怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:長生蘭「朋安丸」

<<   作成日時 : 2015/05/24 14:35   >>

トラックバック 0 / コメント 2

「朋安丸」は,小さい品種なのに虫がつきやすくて植物体を傷めるため,栽培に非常に苦労する。私の場合には無農薬栽培なので,特に厳しい。どうにかこうにか維持できている感じだ。今年の新葉が出ているのだが,早速,白いコナカイガラムシの類がやってきていたので丁寧に水洗して駆除。今年も苦労が続く・・・

Dendrobium cv.
朋安丸


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

この品種は一度害虫がつくと駆除するのに非常に苦労します^^; 草体が元々小さいのに葉が萎縮しているのでその隙間で生き残るのですよね・・・・

結局この様な形質の葉の品種は殺虫剤を散布してもやはり発生します。

唯一大丈夫なのは 浸透性のオルトランぐらいです、、、私も購入した株には様子を見て使いますが・・・ベテランの方はオルトランは薬害が無いといいますが わたしの使用した感覚ですとやはり芸は落ちる気がします。

使わないでよいなら使わないほうが良いです薬剤は。
緑屋
2015/05/25 01:38
緑屋さん

以前,各種殺虫剤を使用してみました。どの薬剤でも草体に悪影響が出るようです。そもそも小さいものが多いので,影響が出やすいんでしょうね。葉は確実に傷みます。そういうわけで無農薬栽培にしています。農薬的なものとしては,たまに竹酢や煙草水溶液を用いることがある程度です。害虫に対する効果はほぼ期待できませんけど,細菌やカビに対しては若干の効果があるように思います。

石斛・長生蘭ではない山野草にはオルトランを用いることがあります。しかし,アブラムシやカイガラムシの類ではすぐに耐性個体が現れて効き目がなくなってしまいますね。結局,こまめに水洗いが一番良いという結論になり,普通の人の何倍もの時間を栽培管理のために消費する日々を送っております^^;
電脳中年A
2015/05/25 03:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:長生蘭「朋安丸」 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる