怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:長生蘭「白鷺丸」の新葉

<<   作成日時 : 2015/05/11 08:15   >>

トラックバック 0 / コメント 9

白鷺丸」の新葉がとても綺麗な感じになってきた。よい品種だと思う。今日は,ちょっと理由があって,化粧鉢に植えてみた。欅鉢で,「石斛生山谷水傍石上」銘で焼いていただいたものだ。ありがたい。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
白鷺丸


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

白鷺丸は南京丸からできたのですね。
いろんな変化をするのですね。
家に展示会で購入した南京丸があり
毎日見とれています。

鉢の言葉、素敵なメッセージです(*^-^*)
レッサーフラミンゴ
2015/05/11 11:00
電脳中年Aさん

「石斛生山谷水傍石上」ですかいいですね、まず瑠璃鉢なのがいい^^ 私は「錦鉢」は余り好きではないので派手すぎて・・・鉢が主体か植物が主体かわからなくなってしまいます^^;

それがこの鉢作家さんの良いところです、植物の良さを殺さず生かす様な^^
緑屋
2015/05/12 06:32
レッサーフラミンゴさん

「石斛生山谷水傍石上」は,中国の本草書中で石斛の自生地に関する記述として古くから用いられてきた表現です。さすが本場だけあって,「石斛生山谷水傍石上」だけで具体的なイメージがどんどん湧いてくるし,詩的な表現としても非常に優れていると思います。実際に石斛が生えている場所の記載としても,正確無比というべきだと考えています。
電脳中年A
2015/05/12 08:25
緑屋さん

欅鉢は地味だという人もいるんですが,実際に蘭を植えてみると,ほどよいバランスをとるように上手に設計されていると思います。蘭栽培の名人でないとこういう鉢をつくることはできません。

江戸時代の鉢には本当にカラフルなものがあり,現代の錦鉢などふっとんでしまうくらいモダンで奇抜なものがいっぱいあります。実は,そういうものも好きです。

展示会等では錦鉢を用いるのが普通で,私も研究のため一応もっているのですけど,実際に植えてみると,どこか変です。真に蘭を愛する人ならば,あまり使いたくなくなるというのが正しい感性というものでしょう。それでも型にはまったようにして錦鉢を使う人が多いのは,単なる惰性のようなものにすぎず,自分自身の感性を研ぎ澄ますということについて全く意を用いていないとしか言いようがないです。

電脳中年A
2015/05/12 08:30
電脳中年Aさん

もし石斛の自生地がそのように表現されているとしたら
軽石の上に苔を這わせたようなところでも
生育できそうでしょうか?
風通しの良い木陰に置いたらいい感じがしますが…。
レッサーフラミンゴ
2015/05/13 22:52
レッサーフラミンゴさん

中国語で「石」とは岩のことを意味しますので、断崖・絶壁のようなところをイメージしてください。深い渓谷の毎朝濃密な霧で埋め尽くされるようなところにある断崖・絶壁の岩肌に生える小さな草という感じです。

というわけですので、どんな岩石につけても構わないのですけど、毎朝、濃密な霧に埋め尽くされる時間帯を人工的につくれないと全くダメということになります。また、深い渓谷ですので、夏でも暑くなりません。そういう環境です。
電脳中年A
2015/05/14 00:05
電脳中年Aさん

初夏から夏へ
気が付けば深い渓谷や
絶壁から落ちる水を求めて
高山を歩いていました。
セッコクを見る事はありませんが
素朴な草や珍しい山野草に出会います。
小さな世界の閃きが
深淵な自然を見せてくれました。

レッサーフラミンゴ
2015/07/18 01:26
レッサーフラミンゴさん

野生の石斛をみつけるのは非常に難しいことだろうと思います。愛好家等の間で知られている場所は,たいてい,業者などが種子を山まきしている場所なので,正確には自生地とは言えません。

それはさておき,山野草は,やはり実物を見るのが一番ですね。図鑑だけでは,大きさ,強さ,質感,香りなどが全くわかりません。
電脳中年A
2015/07/18 04:17
電脳中年Aさん

仰る通りです。
目の前にある自然の中に
一年を通じて存在していると言う事実が
植物を輝かせているとも感じます。
同時に自然が常に期待以上の物を見せてくれて
期待以上の思いに出会えるので
止められなくなります(^.^)
レッサーフラミンゴ
2015/07/18 07:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:長生蘭「白鷺丸」の新葉 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる