テーマ:

イグサの花

本日,散策中,イグサ(Juncus decipiens)の花が咲いているのを観た。かなり久しぶりのことだ。 窪地のようになってしまっている水路脇に生えており,近くまで寄れなかったので,道路からズームで写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カモジグサの花

先日,カモジグサ(Elymus tsukushiensis var. transiens)が開花しているのを観た。この場所は,本来は芝生としたはずの場所ではないかと想像されるのだが・・・ 他にもイネ科の草が次々と花の季節を迎えている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャリンバイの花に集まる虫

先日,常磐自動車道上り線・友部SAで休憩中,シャリンバイの花が咲いているのを観た。 その花には様々な昆虫が寄ってきていた。周辺地域がどんどん開発され続けているので,このような人工的な場所にある疑似自然環境にも昆虫が集まってくるのだろう。 ナミハナアブ クロマルハナバチ ヒラタアオコガネ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうら市安食:北之坊地蔵尊

過日,太宮神社を参拝した後,クルマを停めておいた場所まで戻るため,徒歩で帰路に就いた際,台地の北側段丘崖付近を通る道をちょっとだけ遠回りしてみたところ,太宮神社のすぐ裏(北側)にある北之坊地蔵尊の御堂の前を通った。何やら直観的に感じるものがあったので,立ち寄り,御堂の前で合掌した。この御堂の小さな境内地には古い墓石や供養塔などがある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリエンジュ(ニセアカシア)

先日,ニセアカシアとも呼ばれるハリエンジュ(Robinia pseudoacacia)の花を観た。 白色のフジの花のようで,とても綺麗なのだが,自然環境を破壊し続けている侵入植物の1つ。日本生態学会により,「日本の侵略的外来種ワースト100」の中に選定されている。 見つけ次第,伐採し,焼却処分としなければならない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オヘビイチゴとモモブトカミキリモドキ

先日,涸沼自然公園の木道を散策していたら,ヘビイチゴのような植物が黄色の花を咲かせているのが見えた。たぶん,オヘビイチゴ(Potentilla anemonifolia)だろうと思う。 よく観ると,モモブトカミキリモドキ(Oedemera lucidicollis)がうろうろしていた。 ブログに写真をアップしようと思って,よく観てみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カサスゲとキヌツヤミズクサハムシ(スゲハムシ)

先日,涸沼自然公園を訪問した。 木道を歩いていたら,スゲの仲間が生えているのが見えた。カサスゲ(Carex dispalata)だろうと思う。既に花後の状態。今年は寒いように感じても実際には暑いのかもしれない。 その状態の小穂を観察していたら,雌小穂の上に小さなハムシのような甲虫がとまっているのが見えた。銅色光沢のような感じになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キショウブ

先日,あるところでキショウブの花を観た。特に珍しい植物というわけではない。 しかし,この場所は,数年前まで,ある希少野生植物が自生している場所だった。現在では1個体も見当たらない。複雑な気持ちになる。  侵入植物データベース:キショウブ  https://www.nies.go.jp/biodiversit…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノアザミの花を蜜を求めるカラスアゲハ

先日,散策中,ノアザミが開花し始めているのを観た。 「今年も見ることができた」と一人で感動していると,紺色光沢があり黒色で大型のアゲハチョウがやってきた。どうやらカラスアゲハ(Papilio dehaanii)のメスのようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎市箕郷町善地:庚申塚など

過日,下善地集会所(群馬県高崎市箕郷町善地)のすぐ近くにある庚申塚を見学した。 この庚申塚は,それ自体としては古墳ではないとされているが,その所在地近くに古墳があるとされている。 その古墳は,車郷村40号古墳またはオクマンサマ古墳と呼ばれ,直径54尺(約16m)の円墳とされている。見たところ,墳丘らしきものが見当たらないので,湮滅し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タニウツギの花の蜜を求めるナガサキアゲハ

先日,稲敷市内の某寺院を参拝したところ,境内にあるタニウツギまたはその品種と思われる樹木の花が満開になっていた。 綺麗なものだと感心して見ていたら,黒色で大型のアゲハチョウの仲間がやってきた。 ちょっと見るとジャコウアゲハのようにも見えたのだけれども,よくよく観察してみると,どうやらナガサキアゲハ(Papilio memnon)のメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自宅のマムシグサ

だいぶ前にO氏から頂戴した種子から発芽して定着したマムシグサが今年も開花している。 環境条件のせいかどうか,この個体はなかなか結実しない。興味深く観察を継続している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イブキジャコウソウ?

先日,散策中,路傍でハーブの一種・タイムのような植物の花を観た。可愛らしい。 現在では園芸店等で苗を販売しているイブキジャコウソウではないかと思われる。その道に面したお宅の方が植栽したものだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノイバラの花とアシナガコガネ

先日,散策中,道路脇の斜面のようなところでノイバラが開花しているのを観た。 別に珍しくも何ともないのだが,何か小型の甲虫が群がっているようなので,近づいて観察してみた。どうやらアシナガコガネ(Ectinohoplia obducta)のようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オドリコソウ

先日,散策中,オドリコソウ(Lamium album var. barbatum)が開花しているのを観た。 植物園のような場所で植栽されているものではなく里山で自然に生えている姿を見かける機会が乏しくなりつつある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニバナトチノキ

昨日,散策中にベニバナトチノキと思われる木の花を観た。交雑種とされているが,交配による園芸品種なのではないかと思う。無論,私が観たものも植栽によるものだろう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガミヒナゲシ

散策中,ナガミヒナゲシ(Papaver dubium)がいっぱい開花しているのを観た。オレンジ色の花弁の中に黒い斑点があるものばかりの群落と黒い斑点のないものばかりの群落があった。私の自宅付近に生えているものでは黒い斑点のない個体が多い。 侵入生物データベースでは「多くは基部に黒い斑」と記されているので,個体差レベルまたは品種レベルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

路傍のブタナ

先日,買い物に出かけたら,歩道の植え込みからブタナが生えてきて花を咲かせているのを見つけた。隙間があればどこにでも生える外来植物。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水戸市杉崎町:杉崎権現古墳

過日,杉崎権現古墳(茨城県水戸市杉崎町)を見学した。 杉崎権現古墳は,直径10mの円墳とされている。墳頂には香取神社の石祠が祀られている。この石祠は,明治時代の神仏分離令によって香取神社となる前には杉崎権現だったのだろうと思う。 杉崎権現古墳は,鷹ノ巣南古墳所在地西の段丘崖をいったん降り,狭い谷をわたり,香取神社の社号標のあるところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チゴユリ

チゴユリの可愛らしい花が咲く季節となった。 先日,散策中にその花と出逢った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリフォルニアポピー(ハナビシソウ)

散策中,畑の隅で鮮やかなオレンジ色の花を咲かせている植物を観た。ハナビシソウとも呼ばれるカリフォルニアポピー(Eschscholzia californica)と思われる。その畑の所有者の方が植えたのだろうと思う。 蕾がフウロソウの仲間の果実に似ていて面白い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジの花

あちこちでフジの花が咲き始めている。 昨日,散策中,間近でフジの花を観ることのできる場所を通った。その写真を撮った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近観た花

先日,散策中,ある古墳の墳丘にキランソウ(Ajuga decumbens)とジュウニヒトエ(Ajuga nipponensis)の花が咲いているのを観た。ある神社の境内ではムラサキケマン(Corydalis incisa)の果実を観た。 春がどんどん進んでいる。 キランソウの花 ジュウニヒトエの花 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のクレマチス

庭に植えておいたクレマチス(Clematis montana var. grandiflora)が開花した。 燐家の園芸の名人の方の庭ではモッコウバラ(Rosa banksiae)が満開。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:弘経寺

過日,浄土宗・寿亀山松寿院弘経寺(茨城県結城市結城)を参拝した。本尊は阿弥陀如来。 戦国時代,飯沼(現在の常総市豊岡町)の弘経寺が戦乱によって堂宇を焼失した後,同寺の檀誉存把上人が下妻に逃れていたところ,結城家18代秀康が上人を招いて創始された寺院とのこと。結城家が福井に転封となった後には一時衰えたけれども,江戸時代には,中興開山され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結城市結城:結城城跡と聰敏神社

過日,現在では城跡歴史公園となっている結城城跡(茨城県結城市結城)を見学した。 結城城跡の北側駐車場にクルマを停めたので,あじさい坂を登り,聰敏神社を参拝した上で,城跡内を散策した。桜が満開でとても綺麗だったのだが,結城城跡の訪問者はまばらだった。 聰敏神社は,結城藩水野家初代・水野勝成公を祭神とする神社。水野家は,代々福山を支配地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近観た花

昨日,散策中,路傍にナヨクサフジが群れ開花しているのを見た。1年経つのは早い。 先日,ある城跡を散策中,タンポポの花を観た。たぶんカントウタンポポだろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た花

何だか春の進行が早いような気がする。 散策中に様々な花を観た。 ハナズオウ ミツバツツジ シバザクラ 八重桜
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木県那須郡那珂川町谷田:谷田古墳群の1号墳

国の緊急事態宣言が解除された後のことだが,過日,谷田古墳群(栃木県那須郡那珂川町谷田)の1号墳を見学した。 谷田古墳群は,2基の円墳で構成される古墳群。 1号墳は,高瀬観光ヤナの南西約50mに位置する段丘上の民家敷地内にあるが,現地の西側を通る道路からも墳丘が見える。壊される予定だったけれども,発掘調査の結果,古墳だということが判明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散策中に観た花

今年はとても暖かいらしく,春の花がどんどん咲いている。帰化植物の雑草もぐんぐん伸びているので,今年は例年の何倍も除草作業が必要となることになるかもしれない。 私は既に老人であり,江戸時代であればとっくに灰になっているはずの年齢に達してしまった。 まさに長寿社会だ。 しかし,(人間による陰謀などではなく)自然環境からの反動(反作用)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more