23:02
ミズヒキの花の蕾
散歩していたら,ミズヒキの茎(花穂)が長く伸びて蕾をつけているのを見つけた。ずっと葉ばかり見ていて待ち遠しかったのだが,やっと花と出遭えそうだ。(笑) ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2005/07/21 14:42
ヤブランの花
散歩していたら,ヤブランの花が目に入った。長く伸びた茎(花茎)の上に小さな薄紫色の花がずらりと並んでいる。可愛らしい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/21 14:25
ミヤマカミキリ
クルマにガソリンを補給するために寄ったガソリンスタンドで給油機の前で停止しエンジンを止めてふと観ると,目の前の給油機の少しへこんだところに体長5センチくらいの大きなミヤマカミキリが隠れていた。きっと,夜間照明に誘われてやってきたまま逃げ遅れてしまったのだろう。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2005/07/21 08:10
クロウメモドキの葉を食べるニレハムシ
過日,つくば植物園を訪問した際,クロウメモドキの木を見て「来年はこの木の花の写真を撮りたい」と思っていたら,その葉を食い荒らしている最中の体長6ミリ前後のハムシがたくさんいることに気付いた。調べるのを忘れていたのだが,図鑑で調べてみたらニレハムシだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/21 07:16
スカシユリ(自生種)の花
スカシユリについては,「砂丘のスカシユリ」と「庭のスカシユリ」のところでも触れたが,これが自生種だろうと思われるスカシユリの花を見た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/21 06:43
ヤマユリ
散歩していたら,ヤマユリの花が咲いているのを見つけた。農家の畑の一隅に咲いているのを見かけることもあるが,やはり山野で咲いているヤマユリが一番良い。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2005/07/21 06:08
ウイキョウ(フェンネル)の花
山林内の草叢の中にウイキョウの花が咲いているのを見つけた。何でそんなところにあるのかは分からないが,とにかく咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/20 22:01
コテングタケモドキ
林の中を散歩しているとキノコを目にすることが非常に多くなった。というよりも,散歩しながらもキノコのありそうな地形のほうについ足が向いてしまっている。でも,良い食用キノコは既に採取されてしまっていることが多く,たくさん生えているのは毒キノコばかりだったりすることもある。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/20 20:41
ミミブサタケ
散歩していたら,落葉樹の林の下で焦げ茶色の変わったキノコを見つけた。触ると煙突から煙を出すようにして胞子をたなびかせる。調べてみたら,ミミブサタケだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/20 20:05
ヌマトラノオ
散歩していらら,黄緑色の草原の中に白く直立したヌマトラノオの花が一面に咲き競っているお花畑のようになって群生しているところに出た。素晴らしい! ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2005/07/20 18:41
イチモンジカメノコハムシ
散歩していたら,ムラサキシキブらしい葉の上に1センチにも満たない小さなカメノコハムシの仲間が動いているのが目に入った。帰宅してから調べてみたら,イチモンジカメノコハムシだった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 1

2005/07/20 18:18
ヤブコウジ(十両)の花
松林の中を散歩していたら,無名子さんが「葉っぱの底で」で紹介されていたヤブコウジの花が咲いているのを見つけた。ウメガサソウやオオウメガサソウと同じように非常に小さい花で,しかも,下を向いているので花の写真家にとっては困り者の花かもしれないが,可愛らしい。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 8

2005/07/20 17:51
オトギリソウ
散歩していたら,野原の中にポツリポツリと黄色の花が咲いているのが目に入った。草の丈はそんなに高くないが細長い茎の頂点に数個の小さな花が咲いている。近づいてみると,オトギリソウだった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/20 17:20
ニセアシベニイグチ
キノコを求めて山林を散策していたときに傘の裏の網目状の特徴からイグチ科と思われるキノコを見つけた。鮮やかな黄色の地に赤色が混じった柄が美しい。採取して持ち帰ったら傷んだ部分が青インクの色のように変色していて気持ち悪くなったので捨てることになったのだが,よく調べてみたら,食用のイロガワリではなく毒キノコのニセアシベニイグチだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/20 08:10
ツルマンネングサ
以前,コモチマンネングサをツルマンネングサと誤認したことがあった。それ以来,ツルマンネングサを探し続けていたのだが,やっと見つけた。道路の側溝にはびこっていた。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2005/07/20 07:13
フジハムシ?
先日,美ヶ原高原に行った際,2000メートルくらいのところで小さな赤色のハムシを見つけた。平地であればどこにでもいるフジハムシのようなのだが,もしかすると違うかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/20 06:56
イワシモツケの花
先日,美ヶ原の王ヶ頭に行った際,山頂付近でピラカンサに似たような花を咲かせる背の低い植物を観た。何の花なのか分からなかったのだが,やっとイワシモツケの花だと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/20 06:31
イケマの花
先日,美ヶ原高原に行った際,林道の路傍で白く小さな花を咲かせながらガードレールにからみついているツル植物を見つけた。調べてみたら,イケマの花だった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/19 23:56
ニガクサ
散歩していたら,シソ科と思われる植物に小さな紫色の花が咲いているのを見つけた。イヌコウジュの花にちょっと似ているけど明らかに違う。ハッカでもなさそう。調べてみたら,ニガクサの花だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/19 23:40
キバナカワラマツバ
先日,霧ヶ峰に行った際,八島ヶ原湿原の南西の草原でカワラマツバのような花を観た。カワラマツバとちょっと違うような感じだったので調べていたのだが,どうやらキバナカワラマツバのようだということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/19 23:10
ヤナギタンポポの花
先日,霧ヶ峰に行った際,路傍に黄色いタンポポのような花が咲いていた。花はタンポポのような感じなのだが背が高く,茎が枝分かれし,葉はヤナギの葉に似ている。調べてみたら,ヤナギタンポポのようだということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/19 22:24
スジアカハシリグモ
散歩していたら,ヒヨドリバナの上に陣取っているクモを見つけた。きっと花に寄ってくるアブなどを待ち構えているのに違いない。あとで調べてみたら,スジアカハシリグモだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/19 21:43
マツアナアキゾウムシ
散歩していたら,松や落葉樹の混じる林の中の道のそばでやや細長いゾウムシを見つけた。調べてみたら,マツアナアキゾウムシだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/19 21:23
コウリンタンポポ
戦場ヶ原に行った際,道端で赤いタンポポのような花をみつけた。何の花か分からなかったのだが,たまたまコウリンタンポポだということが分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/19 21:04
庭のグラジオラスの花
妻が球根を買ってきて庭の隅に植えておいたグラジオラスが花を咲かせた。最初に咲いたのは朱色の花だった。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2005/07/19 08:17
バラ:ヨハンシュトラウス
花の写真を撮り始めてまだ日が浅いが,気付いたら花のテーマが1000になってしまっていた。自分でもびっくり。先月撮った写真だけど,私のお気に入りのバラ:ヨハンシュトラウス(1996年フランスで作出)の写真で花のテーマ1000個目を飾ることにする。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/19 07:57
ラムズイヤ(ヒツジノミミ)の花
散歩していたら,ビロードモウズイカのような感じでありながら紫色の花を咲かせている奇妙な植物を見かけた。ひょんなことから,その名がラムズイヤ(ヒツジノミミ)だということを知った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/19 00:18
アオツヅラフジの雌花
散策をしていたら,よく見るつる植物がとても小さな花を咲かせているのを見つけた。あとで調べてみたら,アオツヅラフジの雌花と分かった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/18 22:32
オカトラノオの花の蜜を吸うメスグロヒョウモン(メス)
多くの種類のキノコを見たりしながら山道を降りようとしていたら,最後の花を精一杯咲かせているオカトラノオの花に比較的大型のタテハチョウ科のチョウが来ているのを見つけた。あとで調べてみたら,メスグロヒョウモンのメスのほうだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/18 21:32
オジロアシナガゾウムシ
キノコを探しながら山道を歩いていたら,路傍の草の上にパンダのように白黒の色分けをしたゾウムシが歩いているのを見つけた。あとで調べてみたら,オジロアシナガゾウムシだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/18 20:01
ヒグラシ
キノコを求めてコナラなどの生い茂る林の中を散策していたら,地面に生えた短いササの間にヒグラシが落ちていた。まだ生きていたが何となく頼りない。夏の間の短い生命を使い果たしてしまいつつあるのかもしれない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/18 19:34
オニドコロの雄花?
キノコを求めて山林を散策していたら,やや明るい道路脇にヤマノイモ科と思われるツル植物がはびこっており,その中に小さな緑色の花を咲かせているものを見つけた。どうやら,オニドコロの雄花のようだ。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 2

2005/07/18 18:54
キシメジ(キンタケ)
コナラやサクラなどが混じる比較的明るい林地を散策していたら,全体がレモンイエローのキノコが生えているのを見つけた。どうやらキシメジ(キンタケ)のようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/18 17:27
イヌトウバナ
キノコを求めて山の中を散策していたら,日陰になっているところにハッカのような形の葉をしていて白くちっちゃな花を咲かせている植物を見つけた。しかし,ハッカの香りがしない。どうやらイヌトウバナのようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/18 17:04
フクロツルタケ
キノコがたくさん生えるところには他の種類のキノコもたくさん生えることが多い。だから,周囲を丹念に見渡すと面白いキノコを発見することができる。というわけで見渡してみたら,毒キノコのフクロツルタケが何本も生えていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/18 16:31
シロハツ
キノコを求めて山林を散策し,大きなコナラ木がまばらに生える草原のようなところに出たら,シロハツがいくらでも生えていた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/18 16:04
アキノタムラソウの花
キノコを求めて別の山林に行ってみた。山でもやはり暑いときは暑い。汗をかきながら散策していると,アキノタムラソウが咲き始めているのを見つけた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2005/07/18 15:44
筑波山頂のテングチョウ
久しぶりに筑波山に登ってみた。とは言ってもロープウェイで一気に山頂近くまで行ってしまう。売店のあるあたりを散策していたらテングチョウが舞い降りて地面の水を吸っていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/18 08:02
ニッケイタケ
キノコを求めて山を散策していたら,山道の脇の土が露出した斜面に小さいけれどもビロード状のとても美しい光沢をもったキノコが生えていた。何なのか分からなかったが,あとで調べてみたらニッケイタケだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/18 07:12
タマゴタケ
キノコを求めて散策していたら,真っ赤なキノコが目に入った。タマゴタケだった。テングタケの仲間であることがすぐに分かる形をしているが,毒キノコではない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/18 06:36
ムラサキヤマドリタケ
キノコを求めて山を散策していたらムラサキヤマドリタケがたくさん生えているのを見つけた。やや不気味な色をしているけれども食用キノコらしい。私は食べたことがない。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/17 22:48
サクラシメジ
キノコを求めて山を散策していたらすぐに食用のキノコが見つかった。郷里でも食べたことのあるサクラシメジだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/17 22:15
ツガノマンネンタケ
妻と子供を連れて近くの山にキノコを観に行ってきた。父がそうしてくれたように私も子供にキノコのことを教えることが目的だった。予想以上に豊かな山で,キノコがいっぱいあった。その中で最も素晴らしいと思ったのは霊芝と呼ばれるマンネンタケの一種でツガノマンネンタケだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/17 21:46
キツリフネの花
美ヶ原から武石村のほうへと下る途中でキツリフネの花がたくさん咲いているところを通りかかった。安全なところにクルマを停め,その花のところへと走り寄り・・・(笑) ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 2

2005/07/17 20:46
ミネヤナギ(またはタカネヤナギ?)の実
草叢の中に隠れそうになってしまっているけれど,美ヶ原高原の標高2000メートルくらいのところでミネヤナギ(またはタカネヤナギ?)と思われる植物の綿毛と実のようなものを見つけた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/17 19:53
霧ヶ峰高原のニッコウキスゲ
霧ヶ峰高原のあちこちにニッコウキスゲが咲いていた。八島ヶ原湿原では群生というほどでもなかったが,高原のやや乾いた草原のようなところでは群生しているのを何箇所か見つけた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/17 18:49
シロバナニガナの花
6月末に八島ヶ原湿原を訪れた際に柵の外側に咲いているシロバナニガナの花を見て以来,接写できるくらい近くで見られないものかとずっと思っていたのだが,遂にその機会を得ることができた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/07/17 18:44
シシウドの花
以前,ハナウドを見てシシウドと思い込んだことがあった。そのとき見たハナウドは林の中で群落をつくっており「壮観」という表現がぴったりだった。霧ヶ峰の八島ヶ原湿原でやっとシシウドと出遭えた。こちらは,「威風堂々」という表現がぴったりしているように思う。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/17 18:37
キンミズヒキの花
霧ヶ峰の八島ヶ原湿原の木道を歩いていたら,木道の間から黄色の小さな花が顔を出していた。しゃがんでよく見てみたらキンミズヒキの花だった。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/07/17 18:19
イタドリの葉の上のトゲカメムシ
イタドリの葉を見ていたら1センチくらいのカメムシが乗っていた。砂鋳型で鋳た鉄器のような光沢のある美しいカメムシだった。あとで調べてみたらトゲカメムシだと分かった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/17 09:06
イブキトラノオに群がるコヒョウモン
八島ヶ原湿原で最もたくさん見かけたチョウはコヒョウモンだった。とにかくたくさんいる。主にイブキトラノオの花に群がり,花を奪い合っていた。人間がいても眼中に入らないらしく,その写真を撮りたい私にとってはとてもラッキーだった。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/17 08:49
エビラフジ
八島ヶ原湿原の木道脇でエビラフジの花が咲いているのを見た。これまた花の形からマメ科の植物だろうということは分かったのだが,葉がちょっとマメ科くさくない感じだった。あとで別の花のことを調べていたら,たまたまエビラフジの写真と遭遇し,その名が分かった。(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/17 08:33
ハナチダケサシ
目下,霧ヶ峰の八島湿原ではハナチダケサシの大群落が花咲いているところを見ることができる。見ていたときはトリアシショウマかそれに類似する植物だろうと思っていたのだが,八島高原駐車場のところまで戻ってみると「いま咲いている花」の写真が掲示してあり,その中にハナチダケサシとして写っていたのがこの花だったので,ハナチダケサシという植物の存在を知ることになった。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/17 08:18
キンバイソウの花
八島ヶ原湿原ではキンバイソウの花が鮮やかに咲き始めていた。キンポウゲの仲間なのだそうだが,この花をもってキンポウゲの女王としてもよいのではないだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/17 08:05
八島ヶ原湿原のノハナショウブ
戦場ヶ原でもノハナショウブの花を見たのだが,八島ヶ原湿原でもノハナショウブがあちこちに咲いていた。すっきりしていて綺麗だ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/17 07:49
八島ヶ原湿原のカラマツソウ
美ヶ原からビーナスラインの景観を楽しみつつ八島ヶ原湿原に至り,しばし散策した。6月末にここを訪れたときとは様相が一変しており,別の高山植物が咲き乱れていた。湿原の木道の左右にカラマツソウがいっぱい咲いていた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/07/17 07:03
キバナノヤマオダマキ
美ヶ原で最初に黄色のヤマオダマキを見て以来,「これは誰の目から見ても間違いない」と言ってもらえるような間然に黄色い花を咲かせるヤマオダマキを探していたのだが,美ヶ原高原でやっと見つけることができた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/17 00:12
コケモモの実
6月末に美ヶ原を訪れたときには可憐な花を咲かせていたコケモモが真っ赤な実をつけていた。花も小さかったが実も小さい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/16 23:52
アカテンオトギリの花
美ヶ原特産のオトギリソウとしてアカテンオトギリなるものがあるということは以前から写真で知っていた。駐車場の周囲を散歩していたら,数本咲いているのを見つけた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2005/07/16 22:56
ホソバノキソチドリ
美ヶ原の王ヶ頭のあるあたりからいったん武石まで下り,もう一度登って美ヶ原高原美術館のあたりで休憩を取るのがいつもの私の行程だ。休憩がてら駐車場の周囲を少しだけ散策するのも常だし,今回もそうしてみた。すると,草叢の中にホソバノキソチドリが咲いているのを見つけた。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/16 22:35
ヤマブキショウマの蜜を求めるミヤマチャバネセセリ
美ヶ原高原の2000メートル以上のあたりでは各所でヤマブキショウマが見られた。高いところにいけばいくほど小さくなって,最後には可愛い盆栽みたいになるのが面白い。ヤマブキショウマの花にはミヤマチャバネセセリと思われるセセリチョウがやってきた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/16 21:21
ツノアオカメムシ
美ヶ原高原の王ヶ頭から南のほうに広がる草原と山々を見渡していた。何ともすがすがしい。そして,山道を降りようと後ろを向いたら,何と目の前の草叢の中で比較的大型の美しいカメムシがもがいていた。何でそんなところにいたのかは分からない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/16 20:19
ノアザミの蜜に夢中のギンボシヒョウモン
私の住む茨城圏内でノアザミの花を見たのは5月中旬のことだった。でも,美ヶ原の標高2000メートルくらいのところではやっとノアザミが咲き始めている状態だ。きっと甘い蜜を出すのだろう。チョウたちがやってきて,夢中でその蜜を貪っていた。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 1

2005/07/16 19:59
クジャクチョウ
砂利の林道のようなところでも水気のあるところにはタテハチョウの仲間が吸水するためにやってくる。美ヶ原でも数え切れないくらいに多数の種類のタテハチョウを見た。みんなすばしっこいが,私が近寄っても逃げないクジャクチョウがいたので,接写してみることにした。30センチくらいまで近づいて接写に成功!(笑) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/16 19:01
シャジクソウ
美ヶ原高原で草が生えているところをよく見ると,点々と赤紫色のマメ科のような花が見られる。クサフジのように感じたのだがよく見ると違う。高原のレストハウスのおじさんに聞いたらシャジクソウだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/16 18:37
ミネウスユキソウ
美ヶ原高原でミネウスユキソウがたくさん咲いていた。ミネウスユキソウも中部地方特産の植物だそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/16 08:44
ミヤマオトコヨモギ
美ヶ原高原の王ヶ頭の岩場やガレ場などでミヤマオトコヨモギの花が咲いているのを見た。花と言っても花弁を開くタイプではなし,とことん地味だ。しかし,味わいがある。これまた中部地方特産の植物なのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/16 08:16
イワキンバイ
チョウジコメツツジの花を観たのと同じところにイワキンバイの花も咲いていた。岩の隙間にしがみつくようにして根を張っている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/16 08:00
チョウジコメツツジ
美ヶ原高原の王ヶ頭でチョウジコメツツジの花を見た。もう咲き終わりに近い状態だったが,いくつか花が残っていた。これも中部地方だけに見られる植物らしい。絶壁に突き出た岩場のようなところで少し怖かったが,どうにか撮影成功。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2005/07/16 07:33
グンバイナズナ
マメグンバイナズナならこれまでいくらでも見てきたのだが,私の住むあたりにはグンバイナズナは咲いていないようだ。いつか見てみたいと思っていたのだが,何と美ヶ原高原の王ヶ頭に進出しているのを見つけた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2005/07/16 07:06
グンバイヅル
美ヶ原高原の標高の高いところでグンバイヅルの花がいっぱい咲いていた。全体でも出始めのころのタチイヌノフグリくらいの背丈で,オオイヌノフグリの花くらいの大きさの可憐な花を咲かせる。私好みの花かもしれない。(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/15 23:40
コウリンカ
美ヶ原高原の標高の高いところで,何本かのコウリンカが花を咲かせているのを見た。濃いエンジ色とオレンジ色を組み合わせた色の花を咲かせるところが他の高山植物とは異なって独特の雰囲気を持っている。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2005/07/15 23:13
テガタチドリの花
6月末に美ヶ原を訪れたときにはまだ蕾だったテガタチドリがいまでは咲き終わりに近い状態になっていた。あっという間に山の花が移り変わっていく。来月も松本で仕事があるのだが,もしそのときに時間的余裕があったら美ヶ原に行ってみよう。どんな風に変化しているのだろう・・・? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/15 22:54
美ヶ原高原のヤナギラン
また信州の松本まで出かけてきた。天気が良かったので美ヶ原と霧ヶ峰にも寄ってきた。ヤナギランの花を何箇所で見た。レストハウスの主人の話しでは,例年よりもかなり早いという。なにしろ,普通なら8月に咲くはずの花なのだそうだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/15 22:32
庭のオオヤエクチナシの花
昨年まで怠けていて荒れていた庭の手入れをするようになった成果と言えるのかどうか分からないが,今年は庭のクチナシの木にたくさん花が咲いた。クチナシの花を求めてあちこち行ったりしていたのだが,自宅の庭に咲き,その香を漂わせている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/14 11:53

トップへ | みんなの「夏」ブログ

怠け者の散歩道 夏のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる