テーマ:生態

スイバの小さな花の上の格闘

先日,スイバ(Rumex acetosa)の花を観ていたら,ギョウジャグモ属(Diaea)のクモのような小さなクモが小さな蛾のような昆虫を捕獲している瞬間と遭遇した。とても小さな世界の大格闘。ただし,正確な種名はよくわからない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナラの発芽

そろそろコナラ(Quercus serrata)の花が開花する時期になってきている。地面では,コナラの果実(ドングリ)の発芽が始まっている。散策していたら,発芽中のドングリをいっぱい見つけた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハシビロガモ

散策中に立ち寄った池にハシビロガモ(Anas clypeata)がいっぱい泳いでいた。ハシビロガモを写真に撮るのは初めてかもしれない。比較的近くでも逃げようとしないので,人間に慣れているように思う。 ハシビロガモの他にマガモ,カルガモ,コガモなどがいた。ただし,マガモだと思った鳥は,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニシジミ

先日,つくば市北条周辺を散策していたところ,ベニシジミ(Lycaena phlaeas)が飛んでいるのを見つけた。地面に降りたので,すかさず撮影。暖かい日とひどく寒い日とが交互にやってきて気象条件が厳しいのだが,野生の動植物は逞しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジムシロ

散策していたら,ヘビイチゴ(Potentilla hebiichigo)の花を少し大きくしたような黄色の花を咲かせている植物を見つけた。葉を観ると何となくヘビイチゴとは異なる。茎につく葉の形状や花後の様子などから,たぶんミツバツチグリ(Potentilla freyniana)だろうと思った。しかし,写真を拡大して更に丁寧に観察してみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマツツジ

つくば市北条地内を通る山道(関東ふれあいの道)を散策していたら,舗装道路の法面上部からぶら下がるようにしてオレンジ色のツツジの花が咲いていた。たぶんヤマツツジ(Rhododendron kaempferi)だろうと思う。 ヤマツツジそれ自体は,特に珍しい植物ではない。しかし,開花がちょっと早いような感じがする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンポポ

蒲生神社の参道で変わった葉のタンポポを観た。カンサイタンポポ(Taraxacum japonicum)かもしれないが,たぶん交雑だろうと思う。アシブトハナアブ(Helophilus virgatus)と思われるハナアブの仲間がやってきていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:枡箕ヶ池再訪

枡箕ヶ池(茨城県桜川市友部)を再訪し,短時間だけれども野鳥の姿を楽しんだ。既に北の方に渡ってしまったのか,かなり数が少なかったけれども,何種類かの水鳥を観ることができた。 2羽の白鳥(オオハクチョウ)がいた。渡らないのだろうか? 写真を撮っていたら水鳥達が集まってきたので,かなり人に慣れている。もしかすると餌付けされてしまった水鳥達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンシロチョウ

散策しながら路傍の草を観ていたら,目の前にモンシロチョウがやってきて停まった。すかさず写真を撮った。 オオイヌノフグリの花の蜜を探しているようだ。なんでこんな小さな花を求めるのか・・・と,つい余計なことを考えてしまった(笑)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガバギシギシ?

散策していたら,ギシギシ属(Rumex)の植物が開花しているのを見つけた。葉柄の部分の特徴などから,たぶんナガバギシギシ(Rumex crispus)だろうと判断した。まだ3月なので,ギシギシの仲間の一般的な開花時期が来ていない。何と気の早いことか・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クジャクチョウ

この春になって初めてクジャクチョウ(Inachis io)を観た。越冬した個体ではないかと思う。翅を全部開いた状態の写真は撮れなかったけれども,記録のため。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンキチョウ

散策していたら,早くもモンキチョウ(Colias erate)が飛び回っているのを観た。近くで停まったので,すかさずズームで撮影。 モンキチョウは,幼虫で越冬し,春になると羽化するのだそうだ。 ちなみに,私が観た個体は,春型のせいかどうか,夏に見るモンキチョウの翅色とはかなり異なるものだった。しかし,キタキチョウ(Eurema ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越市:小畔水鳥の郷公園とその周辺で観た鳥

小畔水鳥の郷公園(埼玉県川越市吉田新町)とその周辺では,カワセミの他にも様々な鳥を観た。人間ずれしているというか,近くに人間がいても逃げない。とても面白い現象だと思う。 アオサギ カワウの求愛行動? 樹上のカワウ コガモ ヒドリガモ オオバン …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越市:小畔水鳥の郷公園のカワセミ

別の用でクルマを運転中,通りがかりに見つけた小畔水鳥の郷公園(埼玉県川越市吉田新町)に立ち寄り,しばし散策した。野鳥愛好家のような方々が数名集まって何かを観ていたので,「何だろう?」と思って私もそちらの方を観てみると,カワセミだった。愛用のコンパクトデジカメのズームいっぱいでカワセミの写真を撮ってみた。飛翔すると,本当に宝石のようで綺麗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木県下都賀郡壬生町:とちぎわんぱく公園で観た鳥

とちぎわんぱく公園(栃木県下都賀郡壬生町国谷)の中には大きな池がある。その池には水辺の野鳥がいっぱいいた。木々にも小鳥達が飛び交っている。しばし,鳥達の姿を眺めた。 カワウとカルガモ マガモ ヒドリガモ ヒドリガモ オカヨシガモ? カルガモ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツクシ

散策していたら,農道の土手のような場所にツクシが出ているのを見つけた。少し早いような気もするが・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エナガ

山を散策していたら,目の前の木の枝に尾羽の長い小鳥がとまった。エナガ(Aegithalos caudatus)のようだ。早速,愛用のコンパクトデジカメを取り出し,撮影した。帰宅してからPCで確認したところ,どうにかそれらしい写真になったようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏市:大堀川の河岸で観た鳥

先日,千葉県柏市柏下と千葉県柏市北柏との間を流れ手賀沼に注ぐ大堀川南岸にある遊歩道(北柏橋付近~柏ふるさと公園付近)を散策した。柏市は,その大部分が市街化してしまっているとはいえ,まだ自然が残っているところがある。この大堀川にも少しだけ自然が残っており,水面の鳥,河岸の鳥,木の枝の鳥,枯れた葦原の中の鳥など,様々な鳥を観ることができた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テントウムシ

山を散策した後に農道を歩いていたら,路傍でちょこまか動くテントウムシを見つけた。越冬のための冬眠から覚め,良い場所を探しているところかもしれない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野菜の葉を食い漁るヒヨドリ

徒歩で移動中,琴平神社(群馬県太田市市場町)近くの畑の中で,ヒヨドリの群れを観た。最初は野菜屑を食べているのかと思った。しかし,よく見ると,畑に植えてあるカブか何かの根菜の葉を食べているようだ。別のところでも同じような光景を目にしたのだが,ヒヨドリは,野菜の葉を食べてしまう害鳥の一種と考えたほうがよさそうだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワラヒワ

散策していたら,ちょっと変わった鳴き声がするので周囲を見渡したところ,頭上の高木の枝に1羽の鳥がとまっているのが見えた。そのときはよくわからなかったのだけれども一応写真だけ撮っておいた。帰宅してから写真を拡大して調べてみた。どうやらカワラヒワ(Carduelis sinica)のようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノボロギクなど

畑のある地域を散策しているとノボロギク(Senecio vulgaris)を見かけることがしばしばある。欧州原産の帰化植物で,明治時代に日本にやってきた植物とされている。一般的には5~8月に開花するとされている。しかし,関東地方に関する限り,場所によっては年中開花しているように見える。根絶は不可能と思われる。昨日も散策中に見つけた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホトケノザ

ホトケノザ(Lamium amplexicaule)は,春の到来を示す野草の1つとして知られている。一般的には3月~6月が花期とされている。しかし,少なくとも関東地方においては,実際には11月~12月頃から開花し始め,1月下旬~2月頃にはどこでも花が咲いているような状態となっている。「花期」なるものは,地域条件(緯度・平均気温)や各年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キセキレイ(メス)

古墳探訪中,駐車場所にクルマを停めたとたん,キセキレイ(Motacilla cinerea)が目の前を通った。ドアを開けると逃げてしまう可能性が高いので,ドアを開けないで運転席内から写真を撮った。鮮明度がイマイチなのだけれども,どうにか識別可能な程度の写真になったようだ。メスだと思う。 キセキレイは,警戒心が強いようで,何度か出逢った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コゲラ

散策していたら,キツツキの仲間が木をつつく音が聞こえた。近くだと思って探してみたら,目の前の木の上のほうでコゲラ(Dendrocopos kizuki)がちょこまか移動しながらつついているのが見えた。早速,愛用のコンパクトデジカメを取り出し,その姿の撮影を試みた。どうにか識別可能な程度の写真が撮れたようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツグミ(オス)

散策していると,しばしばツグミと出逢うようになった。独特の歩き方をするので,その様子だけで識別できる。「こうした野鳥が生きていけるだけの環境は何か?」と考えることが多い。ツグミは半人工的な環境の中で生きている鳥ではないかと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タチツボスミレ

昨年の暮のことだが,山の中にある神社を参拝した。正月の準備が整えられていたけれども誰もおらず,静かに参拝し,境内を散策した。何とタチツボスミレ(Viola grypoceras)の花が咲いていた。葉の一部が虫に食われているので,ツマグロヒョウモンの幼虫か何かに食べられたのだろう。しかし,時期が時期なので鳥達が見逃すはずがない。葉を食べて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョウビタキ(オス)

散策していたら,冬の木々の間をジョウビタキ(Phoenicurus auroreus)のオスが飛び回っているのを見つけた。早速,コンパクトデジタルカメラを取り出し撮影した。遠くから手持ちで撮影したのであまり良い写真ではないが,一応それらしく撮影できたと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツグミ(メス)

散策していたら,ちょっと変わった羽色のツグミを見つけた。ハチジョウツグミ(Turdus naumanni)かとも思ったのだけれども,たぶんツグミ(Turdus eunomus)のメスだろうと思う。 [追記:2020年1月2日] 今日は木の枝にとまっているところを見た。たぶんメスだろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コブシの冬芽

散策していたら,比較的大きな樹木の枝先にネコヤナギの花のようなモフモフのものがいっぱいついていた。ヤナギの仲間ではない。枝ぶりから見てモクレンの仲間で,たぶんコブシ(Magnolia kobus)の冬芽だろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more