怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:富貴蘭「紀の白波」 が開花

<<   作成日時 : 2016/07/03 13:16   >>

トラックバック 0 / コメント 6

富貴蘭「紀の白波」 が開花した。今年は富貴蘭の調子が良いようだ。他にも蕾が大きくなってきているものがあり,しばらくの間は富貴蘭品種の花で楽しめそうだ。

Vanda falcata hybrid


Vanda falcata hybrid
紀の白波


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

私の栽培棚も富貴蘭が開花しはじめています^^ 
一時期、1年中蘭の花を見たくて、原種・交配・国内国外 品種 問わず集めて栽培していましたが^^; もう一度それをやりたくなってきています・・・・誘惑に負けそうです。(笑)
緑屋
2016/07/03 18:39
緑屋さん

私は洋蘭から入った人間なので,まあいろいろやってます^^

星花を咲かせるタイプの花物富貴蘭は,Ascocentrum等との交配品と推定されるのですが,花が面白いので幾つかコレクションしました。
電脳中年A
2016/07/03 19:25
電脳中年Aさん、

距のない六弁花といえば、星車もお持ちだったと思います。
こちらも、Ascocentrum等との交配と推定されておられると受け取って差し支えありませんでしょうか?

手元には届いていませんが、最近注文して到着を楽しみにしています。

私は夏が本当に苦手でヘロヘロになります。
フウランの香りは、その夏の辛さをいささかなりとも中和してくれます。
YoYo
2016/07/05 08:59
YoYoさん

星車のほか数品種もっておりますが,どれも花茎が弱くて,かなり施肥し,加温して世話しないとちゃんと開花しないようです。

セルフ交配等における突然変異の選抜品という可能性は否定しませんが,共通する花茎の弱さ,花茎の形状,花色,つきやすい害虫の種類等から総合的に判断して,Ascocentrum等との交配の可能性を考えております。

そもそも交配親とされるフウランも野生種ではなく,人工交配の中から選抜された倍体品に間違いありません。

野生種と思われるフウランの個体を何個体か入手して栽培しておりますが,富貴蘭と呼ばれる品種群とはまるで別物のような気がします。
電脳中年A
2016/07/05 11:07
電脳中年Aさん、

貴重な情報ありがとうございました。

経験が浅いのにこんなことを書くのはかなり恥ずかしいのですが、私は手持ちの桃色花無銘品(ただし猩々X朱天王だそうです)は「もしかするとアマミノフウランとして入手した個体より寒さに弱いのかな?」、「開花するのにより多くのエネルギーを要するのかな?」という感触を持ち始めていました。

ですから、電脳中年Aさんのコメントを読み、その無銘品について「きっとそういう(より手のかかる)血筋なのね」と頷いた次第です(アマミノフウランとして入手した株も、きちんとした素性はわからないので、比較対象として適切かは不明ですが、そこは置いておきます)。

野生種と思われるのは、まるで別もの感じなのですね。機会があれば育ててみたいです。
YoYo
2016/07/05 14:10
YoYoさん

「奄美**」とか,「甑島**」とか・・・謎です(笑)

「猩々」と「朱天王」は,きちんと温度管理された温室で育てると難なく開花させることができるようなのですが,外の棚で育てると結構面倒という奇妙な品種です。ただ,マンションの室内で栽培している方が多いようなので,その問題点はあまり気づかれていないかもしれません。

野生種として入手した株が数株かります。山で落ちているものをたまたま拾ったのだとかいう説明でした。山で生えている場所(特に「つぼ」)は,要するに山地を利用した畑のようなもので,業者が山まきする場所ですので,交配品が多いです。山まきは江戸時代から行われていたと推定されるので,自然林のようなところでも野生種とは限りません。そういうわけで,本当に野生種かどうかわかりませんが,どうも野生種くさいと感じているので大事に育てています。作場の環境に慣らすのに随分てこずりました。


電脳中年A
2016/07/05 14:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:富貴蘭「紀の白波」 が開花 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる