怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS サツマホトトギスを食害する蛾の幼虫

<<   作成日時 : 2013/05/15 10:36   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今朝みたら,サツマホトトギス苗の葉が食い荒らされていた。基本的に農薬を使わないので,こういうことはときどきある。犯人探しを開始。葉の裏に隠れている蛾の幼虫を発見した。一見するとスズメガの幼虫に似ているけれども尾部に棘がない。たぶん,キバラモクメキリガ(Xylena formosa)だろうと思う。

Xylena formosa?
Xylena formosa?



  キバラモクメキリガ Xylena formosa (Butler, 1878)
  http://www.jpmoth.org/Noctuidae/Hadeninae/Xylena_formosa.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私もセッコクの棚では殺虫材を使わないのでアマガエル(大量発生しています(笑)その後、年々ナメクジはほとんど見なくなり今では庭にもナメクジはほとんどいなくなりました。
アマガエルがナメクジを捕食するのは賛否両論あると思いますが、、、どうなんでしょうかね?
緑屋
2013/05/15 11:20
キバラモクメキリガ、厄介ですね。サツマホトトギス、貴重です。
我が家ではルリタテハが食害して羽化します。ルリタテハも見たいしなのです。ごく一般的なホトトギスです。花の咲く前の時期に多いです。http://homepage3.nifty.com/ueyama/shubetsu/tateha/rurita/rurita.html
やっと昨年出会って買った紀伊上臈ホトトギス、弱いながら新葉が伸びています。こちらは注意して食べられないように見張ります。ルリタテハの幼虫だけだと思ってたのに、害虫が増えました。
kazuyoo60
2013/05/15 12:33
緑屋さん

アマガエルについては論争(?)がありますね^^

私の親しい洋蘭屋さんは,アマガエルがナメクジを食べてくれると言っているので,そういうことはあるんじゃないかと思います。

ただ,私は別の仮説ももっています。一般に,アマガエル等のカエルの仲間の表皮粘液には何らかの毒成分が含まれているとされています。毒成分を含む粘液をもつカエルの場合,触れれた場合に毒成分が機能するだけではなく,そのカエルがいた場所等にはそのカエルの粘液などが付着します。そして,そのようにして付着した粘液中の毒成分がナメクジにとって有害な場合,カエルの残した粘液の上を歩くナメクジに残留毒成分が作用してしまうことがあるのではないか・・・これが私の仮説です。

実験している余裕がないので,もし動物学関係や薬学関係等で余裕のある方があれば,実験してみてもらいたいものだといつも思っております。
電脳中年A
2013/05/16 08:23
kazuyoo60さん

ルリタテハ,ヨトウムシに加え,新顔のギャングが増えてしまいました。

可能な限り農薬を使いたくないので,食べられやすい植物の栽培には常に苦労があります・・・
電脳中年A
2013/05/16 08:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
サツマホトトギスを食害する蛾の幼虫 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる