怠け者の散歩道

アクセスカウンタ

help RSS クサギカメムシ

<<   作成日時 : 2007/07/28 20:12   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ノウゼンカズラの花を観ていた。この暑い時期にまるで熱帯の植物であるかのような花を咲かせ,特に逆光で花を透かして観ているととても美しい。しばし見とれていたら,何と茶色のカメムシが乗っかっていることに気付いた。更に,その横には幼虫がうじゃうじゃいる。要するに,食害中ということらしい。(笑)

Campsis grandiflora
ノウゼンカズラの花


クサギカメムシ(Halyomorpha picus)は,カメムシ科に属し,北海道〜沖縄のほか,朝鮮,中国〜東アジアに広く分布し,マメ科植物のほか,数多くの種類の果樹を食害する昆虫ということだ。

Halyomorpha picus
クサギカメムシの成虫


Halyomorpha picus
クサギカメムシの幼虫


一般に,カメムシの仲間は手で触ったたりすると非常に臭い臭いを出すことで知られているけれど,このクサギカメムシはとりわけ臭いらしい。触らなくて正解。(笑)


 クサギカメムシ
 http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/kusagikamemusi.html

 クサギカメムシ
 http://www.insects.jp/kon-kamekusagi.htm

 クサギカメムシ
 http://www.fuji.sakura.ne.jp/~shin/gallerysemikame/kusagi.html


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
なるほど、ノウゼンカズラの花はこうであったかと感じざるを得ませんでした。私の庭にも、その花は開いているのですが、いつも遠くから眺めるばかりで、一度も近くでじっくり見たことはありませんでした。場所的に遠いので、やむを得ぬ面もあるのですが。
写真が実に華やかで美しいですね。花の持つあざやかな色彩を大胆に強調されていて、あたかも、一枚の絵を鑑賞するような心持で拝見させていただきました。
カメムシはあのうじゃうじゃ感に加えて、私のトウガラシや空豆を食害されたため、決して好きにはなれませんが、1匹だけ見るとなかなかに可愛いものですね(笑)
いずれにしろ、そのものに、より近接して、スポットライトを当てると
また 新たないのちの発見があると、感じました。
ありがとうございました。
kura
2007/07/29 04:24
kuraさん こんにちは。
ノウゼンカズラの花は,遠くから観ていても十分過ぎるほど派手なので,意外と近くに寄って観る機会が少ないかもしれませんね。この写真の花は,たまたま目の高さくらいのところに咲いていたので,「どれどれ・・・」と思って観賞していたら,カメムシがいることを発見したという次第です。
カメムシだけではなく,どの植物にも昆虫やとても小さな小動物がついています。中にはダニの仲間などのように人間やペットに害を与えるものもあり,気をつけながら観察しています。人間に害を与える小動物でも,デザインそれ自体としては非常に面白いものがあり,生態に対する好奇心の尽きないものもあって,つい時間を忘れて観察してしまいます。^^;
電脳中年A
2007/07/29 04:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
クサギカメムシ 怠け者の散歩道/BIGLOBEウェブリブログ