テーマ:生態

シマバエ科Sapromyza亜属の一種?

先日,自然観察の森の中で見つけた。体長は,2~3mm程度。シマバエ科Sapromyza亜属の一種ではないかと思う。 薄暗い場所ではあったけれども,ユリ科と思われる植物の葉の上をゆっくりと歩いていたので,どうにか撮影できた。咄嗟の場合,どうしても高感度撮影や強制フラッシュ等の切り替えができない。昆虫の観察に夢中になってしまう。写真家にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キリギリスの仲間の幼体を捕食するガザミグモ

自然観察の森を散策していたら,ヨモギの葉の間に何かいるのを見つけた。そっと近づいて観てみると,ガザミグモ(Pistius undulatus)と思われるクモがキリギリスの仲間の幼体を捕食しているところだった。かなり怖い感じのクモだ。なお,このクモ個体は,メスなのではないかと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトシリアゲ(メス)

自宅近くの里山を散策していたら,ヤマトシリアゲ(Panorpa japonica)と思われる昆虫を見つけた。 以前もヤマトシリアゲを見ていたのだが,その個体はオスのようだ。腹部の先端がハサミムシやサソリのような形状をしている。 今回観た個体は,腹部の先端が直線状になっている。メスと思われる。ミョウガが生えるようなやや暗い林内で見つけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケバエの仲間を捕食するハナグモ?

自然観察の森を散策していたら,葉の裏に何かいるのを見つけた。しゃがんで観察してみたところ,どうやらクモがケバエの仲間を捕食したところのようだった。確実ではないが,このクモは,ハナグモのメスまたは類似の近縁種ではないかと思われる。ケバエの仲間は,ハグロケバエ(Bibio tenebrosus)のように見える。 葉の上で,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロオオアリ(オス)?

先日,護岸堤の上の道を歩いていたら,路傍に生えているスギナに黒い昆虫がとまっているのを見つけた。ハチの仲間のようにも見えるけれども,たぶん,クロオオアリ(Camponotus japonicus)のオスだろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キスジトラカミキリ

自宅近くの里山の林の中を散策していたら,葉の上に蜂のようにも見えるカミキリムシのような昆虫がいるのを見つけた。どうやらキスジトラカミキリ(Cyrtoclytus caproides)のようだ。ハチに擬態するカミキリムシの仲間ということなのだが,本当だろうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメコバンソウ

先日,近所のホームセンター周辺を散策していたら,大きな道路の交差点の植え込みの中で他の帰化植物と混在しながらヒメコバンソウ(Briza minor)が穂を出しているのを見つけた。コバンソウ(Briza maxima)と比較するとかなり小さな穂なので,普通は気づかれることがないのではないかと思う。 以前,ヒメコバンソウの花を見たことがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカヒゲヒラタコメツキ

先日,里山を散策していたら,コメツキムシの仲間を見つけた。葉の上にいたので近づいたら,下に落ちた。そのあたりを探してみると,落葉の上にいてじっとしているので,その写真を撮った。 アカヒゲヒラタコメツキ(Neopristilophus serrifer)だと思う。 その後,ハルジオンの花の茎のあたりをうろついている別の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブクロシマバエ

先日,里山の林の中を散策中,アオキの葉の上にちょっと変わった小さな蠅がいるのを見つけた。とりあえず写真を撮っておいた。その後,図鑑等で調べてみた。どうやらヤブクロシマバエ(Minettia longipennis)のようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サトジガバチ

散策していたら,雲が多くなり,気温も下がり,風が強くなってきた。虫や花の写真撮影が困難と判断して帰宅しようとしたところ,住宅街の舗装道路の端にジガバチがいるのを見つけた。気温が下がったので退避する場所を探していたのかもしれない。 ジガバチの分類に関しては異なる見解もあるが,現在では従来のジガバチをサトジガバチ(Ammophila sa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンラン(白花)

これまで見たキンランの自生地とは別の自生地(自生地H)に出かけキンランを観察してきた。白花と評価できる花があった。何年も前に聞いた耳学問のようなものだが,キンランの仲間に非常に詳しいO氏の見解によれば,純白に近い花もないではないけれども,やや黄色の残る白色のものがキンランの白花だとのことだ。白花品でも唇弁の上部にある突起付近の赤色は残る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トキワハゼ(白花)

先日,散策していたら,公園の芝生のようなところで普通のトキワハゼ(Mazus pumilus)に混じって白花があるのを見つけた。単に古くなって脱色しただけかもしれないとも思ったのだけれども,どう観察してもやはり白花のようだ。稀にあるらしい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キンラン・ギンラン・ササバギンラン

キンラン(Cephalanthera falcata)に続き,ギンラン(Cephalanthera erecta)やササバギンラン(Cephalanthera longibracteata)が続々と開花しているだろうと期待し,昨日,知っている自生地の中の何か所かを回ってみた。知っている自生地の中には開発によって消滅したところもあり,残念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメノチャヒキ

先日,散策中,ある空地でスズメノチャヒキ(Bromus japonicus)を観た。要するにどこにでもありそうな雑草のようなものなのだが,いざ探すとなると意外と見つけられない。この時は,たまたま生えている場所の前を通り,何となく気になってよく観たらスズメノチャヒキだった。  松江…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホシハラビロヘリカメムシ

先日,公園の擁壁の上にカメムシの仲間がとまっているのを見つけた。ヘリカメムシの仲間のようなので,とりあえず写真を撮っておいた。その後,図鑑等で調べてみた。どうやらホシハラビロヘリカメムシ(Homoeocerus unipunctatus)のようだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤクナガイヌムギの花?

先日,自宅近くの里山を散策中,ヤクナガイヌムギ(California brome)と思われる植物が開花しているのを見つけた。普通のイヌムギ(Bromus catharticus)は閉鎖花であることが多いけれども,ヤクナガイヌムギは葯を出して開花することが比較的多いとされているようだ。しかし,普通のイヌムギでも葯を出して開花することがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホウチャクソウの葉の上のクワハムシ

先日,散策していたら,ホウチャクソウ(Disporum sessile)の葉の上に黒い光沢のある小さなハムシがいるのを見つけた。葉を食べている最中だったように見える。触角が長い。とりあえず写真を撮っておいた。その後,図鑑等で調べてみた。あまり自信はないのだけれど,たぶんクワハムシ(Fleutiauxia armata)なのではないかと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近見た鳥

春が来て水辺にいっぱいいた冬の渡り鳥が去ってしまった。カルガモはどこにでもいる。ときどきダイサギを見る。運が良ければカワセミと出逢う。 庭に来るヒヨドリは,植えてあるドウダンツツジの花を食いつくす様子で,しかも,人間がすぐ近くにいても逃げる様子がない。困ったものだがへたに追い払うと「動物愛護の精神に反する」と言って非難されかねないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツマグロキンバエ

先日,コデマリの花に集まる昆虫を観察していたら,非常にユニークな蠅の仲間を見つけた。体長は5mm前後で小さく,青緑色の複眼に何本かの黒い筋模様のようなものがある。そして,ゾウの鼻のような細長い器官を伸ばして蜜または花粉をなめている。とりあえず写真を撮っておいた。 その後,図鑑等で調べてみた。どうやらツマグロキンバエ(Stomorhin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチゴツナギ

先日,自宅近くの里山を散策していたら,イチゴツナギ(Poa sphondylodes)を見つけた。イチゴツナギの仲間はどれも良く似ているので,同定に苦労する。  四季の里地里山植物:イチゴツナギ  http://pfv96566.la.coocan.jp/images/SpSu/S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴミグモ

自宅近くの里山を散策しているとゴミグモの仲間の巣をみつけることがときどきある。ただ,これまであまり感心をもたなかった。 先日,ゴミグモ(Cyclosa octotuberculata)以外の種類が存在するのかどうかちょっと気になり,ちょうど観察に適した場所に巣を構築していたゴミグモを観察してみることにした。そのクモは,ゴミグモ(Cyc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒガシニホントカゲ

散策していたら,トカゲと出逢った。以前はニホントカゲと表記しておけば問題なかったのだが,現在では西日本のニホントカゲ(Plestiodon japonicus)と東日本のヒガシニホントカゲ(Plestiodon finitimus)に分けられているので,やや面倒。私が観たものはヒガシニホントカゲの成体だろうと思う。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アミガサタケ

先日,散策していたら,アミガサタケ(Morchella esculenta)がいっぱい出ているのを見つけた。出るところには出るものだと妙に感心した。 このように多数のキノコを見つけることができる原因については,様々な要素を想定できる。 単に気象条件等が適合していたと考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョウカイボン

自宅近くの里山を散策中,路傍のイチゴツナギの仲間やイヌムギ等のイネ科植物を観察していたところ,目の前の葉にハナカミキリのような感じの昆虫がとまっているのを見つけた。ハナカミキリの仲間ではなさそうなので,図鑑で調べてみた。どうやらジョウカイボン(Lycocerus suturellus)のようだ。 散策した時刻との関係で日陰になっており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニホンカナヘビ

自宅周辺を散策していたら,歩道をニホンカナヘビ(Takydromus tachydromoides)が横切ろうとして立ち止まった。このような場所にいたら自動車に踏みつぶされてしまうのではないかと心配したくなる。たぶん,歩道の植え込みと住宅との間を行ったり来たりしているのだろう。 暖かくなってきたので,トカゲの仲間も活動開始というあたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネコハエトリ(オス)

公園を散策中,またネコハエトリ(Carrhotus xanthogramma)と出逢った。コデマリ(Spiraea cantoniensis)の葉の上や花の陰にいたので,コデマリの花に集まる昆虫などを狙っているのだろう。 見たところ,オスのようだ。 軽々と跳ねて別の葉の上に移動する能力がすばらしい。しばし追いかけ,良い写真を撮ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメウラナミジャノメ

里山を散策していたら,ヒメウラナミジャノメ(Ypthima argus)が飛んだり草の葉にとまったりしているのが見えた。そっと近づいて写真を撮ろうとしてもすぐに飛び去ってしまう。そういうことが3回くらいあって,どうにか写真らしい写真を何枚か撮ることができた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユリクビナガハムシ

里山を散策していたら,ユリ科と思われる植物(種名不詳)に赤いハムシがついているのを見つけた。とりあえず写真を撮っておいた。図鑑等で調べてみた。たぶん,ユリクビナガハムシ(Lilioceris merdigera)だろうと思う。 ユリ科植物を食害するため,園芸農家などを悩ませる昆虫なのだそうだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイコンハムシ?

先日,自宅近くを散策中,セイヨウカラシナと思われる植物の花を観ていたら,何か黒く小さな甲虫がいることに気づいた。何枚か写真を撮ったのだけれども,風の強い日だったせいもあって,まともに見ることのできる写真は1枚だけだった。そういう次第なので,同定のために必要な情報がかなり乏しいのだが,たぶんダイコンハムシ(Phaedon brassica…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アカハネムシ

昨日,自然観察の森でシロバナタンポポの花を観ていたら,突如として,アカハネムシ(Pseudopyrochroa vestiflua)と思われる昆虫がやってきた。1枚写真を撮り,もう1枚と思ったら飛び去ってしまった・・・ 以前,ヒメアカハネムシ(Pseudopyrochroa rufula)と思われる昆虫を観た。今回観たアカハネムシと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more