テーマ:生態

ツグミ(オス)

散策していると,しばしばツグミと出逢うようになった。独特の歩き方をするので,その様子だけで識別できる。「こうした野鳥が生きていけるだけの環境は何か?」と考えることが多い。ツグミは半人工的な環境の中で生きている鳥ではないかと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タチツボスミレ

昨年の暮のことだが,山の中にある神社を参拝した。正月の準備が整えられていたけれども誰もおらず,静かに参拝し,境内を散策した。何とタチツボスミレ(Viola grypoceras)の花が咲いていた。葉の一部が虫に食われているので,ツマグロヒョウモンの幼虫か何かに食べられたのだろう。しかし,時期が時期なので鳥達が見逃すはずがない。葉を食べて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョウビタキ(オス)

散策していたら,冬の木々の間をジョウビタキ(Phoenicurus auroreus)のオスが飛び回っているのを見つけた。早速,コンパクトデジタルカメラを取り出し撮影した。遠くから手持ちで撮影したのであまり良い写真ではないが,一応それらしく撮影できたと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツグミ(メス)

散策していたら,ちょっと変わった羽色のツグミを見つけた。ハチジョウツグミ(Turdus naumanni)かとも思ったのだけれども,たぶんツグミ(Turdus eunomus)のメスだろうと思う。 [追記:2020年1月2日] 今日は木の枝にとまっているところを見た。たぶんメスだろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コブシの冬芽

散策していたら,比較的大きな樹木の枝先にネコヤナギの花のようなモフモフのものがいっぱいついていた。ヤナギの仲間ではない。枝ぶりから見てモクレンの仲間で,たぶんコブシ(Magnolia kobus)の冬芽だろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シメ

調整池のある場所の道を歩いていたら,段丘下の木に何か鳥がとまっているのを見つけた。シメ(Coccothraustes coccothraustes)のようだ。久しぶりに見た。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワセミ

自宅近くの神社を参拝し,いったん自宅に戻ってから,近所を少しだけ散策した。調整池のあたりを歩いていたら,カワセミ(Alcedo atthis)が飛んでいるのが目に入った。その先を注視すると,あふれた水の排水管のような物の上にとまっている。愛用のコンパクトデジタルカメラを取り出し,ズームいっぱいで写真を撮ってみた。望遠レンズではないし三脚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の水鳥

年越しの買い物に出かけ,全部済ませてから近所の調整池まで散歩してきた。相変わらず複数の種類の水鳥を見ることができたのだが,この池では今年初めてマガモが来ているのを見た。 池の岸ではコガモの群れが陸地に上がって何か餌を探しているところだった。羽繕いしているコガモもいる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある貯水池に来ていた水鳥

本日,ある貯水池で水鳥が集まっているのを見た。基本的にはカルガモ(Anas zonorhyncha)の群ればかりだったのだが,1組のオオバン(Fulica atra)と1羽のヒドリガモ(Anas penelope)の姿も見えた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴイサギのように見えるアオサギ

ある川の上に枝を伸ばした木があり,その枝の上に比較的大きな鷺がとまっていた。格好からするとゴイサギ(Nycticorax nycticorax)のように見える。しかし,頭部の羽毛の色が白い。よく見ると,アオサギ(Ardea cinerea)が首をたたんで木の枝にとまっているのだった。面白いものだと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツグミ

散策していたら,畑の中を走り,ときどき立ち止まって周囲を見回す鳥がいるのに気付いた。ヒヨドリくらいの大きさがある。ツグミ(Turdus eunomus)だと思う。久しぶりに見た。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モズ(メス)

散策中,メスのモズ(Lanius bucephalus)を見た。約50mほど先の木にとまっており,ときどき地上に降りて餌を探し,また同じ木に戻る。三脚なしの撮影なのでかなりしんどかったけれども,どうにかそれらしい写真を撮ることができた。少し近づいて写真を撮ろうとしたら,別の木のてっぺんに移動した。更に何枚か撮影した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルガモ

自宅近くの調整池でカルガモ(Anas zonorhyncha)もいた。この池に居ついている鴨かもしれない。私が見た時には,コガモ(Anas crecca)の群の中に混じっていた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セグロセキレイ

散策していると,セグロセキレイ(Motacilla grandis)と良く出逢うのだが,ちょこまか動くので,なかなか良い写真を撮れない。久しぶりでどうにか写真らしい写真を撮ることができた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイサギとコサギ

自宅近くの調整池でダイサギ(Ardea alba)とコサギ(Egretta garzetta)を見た。種類と大きさが異なっていても同じような感じの鳥が集まっているところが面白い。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワウ

自宅近くの調整池でカワウ(Phalacrocorax carbo)が集まっているのを見た。幼鳥も交じっているようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カイツブリと謎のカモ

自宅近くの調整池でカルガモのように見える水鳥を見かけ,写真を撮っておいた。あとでよく見たら,どうも違う。写真の左側の鳥は,カイツブリ(Tachybaptus ruficollis)だろうと思う。問題は右側の鳥で,たぶん,オカヨシガモ(Anas strepera)のメスなのではないかと思うのだけれども,はっきりしない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コガモ

自宅近くの調整池を散策していたら,コガモ(Anas crecca)が来ているのを見つけた。池の中をグルグルと周遊している。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コブハクチョウ

自宅近くの調整池を散策していたら,白鳥が来ているのが見えた。顔のあたりが黒く,こぶがあるので,コブハクチョウ(Cygnus olor)ではないかと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カシラダカ?

散策していたら,調整池近くの林で小型の鳥が数羽いるのを見つけた。その中の1羽が地面に降りたので,すかさず写真を撮った。撮影した時はセッカ(Cisticola juncidis)かと思ったのだけれども,胸のあたりの模様が異なるので,似た羽色の鳥を比較検討してみた。オオジュリン(Emberiza schoeniclus)のメスのようにも見え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムクドリ

散策中,畑の中でムクドリの群れが餌を探しているのを見かけた。だんだん寒くなるので食べられるものが乏しくなる。鳥も人間も楽ではない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒドリガモ

ある公園の池にヒドリガモの群れがやってきていた。このような野鳥の群れを見ると,ますますもって冬を感じる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハクセキレイ

寺社を参拝し,古墳を見学しながら散策していると,様々な鳥と出逢う。ポケットに入るコンパクトデジカメしかもっていないので,遠くにいる鳥を撮影しようとするとうまくいかないことが多い。しかし,比較的近くにいるときは,カメラのズーム機能でどうにか撮影可能なことがあるので,とりあえず撮ってみることにしている。 そうした鳥たちの中で,路傍や駐車場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜川市:枡箕ヶ池の野鳥

本日,枡箕ヶ池(茨城県桜川市友部)の周辺を散策した。枡箕ヶ池には,ダイサギ,アオサギ,カワウ,カルガモなどの夏からおなじみの鳥たちだけではなく,冬の渡り鳥もやってきていた。ざっと見たところ,オオハクチョウ,オオバン,キンクロハジロ,ホシハジロ,マガモなどの姿が見えた。 1羽のカワセミがすごい速度で飛んでいた。残念ながらカワセミの写真は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオシロカラカサタケ?

過日,散策中にカラカサタケに似たキノコが生えているのを見つけた。しかし,何となく様子が異なる。有毒のオオシロカラカサタケではないかと一応判断したが,他の類似の有毒キノコかもしれない。よくわからない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メドーセージとホウジャクの仲間

秋が深まっても路傍などにメドーセージ(Salvia guaranitica)が青紫色の花を咲かせているのを見かけることが少なくない。あるところでその花を見ていたらホウジャクの仲間が飛来し,花から花へと蜜を求めるところに遭遇した。ホバリングがとても上手で,まるでハチドリのようだ。どうやらヒメクロホウジャク(Macroglossum bom…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京理科大学周辺で観た野鳥

下三ケ尾(国道西側)古墳を見学するために東武アーバンパークライン運河駅から徒歩で移動中,運河駅北側にある歩行者用の橋を通って利根運河を越え,また,東京理科大学セミナーハウス・生命医科学研究所の南側にある白鳥の池の前を通った。野鳥の姿が目にとまったので,立ち止まり,私のコンパクトデジタルカメラのズーム機能いっぱいでそれらの野鳥を撮影してみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョロウグモ(メス)

秋も深まってきたので,大きく成長したジョロウグモ(Nephila clavata)と出逢う機会も増えてきた。そろそろ産卵時期なのだろう。そのことは,捕食する他の昆虫などの小動物もまた,そろそろ終わりの時期だということも意味している。かつては人家の近くでいくらでも見つけることができたものだが,最近は随分と減ったように思う。しかし,神社や古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キツネノマゴの花後

散策していて,花後のキツネノマゴ(Justicia procumbens)を見つけた。よく見ると,果実や破裂して種子を放出した後の果皮もついている。雑草だし,とても小さなものなので,誰も興味をもったりしないだろうとは思うが・・・  松江の花図鑑:キツネノマゴ(狐の孫)  https://matsue-hana.c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セスジツユムシ(褐色型)

ある古墳群を散策していたら,褐色型のセスジツユムシ(Ducetia japonica)と思われる昆虫が葉の上にいるのを見つけた。緑色のものは何度も見たことがあるけれども,褐色型のものを実際に目にするのはこれが初めて。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more