怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:長生蘭「白雲龍」(井出蘭草園株)が開花

<<   作成日時 : 2015/05/17 10:49   >>

トラックバック 0 / コメント 4

「白雲龍」(井出蘭草園株)が開花した。つくりによって「昭代」と行ったり来たりをするタイプのもののようだ。どうも「白雲龍」のままのほうが白い斑が綺麗に入ることが多いように思うので,ちょっと工夫しながら栽培してみようかと思っている。

Dendrobium cv.


Dendrobium cv.


Dendrobium cv.
白雲龍



  井出蘭草園
  http://www.asa1.net/ide-ran/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
電脳中年Aさん

別「白雲龍」について書いておきました。

緑屋
2015/05/17 20:20
緑屋さん

「白雲龍」と「昭代」には何系統も存在しているようですね。つくりとか努力とか工夫とかそういうこととは全く無関係に,良い系統とそうでない系統とがあると考えます。この点では,従来の栽培書は,完全に間違いでしょう。良い系統を手に入れ,それをしっかりと育成すれば良い品種になります。

とはいえ,個人の趣味の問題なので,本性かどうかとか,他人の評価等とは実は全く意味のないことで,要するに,自分が良いと思うものは良いということになると思います。自分にしっかりした価値判断基準のない人は,他人の評価やブランドに従って価値判断すればよろしい。その程度のことでしょう。

私も「白雲龍」を何系統も集め,緑屋さんからも頂戴して育てておりますが,良い系統のものが何種類かあり,どうしてもダメな系統が何種類かあり・・・という結論になりました。後者は,実生兄弟ではなく,同じ交配親から別の機会に交配し直された類似品ではないかと思います。

電脳中年A
2015/05/17 21:11
電脳中年Aさん

詰まるところ仰られている通りだと思います。
言われる様にどれだけ緩い系統を作りこんでもある一定で芸はとまってしまいます。

系統的にはどれも違った良さがあるので、今後も存続して欲しいと言うのが個人意見です。
個人の意見の問題も有りますが別固体を同名で扱うのは今後支障をきたしかねないですね、できれば違った意味でその部分の整合性を図ってほしいものだと思います、新たに始める方はそれだけで嫌になってしまいますからね^^; そういう物であるとわかりつつも・・・・

緑屋
2015/05/18 01:41
緑屋さん

日本長生蘭連合会で出している番付だけでは形式上の相違の細部が全く分からないので識別不可能ですね。仮に識別可能なように細かな記述や画像情報等のあるデータベースを整備しようとすれば,連合会の会員の間でひどい喧嘩が起きてしまって連合会が空中分解してしまうのではないかと思います。だからできません。

連合会とは関係なしに,遺伝子ベースで識別できるデータベースが必要です。一般に,種苗法に基づく登録品種についても全く同じ問題が多々含まれていて識別不可能状態になっているので,やはり農水省とは全く関係なしに遺伝子情報を基礎としつつも形態の変化等の各種情報を含む総合的なデータベースを誰かが構築するしかないのではないかと思います。しかし,個人では無理です。

文字情報(符号)だけで識別可能だと考える「お人よし」の時代はもう過去のものです。でも,全面的な解決方法はないんですよ。

やむを得ないので,未来の人々のために残すべき品種を選別した上で,私や緑屋さんがブログ等で情報提供し続けるということくらいしかできないのではないかと思っています。内心おもしろくないと思う読者もいるでしょうけど,そうするしかないと思います。

電脳中年A
2015/05/18 05:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:長生蘭「白雲龍」(井出蘭草園株)が開花 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる