怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅のラン:開花したダイサギソウの花の陰に潜んで獲物を待ち構えるハナグモ

<<   作成日時 : 2012/10/16 07:25   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今朝,ダイサギソウが開化した。この鉢は今年の春に植え替えたものだ。元気に育ってくれた。ダイサギソウは,冬の間は室内に取り込まなければならないけれども,日向に鉢を置いて毎日水をやっていれば元気に育ち,特に手間をかけなくても豪華に花を咲かせてくれるので,園芸栽培に適したランの一つなのではないかと思う。

Habenaria dentata


Habenaria dentata
Habenaria dentata


ダイサギソウの花の写真を撮っていたら,花の陰にハナグモ(Misumenops tricuspidatus)が隠れているのを見つけた。花に寄ってくる虫を捕まえて食べてしまおうということなのだろう。

Misumenops tricuspidatus
Misumenops tricuspidatus





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ダイサギソウ賑やかに咲いてくれますね。白いサギが優雅です。
去年買ったサギソウ2株、芽を出さずに消えました。花が咲いたのを買った時も駄目、よほど下手です。
夏もずっとランたちが咲いてますね。
kazuyoo60
2012/10/16 08:43
私がダイサギソウを育てていた時、咲いたのはいつも12月に入ってからだった。早めに芽を出させればよかったのですが、無加温はダメですね。
hiroro689
2012/10/18 21:47
kazuyoo60さん

元気に咲いてくれました。とても嬉しいです。

ダイサギソウは,寒くなってから室内にとりこめば比較的容易に栽培できます。大き目の鉢で育てると良いです。

サギソウの栽培は,栽培環境(特に温度と湿度)によっては厳しい場合がありますね。産地によって生育上の個体差が著しいので,地元に近いところが原産地となっているものの栽培品の分け株をお勧めします。
電脳中年A
2012/10/19 10:56
hiroro689さん

夏にできるだけ暑くて直射日光の当たる場所に鉢を置き,水切れがないようにすると,比較的早く開花するようです。ただし,もとの株の産地によって開花時期が大きく異なります。南方に行けばいくほど遅くなるようです。台湾やフィリピンのものは温室がないとちょっと厳しいかもしれません。日本産のものは温室なしでどうにかやれます。

この写真の株の最初の株は沖縄本島産だったのだろうと思うのですが,はっきりしません。本州産のものだと比較的早く開花するようです。
電脳中年A
2012/10/19 10:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅のラン:開花したダイサギソウの花の陰に潜んで獲物を待ち構えるハナグモ 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる